ホーム >> 美容コラム >> 美容整形 >> 子どもに整形が必要かもしれない4つのパターン

美容コラム

更新日

子どもに整形が必要かもしれない4つのパターン

「子どもに整形なんて!」という考え方の方も多いと思います。

しかし、例えば怪我 による大きなアザがある、逆さまつげのせいで目がいつも炎症を起こしている…。

そ ういったものは取り除いてあげたくなりますよね。

このページでは子どもの整形時期、子どもが受けられる整形の種類等をご紹介します 。

子どもやご家族の悩みが解消するかも知れません。

子どもに整形って必要なの?

画像名の画像

「子どもの整形」に抵抗がある方が多いと思います。

しかし、逆まつげのせいで目が 痛くてたまらない場合や、目の左右差が激しいのがコンプレックスで、ずっと辛く思っている場合など、深刻な悩みには整形も助けになるのではないでしょうか。

子どもの未来にも関わることなので、子どもが「整形したい」と言ってきた時、整形 を頭から否定せず、柔軟な心でゆっくり話を聞いてあげて下さい。

美容整形外科なら カウンセリングのみの予約も出来ますし、親子でカウンセリングが受けられます。

整形のプロである医師のお話を聞いて「思っていたのと違って、大きく切ったり縫っ たりして、跡が残るわけではないのね」とホッとする方もおられるようです。

まずは 正しい知識を仕入れることが深い理解に繋がると思います。

子どもが整形を受けられる年齢

画像名の画像

近年、子どもの整形は増えているそうです。

しかし、整形が成長に影響がある可能性 がある為、基本的に成長が止まった場所しか整形しません。

特例として、逆さまつげ などは「早い段階で整形した方が、子どもが健やかに生きていける」と医師が判断し た場合、小学校に入る前でも治療するようです。

子どもが痛がっている時や、辛そう な時などは美容整形外科等の医師に相談してみて下さい。

まぶたや鼻など、場所によって成長の早さが違う為、美容整形の種類によって整形が 受けられる年齢が違います。

病院や医師によっても整形可能とする年齢は異なるよう です。

鼻の手術、目の手術、輪郭の手術、ホクロやアザの除去…等々色々ありますが、一番 若い年齢から受けられる整形は「ホクロやアザの除去」とされています。

実際、大き なホクロやアザがある子どももいます。

手術やレーザーでホクロやアザを取り除くなら、早い時期にした方が綺麗に治る可能性が高いそうです。

そのため、レーザーによるホクロ除去なら早ければ5~6歳位から受けられる場合もあります。

バストの手術や痩身手術などの体の整形は、バストが膨らみ、初潮を迎えて腋毛や陰 毛も生え、女らしい体つきになるいわゆる「第二次性徴」が概ね終わってからになります。

その中でも脂肪注入などによる豊胸手術や、脂肪吸引は早くても18歳位からの ようです。

ここまで、一般的な適正年齢を書かせていただきましたが、クリニックによって整形 が受けられる年齢は少々違うようで、まぶたの埋没法やヒアルロン酸注射、レーザーによる脱毛やホクロ除去などは小学生でも受けられる所もあります。

子どもが「余りにも毛深いせいで、スカートがはけない」といった悩みを抱えているのならば、脱毛も少し考えてあげても良いかも知れません。

また、顔の大きなあざ、先天性の口蓋口唇裂(上唇が割れている症状)や耳の変形な どは、早期に治した方が子どもも身体的特徴に悩まなくて済む為、幼児期に整形する ことが多いそうです。

本人に「どうしてもしたい!」という意志がない場合や、本人が整形を嫌がっている 場合は、親がどんなに希望しても医師は整形をしません

また、子どもが整形中に暴れたり泣いたり場合は、様子を見ながら続行するか、一旦中断して治療を延期する場 合もあるそうです。

整形はほぼ麻酔注射を打ちます。

ハリを出すヒアルロン酸注射もそうですが、注射を打つ治療となりますので「注射が我慢できる」というのも整形を受ける人の条件です 。

子どもの整形は整形前のカウンセリングが特に重要です。

美容整形外科などは事前カ ウンセリングだけの予約も出来ますので、整形に興味のある方はまずは行ってみると 良いでしょう。

未成年の場合、整形手術には保護者の同意が必須です。

可能でしたら カウンセリングは保護者の方と一緒に来た方が理解も深まって良いと思います。

「いじめの原因になっているから変えたい・取り除きたい」という理由で美容整形外 科を訪れる親子も多いようですが、整形はいじめの根本解決ではないので、慎重なカ ウンセリングを必要とします。

