ホーム >> 美容コラム >> スキンケア >> 鼻の毛穴トラブルでお悩みの人へ!その原因と毛穴対策について

美容コラム

更新日

鼻の毛穴トラブルでお悩みの人へ!その原因と毛穴対策について

カテゴリ

いちご鼻などの毛穴トラブルを起こしてしまうと、男女に関係なく困った状態になると思います。

少しでも早く毛穴の状態を改善したいと思いますよね。

こういった鼻の毛穴対策でお悩みの人へ、その原因と毛穴ケアをお伝えします。

明日からでも参考になさって下さいね!

参考:男女不問!気になる毛穴、どうすれば毛穴のケアができるのでしょうか?

鼻の毛穴トラブルについて

夕焼け 女の画像

いちご鼻などの毛穴トラブルで悩んでいる女性にとっては、一日でも早く症状を改善したいお気持ちだと思います。

中には市販されている毛穴パックなどを試された人もいることでしょう。

しかしこういった毛穴パックは肌を傷める場合もありますね。

いわゆるTゾーンと呼ばれる鼻や眉間などは、皮脂が過剰分泌する傾向にあるため、その分、毛穴がつまりやすくなってしまいます。

毛穴につまった皮脂の中でも表面に見えている部分だけ、酸化することで黒ずみになりますね。

ちなみに私たち人間は一生の中でも特に、十代から二十代くらいが最も皮脂の分泌が活発になるようです。

若い年代の男女にニキビが多く見られるのも納得のいく話だと思いますね。

この年代で脂性肌タイプの人は、特に注意が必要でしょう。

いわゆる脂性肌タイプは毛穴の開きを起こす可能性が高いことになるので、特に毛穴トラブルの対策が必要となります。

しかしながら、皮膚が乾燥しすぎるのも、逆に皮脂の過剰分泌を招く結果となりますね。

保湿のお手入れは併用しましょう。

それからニキビ跡が目立つのはどちらかというと女性より男性のイメージが強いですが、女性でも男性ホルモンの分泌がアップすることでニキビが活発になる時期があります。

それは思春期やストレスが蓄積された時などです。

「思春期にニキビが増えるのは分かるけれど、ストレスでも鼻の毛穴トラブルとかにつながるの?」と疑問に感じる人もいると思います。

これはストレスによって自律神経に乱れが生じ、男性ホルモンの分泌がアップするため皮脂の過剰分泌を促進するからですね。

あわせて「黄体ホルモン(プロゲステロン)」をご存知でしょうか。

こちらも皮脂の過剰分泌を促進するホルモンになり、男性ホルモンと性質が似ていると言われます。

具体的には肌荒れや便秘を引き起こしやすくなりますね。

ところであなたは毎月の月経前くらいの時期になると、ニキビの数が増えたりしていないでしょうか。

こういった兆候は前述のような「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の作用が何らかの影響を及ぼしているかもしれません。

もしあなたが脂性肌タイプやホルモンバランスによって鼻の毛穴トラブルを抱えているなら、皮脂の過剰分泌を改善できる手段として、ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンCの成分が効果的だと思います。

