ホーム >> 美容コラム >> 脂肪吸引 >> 脂肪吸引の費用 希望予算でどれだけ痩せられる?

美容コラム

更新日
脂肪吸引の費用 希望予算でどれだけ痩せられる?
カテゴリ

どうしても痩せなければならない。そんな状況になった場合、あなたはどんな方法で痩せますか。俳優さんの中には、平気で短期間に10キロ以上体重を落とす人もいますが、普通に暮らす女性には難しいことです。仕事や家事もしなければいけないのですから、ダイエットにかかりきりというわけにはいきません。 ではどのような方法で、効率よく痩せればいいのでしょうか。

 

これまでいろいろとダイエットを試してきたけれど痩せられなかった。生活に影響がでないように、短期間で痩せたいとなったら、やはり脂肪吸引が一番確実な痩せ方でしょう。 問題なのはどれぐらいの費用がかかるのかということです。脂肪吸引のことはもうご存じかもしれませんが、脂肪吸引の方法などについて確認しながら、さらに費用について考えていきます。

 

 

 

 脂肪吸引について

AGA_臭いの画像

 

脂肪吸引を行うには、まず施術を受けるクリニックを決め、相談に訪れることから始まります。そこでよく担当医と相談して、どのように脂肪吸引をやるかプランをつくり、費用の見積もりをして納得できたら、施術を受けることになります。 脂肪吸引は入院して行うことはほとんどありません。施術のために麻酔を使いますが、醒めたらすぐに帰宅します。

 

施術を受けるときは、車を運転しての来院は控えたほうがよいでしょう。体調が悪かったら、無理をせず日にちをずらすべきです。個人差はありますが、麻酔による体へのダメージも考えましょう。 術後、元に戻るまでの間をダウンタイムといいますが、施術法によってダウンタイムにかかる時間はいろいろです。3日という人もいれば、2週間という人もいます。

 

また個人差もありますが、かなり痛みを感じる場合があるので、事前によく確認しておきましょう。 脂肪吸引ならすぐに水着になって泳げると思ったら間違いです。腫れ、内出血もありますから、完全に回復するには1ヶ月近くかかります。仕事への復帰は翌日から可能といったところもありますが、できれば数日を休暇をとって、体を休ませることをおすすめします。

 

術後、シャワーは比較的早くから浴びることが可能ですが、バスタブでの入浴はしばらく禁止です。激しい運動なども控えます。 脂肪吸引した部位によっては、術後、着圧下着の着用や、部分マッサージが必要になります。美しい体型を手に入れるために、多少の不便やマッサージの痛みはあったとしても、担当医の指示に従ってください。

 

 

 脂肪吸引の方法

AGA_妊娠中の画像

 

よく知られる脂肪吸引の方法は、皮膚に傷口を作り、そこにカニューレという太い注射器の先端のようなものを差し込んで吸い取るというものです。現在は脂肪吸引の手法は、これ1つではありません。代表的な施術法だけでいくつもあります。 すべてのクリニックが、それぞれの施術法を扱っているわけではありません。

 

1つの方法に優れたクリニックもあれば、いくつもの施術法が行えるクリニックもあります。まずは施術法の特色を知り、ご自身がおこなうならどの方法がいいかを考えることが大切です。

 

 

脂肪を注射器で吸い取る方法です。1度に吸引する量が50ccまでなので、大量に吸引が必要になる腹部などには向きません。何回か針を刺す場所を変えて施術することもあるので、医師の技量が重要になります。 顔の部分痩せなどに向いています。術後の傷跡はそんなに大きくありませんし、自然な痩せ方に見えます。 設備投資にお金がかからない施術法なので、費用は他に比べていくらか安く設定されているようです。

 

 

脂肪を吸引するのではなく、レーザーを当てて脂肪細胞を破壊するという方法です。破壊された細胞は、そのまま自然に体内に吸収されていきます。直接吸引除去されることはないので、ダウンタイムも比較的痛みもなく穏やかです。 破壊された脂肪細胞が排出されるまで、見た目には急激な変化はありません。

 

溶解した脂肪を吸い取るという施術法を行っているクリニックもありますから、結果をすぐに出したい人は検討してみるといいでしょう。 施術時間も短く回復も早いので、仕事をあまり休めない人には向いています。ただ広範囲の施術には向きません。部分痩せが向いている施術です。

 

