ホーム >> 美容コラム >> シミ >> お顔に黒っぽいシミが!なぜ出来たの?キレイに消えるの?対策を教えて!

美容コラム

更新日

お顔に黒っぽいシミが!なぜ出来たの?キレイに消えるの?対策を教えて!

お肌に出来ることがあるシミは、一度出来てしまうと自然には消えないものです。

シミの原因は、意外なものにもあります。

シミが出来る原因と、シミが現れたら、また、これからシミを作らないための対策をご紹介します。

シミとは

シミ2の画像

気付いたら、シミが目立ってきた!現れていた!などということはありませんか? 元々なかったはずのシミがお顔に現れてくると、このまま消えなくなってしまうのか、不安になります。

老けて見られることもあるので、女性に多い肌悩みの一つになります。

シミとは一体、どのようなものなのでしょうか。

シミは、お肌の色よりも茶色く、また、黒っぽい色のものもあります。

大きいものや、小さいものが沢山あったり、点々とたくさん現れていることもあります。

シミがあるだけで、実年齢よりも老けて見えることも考えられるので、シミが無い状態を維持していたいものなのです。

しかし、思いもよらない原因でシミが出来てしまうこともあるため、100%防ぐことが難しいこともあります。

シミとは、お肌に何らかの原因で刺激を受けた時にメラニンが発生し、メラニン色素が沈着してできてしまうものです。

メラニンという色素がお肌に付着してしまい、それがシミというものになるのです。

シミとは、メラニン色素が沈着して現れるものですが、詳しくシミが出来るまでをご説明します。

お肌の表面には、表皮という層があり、そこでは、細胞の生まれ変わりが行われています。

その表皮の一番奥は基底層と言い、メラノサイトと言われる細胞が10個に1個の割合であります。

お顔は、毎日いろいろな刺激にさらされていますが、その刺激によって、メラノサイトは活発化してきます。

メラノサイトが活発になると、たくさんのメラニンを発生させてしまい、色素沈着し、シミになりやすくなるのです。

肌細胞の生まれ変わりにより、メラニンが古い角質と一緒に外へと押し出されていくと、シミになることを防げるのですが、新陳代謝が悪く、細胞の生まれ変わりがスムーズに行われていないと、メラニンはお肌に滞ってしまうようになり、シミとなってしまうのです。

新陳代謝を促進できるような、毎日のスキンケアを心がけていると、シミも出来にくくなるのですが、シミが出来る原因である刺激とは、意外なところにもあります。

また、お顔に出来てしまったシミが簡単に消えるのであれば問題はないのですが、それもなかなか難しいようです。

方法としては、お化粧品で薄くするか、美容外科で治療を受けるという方法になります。

シミの原因を知っておくと、シミが出来なくなるような生活が送れるようになります。

また、シミはどうやって出来るのかを知ると、シミが出来ないように、毎日ケアを心がけることも出来るのです。

メラニンはなぜ発生するのか、体に必要なものなのか、不思議に思うかもしれませんが、メラニンには体に必要な役割があるのです。

紫外線を浴びると、浴びた部分のお肌の細胞にダメージを与えてしまいます。

お肌に紫外線があたることで、肌の細胞にある核の中のDNAが破壊されてしまいます。

細胞が死んでしまったり、皮膚がんを引き起こすことも考えられるのです。

メラニンは、そのようなことが起こらないために発生し、お肌の奥にまで紫外線が届かないようにするため、メラニン色素を大量に発生させブロックをする、という役割をしてくれているのです。

体にとって、とても有り難い役割をするメラニンですが、シミが出来てしまうと、美容的には受け入れるわけにはいきません。

メラニンを活性化させないためにも、日々の紫外線対策は大切なものと言えるのです。

シミの原因

羽根ペンの画像

お肌は毎日様々な刺激を受けながら生活をしています。

刺激を受けることが当り前のような毎日ですが、その刺激こそがシミの原因なのです。

生活の中に、どのようなシミの原因となる刺激があるのかを、ご紹介していきます。

紫外線とは、夏でも冬でも雨の日でも日中はずっと地上に降り注いでいるものです。

目には見えませんが、その紫外線を浴びることで受ける影響は、いろいろと考えられるのです。

紫外線にはA波、B波、C波があります。

それぞれ体に与える影響はそれぞれ違います。

紫外線A波は、お肌の奥にあるコラーゲンやヒアルロン酸などがある真皮の部分にまで入り込みダメージを与え、お肌のハリや弾力を減少させ、お肌の老化を促進させてしまいます。