サプリメントなども活用下さい。

鼻の毛穴トラブルについて役立ちそうな情報をお伝えさせて頂きました。

自分に合いそうな情報は見つかりましたでしょうか。

ホームケアではなく美容皮膚科を利用されるなら「ピーリング」と「カーボンピーリング」などを併用するのが効果的だと思います。

加齢とともに増えてくる様々な肌トラブルの中でも、鼻の毛穴の黒ずみなどは、特に女性の立場からすると悲しいものがありますね。

こういった毛穴の黒ずみを改善するためにも、まずは毛穴が黒くなってしまう仕組みを理解することが大事でしょう。

ところで私たち人間の身体には、全身の毛穴にすべて皮脂腺が存在し、そこから皮脂を分泌するようになっていますね。

こういった皮脂があるからこそ紫外線や温暖など、様々なダメージから皮膚をガードできるというわけです。

毛穴の黒ずみなどを引き起こす原因となる皮脂の過剰分泌ですが、皮膚細胞が健康な状態でキープされていればこういった事態にはならないそうです。

あわせて角質化した古い皮膚やメイク汚れが、鼻やTゾーンに残っていないでしょうか。

ご注意下さい。

以上のように角質化した古い皮膚やメイク汚れが毛穴に蓄積されると、その汚れが次第に角栓というものへ変化しますね。

この角栓が時間の経過とともに黒く目立つようになります。

これは空気にふれて酸化することで黒く変化するそうですね。

鼻の毛穴の黒ずみなどがこういった角栓ではないという人なら、もしかするとそれはうぶ毛が原因のひとつかもしれません。

毛穴トラブルを改善できそうなホームケアも効果が得られない場合には、多分可能性が高いでしょう。

例えばうぶ毛の色素が濃いと黒ずみが際だってしまうということもあると思います。

自分ではなかなか自覚できなくて、友人から指摘されることもありますね。

あまりにも気になるようなら美容皮膚科などで脱毛施術をお試し下さい。

ただしうぶ毛のシェービングだけで、美容皮膚科やクリニックを利用するのは少し抵抗あるという人なら、自宅でシェービングという手段もあります。

くれぐれも肌を傷つけないようにご注意下さい。

まずは脱毛クリームなどで試してみましょう。

上記のようなホームケアを様々試してみても思うように効果が得られない場合には、シェービングなどの口コミ評価が高いクリニックを選択して、施術を受けるようにして下さいね。

