ホーム >> 美容コラム >> スキンケア >> 若いからって甘く見てはダメ!誰でも出来るシミ対策

美容コラム

更新日

若いからって甘く見てはダメ!誰でも出来るシミ対策

年々、徐々に気になり始めるお肌トラブルの一つである、シミ。

ついつい、「コンシーラーで隠しちゃえば良いか」と、ケアをおろそかにしてしまったり、あきらめてしまっている人も中にはいるのでは無いでしょうか?

しかし、実はシミはしっかりケアをしないと、どんどんシミは増えていきます。

そこで今回は、シミが出来てしまった時の対策から、ご自宅ですぐに出来るシミ予防対策までを、分かりやすくご紹介していきます。

出来てしまったシミ対策

AGA_画像名の画像

肝斑

「肝斑(かんぱん)」とは、口の周りや頬骨あたり、額などに左右対称に現れる事が多いシミのことを言います。

基本的には、30~40代になって発症することが多いといわれますが、人によっては20代でも薄っすら出現してしまう事もあります。

肝斑の多くは範囲が広く、輪郭もハッキリせず薄い褐色で現れるのなどの特徴があります。

そして、少し変わった特徴ですが 、肝斑は高齢になればなるほど出現率が下がり、50代頃までは多少まだ出現しますが、60代くらいからはほぼ現れることなく、それどころか、歳をとるにつれて薄くなっていくこともある位なのだそうです。

肝斑の原因には、妊娠などの女性ホルモンと、ストレスが関わりが大きいとも言われており、ストレスを減らし、紫外線に出来るだけ当たらないようにする事が、一番の対策だそうです。

老人性色素斑とは、今までに浴びてきた紫外線を原因として出てくるシミのことをいいます。

一般的に、化粧品や美容外科のCMで言われているシミは、このシミを指します。

老人性色素斑には色や形状に分かりやすいまとまりは無く、丸いものからいびつなものまで様々な形で現れます。

「老人性」と聞くとお年寄りがなるシミだと思いがちですが、多くの場合、日本人ならば40歳前後に発症しやすく、また仕事やスポーツなどで外に居る事が多い人ならば、20代の頃から出ることもあります。

ただし、紫外線を浴びたからといってすぐに発症するものでは無く、発症する年齢もバラバラです。

人は紫外線を浴びると、肌は紫外線から体を守ろうとして一時的にその色を黒くます。

しかし、通常は肌の新陳代謝(ターンオーバー)によって、徐々に元の肌色に戻ります。

しかし、紫外線を浴びつづけたり、紫外線対策を怠り続けると、メラニンが過剰につくられて沈着してしまいシミとなるのです。

なので、紫外線を出来るだけ直接浴びない、ハイドロキノン、フラーレン、ビタミンC誘導体などの美白成分を摂取することで、シミを減らす効果があると言われています。

「炎症性色素沈着」とは、ニキビや虫刺され、肌荒れなどの肌トラブルからシミとなってしまったシミのことを言います。

他のシミとは違い、炎症や外傷の回復期後に起こるシミです。

褐色や黒褐色が多いですが、形状はその前の傷や症状によって異なります。

このシミの原因は少し特殊で、紫外線は原因に含まれません。

炎症性色素沈着は、特にかぶれやすいなどの肌がやや弱い人が良くなりやすいシミです。

多くの場合は、「一時性」なものでしばらくすると何もしなくても消えていきます。

しかし、慢性的に出てしまうシミもあります。

慢性の場合は、元の原因である皮膚炎やニキビなど自体が慢性的にある為に起こるシミとですので、きちんと信頼出来る皮膚科に通い元の原因の治療をする事をオススメします。

「光線性花弁状色素斑」とは、主に強い紫外線から引き起こされるため、背中から肩に出ることが多く面積も広い為、大きく花びらが散った様に出るものが多い事から、名づけられました。