窓ガラスも通り抜けてしまうので、寒い時期であっても、紫外線対策はしておきたいものです。

紫外線B波は、お肌に炎症を引き起こし、火傷のように赤くしたり、水膨れなどの肌トラブルを引き起こします。

また、お肌の表皮の奥にあるメラノサイトを刺激し、メラニンを発生させ、色素沈着をさせる作用があるのです。

そのため、紫外線対策をしていないと、シミが出来やすくなるのです。

紫外線C波は、お肌に強い火傷のようなダメージを与えます。

通常、紫外線C波は、オゾン層に吸収されて地表に到達することはないのですが、近年のオゾン層破壊により到達するようになってしまったのです。

これらの紫外線の影響で、お肌はダメージを受けやすく、老化しやすくなっていることがわかります。

また、気になるシミの原因ですが、紫外線B波を浴び続けていることでお肌に出来やすくなるため、紫外線対策がとても重要ということも、理解して頂けると思います。

お肌が乾燥しやすく、そのためお肌に吹き出物が出てきたり、肌荒れを起こしたりなどの肌トラブルは、放っておくと跡が残り、シミのようになることがあります。

また、ニキビも同様で、お肌に痕が残りやすいものです。

お肌の細胞の生まれ変わりがスムーズに行われていると、あとが残ることも少ないのですが、細胞の生まれ変わりがスムーズではなく、新陳代謝が乱れている状態だと、跡が残り、シミとなって、お肌に黒っぽく残ってしまうのです。

また、ニキビ、吹き出物、肌荒れは、炎症を起こしている時に触りすぎたり、潰してしまうことも症状の悪化に繋がり、跡が残りやすくなることがあるのです。

出来るだけ、指で触るなどの刺激は与えないようにしていないと、シミとなってお肌に残ることになるので意識して触らないようにしましょう。

ストレス社会と言われている近年では、いつの間にかストレスを溜めていることが多く、そのため、いろいろな体の不調を感じられたり、肌トラブルを起こしやすくなることもあるのです。

ストレスとは、精神的に、また、肉体的にも負荷がかかっている状態で、その原因は様々です。

ストレスの原因が多くある中で、お肌にトラブルが発生するという事はよく聞かれます。

肌荒れニキビ吹き出物もよく聞かれますが、シミを作る原因になることもあるのです。

ストレスを感じることで、活性酸素が発生し、そのためメラノサイトが刺激されてメラニンを作り出すのです。

ストレスと一言で言っても、いろいろ考えられるのです。

  • 不規則な生活
  • 寝不足
  • アルコールの過剰摂取
  • 便秘
  • 紫外線などの外気の刺激
  • 精神的な不快感
  • 体調不良

など、いろいろなことが含まれてくるのです。

これらのことで活性酸素が発生し、シミが出来やすい状態になってしまうと、いつシミが出来てしまってもおかしくないように感じられます。

積極的に抗酸化作用効果のあるものを摂るように、心がけたいものです。

体に栄養が足りていないと、お肌は乾燥しやすくなり、また、その他にもいろいろな肌トラブルが起こりやすくなります。

体の中は、様々な臓器や器官などの細胞の生まれ変わりが行われています。

それらが健康的で活性化していないと、体の不調を感じたり、お肌も調子が悪くなることがあります。

健康的でいるために、体に必要とされる様々な栄養を食事で摂るようにしているはずなのですが、栄養が偏っている食事を摂っていたり、不規則な食生活を送っていると、なかなか健康的な体を維持するのが難しくなってきます。

