ホーム >> 美容コラム >> ダイエット >> ダイエットには欠かせない!食べて痩せられる食材と食べ方

美容コラム

更新日

ダイエットには欠かせない!食べて痩せられる食材と食べ方

カテゴリ

ずっとダイエットしているのに、なかなか痩せないと悩む人は多いのではないでしょうか。

運動だけのダイエットも効果的かもしれませんが、ダイエットに効果的な食材を積極的に食べると、もっとスムーズに痩せられるかもしれません。

いつも食べている食材でも、もしかしたら食べ方によって痩せにくくなることもありそうです。

ダイエットに効果を発揮してくれる食材と、痩せやすい食べ方をご紹介していきます。

太るメカニズムとは

7_血液の画像

体が太りやすい状態は、決して健康的ではなく、運動不足、食べすぎ飲みすぎ、ストレスなどの悪循環が生じたものなのかもしれません。

偏った食事、寝不足やストレス、不規則な生活など、思い当たることがいくつかあるかもしれません。

そして、反対に栄養のバランスが取れている食事をし、規則正しい生活をして、適度に運動をしながらストレスのないイキイキとした生活を続けていると、健康的に痩せやすくなるのでしょうか。

今回は、これらの疑問点を解決していきましょう。

太りやすい体質、痩せやすい体質の人はいますが、生活習慣をみてみると、健康的に痩せている人の生活習慣は、見習うべき部分が多々あります。

  • 朝の時間は余裕がある
  • 3食栄養バランスを考えた食事をする
  • 3食それぞれ食べる時間はほぼ同じ
  • ストレスを溜めない工夫をしている
  • 適度に運動
  • 睡眠時間は6~7時間

確かに、とても理想的な生活ですね。

栄養バランスがとれた食事を摂るだけではなく、ストレスを溜めないようにしています。

また、体の疲れ、精神面での疲れも取れるような生活が出来ているのです。

寝る時間も十分なので、免疫力も高まり健康的です。

精神面でも安定し、美容的にも良い効果が期待でき、時間にも余裕があるので自分の趣味の時間も作れて、有意義な生活が叶いそうです。

全く反対の生活をする場合、やはり太りやすくなってしまいます。

太りやすいばかりか、体のどこかに負担を与えそうです。

栄養のバランスがとれていない、偏った食事をしていると、体に必要な栄養素全てを摂りにくくなるので、健康的ではなく、カロリーだけを過剰に摂取しやすくなります。

そのため、脂肪を多く蓄えて肥満になりやすくなるのです。

また、好きなものばかり食べていても、同じように脂肪を蓄えやすくなります。

体に必要な栄養素を、食事である程度とらなければ、内臓の働きも十分ではなくなるのです。

そのため、沢山食べてしまっても、分解、消化吸収が出来にくいので、太りやすいだけではなく、不健康になってしまうのです。

太りやすい生活は、健康的とは言えず、疲れもストレスも溜めやすくなります。

ダイエットを考えた時、まず、規則正しい生活から見直すのもいいかもしれません。

それと同時に栄養のバランスも考え、必要な栄養素は積極的に摂るようにしていきたいですね。

食事を上手に食べて痩せるには、紹介してきたダイエットに効果的な食材を積極的に摂り、調理方法を工夫しながら、腸内環境も良くしておくと、更にダイエットに効果的です。

出来るだけ毎日ヨーグルトを食べるようにする、水分を摂るようにするなどの工夫も効果が期待できます。

腸内環境が悪く、便通が悪い状態は、基礎代謝を下げてしまい、痩せにくい体質になります。

また、精神的にもストレスを溜めやすくなるので、ますます悪循環になりやすいのです。

水分を積極的に摂るようにすることも、代謝を高める効果がありますし、調理方法を工夫し、揚げ物、炒め物は控えるようにすることも痩せるポイントになってきます。

ダイエットを意識し、食生活に気を配り、腸内環境を整えながら、体の健康を意識した食生活を心がけ、食べ方のポイントを押さえるようにしていると、自然に痩せ体質になってきます。

改めて、毎日の食事を見直してみると、太りやすくなった原因が見えてくるかもしれません。

食生活を見直して、ダイエットを成功させましょう。

ダイエットに効果的な食材とは?

