ホーム >> 美容コラム >> その他 >> すそわきがを治療するために~7つの基礎知識とおすすめ治療法

美容コラム

更新日

すそわきがを治療するために~7つの基礎知識とおすすめ治療法

カテゴリ

「すそわきが」という症状を耳にされたことはあるでしょうか。

こちらは女性の陰部が、「わきが」の状態になってしまう症状です。

このような状態になると女性にとっては、非常につらい精神状態になる人もいるでしょう。

こういった症状を改善するためにも、まずは「すそわきが」に関する基礎知識と、あわせておすすめの治療法をご紹介させて頂きましょう。

ぜひ参考になさって下さい。

すそわきがについて知りたい人のために

AGA_画像名の画像

「すそわきが」という症状についてご存知でしょうか。

この状態を引き起こすと陰部から激しいわきが臭がするので、女性の立場からするとつらいものがありますね。

そのメカニズムと特徴について考えてみましょう。

わきが全般の専門的な別称として「腋臭症(えきしゅうしょう)」という名前がついていますが、わきが臭を起こす直接的な要因はアポクリン汗腺から出る汗だそうです。

人間にはこのアポクリン汗腺とエクリン汗腺の2つが備わります。

皮膚細胞には常在菌というものが眠っているのですが、これが最終的にニオイを作るキーマンとなります。

前述のようなアポクリン汗を構成するアンモニアなどの成分が、脂肪酸と合体して常在菌の作用でニオイ菌が生成されますね。

わきが臭の中でも陰部に発症する場合には、「すそわきが」もしくは「外陰部臭症」などと呼ばれています。

女性の中である時から下着のブラの内側にニオイを感じるようになったなら、乳輪部分のわきが臭かもしれません。

基本的な知識として留意すべき点は、わきがは決して病気の範疇ではないということです。

この症状に深く関与しているのは、どこまでも「優性遺伝」という、私たち人間が避けられないメカニズムの法則でしかありません。

ここでニオイの原因となるアポクリン汗腺の本数という項目で一例をあげてみましょう。

もしもあなたの両親のどちらかが、わきがの症状ならおそらく二分の一程度の確率で、あなたも発症する可能性があるということですね。

覚えておいて下さい。

わきが臭というのは、身体のあらゆる箇所から発症されるもので、「すそわきが」に限定されたものではないようです。

それはアポクリン汗腺が、脇・陰部・乳首以外にも、耳・へそ周りなどにも存在するからですね。

というわけで、脇のニオイと同時に「すそわきが」の症状もあるという、合併した症状の女性も少なくありません。

こういった理由からもしも脇のニオイが気になり始めたら、身体の他の部分も注意をするようにしましょう。

例えば耳垢を除去した場合にそれがウェットな感じなら、もしかすると「軟耳垢(なんじこう)」という症状かもしれません。

これはアポクリン汗腺の働きが活発になりすぎて、引き起こされる症状だそうです。

あわせて以上のようなわきが臭は、どちらかというと男性よりも女性の方が、高い確率で発症するということです。

中でも女性の月経時にはより激しいわきが臭となるようですね。

このような状態になると女性にとっては悲しいことでしょう。

また女性の中にはパートナーから性的な刺激を受けることにより、アポクリン汗腺が活発になって「すそわきが」のニオイが強く変化することもあります。

そのニオイを相手から指摘されることもあるので、できれば改善したいですね。

例えば脂肪が多い肉などの動物性タンパク質を控えるとか、まずは食事の改善から努力をしましょう。

しばらく繰り返しても改善されないようでしたら、一人で悩まずに専門的なクリニックへもご相談下さい。

すそわきがの臭いについて基礎知識

AGA_色鉛筆の画像

わきが体質の人が一般的に併発しやすいと考えられる「すそわきが」ですが、このニオイは外陰部にあるアポクリン汗腺から出る汗が影響しているようですね。

どのようなニオイなのか、気になる女性もおられるでしょう。

「すそわきが」のニオイについて、ある程度の基礎知識があると、自己診断や最低限の予防も可能になるかもしれません。

世間でも認識されているような、「すそわきが」の特徴と具体的なニオイについてお伝えさせて頂きます。

こういった「すそわきが」の状態になると、ニオイのタイプに個人差はあるかと思いますが、お酢やクミンに似た酢っぱいイメージや、ネギ・玉ネギから発する独特な刺激臭など、その人によって様々なニオイを放つようになります。