おそらく安心な毛穴の黒ずみ改善ができると思います。

それから鼻の毛穴の黒ずみが角栓などの蓄積ではないとしても、色素沈着した状態が黒く見える場合もあります。

鼻をはじめとしたTゾーンと呼ばれる皮脂の過剰分泌しそうな箇所は、くれぐれも毛穴対策にご注意下さい。

以上、鼻の毛穴トラブルの中でも、毛穴の黒ずみについてお伝えさせて頂きました。

毛穴というのはそもそも、「皮膚にできたくぼみ」という認識が正しいのかもしれません。

つまり皮膚の一部である本当の毛穴対策は、正しいスキンケアしかないというわけですね。

鼻の毛穴トラブルについて考えてみた時、その原因につながるものとして「メイクや汗」というものがあるのをご存知でしょうか。

「夏は暑いから毛穴が他の季節より特に目立つ!」と感じる女性も多いですが、どうやら季節だけが原因ではないようです。

確かに夏は他の季節と比較すると、高温多湿の条件になるのは、日本に住んでいる限り避けることはできないでしょう。

こういった状態は皮脂の過剰分泌を促進することになりますね。

その皮脂が蓄積されて角栓となり、毛穴を押し広げることになります。

鼻の毛穴トラブルの原因は高温多湿という条件以外でも、いつも過ごす部屋が乾燥しているのもよくありません。

乾燥状態は皮膚細胞の水分量やコラーゲンが減少してしまいます。

夏冬限らずエアコンを使用する季節はくれぐれもご注意下さい。

あわせて年齢を重ねるごとに肌の弾力が弱ってくると、こちらも毛穴を目立たせる要因になりますね。

メイクや汗、そして乾燥と同時に、毎日のスキンケアでアンチエイジング対策も必要でしょうか。

皮膚細胞の若返りに効果的な化粧品を選択しましょう。

それからあなたは毎日「厚塗りメイク」になっていないでしょうか。

UV対策用のクリームに化粧下地、リキッドファンデーションに仕上げのパウダーなど。

これでは皮膚が酸化して黒ずみ、毛穴の汚れが蓄積されて、鼻の毛穴トラブルになります。

例えばあなたは仕事が忙しくて、外食後に帰宅するや否や、クレンジングもせずに爆睡してしまうという毎日ではないでしょうか。

これではスキンケアどころか、メイク汚れが蓄積する一方ですね。

くれぐれもご注意下さい。

またクレンジングが面倒だからという理由で、シートタイプのメイク落としで拭き取るだけ!という女性は、案外多いと思います。

こちらのシートタイプは刺激が強いものも多く、毛穴の奥深くまで汚れを除去できませんので、あまりおすすめではないでしょう。

それから鼻の毛穴トラブルに悩んだとしても、絶対に強くこするクレンジングや洗顔法はNGになります。

こういった行為でブツブツ感がひどくなる場合もあるということですね。

強くこする洗顔は皮膚の角質化を促進しますので、ご注意下さい。

また鼻の毛穴対策として、世間でも販売されている毛穴パックを使用する人も、たくさんおられるかもしれません。

こちらも肌にダメージを与えたり、毛穴パックの刺激成分で角質化することもあります。

肌が弱い人は避けた方がいいでしょう。

それ以外にも例えば高級なスキンケア用品を使用すると、化粧水などの分量を最小限に控えてしまう女性もいると思います。

これでは皮膚細胞の水分量が充分ではありません。

少し低額のもので結構ですので、ケチらずにたっぷりとつけるようにしましょう。

以上のような点にご留意下さい。

男女に関係なく鼻の毛穴トラブルで悩んでいる人の中でも、いちご鼻という状態になると辛いものがありますね。

まるで「いちごの表面」のようなポツポツとした黒ずみは、フルーツのいちごとは程遠い忌み嫌われるイメージでしょう。

このようなポツポツとした黒ずみは「メイクの落とし残し」や「古い角質」などが毛穴に蓄積することでできるようですね。

つまり手抜きで不完全なクレンジングにより、古い角質が角栓へと変化し、酸化することで黒く目立つようになります。

ちなみにあなたのいちご鼻は、「ザラザラした感触があるタイプ」でしょうか。

それともザラザラした感触はゼロの「メラニン黒ずみタイプ」でしょうか。

それ以外にも乾燥による皮脂の過剰分泌が原因の「乾燥毛穴タイプ」もありますね。

いずれにしても鼻の毛穴トラブル全般に言えることは、「毛穴の開きによる汚れの酸化」が関与しているという点でしょう。

これにはトーニングローションなどの収れん化粧水が期待できそうですね。

毛穴を引き締めることで症状が改善されそうです。

もしもトーニングローションにアルコールが含まれているようなら、肌トラブルを起こす可能性も高いので事前にパッチテストをしてから使用しましょう。

必ず化粧コットンなどを使って、トーニングローションで優しく拭き取って下さいね。

あわせて鼻の毛穴トラブルを少しでも早く改善したいなら、皮膚を乾燥させることはよくありません。

水分量が不足すると皮膚細胞には防御機能が働くことで、皮脂の過剰分泌が活発になるため、結果として毛穴が開くことになります。

しかしながら、職場環境などが乾燥を避けることができない状況なら、保湿効果に優れたスキンケアを取り入れるしかないでしょう。

これにはヒアルロン酸を含むものが効果的だそうです。

この成分は1gで6L程度の水を保つことが可能ですね。

また前段でも紹介しました「メラニン黒ずみタイプ」の毛穴ですが、この状態は紫外線を浴びることで発生します。

皮膚細胞の奥深くで生成されるメラニン色素が小さなシミに変化し、結果的に毛穴が黒ずんで見えるというわけです。