 

脂肪を除去したいところに、麻酔薬と止血剤を溶かした生理食塩水を勢いよく流し込み、吸引する方法です。水に溶け出した脂肪だけを吸い取るので、筋肉などの組織を傷つけることが少なく、術後の傷も少なくてすみます。 腹部や太ももなど、大量に脂肪吸引をおこないたい場合に、相応しい施術です。ダウンタイムの傷みが少ないと説明にはありますが、大量に吸引すると痛みが残ります。

 

 

ライボマティックとは超音波脂肪吸引技術のことで、ハリウッドの整形外科医の間では主流になりつつあります。脂肪に超音波の刺激を与え、細かく砕いたものを吸い取るという方法です。施術部分に熱が加わらないのでダメージが少なく、ダウンタイムも短くてすみます。

 

吸引した脂肪を、バストアップに利用することも可能です。同時に施術すれば、ダウンタイムが多めに必要になりますが、自分の脂肪なので吸着力もよく、豊かなバストを実現できます。

 

 

ライボマティックと同じく、ベイザー波という超音波を当てて、脂肪細胞を砕いて吸い取る方法です。これまでの施術法の中でも一番多い脂肪除去率で、90%の脂肪を1度に取り除くことが可能です。 すでにできているセルライトの除去にも効果があります。

 

セルライト部分の細胞を破壊してしまうので、これまで除去が難しかったセルライト部分をきれいにすることが可能となりました。 ただ取れるからといって1度に脂肪を取り過ぎると、ダウンタイムに痛みを伴うことがあります。完全に回復するまでの時間もかかります。

 

 

 やりかたによる費用の違いと部位別費用

AGA_画像名の画像

 

それでは部位別に施術法による料金の違いを見ていきましょう。脂肪吸引する部位の区分はクリニックごとに違うので、もっとも多く施術されている顎、二の腕、腹部、太ももの4カ所で比較していきます。その他の部位での費用を知りたいときは、各クリニックのホームページで調べるか、直接電話をして確認してください。

 

費用はクリニックごとに大きく違っています。麻酔費用が含まれているか、鎮痛剤などの費用は別なのか、確認しておく必要があります。術後の検診にも費用がかかるのかも、確かめておきましょう。

 

 

 

  部位   価格
  顎   58,000円
  二の腕   199,000円
  太もも(プラス尻)   249,000円

 

  部位   価格
  顎   129,600円

 

  部位   価格
  顎   300,000円
  二の腕   160,000円
  上腹部   266,000円
  下腹部   266,000円
  太もも(前部内外)   200,000円
  太もも(後部内外)   200,000円

 

  部位   価格
  顎   200,000円
  二の腕   200,000円
  腹部   320,000円
  太もも   400,000円

 

 

 

  部位   価格
  各部位15cm×10cm   150,000円

 

  部位   価格
  顎   100,000円
  二の腕   140,000円
  上腹部   140,000円
  下腹部   140,000円
  太もも(内側)   150,000円
  太もも(外側)   150,000円
  太もも(前側)   230,000円
  太もも(後ろ側)   230,000円

 

  部位   価格
  顎   72,220円
  二の腕   64,810円
  腹部   83,330円
  太もも(内側)   83,330円
  太もも(外側)   83,330円
  太もも(前側)   83,330円
  太もも(後ろ側)   83,330円

 

  部位   価格
  1フレーム35㎠×6   60,000円

 

  部位   価格
  顎   298,000円
  二の腕   298,000円
  上腹部   348,000円
  下腹部   348,000円
  太もも(内側)   348,000円
  太もも(外側)   348,000円
  太もも(前側)   348,000円
  太もも(後ろ側)   348,000円

 

 

 

  部位   価格
  顎   280,000円
  二の腕   280,000円
  上腹部   200,000円~
  下腹部   380,000円~
  太もも(内側)   380,000円~
  太もも(外側)   380,000円~
  太もも(前側)   380,000円~
  太もも(後ろ側)   380,000円~

 

  部位   価格
  顎   100,800円
  二の腕   410,400円
  上腹部   324,000円
  下腹部   324,000円
  太もも(内側)   324,000円
  太もも(外側)   324,000円
  太もも(前側)   324,000円
  太もも(後ろ側)   324,000円

 

 

 
  部位   価格
  二の腕   86,000円
  上腹部   128,000円
  下腹部   149,000円
  太もも(内側)   149,000円
  太もも(外側)   149,000円