カウンセリングで「この子はこの年齢で無理をして整形をする必要はない」と医師が 判断した場合は、整形をお断りする場合もあるそうです。

全ては「子どもが健やかに 幸せに生きていく為」に整形をしているからです。

整形前のカウンセリングでは、遠 慮せずに何でも話してみることが大事でしょう。

また、保護者の方もお子さんも、どちらも整形に前向きな場合でも、「くっきり派手 な二重にして!」といった極端な整形には応えないそうです。

なぜなら子どもの場合 は「自然さ」が大切。

美容整形外科ではナチュラル二重か奥二重程度の二重にして、 学校のクラスメイトが「あの子…整形した?!」とはっきり分からないように配慮す るそうです。

まとめますと、子どもが整形手術を受けるには、    

  • 「適正な年齢に達していること」
  • 「注射が我慢できる」
  • 「保護者の同意」
  • 「正当な理由」

の4点が必要なようです。

子どもの整形は人格形成にも多大な影響を及ぼすことがあります。

「ずっと一重で目 が小さくて、自分が好きになれなかったのが、二重にしたおかげで自信が持てるよう になった」「積極的に出かけられるようになった…」という子どももいるようです。

こういった子どもたちにとっては、整形が人生を変えるきっかけの一つになっていると思います。

親である保護者の方は、子どものコンプレックスを軽く流さず、受け止 めてあげると子どもの心の傷も薄れるかも知れません。

春休みや夏休みといった長期休暇に整形を希望する子どもが多いそうです。

そのため 春休みや夏休みは混むようですので、早めに予約しておくことをおすすめします。

特 に春休みは高校を卒業後、大学に進学する前や社会人になる直前に「二重にしておき たい」と美容整形外科を訪れる人が多いそうです。

また、中学校や高校に進学する子 どもも、進学直前に美容整形を受ける為、春休みは12歳と15歳も比較的多いのが現状 です。

小学校を卒業し「中学生デビューをする前に二重に…」という子どもたちがいるとい うのは少々驚かれると思います。

美容整形に対する抵抗感などが減ってきているのが 要因でしょう。

毎朝のアイテープで二重にするのは時間がかかりますし、まぶたに負 担もかかります。

「手術で二重にした方が早い」という保護者もおられるそうです。

パーツ別の子どもの整形

画像名の画像

まぶたや目の周りの骨の成長は男女ともに10~12歳で止まることが多いそうです。

個 人差があるので一概には言えませんが、二重まぶたの整形の一つである「埋没法(二 重埋没法手術)」は10歳位から行い、「ミニ切開法」や「全切開法」の場合は12歳位 から行います。