生活環境が思うような食事が出来ない場合は、出来るだけサプリメントで栄養を補うことも大切です。

お肌に良いとされる栄養分は、サプリメントでも食事や間食などでも積極的に摂るように心がけていきましょう。

毎日の食事だけでは、お肌に充分な栄養を摂ることが難しいことは多々ありますが、健康にも、そしてシミを作らないための美容にも、栄養不足は大敵という事です。

活性酸素とは、呼吸をすることで取り入れた酸素が酸化したものです。

しかし、活性酸素が大量に増えてしまうと、体を老化へと導いてしまいます。

ストレスが、活性酸素を発生させるという事ですが、紫外線でも活性酸素を発生させます。

そのダメージが強いほど、活性酸素の量は増えてしまいます。

その活性酸素は、大量に発生すると、シミの原因にもなるのです。

体を酸化させる、または、サビさせてしまうともいいます。

美容的にも健康へも、イメージとしては悪い影響を与えるものと考えてしまいがちな活性酸素ですが、体にとって良い働きをする場合もあります。

活性酸素は、体の中に入り込む細菌を撃退してくれるという、殺菌作用の働きをしてくれているのです。

また、体にある酵素の働きを活性化させてくれる効果もあるのです。

体にはなくてはならないもの、と言えます。

しかし、体の中で活性酸素が大量に発生してしまうと、体にとっては有害な働きをしてしまうことになるのです。

紫外線を浴びるなどの、体にとってストレスと感じられる行為が、多ければ多いほど、活性酸素が増えることになるのです。

お肌や体の細胞が衰えやすくなり、老化が進みます。

また、生活習慣病など、体調を崩しやすくもなるので、活性酸素を意識して増やさないようにする生活習慣を心がけなければいけません。

シミの種類とその対策

考え中の画像

シミには種類があります。

それぞれ色が違ったりなどの特徴があります。

特徴を知ることで、効果的な対策を心がけることが出来るので、よく見られるシミの種類とその対策をご紹介していきます。

一般的に出来やすいと言われるシミです。

紫外線が原因で出来る茶褐色のシミで、大きいものから小さいものまであります。

「老人性~」と言いますが、20代あたりに現れることもあり、紫外線を浴びすぎて、スキンケアをキチンとしていないと現れやすくなります。

対策

老人性色素斑がお肌に現れたら、焦らずにスキンケアをしっかりとしましょう。

洗顔保湿マッサージをしっかりとしていると、お肌の新陳代謝(細胞の生まれ変わり)が促進されます。

その細胞の生まれ変わりとともに、メラニンの色素も外へ排出されやすくなるのです。

また、美白のケアも取り入れたスキンケアも心掛けるようにすると、シミを目立たなくすることが出来ます。

早めの対応が重要なのですが、時間が経ってしまった老人性色素斑の場合は、スキンケアで薄くすることは出来るでしょう。

その他、サプリメントや美容外科でのレーザーもおススメです。

ソバカスは、遺伝性のもので、小さいころから頬、鼻などを中心に、お顔全体に出来やすいものです。

小さい茶色っぽい斑点で、紫外線の影響で濃くなることもあります。

対策

ソバカスは、遺伝性のものがほとんどであるため、無くしてしまうのは難しく、症状が酷くならないための対策が必要になります。

色が濃くならないように、紫外線などの刺激を受けないように日焼け止めのクリームを塗ること、美白のスキンケアを心がけるようにすることも大切です。

頬のあたりや鼻の下などに出来やすい、黒っぽいシミのことを言います。

30代~40代の女性に多く見られ、女性ホルモンの関係で現れやすいシミです。

紫外線などの刺激によって、濃くなることもあるので、スキンケアはきちんとしたいものです。

閉経とともに薄くなり、消えることもあります。

対策

肝斑が酷くならないように、美白のスキンケアをすることが大切です。

また、体の中からの美白も心掛け、サプリメントもおススメします。