 

  部位   価格
  二の腕   178,200円
  腹部   252,000 円
  太もも(内側)   178,200円
  太もも(外側)   178,200円
  太もも(前側)   178,200円
  太もも(後ろ側)   178,200円

 

 

 

  部位   価格
  顎   268,510円
  二の腕   377,770円
  腹部   396,290円
  太もも(内側)   377,770円
  太もも(外側)   377,770円

 

上記料金にプラス216,000円です。

 

上記料金にプラス95,500円です。

 

  部位   価格
  顎   180,000円
  二の腕   198,000円
  腹部(前面)   420,000円
  太もも(内側)   198,000円
  太もも(外側)   198,000円
  太もも(前側)   198,000円
  太もも(後ろ側)   198,000円

 

 

 脂肪吸引の効率的な利用法

AGA_画像名の画像

 

費用も施術法もさまざまなタイプがあることが、おわかりになったでしょうか。かかる費用も決して安いとはいえません。効率的な利用法を見つけ出し、費用の無駄と時間のロス を少なくするように、考えていきましょう。

 

 

ダイエットに失敗したから痩せられない。運動が苦手で、ついさぼりがち。そんなことが続いた後で、脂肪吸引をやってみようかと思ったとき、自分は楽をして逃げようとしているのではないかと、罪悪感を持つことはありませんか? 脂肪吸引は楽なだけではありません。費用はハワイ旅行にいけるぐらいかかりますし、ダウンタイムの痛みもあります。

 

寝ている間に痩せられるといった、最初に抱いたイメージどおりでしたら、たしかに楽して逃げていると思われるでしょうが、実際はそんなに簡単ではありません。 ダウンタイムの痛みに耐えなければいけないし、脂肪吸引した部位によっては、術後はしばらくマッサージをしなければいけません。魔法のやせ薬のように、一粒飲むだけで効果があるようなものとは違うのです。

 

脂肪吸引にも、結果を出すにはそれなりに努力が求められるのです。 メイクをして美しい顔に仕上げる。服を選んでドレスアップする。それと同じように、自分の体を好みのラインに作り上げる、それが脂肪吸引なのです。美しくありたいという、自分の美意識を大切にしましょう。

 

 

顎や頬の脂肪を減らすだけで、すっきり小顔に見えるものです。おすすめなのは技術力のあるドクターによる、シリンジ法でしょう。 カニューレを入れて一気に吸い出すのではなく、デザインした顔になるよう丁寧に注射器で吸い取っていってくれます。 傷も注射針のものだけですから、大きく目立つということはありません。

 

他の施術法よりも早く、メイクができるという利点もあります。 重要なのはドクターとしっかり打ち合わせて、自分の顔の完成イメージを細かくデザインすることです。そうしておけば、仕上がりの不満度も少ないはずです。

 

 

ライボマティック、ベイザー法などで吸引した脂肪は、そのまま再利用して他の部分に移植可能です。バストだけではありません。痩せたヒップに肉付けすることも可能です。 元が自分の脂肪ですから、他の異物を入れるよりもずっとよく馴染みます。触った感じも自然で、豊胸手術したとは思えない仕上がりになります。 パックを埋め込む豊胸手術の場合、触ると違和感があります。

 

またレントゲンなどではパックの影が映り込んだりしてしまうこともあるのです。 ヒアルロン酸などを注入するという方法もありますが、効果は永続的ではありません。何年かすると体内に吸収され、自然に排出されてしまいます。 自分の脂肪の場合は、1度注入すれば永久的に残ります。しかも手術のときに不純物を取り除いた純粋な脂肪ですから、アレルギーなどもないのが利点です。

 

最近は痩せるのと同時に豊胸ということで、注目されてきていますが、費用の面ではやはり割高になることは覚悟しなければいけません。またダウンタイムも、脂肪吸引だけより時間が必要になります。仕事などに影響しないように、綿密な計画が必要になります。

 

 

脂肪吸引をすれば、1度に何キロも体重が落ちると思われるかもしれませんが、思ったよりも体重は急激には減りません。ダウンタイムが終了し、腫れや内出血が治まった頃に、体重は落ちてきます。術後、こんなはずじゃなかったと焦らないでください。結果は後からでてきます。

 