ところであなたは「ビタミンC誘導体」という成分が、シミや黒ずみに効果的だと耳にされたことはあるでしょうか。

この成分はシミや黒ずみの予防効果はありますが、すでに存在する「メラニン黒ずみ」には最適ではないようですね。

お知りおき下さい。

以上のような、すでに存在する「メラニン黒ずみ」にも効果的なのは、ハイドロキノンという成分だそうです。

こちらは美白効果の高い分だけ肌質によってはダメージを受ける場合もありますね。

もともと肌が弱い人は化粧品売場のカウンセリングなどで一度ご相談下さい。

鼻の毛穴トラブルを改善するために様々な努力をされている女性はたくさんおられますが、スキンケアを進める前に自分の毛穴タイプを正しく認識することが大事だと思います。

これにより加齢とともにひどくなる毛穴の開きなども改善できそうですね。

毛穴トラブルといっても種類がいくつか存在するため、その原因や症状の現れ方にも違いがありますね。

例えば鼻以外でも、あごやおでこに症状が出ることもあります。

自分の毛穴トラブルの部位や、状態をよく観察してみましょう。

ちなみにあなたの場合、黒いブツブツが目立った症状ではないでしょうか。

皮脂の過剰分泌によって毛穴に角栓が蓄積されると、それが原因となり毛穴の開きを促進します。

そして毛穴の表面が酸化することで黒いブツブツになりますね。

このような黒いブツブツ状態ではなくても、小さな黒い斑点のようなものが毛穴に見えることがあります。

これはメラニン色素の沈着による毛穴状態かもしれません。

汚れや皮脂だけが原因とはならないというわけです。

それから「たるみ毛穴」をご存知でしょうか。

毛穴というのは本来丸い形をしている場合がほとんどですが、加齢とともに皮膚がたるむことで、ベタっと楕円形のような開きになるということですね。

アンチエイジング対策が必要でしょう。

私たち人間の皮膚細胞は年齢を重ねるごとに「ハリや弾力」がどんどん失われていきますが、これを止めるためには毎日のアンチエイジング対策しかありません。

お顔のエクササイズなども取り入れた、スキンケアを進めましょう。

あわせて「帯状毛穴」という症状を耳にされたことはあるでしょうか。

こちらは毛穴同士がひとつにつながってしまうという状態だそうです。

「帯状毛穴」の数が増えるほど将来的に大きなシワを作る要因になりますね。

ご注意下さい。

こういった状況になると自力でのホームケアでは、なかなか改善するのも難しいみたいですね。

早い段階での正しいスキンケアが必要でしょう。

どうしても不安な症状の人は美容皮膚科やクリニックで、カウンセリングを受けましょう。

ちなみにあなたの鼻の毛穴は、いちごの表面やオレンジの表面のような状態ではないでしょうか。

これはもしかすると「クレーター毛穴」という種類かもしれません。

小さなニキビ跡が毛穴の部分に残ることで、できる症状だそうです。

いかがでしょうか。

鼻の毛穴トラブルを改善するために毛穴タイプを見極める方法をお伝えさせて頂きました。

自分に合いそうな情報は見つかりましたでしょうか。

毛穴トラブルを改善するために何かひとつでも参考になさって下さいね。

鼻の毛穴トラブルの効果的な対策

画像名の画像

それではここから、鼻の毛穴トラブルに効果的な対策をいくつかお伝えさせて頂きます。

まずはじめにピーリングという毛穴対策ですが、こちらは加齢とともにダメージが増える皮膚細胞を、とても効果的に改善できるそうですね。

他の毛穴対策を様々試してみたけれど、これといって効果が得られなかったという女性にとっては、非常に朗報だと思います。

自分に合いそうなピーリング法を続けることで、もしかすると鼻の毛穴トラブルを改善できるかもしれません。

ピーリングがおすすめの肌タイプをあげると、日常的に乾燥肌でメイクのりがよくないとか、小じわやシミが気になり始めた人、どちらかというと毛穴が開いているタイプ、皮膚の感触がゴワゴワするなどの人におすすめでしょう。

それではここで、一般的なクリニックや美容皮膚科で使用される、ピーリング時の主な薬剤をあげてみたいと思います。

AHA(アルファヒドロキシ酸)、BHA(ベータヒドロキシ酸)、TCA(トリクロール酢酸)などになります。

上記の中でもピーリング初体験の人にはどれがいいのかという点を考えると、マイルドな感覚を望むならBHAがおすすめでしょう。

ピリピリとした強い刺激がいいなら、AHAの方がおすすめかもしれません。

お知りおき下さい。

また鼻の毛穴トラブルを効果的に改善できそうなピーリングで上記以外のおすすめは、グロスピールというピーリングですね。

アクレスやメラレス、そしてエゼリスなどの薬剤を使用します。

最近の美容皮膚科などで人気のようです。

グロスピールのピーリング施術を受ける場合には、自分の毛穴トラブルに合いそうな方法で角質除去をしてくれるので、女性にとっては嬉しいでしょうか。

AHAとBHAのどちらも使用することで、肌にマイルド&確かな効果を実感できそうです。

他の一般的なピーリングは鼻などの毛穴トラブルに効果的な反面、その刺激が肌トラブルを進行する可能性もまれにありますね。

グロスピールならこういった心配はほとんどなさそうです。

皮膚が弱い人にはおすすめかもしれません。

さらに美容皮膚科やクリニックなどでレーザー治療をする前に、こちらのピーリングを取り入れることで、ピーリングなしのままレーザー治療するよりも、高い美容効果が得られるということですね。