美人

ダイエットの経験があるという女性も男性も多いことでしょう。

ダイエットに効果的なサプリも多くありますし、ダイエット用のヨガやダンスなどのトレーニングDVDもたくさん販売されています。

自分に合ったダイエット方法が初めからわかると、取り組みやすいし効果も出やすいと思いますが、いろいろ試してみたけれどダイエット効果は得られていないという人もいるかもしれません。

ダイエットを考えた時に、日常の生活や食事も、ダイエットの効果が得られるようにしておかなければ、良い結果はなかなか出ないのではないでしょうか。

ダイエットに効果的な食材を、毎日の食事に積極的に取り入れておくと、極端に食べる量を減らさなくても、痩せることが出来るかもしれません。

ダイエット効果がある栄養素や食材、食べやすい方法などを、いくつかご紹介していきます。

脂肪燃焼効果を高めるには、まずは運動すること一番大事なのではないか、と思われるかもしれません。

確かに毎日適度に運動をし、汗を流すことは、健康的な体で、健康に過ごすためには欠かせないものです。

しかし、毎日の食事に注目し、食事での脂肪燃焼効果も意識してみると、もっと効率よく痩せることは出来るのです。

脂肪燃焼効果を高めてくれる主な栄養素には、ビタミンB群と、Lカルニチンがあります。

その2つの栄養素が多く含まれている、主な食材をご紹介します。

ビタミンB群が含まれる食材には、野菜の他にも魚介類や肉類、豆製品やキノコ類にも含まれていて、普段から食事に取り入れている、毎日食べているという方もいることでしょう。