たまに、「中学校位まで一重まぶただったのに、だんだん変化して、大人になったら 自然に二重になった」という人もいます。

成長や老化、体重の減少等により、まぶた の皮膚が薄くなり、皮膚の一部が折れ曲がり、二重まぶたが出来上がることもあるそ うです。

早い人は16歳位から老化が始まるそうなので、老化が原因というのも頷けますね。

し かし、珍しい例ですので整形の方が早くて確実かも知れません。

「ぱっちり二重にして欲しい!」という希望はやはり多いそうです。

美容整形外科で 二重の手術をしていない所は無いのでは…?と思う程、人気の整形です。

体への負担も少なく、成長にも影響が少ないとされています。

子どもの整形の場合は 「体に負担が少ないこと」を一番の基準にしますので、特に小中学生など は「埋没法 」を薦められるようです。

まぶた二重にする「埋没法」は、美容整形の中でも最も安全な手術とされています。

手術は極細の糸を使い、まぶたの裏側から、二重まぶたを作りたいラインに添って2 ヶ所留めます。

施術時間は両目10分程で、局所麻酔を施すため手術の痛みも少なく、メスを使わない ので術後の腫れも少ないのが特徴。

手術を受けた日から洗顔もシャワーも出来るお手 軽さと、料金の安さが魅力です。

気に入らない場合も、すぐに元に戻すことが出来るので安心感もあります。

片目ずつ 整形してもらえば、腫れが引くまで片目に眼帯をして生活し、次にもう一方の目を手 術する…という手も。

デメリットとしては「元に戻りやすい」こと。

そのため、クリニックによっては点で 留めずに線で留める方法などを試みているようです。

~戻りやすいタイプ~

  • 目がくぼんでいる
  • アレルギーなどで目を頻繁にこする
  • 幅の広い二重をつくった
  • 目があまり開かない
  • まぶたが腫れぼったい

これらのタイプは戻りやすいそうです。

しかし、高須クリニックのように一年以内に 戻った場合は、無料で再度手術してもらえる所などがあります。

「埋没法」を受ける 際はアフターフォローの内容も確認しておくと良いかも知れません。

何と言っても「埋没法」も含め、二重の手術は二重の形や幅などが自由自在です。

二 重の方が更に目をぱっちりさせる為に「埋没法」を受ける場合もあるようで、自分の 顔がカスタマイズ出来る時代が来ているなぁ…と思います。

目と同様、鼻も気になるパーツですよね。

美容整形外科には「成長過程の思春期に鼻 の手術をすると、大人ってなってずれるのか?」といった質問も来るそうです。

結論 的には成長過程に根本的な鼻の手術はせず、顔の成長が止まってから鼻の整形を受け るのが一般的です。

顔で最も成長が遅いのは鼻で、医学的には平均的に男性なら18才・女性なら16才で顔 の成長は止まると言われており、それ以上の年齢なら問題が無いようです。

しかし、 最近は子どもの成長が早く、平均よりも早く顔の成長が止まる人がいるそうです。

顔 の成長さえ止まれば鼻の整形が出来るので、病院によっては男性が16才、女性は14才 くらいで鼻の手術をする場合も。

診察時に医師が判断します。

「鼻の手術」と一言でいっても、鼻翼(小鼻)縮小、骨切り幅寄せ、鼻中隔延長、シ リコンプロテーゼ、鼻尖形成、耳介軟骨移植など色々あり、整形を受けたい人の悩み や「こんな鼻になりたい!」という希望に添って、その人に必要な手術を施します。

また、輪郭も鼻同様、骨格に影響を与える可能性があるので、えらを削る手術などは 成長が止まってからになります。

鼻を例に出しますが、鼻の成長は0~10才が活発。

この時に小鼻縮小などの本格的な 手術をすると、鼻の皮膚の下に「瘢痕組織」というものが出来てしまうそうです。

そ の組織が鼻の成長に影響が出る可能性がある為、幼少期は鼻の手術をしないのです。

もし、成長が妨げられると、鼻があまり高くならなかったり、鼻が下向きにならず上 向きになったりするそうです。

他のパーツも同じで、整形が骨の成長などに影響を及ぼす可能性があるので、やはり 少々注意が必要かも知れません。

医師も子どもの整形には特に心を配り、整形する場 所の成長が終わったかどうかを細心の注意を払って見極めています。

ヒアルロン酸注射などのプチ整形は、顔の成長に影響が無いとされており、鼻へのヒ アルロン酸注射は男性15才、女性13才位から注射してもらえるパターンもあるそうで す。

ヒアルロン酸注射は後の影響も気にしなくてよいタイプの整形なので、涙袋など、顔の色々な部位にヒアルロン酸注射をする人が増えているそうです。

例えば唇にヒアル ロン酸を注入すると、唇にハリを出ますし、アヒル口など望みの形になります。

「人気のアイドルとそっくりなパーツが欲しい!」「私もあのモデルさんと同じアヒ ル口になる!」といってヒアルロン酸注射を受ける人がいるようですが、実際に口だ けそっくりに変えてしまうと、意外にも顔のバランスが悪くなり「友達からも受けも 悪いから戻して…」と頼みに来る子どももいるそうです。

ちなみに注入されたヒアルロン酸は「ヒアルロニダーゼ」というものを注射すれば元 に戻すことが出来るのだそうで、ヒアルロン酸注射を扱う美容整形外科に行ってお願 いすれば戻してもらえます。

パーツだけ大きく変えると想像以上に印象が変わるので、本人もビックリしたり、周 りの人が整形に気がついてしまったり…とイレギュラーが起こることも。

そのため、 美容整形外科ではナチュラルな整形を心がけ、一気に変えず、まずは控えめな変化を 薦めているそうです。

整形をした後に後悔しなくて済むよう、しっかり考えてから整形に望むことを美容整 形外科の医師たちが提唱しています。

特に「アイドルの○○さんとそっくりに!」と希 望して整形した数年後、そのアイドルが苦手になることもあります。

顔は一生付き合うもの。

整形前にカウンセリングも受け、「大人になっても好きな顔 」になれるように慎重に話し合い、決定してすると良いでしょう。

内部リンクの枠

子どもの整形メリットは?