美容外科へ行く場合は、肝斑用のレーザーでの治療が効果的です。

シミの角化がすすみ、イボのように盛り上がってしまった状態のものをいいます。

原因は、紫外線や遺伝性のもの、また、老化も原因の一つです。

悪性の腫瘍の場合もあるので、脂漏性角化症が体やお肌に見られたら、専門の医師に診てもらうことをおススメします。

対策

脂漏性角化症は、スキンケアでの改善は難しいため、医師に相談したうえでの治療がおススメです。

また、治療の後は、肌色に戻ることが難しいため、美白ケアをするように心がけましょう。

シミにはいろいろな種類がありますが、どれも女性にとって気になる存在のものです。

それぞれの対策を心がけ、改善に向けてのケアを心がけましょう

シミ 対策

戦うの画像

シミがあり、気になると本当につらいものだと思います。

手軽にできるシミ対策を出来るだけ実践していると、シミも出来にくく、また、出来てしまっても薄くなりやすく改善もされてくるのです。

シミ対策の方法はいろいろありますので、ご紹介していきます。

スキンケアは、毎日ほとんどの女性は心がけていることだと思います。

クレンジングをして、洗顔をし、しっかりと保湿をしておきます。

毎日のケアをキチンとしていると、お肌のバリア機能は高まり、外部の刺激に強いお肌になることが出来ます。

美意識が高い方は、美容液やパックなど、もっとたくさんのケアを取り入れていることと思います。

それらをしていることで、お肌は老化しにくく、外部からの刺激にも強くなるのです。

更に、新陳代謝も促進されるため、お肌も健康的な状態を保てるようになるのです。

シミに関しても、出来たばかりのシミには効果的で、新陳代謝がスムーズであれば、消えて無くなりやすいのです。

また、シミが無くても美白ケアをしていると、お肌は綺麗な状態を維持されやすくなるため、スキンケアに美白のケアを取り入れるのは効果的なのです。

出来てから何年も経っているようなシミは、スキンケアの効果としては薄くすることは出来ます。

完全に消すのは難しいことも考えられるため、早めの対応が大切です。

また、ある程度薄いシミになると、ファンデーションで見えなくなることもあります。

どちらにしても、シミを気にする女性にとって、美白のケアは重要なのです。

美白のケアにもいろいろあります。

美容液やパック、ピーリングもありますし、基礎化粧品全体に美白の成分が配合されている商品もあります。

美白の化粧品に配合されている成分にもいろいろあり、ビタミンC誘導体やハイドロキノン、アルブチン、プラセンタエキスなどがあります。

メラニンの生成を抑えてくれるもの、メラニン色素沈着しにくくしてくれるものなど、美白に必要な成分がいろいろ配合されています 美白成分はお肌に刺激を与えやすいため、更に保湿成分も配合されているものも多くあります。

自分のお肌に合った化粧品を使いたいため、出来るだけサンプルやトライアルキットを初めに使って、効果がみられる、期待できそうな商品を使うようにするといいでしょう。

また、継続して使うことも大切で、1本使ってやめるようであれば効果はあまり期待できなくなります

紫外線にあたる機会は多いものなので、毎日のケアに美白を取り入れることをおススメします。

ここで、毎日実践して欲しい、お肌に優しいケアをお伝えします。

お肌に優しいケアとは、お肌に負担をかけない、刺激を与えないようにするためのものです。

お肌を痛めてしまうような、ゴシゴシ洗いや強い力でクリームを塗るなどをしてはいけません

洗顔は、クレンジングと洗顔フォームでの洗顔があります。

クレンジングも洗顔フォームでの洗顔も、ゴシゴシと洗った方が、汚れが落ちている気がすると感じるのかもしれませんが、ゴシゴシと力を入れてお顔を洗うことは、お肌に刺激を与えるだけではなく、毛穴の汚れが取れにくくなり肌荒れ乾燥を招きやすい洗顔方法なのです。