これは各人によって本来備わる体質や体調なども、それぞれ違ってくるからでしょう。

上記のようなニオイ以外にも納豆の腐ったイメージや、これは想像しにくいかもしれませんが、「鉛筆の芯のニオイ」という人もいます。

 

わきが体質の中でも陰部と脇の部分を少し比較してみたいと思います。

陰部の方は脇と比べて蒸れたりしやすい箇所になりますので、ニオイ成分そのものに違いはなくても、脇とは違ったニオイに感じる女性も多いみたいですね。

あわせて脇には存在しない陰部特有のものとして「おりもの」がありますが、こちらも合体することでニオイがさらにバージョンアップするというわけです。

「腐ったチーズ」みたいなニオイを発する場合もあるでしょう。

それから毎日の食生活もわきが体質の人には留意すべきポイントになりますね。

一例として脂肪の多い物や動物性タンパク質は、ニオイをバージョンアップすることになります。

食事メニューを明日からでも見直すようにしましょう。

ちなみにこういった「すそわきが」のニオイですが、大半の人からは忌み嫌われるものかもしれません。

ただごく一部の男性ですが、このニオイに性的刺激を受けるようですね。

異性を惹きつけるフェロモン効果があるということです。

ニオイの種類に関しては前述のようなイメージになりますが、それではこういったニオイを作る原因は、どういったものがあるでしょうか。

尿や経血、「おりもの」などは、あくまでも二次的要因ですね。

その元凶を考えてみましょう。

こういったニオイの元凶となる一次的要因とは、アポクリン汗腺から出る汗だそうです。

この汗腺から出る汗は一般的にニオイが強いのですが、さらに尿のアルコール成分や陰部の蒸れが相乗効果となって、強いニオイになります。

あわせて生理中の経血も嫌なニオイをバージョンアップさせる役割をしますね。

経血そのものがすでにニオイを持っているところへ加えて、「すそわきが」との相乗効果で脇とは違う強いニオイに変化します。

女性にとってはつらいですよね。

月経時というのはそれでなくても気分が優れないのに、ニオイまで悩まされるのはできれば改善したいところでしょう。

トイレ使用後にビデなどを使って、いつも清潔な状態を心掛けましょう。

それだけでもかなり改善できると思います。

自分で自覚しにくいすそわきが

AGA_注射と薬の画像

「すそわきが」の特徴としてひとつマイナス面をあげるなら、「その症状を自分で自覚しにくい」という項目がありますね。

目安として「最近下着に黄ばんだ汗じみが目立つ」という人は、もしかすると「すそわきが」かもしれません。

またわきが体質の女性の中には、多汗症の人もかなりの確率で存在するようです。

身体の部位に関係なく肌着が黄ばむくらい汗ジミがあるなら、「すそわきが」の可能性も疑った方がいいでしょうか。

日常的にご注意下さい。

あなたはパートナーなどから、自分のデリケートゾーンのニオイを指摘されたことはないでしょうか。

これは男女に関係なく共通することですが、自分のニオイには無頓着な人が多いですね。

指摘されたなら何らかの対策が必要でしょう。

ちなみに「すそわきが」は病気ではないのですが、同じような症状でまれに婦人科系の疾患を発症しているケースもあるそうです。

普段より体調が優れなかったり、下着のニオイが強いようなら、専門医に相談してみて下さい。

こういったニオイの元凶となるのがアポクリン汗腺ですが、実は耳の中もアポクリン汗腺がたくさん潜んでいるということですね。

例えば耳の中が湿ったような状態だったり、ニオイが強いなら、わきが体質の可能性もあります。

以上のような症状は専門的に「軟耳垢(なんじこう)」と呼ばれますが、耳の中がこのような状態の人は、かなりの確率で「すそわきが」を発症しています。

例えば「軟耳垢」の人の約8割程度が、わきがの罹患者だそうですね。

またニオイの元凶となるアポクリン汗腺は、悲しいことに「優性遺伝」というメカニズムによって、子孫へ継承されるケースがあります。

これはニオイの原因であるアポクリン汗腺の数も、子孫へ継承されるからですね。

例えば身近な親戚にすそわきがの人はいないでしょうか?もしおられるなら日常的な注意が必要かもしれません。

前段でも紹介しましたが、人類の傾向として自分のニオイには気づきにくいという点があります。

くれぐれもご注意下さい。

それから陰部のヘア量や濃さなども、わきが体質かどうかの判断材料になりますね。

一例として1つの毛穴から1本でなく、複数本のヘアが生えているなら、アポクリン汗腺が多い体質かもしれません。

お知りおき下さい。

この場合に陰部のヘアの本数よりも、濃いかどうかがどちらかというと「すそわきが」の判断目安になるみたいですね。

あなたはいかがでしょうか。

もしも心配でしたら、日常的にデリケートゾーンのケアを丁寧に行いましょう。