主に、海水浴やプールなど肌の露出が多い状態で長時間、紫外線対策をせずに紫外線を浴びることで炎症を起こして出現します。

多くの場合、真っ赤になるほどの日焼けを何度も繰り返すことによって、メラニン色素が角質層に留まる事で、この様なシミとなって出現します。

しかし日焼けをするとすぐに黒くなる色黒タイプの肌の方には、あまり出現しない様です。

特に20代から30代の、日焼けをすると赤くなる色白な体質の人に出現することが多いシミで、場合によっては数ヶ月ほど経ってから現れる事もある様です。

ハイドロキノン、フラーレン、ビタミンC誘導体などの美白成分により薄くすることは出来るかもしれませんが、完璧な除去は病院などで治療が必要になります。

「遅発性両側性太田母斑( ちはつせいりょうそくせいおおたぼはんようしきそはん)」は、通常のシミよりも皮膚の深い場所、真皮層に出来てしまったシミのことを指します。

まず、通常のシミとは色々異なり、「太田母斑」は、色は灰青色に褐色がかかったような色で、生後1年以内のとても幼い時期に、額や目の周り、頬などに出現する事が多いシミです。

稀に、顔に大きなアザの様なシミがある赤ちゃんを見ませんか?それが「太田母斑」です。

そして、太田母斑は通常顔の片側にできますが、20代以降になってから両側にできるものは「遅発性両側性太田母斑」である事が多く、少し性質が異なります。

中年以降に生じたこのタイプのシミは、遅発性両側性太田母斑の場合が多く、原因は生まれつき持っている体質が大きい様ですので、どうしても気になるという人は病院へ相談することをもオススメします。

「摩擦黒皮症」は、皮膚が摩擦による刺激を受け続けることで、メラニン色素が皮膚に沈着し、シミのように黒ずむことをいいます。

女性の多くはビキニラインや脇の黒ずみを一度は気にした事があるのでは無いでしょうか?

摩擦黒皮症は、皮膚の同じ場所に繰り返し刺激を受ける事で黒ずみ、発生しやすいので、どこにでも出現します。

特に、サイズが合ってない下着や締め付けが強い下着はこのシミになりやすいです。

しかも、このシミの厄介さは、繰り返し摩擦刺激を受けることで、メラニンが真皮層に入りこんでしまう事です。

普通の色素沈着より深い、真皮層に入りこんでしまった場合は改善までに時間がかかるので気をつけましょう。

因みに、色白の人の方が摩擦黒皮症は出にくい様です。

こちらも、ハイドロキノン、フラーレン、ビタミンC誘導体などの美白成分を摂取することで、シミを減らす効果があると言われています。

正式名称は「雀卵斑(じゃくらんはん)」。

シミの仲間だと思わない人も居るかもしれませんが、ソバカスも実はシミの仲間です。

ただし、その特徴は他とはやや異なり、5歳頃が最も発生しやすい年頃で、思春期に目立つようになるのが特徴だと言われています。

主に頬あたりに散らばるように出現します。

そして、ソバカスも紫外線ケアをすることで減らすことができます。

因みに、ソバカスは白人の様に色白な人が出来やすく、代わりに元々の生成するメラニンの量の違いから、シミが出来にくい傾向にある様です。

そばかすもハイドロキノン、フラーレン、ビタミンC誘導体などの美白成分を摂取することで、シミを減らす効果があると言われています。

シミ対策は様々な方向からアプローチをすることが出来ますが、特にお金も掛けずに日々少し気にとめておくだけで出来るのが「食べ物によるシミ対策」です。

それぞれの効果を踏まえて、詳しくご紹介をします。

ビタミンCが豊富に含まれているという事は、ちょっと意外に思われる人もいるでしょう。

実際に、ビタミンCだけを見れば、キウイの方が豊富です。

しかし、スープにしたり、炒めたりして普段の食事で他に栄養素と共に気軽に摂取出来る事から、相乗効果も期待出来るのでオススメをしています。

とてもビタミンC量が豊富で、1つ食べるだけで1日の約70%のビタミンCを摂取出来ると言われています。

さらには、紫外線を吸収する「ソラレン」という栄養素も含んでいるので、夕食前に食べる事がオススメです。

「リコピン」という言葉は聴いたことがあるかと思います。

シミの原因は「活性酸素」だと言われており、その活性酸素を減らす力である「抗酸化力」がリコピンには非常に沢山入っているのです。

しかも、ビタミンCや「若返りのビタミン」と呼ばれるビタミンEも豊富で、肌代謝を上げ、シミなどの古い肌細胞を排出してくれる効果があるので特にオススメな野菜です。

緑黄色野菜の中でも特に美白に効果的なβカロチンが多く、更にビタミンA、ビタミンCも多く含んでおり、シミの原因と言われている活性酸素を除去する効果が高い野菜です。

意外に思われるかもしれませんが、コンニャクもシミに効果のある食材です。

「セラミド」という紫外線などから肌を守る「バリア機能」を高めたり、肌代謝を高める効果がある成分が多く含まれている為、シミを悪化させない、新たに作らない為に重要なのです。