様々な食材にビタミンB群、Lカルニチンが含まれているため、いつも食べているという方は本当に多いと思います。

上手に組み合わせて食事を作ると、ビタミンB群はいつでも簡単に、充分な量を摂取できるのです。

  • ウナギ
  • 豚肉
  • レバー
  • 鶏肉
  • 納豆

など、これらの食材に、脂肪を燃焼させてくれる働きをするビタミンB群は含まれています。

まだまだ他にも沢山あると思われます。

いろいろな食材を食べることが、ダイエットにも健康にも大切だという事が感じられます。

これらの食材を見ていても、普段からよく食べるような食材が多いのではないでしょうか。

そして、Lカルニチンが含まれる食材は、牡蠣や牛肉の赤みなどです。

様々な食材に、脂肪を燃焼してくれる効果のある栄養素が含まれているので、効果的に調理、工夫をして、毎日の食事に取り入れていきたいですね。

効果

これらの栄養素は、食べた食材を効率よくエネルギーに変えてくれます。

そのため、食べたものが脂肪として体に蓄積させることが少ないのです。

ビタミンB群は、脂肪と糖を燃焼し、エネルギーに変えてくれるという効果があります。

甘いものが大好きという方や、毎日揚げ物を食べても飽きないという方は、ビタミンB群も一緒に取るようにしていると、太る心配は少なくなるのです。

体の健康を考えても、ビタミンB群は意識して毎日摂るようにしましょう。

ダイエット効果以外にも、疲労の回復や、皮膚の細胞の生まれ変わりを促進してくれるなどの効果もあるのです。

また、お肌が弱い方にもおすすめです。

Lカルニチンも、脂肪燃焼効果を上げるためには欠かせない栄養素です。

内臓脂肪、皮下脂肪を燃焼させてくれるので、Lカルニチンが不足してくると、太りやすくなってしまうのです。

Lカルニチンは、体の筋肉にある栄養素ですが、年齢とともに運動不足になり、筋肉量が減少してくるのです。

そのため、Lカルニチンも少なくなってくるのです。

ダイエットには欠かせないLカルニチンは、毎日積極的に摂るようにしていきましょう。

毎日栄養バランスを意識して食事をしているつもりでも、必要な栄養素が足りていないのでは、と感じられる時には、サプリから摂るようにすることも考えてみましょう。

サプリにもいろいろありますので、自分の体に合ったものを選ぶようにしましょう

食べる時に気をつけたいのは、ビタミンB群とLカルニチンは熱に弱いという事です。

生で食べられるのであれば、出来るだけそのままで食べると効果は上がります。

また、キチンと食べていても、体に蓄えておくのが難しい栄養素なため、毎日摂取しておきたいのです。

ビタミンB群やLカルニチンが含まれる食材は、毎日の食事に取り入れられるよう、日ごろから意識しておくように心がけましょう。

基礎代謝を高めるには、体の筋肉を作り出すためには欠かせないたんぱく質、アミノ酸が大切な栄養素になります。

そしてダイエットには欠かせないといわれるビタミンB群は、糖質や脂質の代謝に特に必要とされる栄養素です。

また、代謝を促進してくれるヨウ素はミネラルの一種です。

ミネラルを摂ることでビタミンB群の働きも良くなるのです。

代謝を上げてダイエット効果を高めるためには、様々な栄養素を取り入れることが重要です。

体の代謝を高めてくれる栄養素には、主に3つの栄養素が上げられます。

  • ビタミンB群
  • ヨウ素
  • アミノ酸

などがあります。

これらの栄養素が多く含まれる食材を積極的に食べて、代謝を上げていきたいですね。

基礎代謝を上げるのは、なかなか容易なことではありません。

運動をして、体を温め、栄養のバランスを考えるのです。

普段から栄養素はあまり意識して食べることは少ないかもしれませんが、体の中の各臓器にとても必要なものです。

各臓器の活動が活発になるほど、代謝も上がり、健康な体になれるのです。

健康的な生活をしながら、必要な栄養を摂り、内臓が健康的になることは、健康的なダイエットに繋がります。

それでは、代謝を上げてくれる効果のある食材を、ご紹介していきます。

  • 豚肉
  • 鶏肉
  • イワシ
  • サケ
  • 牛乳
  • 納豆

これらの食材を見ると、朝ご飯だけでも十分に食べられる食材が並んでいます。

健康的に、そして美味しく楽しく食事が出来ることでしょう。

効果

体の代謝を高めてくれるという栄養素の中の、ビタミンB群は8種類ほどあり、それぞれ栄養素が体内で活躍してくれます。

ビタミンB群は、摂取した脂質、糖質、たんぱく質をエネルギーとして消費しやすくしてくれます。

また、アミノ酸の効果も、脂肪を燃焼させ、エネルギーとして消費させる力があります。

ヨウ素も、基礎代謝を上げる力が高いので、それぞれの栄養素が不足してしまうと基礎代謝量は低下してしまいます。

どれもが基礎代謝を上げてくれ、ダイエットには効果的な働きをしてくれるので、体の健康にも役立つ栄養素といえます。

基本的には日本食として食べられるのが理想です。

時々、揚げ物や炒め物として食べるのもいいかもしれませんが、和食中心の食事は消化吸収も良く、とても健康的なものです。

時間をかけて煮込んだり、和え物、汁物など、栄養のバランスや全体の彩りを意識して食べていると、自然に体に必要な栄養素がたくさん摂れるようになっています。

見た目にも楽しめる食事が出来ると思います。

和食を食べて、自然に健康的にダイエットが出来そうです。