ダウンタイムの痛みにも耐える。休みもとったのだから、ともかく大量に痩せたいと思うのでしたらボディジェット、ライボマティック、ベイザー法などがよいでしょう。1度に大量の脂肪吸引が可能です。 腹部と太ももを同時に行った場合、ダウンタイムの間は日常生活でいろいろと不自由を感じることになります。

 

担当医から術後に痛み止めが処方されますが、それだけでは足りないぐらい痛む場合もありますし、着慣れない着圧下着も毎日着用しなければいけません。 体にしてみれば、それまであった脂肪がいきなりなくなってしまったのです。自動的に修復を試みるように人間の体はできていますから、いろいろと不具合を感じているでしょう。体は急激なストレスにさらされた状態になっているのです。

 

できれば1週間ぐらい、休みがとれればいいですね。 脂肪吸引のためだけに休みはとれないという事情もあるでしょうが、美ボディを作り上げていくつもりなら、1度に大量に脂肪吸引をするよりも、部位を1つに絞って、今回はここ、次回は二の腕というように、時間かけていくことをおすすめします。 今すぐ痩せたいのに、そんなに待っていられないと思うでしょうが、体への負担を考えれば無理はしないほうがいいでしょう。

 

脂肪吸引によって脂肪細胞の数が減れば、自然と体重は落ちてきますから、そこで様子を見てから次に進んではいかがでしょうか。

 

 

脂肪の層が最初から薄い人でも、上手なドクターでしたら対処してくれます。全体がほっそりとした印象なのに、お腹だけがぽっこりでている。二の腕だけがたるんでいる。そんな悩みを持っている人もいると思います。 痩せているのに脂肪吸引するなんてと非難されるかもしれませんが、美ボディをめざすならどうしても気になるところは痩せたいでしょう。

 

部分痩せならレーザーラボがおすすめです。特に全体的に脂肪の層が薄くて、大量の脂肪吸引は必要のない人に向いています。 レーザーを照射するだけで吸引はありませんから、大きな傷跡は残りません。しかも急激なサイズダウンはないので、脂肪吸引をしたことが気づかれにくいです。

 

 

吸い取られた分の脂肪細胞は、もう再生しません。だからといって、2度と太らないというのは間違いです。ダイエット無視の暴飲暴食を繰り返し、休日は1日家でゴロゴロ。そんな生活をしていたら、せっかく美ボディになっても、また崩れていってしまいます。 脂肪細胞を吸引するといっても、体の中からすべて吸い取ってしまうわけではありません。

 

人間の体にとって、脂肪にも大切な役割があるからです。ドクターはそれがわかっていて、巧みに不要な脂肪細胞だけを吸い取ってくれるのです。 残っている脂肪細胞は、筋肉への運動刺激を受けたりすると脂肪をためることをしなくなります。その結果、ますます痩せやすい体になっていくのですが、以前と変わらず大量の余剰カロリーが投入されれば、少ない脂肪細胞もまた膨らんでしまいます。

 

それだけでなく脂肪吸引を行わなかった部分の脂肪細胞が、喜んで余剰の脂肪を抱え込んでしまいますから、別の場所が太っていくという恐ろしい結果になってしまいます。 美ボディを維持するために、簡単な運動を取り入れましょう。ジョギングやスイミングなどの外にでかける必要がある運動が面倒なら、自宅でヨガやスクワットを続けることです。 食生活も見直すべきです。

 

高カロリー、高脂質なものは避け、野菜、果物、ヨーグルトなどをとりいれるようにしてください。

 

 

脂肪を溶解させる薬液を、注射で注入するという方法があります。注射で吸い取るシリンジ法と違い、逆に注入するのです。 レーザーと同じように、破壊された脂肪は自然に吸収されるので、ダウンタイムの痛みも少なく楽な施術といえるでしょう。 クリニックによっては、この脂肪溶解注射と通常の脂肪吸引を組み合わせ、効率のよい方法を生み出しているところもあります。

 

顔にメスが入るのが怖いとか、脂肪吸引したことを知られたくないといった人には、向いている方法でしょう。各クリニックで費用の違いもありますし、使っている薬液も違います。事前に情報を集め、よく確認してからその施術を行うか、決められるといいと思います。

 

 

 脂肪吸引の注意点

AGA_画像名の画像

 

まだまだ脂肪吸引について知りたいことがあると思われます。注意点を書き出してみましょう。

 