ビタミンCはもちろんですが、その他に「エラグ酸」と呼ばれるポリフェノールの一種である栄養素が豊富です。

ポリフェノールの抗酸化作用に、シミの原因であるメラニンを抑える効果があるのは有名な事かと思います。

大豆製品には「メチオニン」と呼ばれる必須脂肪酸が含まれています。

メチオニンは、体内に入ると「L-システイン」と呼ばれる美白栄養素に変化します。

また、シミ対策薬では必ずと言って良いほど含まれる「L-シスチン」は、L-システインが結合した物質で、体内に入ると分解され、L-システインとなります。

その他にも、大豆イソフラボンやタンパク質、ビタミンB2などが多く含まれており、大豆製品は肌に良い事ばかりの食品です。

この様に、今回上げただけでも、色々な食材には様々なシミに効く栄養素が含まれていることが判ったかと思います。

もちろん、このほかにもβカロチンが豊富なニンジンや、ポリフェノールが豊富なブドウやワインなどもシミ対策に効果的で、身体にも良い食べものは沢山あります。

是非、今回紹介した食材を取り入れつつバランスの良い食生活を送ってシミ対策を楽しくしていきましょう。

シミ対策には、サプリメントよりもシミに対する効き目の高い、「第三類医薬品」と呼ばれるお薬があることをみなさんはご存知でしょうか。

第三類医薬品とは、一般用医薬品なかでも比較的、安全・健康上のリスクが低い医薬品をさします。

そこでまずは、通販薬で効果が期待出来ると人気の薬をいくつかご紹介します。

通販でしか購入できない、人気のシミ対策薬です。

L-システインを240mgとアスコルビン酸(ビタミンC)を500mg含んだ薬です。

昼間の通販番組などでも見かけた事がある人はいるのでは無いでしょうかです。

食べ物の項でも書きましたが、L-システインはメラニンの生成を抑制する働きがあります。

特に、ビタミンCとともに摂取すると黒色メラニンを無色化する働きがあるため、シミ対策が期待できる成分なのです。

さらに、最新版のプラスでは、「パントテン酸カルシウム」という、肌代謝を良くする成分も追加され、より効果が期待出来る様になっています。

こちらも、通販でしか購入できない人気のシミ対策薬です。

主な成分は、ローヤルゼリー50mg、L-システイン160mg、アスコルビン酸(ビタミンC)180mg、などです。

「ロスミンローヤル」も、L-システインとアスコルビン酸(ビタミンC)が配合されている為、人気な商品ですが、L-システインもアスコルビン酸(ビタミンC)も、他の商品に比べるとやや少ない商品です。

その代わりにロイヤルゼリーなどの代謝を助ける成分が多く含まれており、肌だけではなく身体全体で元気になりたい人にはオススメです。

多くのシミや美白対策サイトで紹介されている為、安心して購入している人が多い薬では無いでしょうか。

他の薬達と同じ様に、L-システインとアスコルビン酸(ビタミンC)がメインの原料となっており、L-システインは240mg、アスコルビン酸は1000mgとどちらも多めの内容となっております。

そして、ビタミンEなども含まれており、肌代謝をさらに高めてくれると人気です。

こちらも多くのシミや美白対策サイトで紹介されている為、名前だけでも聞いた事がある人が多いかと思います。

こちらはアスコルビン酸(ビタミンC)がメインで配合されているのですが、その含有量は1400mgと、アスコルビン酸(ビタミンC)が他の商品と比べ格段に多く入っており、シミ対策の通販薬のなかでは、珍しくビタミンCをメインとしている商品です。

通販でしか購入出来ない薬ですが、実は「トランシーノホワイトC」と同じ会社が作っている薬です。

こちらも、他の薬達と同じ様に、L-システインとアスコルビン酸(ビタミンC)がメインの原料となっており、L-システインは240mg、アスコルビン酸は1000mgと中身もトランシーノとほぼ同じです。

購入方法は限られますが、トランシーノのよりやや安価となりますので、トランシーノとミルセリンホワイトでどちらにするか悩んでいるひとにはこちらをオススメです。

ここでは、シミに効くと言われ人気のサプリメントをいくつかご紹介します。

出来てしまってシミにも効果的ですが、何よりもシミ予防に効果が強いサプリメントです。

飲むだけで日焼け止め効果があるという事で、その手軽さも人気の理由。

アスタキサンチン、L-シスチンをはじめ、他のほとんどの原料もアセロラやザクロ、バラなどの植物などの自然から集めたエキスで作られている為、体にも安全で、さらに、シミだけでなくシワにも効果的なのが嬉しいですね。