覚えておいて下さい。

以上のような項目以外でもこういったピーリングとカーボンピーリングを併用すると、さらに効果が期待できるそうです。

鼻などの毛穴トラブル解消法をお伝えさせて頂きました。

自分に合いそうなピーリングをお試し下さい。

鼻の毛穴トラブルを効果的に改善できる方法などを検索すると、美容皮膚科やクリニックで施術されるカーボンピーリングというものがあります。

こちらはレーザー治療をする前に施術しておくと、その後のレーザー治療がより良い結果になりますね。

こういったカーボンピーリングには皮膚細胞のターンオーバーを促進して、キメの整った肌へと導く作用があるというわけです。

もしかしたら鼻の毛穴トラブルを始めとする様々な毛穴対策に効果的かもしれません。

カーボンピーリングを行う時には特定のカーボンローションを使用しますが、熱エネルギーがカーボンの黒い色素に作用することで、毛穴対策を進めることが可能です。

今までホームケアでも改善しなかった人にはおすすめでしょう。

それからカーボンピーリングには、皮膚細胞の弾力繊維(コラーゲン)を生成する力がありますので、肌の若返りなど期待できそうですね。

毛穴の老廃物を押し出しながらデトックス効果も発揮して、皮膚細胞の再生を進めてくれます。

これだけの効果があるなら鼻の毛穴トラブルなどがあっても、症状を速やかに改善できるかもしれません。

ただし個人差はあるかと思いますので、とにかく効果が出るまで数回でもリピートすることが大事でしょうか。

覚えておいて下さいね。

ちなみにこういったカーボンピーリングと同時に、ピーリングという施術も受けることで、お互いの相乗効果が期待できるみたいです。

例えば肌のくすみや小じわ、美肌効果以外にも、たるんでしまった毛穴を引き締める作用もあります。

あわせてカーボンピーリングでもピーリングでもどちらに関しても言えることですが、施術された後には紫外線対策(UVケア)&乾燥対策(保湿のスキンケア)を必ず実践して下さい。