あわせて乳頭部からも不快な臭いがした経験はないでしょうか。

乳首の近辺にもアポクリン汗腺はたくさん存在します。

もしも身に覚えがあるようなら「すそわきが」を併発する可能性も高いでしょうか。

日常的にご注意下さい。

自分では自覚しにくい「すそわきが」ですが、以上のような項目を確認することで、ある程度の自己診断は可能かもしれません。

しかしながら、自己診断にはリスクもつきものです。

不安な場合にはなるべく早めに専門医で受診をして下さいね。

女性の陰部の臭い対処法とは

AGA_画像名の画像

女性の陰部のニオイ対処法について詳しく知りたい人はたくさんおられると思います。

陰部が臭う原因が「すそわきが」の場合について、わかりやすくご紹介させて頂きましょう。

悩んでいる人は明日からでも参考になさって下さい。

ニオイが作り出される基本的なメカニズムは、アポクリン汗腺から出る汗と、脂肪酸が合体して生成されます。

この脂肪酸とは皮脂腺から分泌されるものですね。

そこへ別の細菌がさらに加わることで、ニオイ菌が誕生します。

陰部や脇に限らず、身体の様々な部分で起こる可能性がありますね。

それは乳輪・耳の中・へそ周辺などにも、アポクリン汗腺が存在するからです。

アポクリン汗腺があるところには、わきが症状が出ても不思議ではないようですね。

ちなみに以上のような症状は、男性よりも女性の発症率の方が高いことをご存知でしょうか。

中でも女性の場合、生理中や性行為の時に症状がひどくなるケースもありますね。

あなたも悩んでいるなら、何らかの対策が必要でしょう。

次に紹介するのは陰部が臭う原因が「すそわきが」以外のケースになります。

まずはじめに「おりもの」や「尿」の成分を栄養に雑菌が増えると、ニオイが発生することもあるようですね。

いつも清潔に維持することが大事でしょう。

あわせて月経時のデリケートゾーンの湿った状態も、陰部が臭う原因となるようです。

例えばナプキンが温かく湿った状態が長時間続くと、高温多湿の環境が大好きな雑菌たちの格好の餌食となるわけですね。

ご注意下さい。

「最近、おりものの量が急に多くなった気がする!」とか「おりものの色が今までより黄色っぽく感じる!」など、以上のような症状はないでしょうか。

ニオイも強いなら婦人科系疾患の可能性も、否定はできないと思います。

一例として細菌性膣炎やトリコモナス膣炎、また子宮頸がんや子宮内膜炎などを罹患している場合もあるでしょう。

不安な人は口コミ評価が高い婦人科系のクリニックで一度相談してみて下さいね。

納得のいく丁寧な説明があると思います。

それではここからは、女性の陰部の臭いに効果的な方法をご紹介しましょう。

例えば夜のバスタイムに「シャワーで流すだけ!」という人は比較的多いですね。

こういった動作だけでは、汚れや垢を完全に除去はできません。

女性の陰部はデリケートゾーンと呼ばれるくらいですので、皮膚がうすくダメージを受けやすい箇所になります。

「強くこする」という動作ではなく、ボディソープなどを充分に泡立ててから、指の腹でなでるように洗いましょう。

ちなみに私たち人間の皮膚細胞には、常在菌というものが存在するのをご存知でしょうか。

この常在菌には皮膚をダメージから守る役割があります。

洗浄力が強すぎる石けんは常在菌を死滅させるので、おすすめではありません。

とにかく陰部の臭いに効果的な方法として大事な点は、皮膚の状態を清潔に保つということでしょうか。

通気性のよい下着を使用して、汚れた時にはすぐに着替えるのがおすすめでしょう。

まずは自力でも出来そうな方法からお試し下さい。

すそわきがの臭い~原因について

AGA_アロエの画像

「すそわきが」で悩んでいる人へ役立ちそうな情報として、そのニオイの元となる項目をお伝えさせて頂きます。

人間はほとんどの人がアポクリン汗腺とエクリン汗腺を併せもっています。

このうちエクリン汗腺の汗は水分量が多いので、ニオイは比較的少なめです。

その一方でアポクリン汗はというと、ニオイの元となるアンモニアなどの成分から構成されますので、脂肪酸と合体した段階でニオイ成分の親玉となりますね。

これが最終的に常在菌によって分解されて、その結果、あの激しい「わきが臭」を作り出すというわけです。

ところでこういったアポクリン汗腺について、現在と過去を比較してみたいと思います。

まず現在では、人によってニオイの症状に個人差はあると思いますが、特定の部位にしかアポクリン汗腺は存在しません。

大昔の人類にはこれが全身の至るところに存在していたようですね。

また「すそわきが」の症状がある女性は、「性的な刺激によってニオイが増長される」という声もよくお聞きしますが、これはアポクリン汗腺がフェロモンの働きをするという考えにつながりそうですね。