シミ用のサプリメントとしてはかなり高価なサプリメントなのですが、一時は入手困難になったほど大人気のサプリメント。

ホワイトショット インナーロックIXの主成分は、「メロングリソディン」と「ブランノール(R)EX」です。

特に、「ブランノール(R)EX」は、ポーラオリジナルの成分で、効果はL-システインと同じなのだそうです。

上の項でも書きましたが、L-システインはメラニンの生成を抑制する働きがあります。

その為、シミにかなりの効果があると期待され人気なのです。

楽天の美容サプリランキングは、発売初日から1位を獲得。

価格も3ヶ月分で3000円もしないという事と、楽天などの大手通販サイトから手軽に購入出来る事から、シミ用サプリメントを初めて試してみる人に人気がです。

シミの元となるチロシナーゼを阻害するL-シスチンをはじめ、ヒアルロン酸やビタミンC など肌に良いものばかりが入ったサプリメントです。

成分に着いては、どうしても第三類医薬品にはやや劣りますが、この様に独自の成分から第三類医薬品並の効果が期待出来る商品から、手軽に購入出来る事が魅力な商品など、サプリメントの中でも購入する価値がある商品はいくつかある様です。

是非、自分のシミのタイプと照らし合せて、試してみてはいかがでしょうか。

シミ対策の中でも、もっとも知りたい人が多い項目では無いでしょうか? シミ対策は、一度治ったら終わりではありません。

まず、治す事が最優先事項ですが、治った後もシミを作らない様にしていかなくては、またすぐに逆戻りです。

日々の暮らしで続けていく事を考えた場合、毎日使う化粧水は絶対シミ対策が行えるものにしておきたいですよね。

そこで、使いつ続けられる範囲の価格で、かつシミ対策に効果的な化粧水を今回はいくつか厳選してご紹介します。

浸透力に優れたリン酸型ビタミンCや、抗酸化力の強いフラーレンなどの有効成分がメラニンの増加をしっかりと抑えます。

ドクターズコスメということで、あまり知名度はありませんが、「受けたダメージをクリアに戻し、さらにはトラブルをよせつけない」という効果は本物ですよ。

今ならお試し価格で提供もされています。

コラーゲンと抗酸化作用をもつ12種類のビタミンを配合。

こちらもドクターズコスメです。

そして、シミに特化した化粧水では無いのですが、シミや毛穴の開きなどをケアしてくれます。

シミだけではなく、その他の肌の悩みもこれ一本で解決してくれると言うことで、忙しい女性には特におすすめな化粧水です。

ドクターズコスメの一つで、水分補給を第一に考えた、無香料・無鉱物油・無着色に拘ったナチュラルな化粧水です。

洗顔後は化粧水だけでも良いというシンプルさながら、しっかりとシミを薄くし美白効果を持っているという事でオススメです。

シミに特化した化粧水で、シミにピンポイントで塗っておけば、独自開発した新安定型ハイドロキノンがシミを直接撃退してくれるという商品です。

シミに特化した化粧品のシリーズですので、多くの人からその効果が告げられています。

特に少しでも早くシミを消したい人にオススメです。

サエルは敏感肌用の基礎化粧品ラインで、原材料にも天然由来のものにこだわっています。

ディセンシア独自特許応用技術「ヴァイタサイクルヴェール」により、刺激の少ないシミ対策用化粧水が作られています。

アルブチンをはじめ、様々な天然素材の力で、肌を美しくしていきます。

状況にもよりますが、1ヶ月程度で肌の色が変わった事を実感する人が多いようです。

シミを作らない生活習慣

AGA_ヨガの画像

シミの出来やすい・出来にくいは体質もありますが、生活習慣でも大きく違いが出ます。

外出や、外にいる時間が長い人はやはり日焼けもしやすい為シミも出来やすくなり、他にも睡眠不足や、カロリーの高い食べ物を摂りすぎても、シミのできやすくなるといわれています。