画像名の画像

「子どもの整形」には「目を二重にしたい」といった美容整形から、先天的な骨の異 常などを治す整形まで様々です。

子どもは大人が思っている以上に体や顔のことで悩 んでいます。

悩みをしっかりと受け止めてあげられると良いですよね。

逆さまつげや股関節などの異常など、痛みの原因となっているものは、取り除いてあ げたいと思うのが親心。

実際「整形手術を受けたおかげで痛みから解放された!」と いう子どももいます。

上手に悩みの原因を取り除いてあげて、子どもが快適に暮らせ る状態にしてあげられれば、それは嬉しいことだと思います。

通常、まつ毛は外側に向かって生えますが、逆さまつ毛は目の内側に向かって生えま す。

そのため、まつ毛が眼球を刺激し、角膜を傷つけるので炎症や眼病を起こすこと もあるのです。

このように、まつげが角膜を刺激する状態が続くことを睫毛(まつげ )内反症…いわゆる「逆さまつげ」といいます。

しかし、重度の逆さまつげの子どもは、整形でまぶたを二重にすることで逆さまつげが改善される場 合もあるので、二重にする手術を施します。

二重の手術は本来なら12歳くらいからなのですが、逆まつげが角膜を刺激するのが余 りに頻繁で、生活に支障が出ていると診断されると、医師たちは幼児でも整形手術を 行います。

主に行われている改善方法は、まぶたの全切開法や埋没法で、特に埋没法はまぶたの 成長にほとんど影響を与えないとされています。

小さなお子さんの場合は、埋没法などの逆まつげ手術を全身麻酔で行いますので、入 院する場合が多いようですが、クリニックによっては日帰り可能な全身麻酔もありま す。

逆さまつげはまつげが目に入ることで角膜が傷ついたり、炎症を頻繁に起こしたりし ていると、視力低下にも繋がるようですので、「子どもが良く目を痛がる」「しょっ ちゅう目を擦っている」という時は、眼科などで相談してみると良いと思います。

眼科に行くと点眼薬などが出され、経過を観察することが多いようですが、手術も実 施しています。

眼科や大学病院なら保険もききますので、料金的にも負担が少ないで しょう。

人それぞれ、顔についてのコンプレックスがあります。

「大人になって結婚し、子育 てなどが忙しくなったら余り気にならなくなった」という人もいるようですが、子ど もの頃はニキビ一つでも気になりますよね。

化粧でも隠しようのないパーツに悩み、 整形に頼る方も確かにいるでしょう。

不登校になるほど、自分の顔のことで悩んでいる子どももいるようです。

明るく過ごせるきっかけになるなら、子どもの美容整形も悪くないかも知れません。

片方がハッキリとした二重、もう一方が綺麗な一重…という方がいますよね。

子ども の頃は特に気になると思います。

美容整形外科では、一重のほうのまぶたを「埋没法 」で二重にして合わせます。

左右差がはっきり出ているのはやっぱり気になるでしょう。

また、「目の整形は腫れ る」というイメージがありますが、ほとんど腫れない方法もありますので、目の整形 を受けてみたい方は、美容整形外科などで聞いてみると良いと思います。