人類が子孫を絶やさないための必須機能だったのでしょう。

ここでひとつ確認をさせて頂きますが、「わきが」というのは決して病気ではないという点です。

いわゆる遺伝的な体質から発症する状態で、「優勢遺伝」から引き起こされますね。

わきが体質だからといって悲観する必要はありません。

くれぐれも覚えておいて下さい。

一例としてあなたの両親がわきが体質だと、子どものあなたもアポクリン汗腺の多さまで継承されてしまうというわけです。

「両親はそうじゃないのに、私だけどうしてわきが体質なの?」という場合には、おじいちゃんかおばあちゃんに一度確認をしてみて下さいね。

以上のように病気ではないと言われても、そのニオイに悩んでしまうわきが臭ですが、食事メニューを改善することで少なからずニオイを抑制できそうです。

まずニンニクなど強烈なニオイの食物は避ける方がいいでしょう。

肉や乳製品もどちらかというとNGですね。

あわせて暴飲暴食によるメタボリックな体型も、アポクリン汗腺をより元気な状態に維持してしまうということです。

例えば油っぽいお肉などは、わきが臭をバージョンアップさせるという項目と、肥満体質にもつながるので、どちらかというと食べない方が無難でしょう。

それではここで、「すそわきが」に効果的な食材をご紹介させて頂きましょう。

まずは前段でも紹介しましたが、肉や乳製品の摂取を極限まで少なくして、魚や野菜をメインの食事メニューに切り替えると効果的だと思います。

明日からでも参考になさって下さいね。

また食事とは別の項目になりますが、月経痛や体調不良の日も、わきが臭がバージョンアッする可能性が高いようです。

あまりにもひどい場合には予定を変更するようにしましょう。

以上のように食事や生活の見直しでニオイ対策はある程度可能です。

どうぞお知りおき下さい。

すそわきがの臭い~効果的な手段

ノートの画像

世間の女性の中にはもしかすると、「すそわきが」のニオイ対策に効果的な手段を模索している人がたくさんおられるかもしれません。

こういったニオイの元となるのは、汗や尿、おりもの、経血などが一般的でしょうか。

私たちの皮膚細胞には様々な雑菌が潜んでいますが、この雑菌たちは汗や尿、おりもの、経血などが大好物だそうです。

そこからニオイが生成されるので、こういったニオイの元となるものを、出来る限り除去するしかありません。

そのためにはどのようなシチュエーションになっても、常にデリケートゾーンをどこまで清潔に維持できるか、これが重要なポイントでしょう。

例えば排尿後のビデ使用など、いつも習慣づけるようにしておくと効果的ですね。

あわせて市販されているウェットティッシュの中には、デリケートゾーン専用の種類もあるようです。

トイレの後だけでなくスポーツで汗を流した後も、ニオイの元凶となる汗や汚れをしっかりと拭き取るようにして下さいね。

「すそわきが」のニオイ対策に効果的な手段として、デリケートゾーンをゴシゴシ洗う人もおられますが、これはおすすめの方法ではありません。

大陰唇などの溝にたまった恥垢や汚れは、優しく洗い落とすことが大事だそうです。

以上のようなデリケートゾーンは、皮膚がうすく少しの刺激でもダメージを受けてしまう部分だからですね。

使用するなら低刺激のデリケートゾーン用石けんなどがおすすめでしょう。

石けんを充分に泡立ててから使用して下さい。

女性の中には下着のデザインなどにこだわりがあり、ブラとショーツがセットになったお洒落でタイトな肌着を購入される場合も多いと思います。