体が芯冷えていると、血行も悪く内臓も冷えて体の基礎代謝量も低下します。

基礎代謝が低くなると、体が消費してくれるエネルギーも少なくなり、太りやすくなります。

また、運動不足で筋肉量が少なくても体は冷えやすくなりますし、血行も悪くなります。

積極的に体を温めるようにしたい時は、食べ物や飲み物も、積極的に体が温まる食材を摂り、食事に気を使うようにしていきたいですね。

体を温めるために、温かい飲み物や食べ物を摂るようにしていると、体は温まってきますが、食材自体の効果が体を温めてくれるようなものなら、更に効果は高まります。

体を温めてくれる食材には、寒い時期に主に収穫される食べ物、寒い地域で主に作られている食材が多くあります。

また、カプサイシンが含まれているトウガラシ、チリペッパーは、少量を口にするだけでも辛さを感じ、体も熱くなってきます。

ショウガオール、ジンゲロールが含まれる生姜は、漢方薬でも使われるほどで、その効果としてもいろいろあるので、風邪の予防にも欠かせない食材です。

では、体を温めてくれる栄養素と食材をご紹介します。

  • ビタミンE
  • たんぱく質
  • ビタミンB群
  • 鉄分

そして、体を温めてくれる食材もご紹介していきます。

  • 人参
  • 玉ネギ
  • 長ネギ
  • 大根
  • ニンニク
  • サバ

などのものが上げられます。

特にダイエットを気にしている時期や、寒い時期、体が冷えやすい場合にも、積極的に食べたい食材です。

効果

トウガラシなどの香辛料系の食べ物はたくさん食べると体が温まるだけではなく、汗まで出てきます。

キムチの鍋や、担々麺など、赤いものは見ているだけでも辛く、汗が出てきそうですよね。

適度に毎日食べるようにしていると、体を温める効果は十分あり、デトックス効果もあります。

無理にたくさん食べるのではなく、少量でも効果はあるので、試してみて下さい。

生姜も、体を温める効果があり、漢方薬としても使われています。

血液の循環を良くしてくれ、免疫も高めてくれる効果もあります。

他にも、発汗作用や、抗ウイルス、抗酸化作用があり、デトックス効果も期待できるのです。

健康的に痩せたいときには欠かせない食材といえます。

他の食材についても、体を温めるだけではなく、免疫力を高め、疲労回復や美肌効果などもあります。

血液をサラサラにしてくれ、高血圧も防ぐ効果が期待できるのです。

体の健康を考え、体を温めてくれる食材を毎日食事に取り入れましょう。

トウガラシ、チリペッパーは、お好みでいろいろなものに入れて食べられます。

みそ汁やスープ、お鍋でも活躍しそうです。

ほんの少し入れるだけでも効果はあるので、食卓に置くようにしていると、使いやすいですね。

トウガラシそのものを入れてもいいかもしれません。

寒い時期に、体を温める食材を取り入れたお鍋を作るのも、特に美味しくいただけそうですね。

生姜も体を温めてくれる食材なので、生姜をすったものを紅茶に入れたり、みそ汁に入れたりしても美味しくいただけます。

生姜湯がよくスーパーのお茶コーナーのあたりに並んでいますが、体が冷える時期に飲むと、体の芯から温めてくれます。

風の引き初めに飲むのも効果的ですよ。

食べ方は人それぞれお好みがあると思いますが、積極的に摂りたい食材です。

生姜は輪切りのまま紅茶に入れても体は温まります。

それにハチミツを入れるとさらにおいしく飲めます。

ぜひ試してみてください。

調理をするときに気をつけたいのは、ダイエットには向かないとされる揚げ物や炒め物にして食べるのは避けるようにしたいですね。

和食は健康に良い調理法ですので、煮物、焼き物がおすすめです。

体を温めてくれる食材を、みそ汁に入れてみるのも美味しくいただけそうですよ。

体を温めて、代謝をよくして、太りにくい体作りを意識してみて下さい!

何事も、過ぎることは避けたいものです。

食べ過ぎ、飲み過ぎはもちろんですが、塩分、油分などのとりすぎも、体に負担をかけるようになります。

好きな食べ物であっても、適量を食べるようにし、食べ過ぎて偏った食事にならないようにしていきましょう。

好きなものをたくさん食べられると、とても幸せな気分になります。

それも大切なことかもしれませんが、好きな食べ物であっても、控えるようにしておかないと、痩せにくくなってしまう食材はあります。

食べる量を考えて、ストレスにならないように、好きなものは適度に食べるように心がけましょう。

炭水化物が大好きな人は多いと思います。

ラーメンや、チャーハンなど、炭水化物がメインの食べ物で美味しいものはたくさんあります。

また、丼ものやカレーライス、パスタなども好んで食べたり、外食で食べる機会は多いと思います。

しかし、炭水化物は食べることで血糖値を上げ、脂肪を蓄えやすくなってしまうのです。

菓子

また、美味しいお菓子もたくさんあります。

スナックのお菓子は、お腹いっぱいになりにくいので、気付くとたくさん食べていたりもします。

洋菓子よりも和菓子がいいとよく聞きます。

洋菓子は、とっても美味しいのですが、バターや砂糖がたくさん入っていて、食べすぎると脂肪を蓄えやすくなります。

ケーキを1個食べたくらいで太るわけではありませんが、ダイエット中であれば、出来るだけ控えたいですし、ダイエット中でなくても、食べる時間に気をつけながら、食事も間食もしたいものです。