そこで今回は、ちょっとした心掛けで行える、「シミの出来にくい生活習慣」を四つご紹介します。

まず、やはり大切なのは「スキンケア」です。

基本のスキンケアを毎日朝晩しっかり行うことで、肌代謝を活性化させ、シミの改善も早まっていきます。

さらに、普段と同じスキンケア用品でも効果はありますが、やはりシミ対策や美白に特化したスキンケア用品に変えた方が効果は上がります。

ビタミンCやビタミンAは皮膚の細胞の再生に効果的で、アルブチンやプラセンタエキスなどは国も認めた美白成分として、多くの美白効果が期待出来るスキンケア用品に含まれているので、ぜひ、試してみる事をオススメします。

こうして、毎日欠かさずスキンケアをする事を習慣づける事こそが、とても重要なのです。

さらぶ、毎日日焼け止めクリームを外に出る30分前までに塗る習慣もつけましょう。

ちなみに、スキンケアどころか化粧を落とさないまま寝てしまうなどと言うのは、問題外ですので気をつけましょうね。

食事

続いては「食事」についてです。

食事については、上でも食材について紹介していますが、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンや、ポリフェノールなどの抗酸化作用があるものがオススメです。

上に記載された食材を上手く活用し、バランス良く食べる事をオススメします。

もちろん、手作りの料理で食べる事が一番良いのですが、外食やコンビニ食でも、大丈夫ですよ。

ただし、出来るだけで、上記した食材が多く入っているものを選んで食べる事と、出来るだけ毎日毎食外食やコンビニ食にはしない。

取りたい食材や栄養素が不足していると感じた場合はサプリメントや野菜ジュース、豆乳などで補う様には気をつけてましょう。

無理し過ぎない範囲で、気をつけてるという事が、長く続けられる秘訣です。

ちなみに、献立が浮かばない時や、食欲がない時にオススメなのが「ミネストローネ」です。

カボチャにトマト、タマネギにニンジンと、一品でほとんどのシミ対策にオススメな食材の多くを摂取する事が出来ます。

これにデザートをイチゴ、飲み物を豆乳にすれば、ほぼ完璧です。

睡眠

次に大切なのは「睡眠」です。

細胞をよい状態に保つために欠かせないと言われている「ヒト成長ホルモン」。

この成長ホルモンは、寝ている時に分泌されるにですが、このホルモンが十分に分泌される為には夜は0時までには寝る事が重要なのだそうです。

夜ふかしは、シミ対策にとっては大敵だという事ですね。

さらに、寝不足も肌には大敵です。

ターンオーバーのサイクルが乱れたり、周期が延びてしま事も出てくる為、角質層のバリア機能が低下し、シミなども出来やすくなってしまうのです。

夜型の生活になりがちな人は気をつけましょう。

そして、最後は「お風呂」についてです。

仕事で疲れて帰ってきたり、一人暮らしだったりすると、つい億劫でシャワーだけですませて終わりだったりしますよね。

しかし、お風呂で浴槽に浸かる事はとても重要な事なのです。

まず、ゆっくり落ち着いて暖かなお湯に浸かる事で、リラックスが出来、血行も良くなります。

血行が良くなる事で肌も活性化され、ひいてはシミ予防にもなります。

その他にも、身体を温めてから布団に入った方が、良い眠りにつきやすいそうです。

毎日は無理でも、週に何日かは湯船につかるようにする事をオススメします。

是非、出来るところからで良いので頑張ってみてはいかがでしょうか。

シミ対策と言えば日焼け止めだと思いがちですが、最近では日傘を始め沢山の日焼け止めグッズが売られています。

今回紹介する商品を上手く利用すれば、日焼け止めだけの日焼け対策よりももっとシミを防ぐことが出来ますよ。

そこで、特にオススメな日焼け止めグッズをいくつかご紹介したいと思います。

日焼けは目が受けた紫外線からもするという話をご存知ですか? 実は日焼けのメカニズムは、脳が「体を守って!」という指令を出してメラニン色素を形成させてしまうことで起こります。