こういう下着も湿気がこもりやすくなりますね。

ショーツだけも余裕のあるものがいいでしょう。

あわせて月経時以外の際に「おりもの」専用シートを使用される女性も多いでしょうか。

こちらも生理用ナプキンと同様に、長時間替えないでいるとニオイ対策としては最悪の状態になります。

早めに取り替えるようにしましょう。

現在の「すそわきが」状態をこれ以上悪化させないためには、どうすればいいでしょうか。

まずは前段でも紹介しましたが「デリケートゾーンをゴシゴシ洗わない」という点と「洗いすぎには要注意」という項目があるようです。

例えば必要以上に、日に何度も洗うという動作を行うことで、皮膚トラブルとなり炎症が起こります。

これによって皮膚をガードする働きの常在菌が死滅するので、ニオイの元凶となる雑菌が、膣内で活発になるという皮肉な現象が起きます。

これでは「すそわきが」のニオイ対策として、全く逆効果となってしまいますね。

「ニオイを防ぐために清潔にしていたのに~かえって症状がひどくなったわ!」というような悲しい展開になってしまうでしょう。

ご注意下さい。

「すそわきがの臭い~効果的な手段」についてお伝えさせて頂きました。

どんな方法で洗うのか、またどういった洗浄剤がベストなのか、今までと少し視点を変えることで「すそわきが」のニオイ対策がスムーズに進められそうですね。

すそわきがのセルフチェックについて

AGA_コインの画像

女性が発症してしまうと非常に困ったことになる「すそわきが」ですが、早めにセルフチェックできる方法があれば嬉しいですよね。

わきが体質かどうか、自分でチェック できる方法をいくつかご紹介しましょう。

参考になさって下さい。

その前にひとつお伝えさせて頂きますが、人間の傾向として「自分のニオイには無頓着だけど、他人のニオイには敏感に反応する」という点があります。

例えば同じ種類のペットを飼っていても、友人宅のニオイだけがNGなこともありますね。

また恋人との性交時に「すそわきが」のニオイが強くなるという、できれば体験したくない可能性もあります。

大好きなパートナーから告げられると悲しいですよね。

何事も早期発見が大事ですので、自己診断できる方法を考えてみましょう。

あわせて「すそわきが」には遺伝性があると考えられています。

両親がわきが体質だと、アポクリン汗腺の多さも子どもへ継承されるからですね。

しかし、すべての子孫へ遺伝するわけではないので、セルフチェックで様子を見て下さい。

耳そうじをされた時に取れる耳垢が、他の家族よりも自分のはウェットな感触だと思われた経験はないでしょうか。

これは「すそわきが」のセルフチェック項目に入りそうです。

アポクリン汗腺が耳の中にも存在するからですね。

このウェットな感触の耳垢ですが、正式な名称として「軟耳垢」と名付けられています。

こういった症状が自覚できる人のなんと8割前後に、わきが臭が発症しているということですね。

身に覚えのある場合にはご注意下さい。

あわせて脇や陰部の箇所のヘアが「多め&太め」という女性も「わきが体質」の診断項目として要注意でしょうか。

これはアポクリン汗腺の多さと、その部分のヘア量が比例関係にあるからですね。

あなたはいかがでしょう。

また基本的に汗というのは毛穴を経由して皮膚表面から放出されますが、前述のように1本ずつのヘアが太い人は、毛穴も大きい傾向があります。

その結果、アポクリン汗腺から一気に汗が放出されるため、それがニオイの原因になります。

それではここから、自宅でできる「すそわきが」対策を、ご紹介させて頂きましょう。