クレンジングは、クリームでもジェルタイプのものでも、お肌の上にのせて優しく滑らせるようにクレンジングをします。

洗顔フォームも、しっかりと泡立てた泡を、お肌の上で転がすようにして洗います

どちらも水かぬるま湯で洗い流すのですが、手でゴシゴシと流すのはやめるようにしましょう。

保湿も同様で、お肌の圧をかけてしまうような保湿の仕方ではなく、優しく滑らせるように、ゆっくりと保湿することを心がけましょう。

お肌に刺激を与えるようなスキンケアは、お肌にダメージを与え、肌荒れやニキビのもとになり、シミも現れやすくなってしまいます。

お肌はデリケートですので、労わりながらケアをしましょう。

紫外線対策に必要なのは、日焼け止めクリームです。

また、メイクを欠かさずにしていることも大切です。

紫外線をしっかりとカットしておくことで、メラニンの生成を抑えてくれるのです。

また、最近の日焼け止めクリームは、美白の効果もあったり、保湿効果があるものも多くあります。

汗に強い商品は本当にありがたいですね。

ただ、日焼け止めクリームを付けている時や、メイクをしっかりとしている時でも、こまめに塗りなおしや化粧直しをしておくと、更に効果を高めてくれます。

特に紫外線が強い日には、汗も出やすいため、必ず塗りなおしを心がけておくと安心ですね。

日焼け止めクリームには、お肌を外部の刺激から守る働きをしてくれます。

クリームタイプはもちろんのこと、ジェルタイプや乳液タイプ、スプレーまでが揃っています。

お好みで、それぞれの状況で使い分けると効率よく紫外線をカットできます。

日焼け止めには、紫外線を反射させてくれる「紫外線錯乱剤」と、紫外線を吸収し、熱に変換してお肌を守るという「紫外線吸収剤」とがあります。

どちらも紫外線からお肌を守ってくれるものなのですが、「紫外線錯乱剤」はお肌に優しいものがほとんどで、自然成分を含み、効果も持続させてくれます。

「紫外線吸収剤」は、紫外線を防いでくれる効果が高く、肌馴染みも良いものなのですが、効果の持続力が薄いことと、お肌への負担が高いというデメリットが挙げられています。

それらを理解したうえで、日焼け止めクリームを選ぶようにしていきましょう。

日焼け止めでお肌の負担が大きいと感じたら、その日のスキンケアは、特にお肌に負担をかけないような、お肌に優しいケアをしましょう。

日焼け止めグッズは、帽子、日傘、手袋、最近では顔を覆うグッズも販売されていて、紫外線対策を徹底して行う女性も増えています。

グッズにも、UVカット加工されていて、紫外線をしっかりとカットしてくれるものがほとんどとなります。

ある程度、紫外線を浴びるという事は、体にとって大切なものなのですが、近年、紫外線が強くなっていると感じられることもあり、日中の紫外線対策は大切なものです。

地面からの照り返しの紫外線もあるため、日焼け止めクリームも必ず必要なものとなります。

シミを作らないようにするため、また、シミの症状が酷くならないようにするため、日差しが強い時間帯に使う日焼け止めグッズは、重要な役割をするものになります。

サプリメントにはいろいろありますが、自分の体に合ったものを選ぶようにしましょう。

飲むことで体に不調を感じるようなものは避けるようにし、効果が感じられるようなサプリメントを選び、継続して飲むようにしましょう。

そして体の外からも、中からもシミを改善していきましょう。

お肌のシミに効果的な栄養素はいくつかあります。

お肌の細胞の生まれ変わりを促進し、美肌の効果があるものもあります。

また、シミの原因にある活性酸素に働きかける、抗酸化作用があるサプリメントも効果的です。

毎日の食事で、体に必要な、お肌に必要な栄養素が充分に摂れるというのが理想なのですが、なかなか思うようにはいきません。

サプリメントとは、食事で摂った栄養と一緒に、不足しがちな栄養素も補えるというものです。

上手に摂取することで理想的なお肌になれるのと、体も健康的にもなれるものです。

今自分に必要と思う栄養をサプリメントで摂ることも、手軽に感じられるのでおススメです。

シミ対策にサプリメントを活用したい場合、体の中に増えることで老化すると言われる活性酸素に働きかけてくれるものもおススメです。

活性酸素が増えると、シミも出来やすく、お肌も、体までもが老化しやすくなるのです。

そのため、抗酸化作用のあるサプリメントも摂るようにしましょう。

抗酸化作用効果があり、美肌効果があるサプリメントは

レバーや卵に含まれる栄養分です。

皮膚や粘膜を健康な状態に保ち、美肌効果が期待できます。

ナッツやアーモンドに含まれる栄養で、高い抗酸化力があり、血液の酸化を抑制しながら綺麗なお肌を保ってくれます。

体内の脂質が酸化するのを抑えてくれるので、健康的な体にもなれます。

抗酸化作用があり、体内で使われなくなったビタミンCやビタミンEを復元してくれる働きもあります。

美白効果や、生活習慣病を改善する働きも期待できます。

高い抗酸化力があり、美肌効果や疲労回復効果もあります。

などがあります。

それぞれの栄養分が含まれる食材とともに、サプリメントを上手に摂取するように心がけましょう。

また、用法用量をきちんと守り、サプリメントを正しく摂取するようにしていきましょう。

汗を流すことは、体にある老廃物を体外に排出する効果があります。

激しい運動をしなくても、汗を流すことは出来ます。

体を中から温めることが大切なので、軽い運動を20分以上したり、湯船に20分以上入ることも、体を中から温め、汗を流し、老廃物を流してくれる、デトックス効果が期待できるのです。