間食でも食事でも、糖分や油物は普段から控えるようにしておきたいですね。

お酒

アルコールも、ビールや缶酎ハイはたくさん飲めてしまうこともあるでしょう。

アルコールの中でも、ビールや日本酒、ワインなどは、糖質が含まれていて太りやすいお酒と言えます。

蒸留酒であるウイスキーや焼酎、ウォッカは、糖質が含まれていないので太りにくいのです。

ビールが大好きな人は多いと思います。

しかし、ダイエット中なら糖質の含まれるアルコールは避けた方がよさそうです。

太りやすいうえに、飲みすぎると食欲が増してきます。

そのため、ラーメンを食べたくなり、その他の炭水化物も食べたくなることもあります。

それこそ肥満のもとになるので、気をつけるようにしましょう。

新年会や忘年会など、お酒を飲むときには、前もって水分を摂っておいたり、サラダを食べるようにしておくのも効果的です。

対策

炭水化物メインの食事をしたい時には、出来るだけサラダも食べ、野菜スープを一緒に食べるのもいいでしょう。

お菓子も食べすぎるのではなく、好きなものを味わう程度で十分です。

クッキーだと多くても2~3枚くらいでしょうか。

一度食べると手が止まらないと思っていても、お皿に3枚しかない時は、よく噛んで味わっていると、満足してくるものです。

体に良い食べ物を意識していると、いつの間にかお菓子を食べすぎることはなくなるのです。

アルコール類も同じです。

飲みすぎなければ、余計におつまみを食べ、ラーメンまで食べたくなることも無いのです。

何を飲むにも食べるにしても、ほどほどに、適量を決めておくことが大切です。

そもそも、必要以上に食事をし、カロリーを摂りすぎてしまうと、脂肪を蓄えやすくなるのは当然です。

そのうえ運動をしていないと、太りやすい体になります。

また、栄養が偏った食事をとると、体に必要な栄養素が不足してしまいます。

例えば野菜を食べずに揚げ物ばかりを食べ、また、麺だけを食べることもあるかもしれません。

ラーメンを食べる時には、ワカメやネギなどのトッピングを多めにして食べることをおススメします。

また、揚げ物を食べる時も、キャベツの千切りを添えるようにすることも大切です。

栄養が偏り過ぎていて、いろいろな食材を食べていないと、体は物足りなさを感じてきます。

そのため、いくら食べても満足できないことも考えられるのです。

いろいろな食材を取り入れた食事を、毎日3食きちんと食べるように心がけましょう。

朝ご飯を遅く食べたり、遅い時間に食べてしまったりすると、太りやすいといわれています。

朝ご飯を食べないと、内臓が活動しにくく、血行も促進されないので、基礎代謝が低下しやすくなります。

反対に遅い時間に食事をしてしまうこともあるかもしれません。

寝る前に食事をすると、寝ているときに胃腸が活動していることになるので、熟睡しているつもりでも内臓は動いていることになります。

そのため、朝も体はスッキリしない状態になってしまいます。

また、スムーズに消化吸収が行われないため、余分に脂肪を蓄えやすくなるのです。

遅い時間に食事をすることは、体内に脂肪を溜めやすくもなるので、寝る4時間前には出来るだけ食事はすませておきたいですね。

不思議と必要な栄養素が足りていないと、お腹はすいてきます。

反対に多くの食材を取り入れた、栄養のバランスがとれている食事は、満足感を得られます。

栄養のバランスがとれた食事を摂り、出来るだけ決まった時間に3食きちんと摂るようにしていると、痩せ体質になりやすくなるのです。

ダイエット中の食事のポイント

7_食事の画像

ダイエット中の食事は、食材や調理方法を工夫するほかにも気をつけたいことがあります。

長年自分流の食べ方をしてきていると、ダイエット効果があっても食べ方を変えるのはなかなか難しいと思います。

しかし、絶対にダイエットを成功させたいと思ったら、次の「ダイエット中の食事のポイント」を紙に書いておき、食卓に置いて、忘れないようにしておくのも効果が期待できます。