まず大事なポイントはデリケートゾーンをどれだけ長時間、きれいな状態でキープできるかですね。

こまめにケアをすればニオイ対策も大丈夫です。

女性の中には「あれこれニオイケアを工夫しているんだけど、なかなか効果を感じられない!」とあきらめモードの人もおられるでしょう。

そんな場合にはデオドラント製品も活用してみて下さいね。

デリケートゾーン専用商品もあります。

それから自宅でも可能な「すそわきが」対策として、洗濯も重要な項目でしょうか。

衣類に汗などが付着したままでは、それがニオイの元となることもあります。

中でもショーツなどは念入りに洗う方が効果的でしょう。

以上、「すそわきが」のセルフチェックについて、役立ちそうな情報をご紹介させて頂きました。

明日からでも試せそうな項目は見つかりましたでしょうか。

クリニックなどへ行く前に、まずは自分でできることをお試し下さいね。

すそわきがに効果的な石けんを上手に活用

AGA_オイルの画像

医学的には「腋臭症」と呼ばれる「すそわきが」ですが、この症状は遺伝性によるものという見方が一般的でしょうか。

悪化してからクリニックなどで治療する前に、自宅でもできる効果的なニオイ対策があれば嬉しいですよね。

また症状の如何に関係なく「すそわきが」対策には、とにかくニオイの元凶となる身体の部位を、どれだけ清潔に保てるか、これしかありません。

「すそわきが」に効果的な石けんを上手に活用する方法をご紹介させて頂きましょう。

ところでインドールというニオイ成分を耳にされたことはあるでしょうか。

こちらは大便に含まれるニオイ成分だそうです。

このインドールや アンモニアなどの悪玉菌が、陰部で作用することで、強いニオイが生成されるようですね。

上記のような悪玉菌に対抗するためには、善玉菌が繁殖しやすい環境づくりしかありません。

悪玉菌が住みやすい条件を作ってしまうと、細菌が繁殖して「すそわきが」対策とは反対の方向へ向かってしまいますね。

ご注意下さい。

「すそわきが」に効果的な石けんを上手に活用する方法としてのポイントは「低刺激&弱酸性の石けん」がキーワードでしょう。

デリケートゾーンに特化した石けんも入手可能ということですね。

自分に適したものでお試し下さい。

「すそわきが」対策として石けんで洗う時の注意点がいくつかありますので、ここで確認をさせて頂きます。

もしもあなた自身が日常的に実践できていないようでしたら、明日から留意するように心掛けましょう。

覚えておいて下さい。

まずは一例として毎日のバスタイムの際に、ナイロンタオルを使ってゴシゴシ洗うという感じではないでしょうか。

これでは悪玉菌を除去することはできても、大事な善玉菌まですべて洗い流されてしまうでしょう。

あわせて陰部だけでなく実は膣内にも善玉菌が存在するということで、デリケートゾーン同様に過剰な洗いすぎは適切ではありません。

ニオイ対策には不可欠な善玉菌を、陰部と同じように膣内にも残しておく必要があります。

「すそわきが」のニオイ対策としておすすめの方法は、弱酸性の石けんをしっかり泡立ててから、指でなでるように優しく洗って下さい。

くれぐれもアルカリ性の石けんやボディソープは避けるようにしましょう。

ご注意下さい。

自宅でもできる効果的なニオイ対策として、石けんを上手に使った方法をお伝えさせて頂きました。

大事なポイントは、いつもデリケートゾーをすっきりと清潔な状態にキープできるかどうかでしょうか。

自分なりの方法も試してみて下さいね。