これは施術後の角質剥離作用を抑制するためですね。

以上のような項目の中でも特に保湿のお手入れは不可欠だと思います。

ホームケアとしてのおすすめは、ビタミンC誘導体成分や、セラミドなどが含まれたスキンケア用品を取り入れるようにしましょう。

効果が実感できると思います。

例えば鼻の毛穴トラブルを改善できるかもという期待から、鼻専用の毛穴パックなどをリピートされている女性も少なからずおられます。

これでは結果的に毛穴を広げてしまうため逆効果となるでしょう。

くれぐれもご注意下さい。

鼻の毛穴トラブルの効果的な対策のひとつとして、カーボンピーリングについてお伝えさせて頂きました。

自分に合いそうな情報は見つかりましたでしょうか。

どのような方法を取り入れるとしても日常的な保湿のスキンケアは必要ですね。

忘れないで下さい。

鼻の毛穴トラブルの中でも加齢とともに、毛穴のたるみが目立ってくるというケースもありますね。

こういった状態になるとメイクも決まらなくなったりするでしょうか。

毛穴レスの美肌を取り戻せるように、役立ちそうな情報をお伝えさせて頂きます。

まず毛穴のたるみが目立ってくる理由をあげてみましょう。

こういった原因のひとつには、もともと毛穴の形状が大きめという場合もあります。

あわせて喫煙や不規則な生活が原因で、毛穴のたるみを促進する場合もあるでしょう。

あなたはこのような生活習慣に身に覚えはないでしょうか。

もし身に覚えがある場合には、あなたの毛穴を拡大してみると、ゴム紐がたるんだような形状になっているかもしれません。

このような毛穴が全身に存在するわけですね。

ちなみに毛穴が全身に存在することを考えると、毛は頭部や脇の箇所など部分的にしか見あたりませんが、毛穴は必ずあります。

加齢とともに全身の毛穴がたるんでくるのは、悲しいですが誰にも避けられない現実と思います。

さらに全身の中でもフェイス部分は、洋服や帽子などで隠せない場所ですので、どうしても目立つところでしょうか。

出かける前のメイク時にはそれほど問題なくても、仕事が終わる時間にはボロボロ状態という場合もありますよね。

こういった悲惨な状況を招かないためには、日頃の入念なお手入れしか方法はありません。

そもそも毛穴のたるみや開きというのは、数日でできたものではないので、それを改善したいならある程度の期間は必要だと思いますね。

まずは前述のような、毛穴のたるみの原因につながる生活習慣を、見直すことからスタートして下さい。

その後に「念入りにクレンジングをすること」「洗顔後に氷水で引き締めること」「化粧水をタップリ使う」以上のような点にご留意下さい。

こういった項目をサボらずに毎日コツコツと繰り返すことで、毛穴のたるみは改善できると思います。

お肌のアンチエイジング対策といっても、結局はこのような毛穴のたるみとの葛藤といっても過言ではないでしょう。

例えばあなたの職場の先輩でも、かなり年上なのに自分よりも毛穴のたるみがゼロで、「もち肌美人」の女性はいませんか。

家庭や職場でどれほど辛いことがあろうと、その女性は自分なりのスキンケアを地道に続けてきたのでしょう。

鼻の毛穴トラブルの効果的な対策の中でも毛穴のたるみ改善についてお伝えさせて頂きました。

将来的にどれほど年齢を重ねても、毛穴のたるみ知らずの美肌はきっと維持できると思います。

いくつになっても「もち肌美人」のあなたをキープして下さい。

鼻の毛穴トラブルを改善できる方法のひとつに重曹洗顔というものがあるようですが、今まで体験されたことはあるでしょうか。

「毛穴の汚れが落ちてツルツルになる!」などといった、プラスの口コミ評価も中にはあるようですね。

ちなみに重曹洗顔を実際に体験された人の中には、いちご鼻の状態が改善されたとい感想もあるようです。

重曹というのは本来、粒子が細かい形状になっているので、毛穴の汚れをかき出すことで、いちご鼻の毛穴も改善されるのでしょう。

あわせて重曹洗顔には、皮膚に蓄積された古い角質を除去する、ピーリング効果も期待できるというわけです。

これならクリニックや美容皮膚科などへ行かなくても、ホームケアですみそうでしょうか。

コスパ的にも安心ですね。

ところで重曹というのは普通に日用品として、「食用」や「薬用」などの記載を表記したものが販売されています。

お店によっては工業用などの重曹もあるので、洗顔として使用する際には「食用」や「薬用」のものが無難でしょう。

しかしながら、もしもあなたが鼻の毛穴トラブルなどを安心な状態で改善したいなら、重曹洗顔よりもリスクの少ないケミカルピーリング剤などがおすすめかもしれません。

より確実なピーリング効果が得られると思います。

例えば「食用」と記載されてある重曹で洗顔をすると、それほど細かい粒子ではないために、摩擦によって肌トラブルを誘発することもありますね。

これでは全く逆効果となってしまうでしょう。

くれぐれも覚えておいて下さい。

典型的な一例として、メガネの鼻あてが当たる部分が茶色っぽくなった経験はないでしょうか。

こういった状態になるのも実は、私たち人間の皮膚が物理的な摩擦によって、ダメージを受けてしまう現象のひとつだそうです。

以上のような点を考えあわせた上で、それでも重曹洗顔に関心のある人なら、週に1回程度の洗顔からスタートするようにしましょう。

自分に合いそうかどうかは、肌状態改善の様子を見ながら進めて下さいね。

無理をしないようにお願いします。

あわせて女性の中にはホルモンバランスや月経周期などの影響で、肌状態が完全とはいえない時期もあります。

このように肌状態が思わしくない時期には、重曹洗顔を避ける方がいいでしょう。

くれぐれもご注意下さい。

鼻の毛穴トラブルに効果的な手段として、重曹洗顔についてお伝えさせて頂きました。