是非参考にして欲しいと思います。

食べる時間を決めて、キチンと食事を摂るという事は、規則正しい生活をすることに繋がります。

規則正しい生活は、精神面も安定させ、とても体に良く、健康的なのです。

そのことをふまえ、時間、速さに気をつけて食事をしていきましょう。

気をつけていると、ダイエット効果が得られることでしょう。

朝、昼、夜と、3食を出来る限り同じくらいの時間に食べるのが、体に丁度良いのです。

朝ご飯を食べている時間がないとか、仕事で忙しいとかでご飯を食べる時間がないときもあるでしょう。

遅くまで仕事をしていて、結局遅い時間にご飯を食べてしまうこともあると思います。

しかし、朝ご飯を食べていないと、1日元気に仕事は出来ませんし、お昼を食べないとなったとしても同じことです。

夜ごはんも、出来れば6時頃に食べて、あとは食べないで夜10時か11時に寝るようにすると、肉体的にも精神面でも健康的なのです。

ダイエット中には、食べる時間に気をつける事も重要なのです。

食べる速さには、個人差はあると思います。

忙しい中で食事をする機会が多いと、なかなかゆっくりと食事が出来ないこともあります。

しかし、ゆったりと気持ちに余裕をもって食事をすることは、味わう楽しさもあるし、満腹感、満足感が得られやすくなるのです。

食事の時間は長すぎない方がいいのですが、20~30分くらいなら、十分に味わいながら食べられるし、満足もできると思います。

また、よく噛んで食べられるので、痩せやすくなるのは確かですね。

分かっていてもなかなかできない、ゆっくりと味わって食べるという事は、思っている以上に強い意志がないとできないのかもしれません。

食事の時間は20分程度ですが、沢山食べるわけでもなく、適量を食べるのですから、その時間の中で十分に味わって食べることはできるのです。

味わうと、満足した気持ちにもなれるので、食べる速さはゆっくりと、一口一口大切に食べることをおススメします。

お腹がすいていて、急いで食べてしまうことがあります。

そうなると、もしも大好きな白米やお肉を食べていたとしても、物足りなさを感じてしまうのです。

せっかくの一口を、思う存分味わって食べるようにしましょう。

そうすると、消化も良くなりますし、胃に負担をかけることも少なくなるでしょう。

食事をするときに大切なのは、味わって食べることです。

食事を作ってくれた人への感謝の気持ちの表れでもあります。

美味しく食べてくれればそれでもいいのですが、よく味わって食べていると、心から美味しいと言えると思うのです。

心から味わって食べるのは、精神的に癒されるためにも大切なことです。

そして、更にこんなことも意識すると効果的です。

食べる時に、何も考えずに好きなものから食べるよりも、食べる順番をきちんと考えて食べる方が、よりダイエット効果があります。

最初に野菜、次にお肉、そして白米という順番にするといかがでしょう。

野菜は、一番初めに食べることで、脂肪、糖分などの吸収を抑えます

イモ類、カボチャなどの糖質の多いおかずは、肉、魚料理などのたんぱく質の後に食べるようにします。

そして最後に炭水化物を摂るようにすると、血糖値の上昇を抑え、脂肪として体に蓄えるのを避けられるのです。

サラダを全部食べてからたんぱく質を全部食べるというわけではありません。

サラダをよく噛みながら半分程食べて、お肉料理を5分の1味わいながら食べ、スープを少し飲んで白米を2口くらい食べます。

またサラダを食べて、という風に、全体の食べるバランスも考えながら食事をするのです。

ダイエットを意識しているのであれば、このような食べ方はよく味わいよく噛んで食べられるので、かなり効果は期待できるのではないかと思います。

ダイエットに効果的な食材を食べるようにするには、調理法としても和食が効果的と言われています。

サラダ、煮物、和え物、魚料理(肉料理)、みそ汁、白米と並んでいるのを想像すると、ダイエットに効果的な食べる順番を意識したとしても、見た目も味も、楽しく食事が出来そうです。