すそわきがの内科的治療法

AGA_本当??の画像

ここでは「すそわきが」に有効な内科的治療法をご紹介させて頂きましょう。

まずはじめに「ビューホット治療」というものがありますが、これは何度も通院しなくて済むので多忙な人におすすめですね。

メスを使わない最新治療になります。

「ビューホット治療」による具体的な施術としては、「細い針から放出する高周波」を駆使してアポクリン腺などの汗腺を破壊するという方法です。

ちなみに施術の際には麻酔を使用するので、ほとんど痛みは感じないでしょう。

とにかくこちらの治療法のすごい点は、「手術の翌日からシャワーも可能!」というくらい身体への負担が少ないことでしょうか。

施術後1週間ほどで小さなカサブタができたら、それが自然にはがれて完了ですね。

ぜひお試し下さい。

「電気凝固法」を選択すると通院は3ヶ月ごとに2回くらいの頻度で、1回あたりの施術時間はだいたい半時間以内で済みますね。

具体的には陰毛の毛穴ごとに針を介して電流を流し、アポクリン汗腺を死滅させる方法だそうです。

こういった「電気凝固法」は脇の症状よりもどちらかというと「すそわきが」の改善に有効だそうです。

外科的治療法のような術後の痛みに悩むことも少なく、速やかに日常生活が取り戻せるのもこちらの治療はベターかもしれません。

神経伝達物質のアセチルコリンという成分をご存知でしょうか。

「ボトックス治療」ではこの成分をブロックすることで、ニオイ対策を効果的に進めますね。

デリケートゾーンにボトックスという薬剤を注射する方法になります。

こちらの治療法の特徴として、中には「すそわきが」が完治できないケースもあるということですね。

その一方で「ボトックス治療」を一度体験しただけで、劇的な改善も見られますが、いずれにしても効き目が持続するのは半年程度でしょう。

ちなみにこちらの治療法はたくさん存在する方法の中で、比較的誰でもお試ししやすい治療法ですね。

しかしながら、わきが臭が平均よりも強めの人には不向きかもしれません。

不安な場合には病院で一度相談してみましょう。

こういった治療法と並行して、V(ビキニライン)とI(陰部の両サイド)の脱毛施術を受けることも効果が倍増するみたいですね。

脱毛によってわきが臭をかなり抑制できるわけです。

「すそわきが」の対策としてお知りおき下さい。

以上、「すそわきが」の内科的治療法をご紹介しました。

治療の速攻性を求めるのか、通院が数回になっても安全性を優先するのか、人によって個人差はあるかと思います。

あなたの疑問が払拭するまでクリニックでご相談下さいね。

すそわきがの外科的治療法

AGA_メスの画像

ここでは「すそわきが」の外科的治療法をお伝えさせて頂きます。

まずはじめに「皮下組織削除法」という治療法ですが、皮膚を数センチほど切開した後、皮膚の裏側にあるアポクリン汗腺を専用器具で切除するという方法です。

こちらの皮下組織削除法なら傷口がどちらかというと目立たないようですね。

それでもニオイ対策にはしっかりと効果を発揮してくれます。

施術あとは1週間ほど患部を固定するのが、少し不便かもしれません。

覚えておいて下さい。

「超音波吸引法」というものを耳にされたことはあるでしょうか?こちらの方法は陰毛があるお腹側の2箇所に、約5ミリ程度の切込みを作ります。

その穴を使い超音波メスで行う手術方法です。

こちらの治療法もポピュラーですね。

「皮下組織削除法」と比較すると、「超音波吸引法」の方がコスパ的にも割安でお試ししやすいということです。