品川美容外科などは「学生なら、二重・目もと&医療レーザー脱毛が35%OFFに!」 と謳っています。

更には切らずにすむ「埋没法」の中でも「二重術スーパークイック 法」なら両目 1点留め5,890円、片目 1点留め4,510円という安さです。

これに更に学 割がききますので、かなりリーズナブル

そのため「学生のうちに…夏休みに…」と いって整形する子どもが増えているそうです。

全身麻酔なら眠っている間に整形手術が出来るので、小さな子どもの場合は全身麻酔 を進められるようです。

逆さまつ毛や二重の為の埋没法手術の場合も、日帰り可能な 全身麻酔があります。

「全身麻酔は抵抗がある」という保護者の為に、時には局所麻酔をするようですが、 全身麻酔の方が恐怖もなく、泣いたり暴れたりしなくてすみます。

子どもの整形のメリットまとめ

画像名の画像

  • 1、痛みの原因が消える
  • 2、明るくなった・元気になった
  • 3、コンプレックスが消える
  • 4、学割がきくクリニックもある

「痛みやコンプレックスが消えて、元気になる」というのが子どもの整形の嬉しいメ リットだと思います。

やはり保護者の方も、子どもには元気に健康で、明るく生きて 欲しいと願うでしょう。

そういった願いにしっかりと耳を傾けてくれるのが整形の医 師たちです。

子どもの整形のデメリット

画像名の画像

整形は人の人生をも変える力があると言われていますが、デメリットもあります。

こ の章ではデメリットもまとめますので、デメリットも含めた上で整形をご検討下さい 。

「埋没法」による二重の整形は体に優しいですが、それでもまぶたへの負担がありま す。

他のパーツの同様で、どうしても鼻やアゴなどの整形場所に負担がかかります。

麻酔注射も打つので、全身への影響もあります。

それは子どもだけでなく大人も同様です。

カウンセリングの際に、アレルギーの有無 や体調のことなどを包み隠さず医師に話しておくと安全です。

100%腫れない手術はありません。

どんなに見事な整形手術でも、術後に多少は腫れ が出ますので、整形を受ける子どもだけでなく、保護者もそれを理解しておく必要が あります。

100%成功を確約できる手術はありません

人によっては想像以上に腫れることもあ るでしょう。

思っていた顔にならないこともあります。

そのリスクも踏まえて整形に 申し込むべきでしょう。

「それでも整形手術を受けたいけど…心配も大きくて…」という方は事前のカウンセ リング時に納得出来るまで相談しておくことも肝心だと思います。

未成年は保護者の同意が必須です。

残念ながら保護者が同意しない場合は、医師は整 形を施せませんので、整形を受ける前に保護者に理解してもらう必要があります。

一部のまぶたの埋没法などは1万円未満で施術してもらえますが、大抵は保険がきか ないので数万円から数十万円かかります。

逆さまつげなどは一般の眼科や大学病院な どで治療も行っています。

一般の病院なら保険がきく場合が多いですので、まずは近 隣の眼科や整形外科などに相談してみるのも大事でしょう。

しかし、「うちでは治療 しない」と言われることもあるので、その際は美容整形外科などにご相談下さい。

子どもの整形のデメリットまとめ

画像名の画像

  • 1、体に負担がかかる
  • 2、腫れる
  • 3、リスクを伴う
  • 4、親の同意が必要
  • 5、費用が高い

整形はデメリットもあります。

整形そのものに抵抗のある方は、「子どもが整形なん て!」と思われるかも知れません。

確かに整形しなくても、環境が変わったり友達が 出来たりすると、悩みも薄れる子どももいるでしょう。

それが普通と思っている保護 者が多いようですが、ずっと悩み続けている子どもには、その悩みが今すぐなくなる ことが切実な願いです。

分かってあげることや、せめて理解を示してあげることが肝 心だと思います。

子どもの整形もしている病院

画像名の画像

子どもの整形をしている病院は意外に多いです。

ここでは、そのジャンルに強いとさ れる病院をピックアップしました。

大阪市淀川区にある整形外科。

子どもの股関節痛などに向き合い、積極的な治療を続 けている病院です。

「歩くと痛がる」「歩き方がおかしい」といった症状が子どもに 見られるようなら、一度カウンセリングを受けてみると良いでしょう。

「古東整形外科」病院ホームベージ

海外からも整形希望者が訪れる東京都豊島区の美容整形外科。

小さな子どもの整形に も理解を示し、非常に丁寧な対応をしている病院です。

例「6歳児の逆さまつげ手術」

『今回は、逆さまつ毛の治療をご希望され、親子でご来院されました。

 

せめて小学校高学年か、できたら小学校の卒業時まで手術を待った方が良いのではないかとお 伝えしたのですが、この春から私立小学校に入学されるとのことでエスカレーター式に上がっていくため、手術は今しかないというのが親御さんの判断でした。