好きなものから食べたいかもしれませんが、この順番を習慣に出来れば、ダイエットの効果は出てくると思いますよ。

食べているとき、噛んでいる時間は長い方が食べ物の消化が良くなります。

口の中で食べ物を噛む回数は、多い方がいいのです。

長い時間噛んでいると、味もなくなってきて、噛み応えもなくなり、物足りない気持ちになるかもしれません。

しかし、よく噛んでいることで、満腹中枢が刺激されているので、体は満足してくるのです。

沢山噛むことで、食事の量を減らすことが出来るので、食事の前に噛み応えがあるキャベツを食べてから食事をするというダイエット方法も流行ったことがあります。

とても効果はあると思います。

食材を噛む回数は、だいたい20回~30回くらいです。

時間に表しても、さほど長いわけではありません。

慣れていないと、時間は長く感じられることでしょう。

しかし、体のことを考えると、よく噛んで食べる習慣をつけておくことはとても大切です。

体が芯から温かいと、体の基礎代謝は高まり、痩せやすい体質になります。

体を温める食材を摂りながら、体を温めて、体が喜ぶようなことも、意識して行うようにしていると、スムーズにダイエットが出来るでしょう。

大人になると、忙しさから体に良いことをあまりしなくなってきます。

機会を見つけて、体を温めることも意識してみるのはいかがでしょうか。

体を芯から温めることは、血行を良くし、デトックス効果も高め、内臓も健康的になります。

反対に、冷たいものばかり食べていると、血行が悪くなるので、お通じも悪くなりやすく、血行も良くはないので肩こりが起こり、お肌も乾燥しやすくなります。

様々な体の悩みが出やすくなるので、それぞれに対応していると、自分のための充実した時間を過ごすのも難しくなりますね。

出来るだけ、温かい飲み物や、食べ物を意識して摂るようにしていきましょう。

食事は作り立てを食べ、暑い夏でも暖かい飲み物を飲むようにします。

温かいものを体に入れることで、血行が良くなり、少し汗も出てきます

冷たいものばかりを食べる機会がある時は、熱いお茶を食事後に飲むようにするなど、工夫するようにしていると健康的にも安心に繋がります。

体を温めるようにして、自分の体を大切に考えるようにしましょう。

体の脂肪は、とても冷えやすい部分です。

一度冷えた脂肪は、なかなか温まりにくくもあります。

普段から筋肉を付けるように運動をし、半身浴で体を外から温めるようにするのも効果的です。

筋肉は、基礎代謝を高めてくれます。

そして、脂肪燃焼効果も高めてくれるのです。

適度な運動は汗を出せるので、ストレス発散にもなり、デトックス効果もあります。

無理な運動は、ストレスになることも考えられますが、適度な運動なら、心地よく汗もかけ、毎日の習慣にもできそうです。

運動に慣れないうちは、ご近所をウォーキングするのもいいですね。

軽くジョギングをしても、気持ちよく汗をかけそうです。

自宅でストレッチをするのも効果的です。

また、腹筋や背筋を鍛えるような運動も大切ですね。

ストレスとは感じない、気持ちよいと感じられる程度の運動であれば、長く続けられるのではないでしょうか。

時間を見つけて、出来るだけ筋肉をつけられる、維持できるくらいの運動も心掛けましょう。

汗をかくくらいに体を温める方法として、入浴は大切です。

血行促進とともに、内臓も温まります。

負担をかけやすい肝臓も、健康的になれるので、毎日の汗をかくくらいの入浴は大切なものです。

39℃くらいのお湯に半身浴をしていると、30分もするとじわじわと汗が出てきます。

体が芯から温まり、汗が出てくると、体の老廃物も体外に流れやすくなり、健康的な痩せ体質になれるといえます。

汗をかきにくい場合、続けていると、汗は出やすくなります。

焦らずに、根気よく続けてみましょう。

初めは、体が温まってきていると感じられる程度からの運動量でも十分なのですから。

まとめ

7_3つのフルーツの画像

ダイエットに効果的な食材は、体を温め、脂肪を燃焼させてくれるだけではなく、基礎代謝も高めてくれるものもたくさんあります。

健康な生活を送るためには、とても大切な食材です。

体に負担がかかるような調理方法ではなく、消化や栄養素の吸収を高めてくれるような調理方法がおすすめです。

ダイエットに効果のある食材を見てみると、どれもがいつも食べているようなものがほとんどです。

足りないのは、いろいろな食材を摂ること、調理方法を太らないように工夫することです。

また、太る原因として、他にもいろいろなことが考えられます。

  • 不規則な生活
  • 寝不足
  • 運動不足
  • 体が冷えている
  • 食べる時間
  • 食べ方
  • ストレスを溜める

などもあるのです。

自分の生活を見直してみると、改善する点がいくつか見えてくるものです。

自分の生活を急に変えることは難しいのですが、ダイエットをしたいと思ったその時から、少しずつ、まずは一つのことから実践していけるといいですね。

そうして過ごしていると、いつの間にか健康的にダイエットが出来ているかもしれません。

ダイエットには、大切なことがもう一つあります。

想像することです。

自分がダイエットに成功したときに、どのような理想の体型になっているかを想像することです。

理想のモデルさんのように、また、女優さんのようになっているとなどを想像し、目標を立ててダイエットに成功してほしいと思います。

城本クリニック

【30年以上の歴史と実績を誇る美容外科】
*経験が豊富な医師が担当!
*医療免許を持つスタッフが対応!
*自然な仕上がり、傷跡が目立ちにくい施術

_

品川美容外科

【治療実績なら品川美容外科】
*症状から選ぶ施術法
*アフターケア充実
*ネットから簡単予約

_