体とともにお肌も健康的にするためには、体の基礎代謝を上げることが重要になってくるので、体を中から温めるという事はとても大切なのです。

基礎代謝を上げると、太りにくくもなりますし、体に余分なものを溜めにくくなるため、お通じも良くなり、健康的な体になれるのです。

また、冷え性改善にもなり免疫力もアップするという効果も挙げられます。

シミに関しても、基礎代謝が上がることで、お肌に必要な栄養分がいきわたりやすくなり、また、お肌の新陳代謝も促進されるため、メラニン色素の沈着を防ぎ、シミは出来にくくなるのです。

ストレスもシミの原因になるということですが、ストレスにも様々あります。

何が原因でストレスが溜まっているのかがわからないこともあるでしょう。

大切なのは、規則正しい生活を心がける事です。

規則正しい生活は、良い睡眠にも繋がります。

また、自分の時間を作り、有意義な時間を過ごせるようになれるのです。

また、朝の早起きは、時間に余裕が出来るので、ストレスが溜まらない生活が叶うようになるのです。

想像してみましょう。

朝7時半に出勤をする場合、朝の5時に起きると、ゆっくりとコーヒーを飲んで、今日1日のスケジュールを確認することが出来ます。

新聞もゆっくりと読めて、人との話もスムーズにできることもあるでしょう。

また、朝ご飯の栄養バランスも考えて食事作りが出来るというメリットもあります。

1日のスケジュール、または仕事のやりくりもスムーズにいくようになり、定時で帰れることが出来ます。

帰宅後も、夜ご飯をゆっくりと食べ、お気に入りのハーブティーを飲みながら読書、お風呂もお気に入りのバスソルトを使いながら1日の疲れを取るのです。

夜も良い睡眠がとれることは間違いないと思いませんか? 毎日の生活が規則正しいものだと、自分のリラックスタイムや、ストレス発散タイムが出来るので、仕事もスムーズになり、ストレスも溜まりにくくなります。

また、体に悪いと感じられるアルコールの摂りすぎや、喫煙などは、意識して心地よい程度にしておき、健康を意識した生活を心がけましょう。

良い睡眠がとれると、朝は気持ちよく起きられ、起きた時に体の疲れが取れていて、1日が快適に過ごせて体調も良い状態が続きます。

睡眠時間が少なかったり、寝つきが悪いと、朝もスッキリと起きられなため、ストレスは溜まり疲労も溜まってしまいます。

良い睡眠を心がけ、寝る時間と起きる時間を決めて、しっかりと体を温めてから布団に入るようにすると効果的です。

湯船にゆっくりとつかったり暖かい飲み物を飲んでから寝るようにするのもいいですね。

出来れば睡眠時間は、7時間くらいは取りたいものです。

それぞれの生活習慣がありますので、出来る範囲で体がゆっくりと休める環境を心がけるようにしましょう。

SPAとPAとは

太陽女の画像

日焼け止めクリーム、ファンデーションや、その他リップなどにも日焼け止め効果があるものが増えてきました。

メイク品には、SPFやPAという表示があり、日焼け止め効果があることを示しています。

表示の数が多いほど、日焼け止めの効果が高いと感じていますが、一体この数字とは何なのでしょうか。

簡単にご紹介しますので、参考にして頂きたいと思います。

SPFとは、サン・プロテクション・ファクターの略で、紫外線B波を防ぐ力を数字で表しています。

日焼け止めクリームを付けることで、日焼けが始まる時間を遅らせることが出来るということですが、まず、日差しにあたってから平均的に20分で赤くなってきて、日焼けが始まると考えると、SPFが10の場合、20分の10倍、日焼けが始まるのが遅くできるという事です。