残念ながら適用外です。美しくなるための施術では保険は使えません。ただ肥満治療に関しては、脂肪吸引も医療行為として認められます。その場合、BMI(肥満指数)が35以上でなければ対象になりません。

 

妊娠している可能性のある女性。既往症で糖尿病、高血圧、心臓病などのある人は、脂肪吸引を控えたほうがよいでしょう。 またクリニックによっては、施術可能年齢を設けているところもあります。健康に自信のある高齢者でも、断られることがあります。どうしてもという希望がありましたら、クリニックに問い合わせてください。

 

着圧下着は必ず着用しましょう。そうしないと皮膚がたるんでしまい、理想のほっそりした仕上がりになりません。 仕事で制服を着用する場合は、季節に配慮が必要です。夏場で半袖の制服では、二の腕のための着圧下着が見えてしまいます。施術を受ける時期を、長袖になる季節に限定しましょう。

 

腹部の脂肪吸引をした場合、術後すぐに重いものを運んだりする、力仕事は控えたほうがいいです。嘘も方便です。ぎっくり腰になったとでも言えば、重いものを持つ作業を代わってもらえるでしょう。 ダウンタイムが過ぎ、着圧下着も必要なくなった頃には、激しい運動を再開してもだいじょうぶです。それまでは軽いストレッチぐらいで、体に負担をかけないように注意してください。

 

自分はどんなふうに痩せたいのか、カウンセリングを受ける前にしっかり計画を練っておきましょう。カウンセリング当日、クリニック側はさまざまな施術をすすめてくると思いますが、言いなりになって不要な施術まで行わないことです。 最初は1カ所だけのつもりだったのに、気がついたら足も腕も、バストアップもと施術内容が増えていて、当然予算はオーバーします。

 

クリニックとしてはローン会社を紹介してくれたりしますが、そこはあなたの強い意志で、自分のやりたい施術だけをお願いしましょう。

 

顔や体の写真を、クリニックのホームページに載せられることが可能なら、ぜひモニターを志願しましょう。モニター料金ですと、費用はかなり安くなります。ただレポートを書いたり、写真の掲載を許可する必要があります。 また何カ所か1度に行うと安くなる、パック料金を設定しているクリニックもあります。

 

その場合お得なのは、部位によって施術法を変えてくれても、単独でやるより費用が安くなることです。 キャンペーンやモニター募集など、まめに情報をチェックしておくといいでしょう。

 

どうして太ってしまったのか、ここで改めて反省しましょう。原因はあなたの生活態度にあったのです。暴飲暴食に走りそうになったら、脂肪吸引にかかった費用を思い出してください。 自分の美ボディのために、高い投資をしたのです。無駄にならないように、その美しさを維持しましょう。

 

幸い通常のダイエットと違って、脂肪細胞は減ってなくなってしまったのですから、あなたさえ気をつけていれば、施術した部分が大きくリバウンドすることはありません。それに甘えて、今までと同じ暮らしにならないよう注意したいものです。

 

 

 まとめ

AGA_黒髪の画像

 

ここに記載できた美容クリニックは、ほんの少しです。日本にはたくさんの美容クリニックがありますから、記載しきれなかった中にも、名医がいるかもしれません。ご自分で信頼できるクリニックをぜひ見つけてください。 美容クリニックを選ぶさいのポイントは、こちらで例として出された費用と比べても、大きく違いがないことが重要です。

 

法外な費用を提示してくるクリニックでの施術はやめておきましょう。 スタッフの対応もよく、医師とのコミュニケーションもうまくいき、クリニック内もとても清潔、そんなところが理想的ですね。 脂肪吸引にかかる費用は高額です。ダイヤの指輪が買えるだけの金額を、あなたは自分の美に投資したのです。手に入れた美を、思い切り楽しんでください。その美しさが、どうかいつまでも続きますように、心よりお祈りいたします。

 

 

二重LP

城本クリニック

【30年以上の歴史と実績を誇る美容外科】

*経験が豊富な医師が担当!
*医療免許を持つスタッフが対応!
*自然な仕上がり、傷跡が目立ちにくい施術

公式サイトを見る→

 

 

品川美容外科

 

品川美容外科

【治療実績なら品川美容外科】

*症状から選ぶ施術法
*アフターケア充実
*ネットから簡単予約

公式サイトを見る→