前述のような超音波メスを駆使することで、ニオイの元凶となるアポクリン汗腺を完全にノックアウトできるそうです。

それではここで、外科的治療法のダメージという点を考えてみましょう。

例えば施術を受けた箇所は小さな範囲でも、施術後に無毛状態のままということもあります。

そして何よりも皮膚を切開するという行為が身体に負担となりますね。

あわせて「タイオーバー」という処置をご存知でしょうか。

こちらは術後の皮膚にガーゼなどを縫い込ませる処置法ですね。

これで固定をするので数日程度でも日常生活ができなくなります。

職場が休めない人には無理でしょうか。

それ以外にも施術を受けてから、全く違和感なく以前の状態まで戻すためには、数ヶ月程度かかる女性も中にはおられるようです。

外科的治療のメリットとデメリットの両方を理解した上で、納得のいく施術を受けるようにしましょう。

ところでニオイの元凶となるアポクリン汗腺ですが、「すそわきが」に関しては、脇のアポクリン汗腺と比べると、見つけにくいという点があります。

例えば「皮下組織削除法」なら脇の施術に適用されるのが一般的ですね。

脇の施術はそれほど難しくないのですが、デリケートゾーンの方は以上のような理由から、施術後にアポクリン汗腺が残ってしまうという可能性もゼロではありません。

クリニックによっては切開手術を優先しないところもあります。

どんなに小さな傷や穴でもメスを入れる施術というのは、少なからず私たちの身体へ負担となることは間違いありません。

「すそわきが」対策として外科的治療法に踏み切る前に、まずは内科的治療法を進めてみてはいかがでしょうか。

ご検討下さい。

まとめ

AGA_少女の画像

「すそわきが」を治療するための基礎知識とおすすめ治療法について、ご紹介しました。

役立ちそうな情報はいくつかありましたでしょうか。

何を征するにもまずは基礎知識をどこまで理解できるかが決め手になると思います。

ところで「すそわきが」は男性よりも女性の発症率が高いということをお伝えしましたが、あわせてその症状やニオイをなかなか自分で気づけないというマイナス面もあります。

例えば肌着の黄色い汗じみなどを参考に判断しましょう。

ここで「すそわきが」の原因について確認をさせて頂きます。

ニオイの症状は人によって個人差があるかと思いますが、ニオイの元凶となるのはアポクリン汗腺の働きですね。

わきがは病気とは違うという点も忘れないで下さい。

以上のような「すそわきが」は女性にとって、できれば経験したくない症状だと思います。

もし仮に最愛のパートナーからそれを教えられたら、これほど不幸なことはないでしょう。

そんな場面になる前にセルフチェックもご活用下さいね。

とにかく「すそわきが」にとって一番基本的なポイントは、デリケートゾーンをいつもピカピカの綺麗な状態で保つということでしょうか。

クリニックなどを受診する前に、まずは効果的な石けんを上手に使ってみましょう。

以上のような項目を様々試してみても、なかなか効果が感じられないという人も、もちろんおられると思います。

パートナーや友人から指摘をされてからでも全然大丈夫ですので、自分に適した内科的治療法や外科的治療法を試して下さい。

城本クリニック

【30年以上の歴史と実績を誇る美容外科】
*経験が豊富な医師が担当!
*医療免許を持つスタッフが対応!
*自然な仕上がり、傷跡が目立ちにくい施術

_

品川美容外科

【治療実績なら品川美容外科】
*症状から選ぶ施術法
*アフターケア充実
*ネットから簡単予約

_