紫外線B波は、お肌の表面に傷をつけ、強いダメージを与えてしまいます。

お肌に炎症を起こしたりもするため、出来るだけ防ぎたい紫外線になります。

SPFの数値としては、アウトドアや外でのスポーツ観戦など、外に出ている時間が長い時には、30以上のものを使うようにしましょう。

ただし、汗を流したりということもあるので、塗りなおしは必ずするようにしましょう。

外に出ている時間がほんの数時間の場合は、10や20くらいの数値でも十分です。

PAとは、プロテクション・グレイド・オブUVAの略です。

紫外線A波を防ぐ力を表します。

PAの場合は、日焼けをし、お肌が黒くなってくるのを防ぐ効果の高さを表します。

「+」で表示され、数が多いほど効果は高くなります。

1時間の通勤程度であれば、「+」は一つでも十分ですが、日差しが強い日であれば、「+」は多い方が安心です。

紫外線を防ぐ効果が高ければ高いほど、お肌への負担も強くなります。

その時のお肌状態と、その日の行動を考え、適切な方の日焼け止めクリームなどを使うようにしましょう。

おすすめクリニック

聴診器の画像

いくつかのシミの種類には、それぞれに合った対策があります。

自宅でのケアやサプリメント、そして生活習慣の改善も必要になってくるのですが、中には美容外科での治療が必要になることもあります。

出来てしまったものは仕方がない、と、諦めてしまわずに、まずは相談に行くのもおススメです。

気になるシミが無くなると、生活も前向きなものに変わることがあります。

自分にも自信がついてくるので、シミで悩むことがあるのなら、思い切ってカウンセリングに行ってみましょう。

湘南美容クリニック

【年間来院数100万人突破!】
*全国72院展開で通いやすい
*治療を低価格で受けるならココ!
*自然な仕上がりが可能

_

湘南美容外科は、お顔の気になる悩みが改善されることで、人々が前向きに、心豊かに幸せな生活が送れるように、その手助けをすることを使命としています。

お肌の悩みからお顔の悩み、女性特有のお悩みまで、幅広く改善に向けてのたくさんの治療を行っています。

実績も多く、美容に関した様々な相談が、安心して出来るのです。

美容に関しても様々な治療ができる美容外科ですが、シミ、肝斑、アザの治療も行われています。

また、通常のシミの治療と肝斑の治療とでは違いがあり、シミの治療を肝斑にしてしまうと逆効果で、色が濃くなってしまうことも考えられるため、専門医の診断力と経験が必要になってきます。

湘南美容外科では、豊富な経験を持つ医師が診断してくれるので、安心して相談が出来ます

通常のシミには「シミ取りレーザー」で治療します。

短時間で治療は終わり、価格も高額ではないため、「もっと早く治療していれば…。

」と思ってしまうかもしれません。

「最小限の熱ダメージと選択的熱破壊による治療」で、痛みが少なく安全です。

また、肝斑には「レーザートーニング」で治療します。

ダウンタイムも少なく、忙しい方にも安心です。

最新の治療が受けられるため、ソバカスやアザなどにも効果があり、あらゆるシミに効果的なのです。

アフターケアーも充実しているので、ますます美肌になれるのです。

まとめ

太陽女2の画像

お肌にあるシミは、あるだけでもストレスになります。

シミが気になると、気分がすぐれなくなることもあるでしょう。

なかなか前向きになれない、自分に自信が持てない状態が続いてしまいそうです。

シミの原因にはいろいろあり、お肌や体に刺激を与えることでシミを作りやすくしてしまうのです。

ただ何となく送っている日常の中に、シミの原因になるような行動はどれくらいあるものなのでしょうか。

シミの原因を知り、シミを作らせないような生活を心がけながら、出来てしまったシミを改善できるように対策を心がけるのも大切です。

スキンケアや日焼け止めなど、少しずつ意識して行動するようにしましょう。

シミが気にならない毎日の習慣は、体もお肌も健康的で、美肌作りにも、大いに役立つことでしょう。

お肌を大切にすることは、体を大切にすることにも繋がってきます。

シミの原因や対策を参考に、ぜひ実践してみて下さい。

城本クリニック

【30年以上の歴史と実績を誇る美容外科】
*経験が豊富な医師が担当!
*医療免許を持つスタッフが対応!
*自然な仕上がり、傷跡が目立ちにくい施術

_

品川美容外科

【治療実績なら品川美容外科】
*症状から選ぶ施術法
*アフターケア充実
*ネットから簡単予約

_