なので、肌をしっかり守っていても目を紫外線から守っていなかった為に日焼けをしてしまったという事もあるのです。

そこで、紫外線から目を守るのに、やはりサングラスが一番だという事でオススメしています。

帽子

特に、つば広のものは髪や頭皮の紫外線によるダメージを防いでくれるのでオススメです。

サングラスほどではないですが、こちらも目の保護にも役立ちます。

日傘

紫外線を遮断する割合の多いものから、デザインの可愛いもの、晴雨兼用、コンパクトなものまで、様々な日傘が売られています。

帽子と同じように、直射日光をさけることで、日焼けを防止します。

特に夏場は一つ持ち歩いていると、とても便利です。

運転をする際の多くの女性が使用するアイテムかと思います。

デザインも豊富ですが、何よりも100円ショップでも買える手頃さが魅力。

直射日光をさけることで、日焼けを防止します。

一常に持ち歩いていれば、いざという時にも使えて便利です。

日焼け止めは、2、3時間程度で塗り直すことを推奨されています。

しかし、メイクをしているとなかなかそんな頻繁に塗り直すのは難しいですよね。

そこでオススメなのが、このスプレーです。

日焼け止め同様、紫外線から肌を守ってくれます。

髪にも使えるので、様々な場所で重宝しますよ。

最後に、シミを作らない為の対策で一番重要なものといえば、やはり「日焼け止め」。

毎年、様々な日焼け止めが各社から出ていますが、皆さんはどんな基準で日焼け止めを選んでいますか?

つい、「SPF」や「PA」のが高いものを選んでしまうのではないでしょうか。

SPFとはSun Protect Factorの略で、UVBカットの指数で、一方PAはProtection Grade of UV-Aの略で、UVAカット効果を表す数字です。

もちろん、高いものも悪くはありません。

しかし、実はこれは高ければ良いというものでは無く、むしろ高過ぎるものは添加物も多く、肌にはあまり良くないと最近ではされています。

SPF値もPA値も、一つの量当たりの防御力を表していると思われがちですが、実はこの値は「防御していられる時間の長さ」を表しており、防御力は関係無いのです。

そこで、今回は肌にも優しく、しっかりとシミ対策が出来ているオススメの日焼け止めをご紹介します。

保湿美白まで行える日焼け止め美容液です。

SPF50、PA++++と高い数値で、日常だけで無く、強い日差しにも対応しています。

ウォータプルーフですが、市販のボディソープでも落とす事ができるのも高評価につながりました。

SPF50+、PA++++のファンデーションタイプの日焼け止め。

くすみを無くし、毛穴のカバー力も高く、普段ちょっとお出かけくらいならば十分これ一本で外に出れる商品です。

SPF50+、PA++++なのに、オーガニックという、とても珍しい化粧下地タイプの日焼け止め。

汗水にも化粧崩れにも強く、なのに オーガニックなので肌にも優しといういい事づくめの化粧下地です。

SPF30 PA+++の、1本で下地、ファンデーション、美容液、日焼け止め、コンシーラーの役をこなすBBクリームです。

安心の日本製で、添加物も少ない優しい使い心地の商品です。

SPF35 PA+++のBBクリームならぬ、BBバーです。

日焼け止め、美容液、下地、コンシーラー、ファンデーションなど1本5役なので、一本持っているととても重宝しますよ。

まとめ

AGA_注射と薬の画像

今回は、様々なシミ対策とシミ予防の方法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 多くのシミは年齢と共に気になってきてしまうものです。

人によっては、もっと手早くシミを取る方法は無いモノかと思っている人もいるのではないでしょうか?

しかし、根本的な生活やスキンケアを改善させなければ、シミはすぐにまた出来てしまいます。

まずは、今回紹介した生活や食生活を意識して、さらにシミ対策にオススメしているスキンケアやサプリメントを実践してみてはいかがでしょうか?

すぐには効果が判らないかも知れません。

ですが、きっと一ヶ月二ヶ月と続けていくうちに、鏡を見るのが楽しくなっていくと思いますよ。

シミ対策は、焦らずゆっくりと続けることが大切です。

もちろん、ストレスもシミの原因となる場合がある為、どうしても気になって仕方がない、早く無くしたいという場合は、病院に行って相談をしてみることも一つの方法だと思います。

レーザーなどを使用した治療以外にも、病院あれば、「シミを薄くすること、取ること」を目的とした薬を処方していただくことも可能です。

美白用のスキンケアではどうしても物足りないという人は、病院で薬を出してもらうのも一つの手ですよ。

自分に合ったシミ対策を、色々と模索してみてくださいね。

城本クリニック

【30年以上の歴史と実績を誇る美容外科】
*経験が豊富な医師が担当!
*医療免許を持つスタッフが対応!
*自然な仕上がり、傷跡が目立ちにくい施術

_

品川美容外科

【治療実績なら品川美容外科】
*症状から選ぶ施術法
*アフターケア充実
*ネットから簡単予約

_