子ども病院などへ行けば、全身麻酔で手術を受けられるので、ご本人にとって精神的 負担が少ないことも説明したのですが、親御さんの希望は全身麻酔は危険であり、絶対に全身麻酔での手術は受けさせたくない、また眼科ではなく、美容外科の先生によってきれいに仕上げてほしいとの希望でした。


6歳の患者様は、機嫌よく手術台に上がってくれましたが、やはり手術が始まると大泣きします。


きが激しくなって手術が難しくなると手を止めて泣き止むのを待ち、 泣き止むと手術を再開します。


私は、普段でも患者様の体の微細な緊張を読み取りながら、カウンセリングや手術を行っています。

出典:公式サイト

保護者の方の要望などもしっかりと聞いてくれるクリニックです。

「目白ポセンシアクリニック」病院ホームベージ

全国的に有名な大手美容整形外科。

二重の手術やヒアルロン酸注射など、子どもの整 形にも尽力を尽くしています。

フリーダイヤルがあり、カウンセリングの予約も楽々 。

「高須クリニック」病院ホームベージ

大阪市中央区心斎橋にあるクリニックで、手術症例数1万件以上。

熟練の医師が整形 手術をしてくれます。

幼児の逆さまつげなどにも対応しており、麻酔などに丁寧な配 慮を感じます。

「睫毛(まつげ)内反症」(逆さまつげ)

手術時間 20分程度、

日帰り手術

手術費用(埋没法)両目 70,000円 全身麻酔 30,000円

「心斎橋コムロ美容外科クリニック」病院ホームベージ

内部リンクの枠

品川美容外科


【全国展開の品川美容外科】
*症状から選ぶ二重術
*アフターケア充実
*ネットから簡単予約

_

二重まぶた関連の整形手術が比較的安く、学割も利くのが魅力。

埋没法などが気軽に 出来るので便利です。

全国に42院もある大手グループで、フリーダイヤルなどもある ので質問や電話がしやすいのも嬉しいポイントでしょう。

全国にクリニックのある大手美容整形外科。

「二重にしたい」といった子どものまぶ たの悩みにも対応しています。

首都圏だけでなく、地方にもあるのが嬉しいですね。

「共立美容外科」病院ホームベージ

まとめ

画像名の画像

子どもは繊細です。

親が思っている以上に顔について悩んでいることもあります。

ま ずは「分かってあげる」「共感してあげる」ことも大切でしょう。

金銭的な問題など で、結果的には整形を受けさせてあげられない場合もあります。

しかし、「まずは親 が精神的に寄り添ってくれた」というのは子どもにとって大きなことでしょう。

子育 てでは「子どもの悩みも大事にしてあげること」も重要かも知れません。

自分で貯金して来院する子どもも

『19歳の女性の方が埋没法を申し込まれました。

 

小さい時から500円ずつコ ツコツと貯められたそうです。

これを見た時、思わず胸が熱くなりました。

このよう な純粋な方の気持ちを目白ポセンシアクリニックでは大切にしていきたいと思ってお ります。

出典:公式サイト

この体験談を読むと、ずっと悩んで来て、やっと悩みから解放される子どもの気持ち が伝わってくるようです。

一重で目が小さく、余りまぶたも開かなくて悩み続けて生きてきた子どもが、思い切 って二重にしたら文字通り「目の前が開けた」ということもあるようです。

人生は一 度きり。

なるべく悩みすぎないように、後悔しないように生きて行けたら最高ですよ ね。

整形に関しては賛否両論があると思います。

これから先も100%安全な整形が完成す るまでは否定的な方もおられるでしょう。

特に子どもの整形には皆さん慎重なので色 々な意見が出ると思います。

しかし、整形で痛みの原因が解消されたり、前に一歩も踏み出せない原因となってい るコンプレックスが取り除かれたり…と問題が解消され、本当に明るく生きられるよ うになるなら、整形を受ける意味があるかも知れません。

皆さまが悩みから解放され、素晴らしい人生が歩めることを祈っております。

城本クリニック

【30年以上の歴史と実績を誇る美容外科】
*経験が豊富な医師が担当!
*医療免許を持つスタッフが対応!
*自然な仕上がり、傷跡が目立ちにくい施術

_

品川美容外科

【治療実績なら品川美容外科】
*症状から選ぶ施術法
*アフターケア充実
*ネットから簡単予約

_