最後に補足ですが、「工業用」や「掃除用」重曹は避けた方がいいと思います。

これらは粒子が粗めなので肌に負荷がかかるからですね。

お知りおき下さい。

鼻の毛穴トラブルを改善できる効果的な手段のひとつにベビーパウダー洗顔というものがあるのをご存知でしょうか。

「前よりも肌のキメが整ったような気がする!」など、効果の口コミ評価もありますが、どこまで真実なのでしょう。

一般的なベビーパウダー洗顔の感想を検索すると、軽度のシミを改善できる美白効果や、毛穴の黒ずみ・余分な皮脂除去などが効果としてあるようです。

ベビーパウダーの吸着パワーでマイルドなスクラブ効果を発揮してくれそうですね。

それではここでベビーパウダーを構成する原料について考えてみましょう。

タルクとコーンスターチ(でんぷん)から構成されていますね。

ちなみにタルクはパウダーファンデーションなどの原料となる細かい粒子だそうです。

ベビーパウダー洗顔をした後にメイクをすると、さらりとした感触がいつまでも続くということです。

こちらは水分や油分が毛細管現象で粒子の間にぴったり張りつくことで起こる現象だそうです。

汗をかく夏場などは重宝しそうですね。

あわせてコーンスターチ(でんぷん)は、一般的な製菓材料として市販されているものも多いので、粒子が細かいイメージは何となく想像できるでしょう。

こういったサラサラパウダーによって、水分や油分を吸着することが可能です。

例えば上記のような内容の口コミ評価を聞いたりすると、ベビーパウダー洗顔は鼻などの毛穴トラブルに、もしかすると効果的かもしれないと感じるのも無理はありません。

ただしパックや洗顔料だけで、毛穴の黒ずみ対策まではどうやら難しいようです。

ところで「ベビーパウダーをヨーグルトに混ぜるパック法」というものを耳にされたことはあるでしょうか。

こちらの場合ならヨーグルトの乳酸ピーリング作用は働くので、やや抑えめ程度の美白効果は期待できそうですね。

ただしお肌のキメの改善や毛穴の奥深くの黒ずみまで解消できるかどうかは、正直なところ疑問も払拭できないみたいです。

しかしながら、ベビーパウダーの成分は害の無いものと言い切れる面もありますね。

安心して使用できるでしょう。

もしもあなたが友人にまで「ベビーパウダー洗顔やパック」を勧めるかどうかという可能性を考えると、「美容効果よりも、リラックス効果のあるスキンケアとして、香りを楽しむならGOOD!」というレベルでしょうか。

その一方であなたがもしも鼻の毛穴トラブルなどを徹底して改善したいなら、ベビーパウダー洗顔ではなく、クリニックや美容皮膚科などで相談する方がおそらく早期に解決できると思います。

関心のある方はぜひ一度お試し下さい。

鼻の毛穴トラブルの効果的な対策を進めていく上で大事なポイントとなるのは、毛穴に蓄積された白い角栓や黒ずみを無理矢理に除去しようとしないことですね。

これは逆に肌トラブルを進めることとなりますので注意が必要です。

こういった鼻の毛穴トラブルが起こった場合によく使用される、毛穴対策アイテムとして毛穴パックがありますね。

「毛穴パックで角栓がスッキリ除去できた!」という即効性がこの商品の認知度を高める理由かもしれません。

パックし終わった後にまるで「つらら状態」のように除去できた、その角栓を見るのがストレス解消という女性も少なからずいると思います。

しかしながら、毛穴パックをした後には、周囲の健康な角質細胞も部分的に除去されてしまうようですね。

この毛穴パックによって周囲の健康な角質細胞が大きなダメージを受けることになります。

これが引き金となり毛穴周辺の皮膚は保水力を一気に低下させるので、外部刺激へのバリア機能まで低下することになってしまうみたいですね。

以上のようにバリア機能が低下すると、にきびや吹き出物を増やしてしまう要因となります。

これは皮膚のバリア機能が弱くなることでアクネ菌が増殖するからですね。

その結果、シミやシワも増えることになり、紫外線にも弱い肌になります。

このように毛穴の角栓を強引に除去すると、今まで以上に汚れや角栓を蓄積しやすい条件となってしまうわけですね。

これは毛穴が急激にこじ開けられてしまうことで、逆に皮脂の分泌や角化を促進するからだそうです。

ご注意下さい。

毛穴パック以外でも留意すべき点はあります。

一例として指などで毛穴を押し上げて除去するのも肌トラブルの原因につながるみたいですね。

「とにかく肌に負担をかけない方法」を目指すことが大事なポイントになると思います。

「とにかく肌に負担をかけない方法」を実現するには、日常的なスキンケアで心がける項目がありますね。

例えば洗顔時には細かく泡立てたホイップ状の泡で、そっとなでるように洗いましょう。

洗顔前に蒸しタオルを顔にあてるのも効果的だそうです。

以上のような蒸しタオルパックの後にオイルマッサージなども、鼻の毛穴トラブルに効果的みたいですね。

このオイルマッサージの際に注意すべき点をあげると、摩擦によって皮膚細胞を傷つけないようにすることでしょう。

つまりマッサージの際にも洗顔同様に、オイルをそっとなでるようにマッサージして下さいね。

毛穴パックのような即効性は感じられないかもしれませんが、長い目で見れば地道なスキンケアを続ける方が根本的な改善につながると思います。

頑張って下さいね。

鼻の毛穴トラブルの中でも毛穴の黒ずみをどうしても改善できない人が、案外たくさんおられるのではないでしょうか。

こういった人たちに共通する点は、もしかするとスキンケアで勘違いしがちな項目も、似ているのかもしれません。

鼻の毛穴の黒ずみを改善するためにまず大事な項目は、毛穴の黒ずみを正しく理解することからでしょうか。

この黒ずみの正体である角栓は、古い角質(タンパク質)が7割で、残りの3割が皮脂になります。

皮脂の量は案外少なめですね。

それから摩擦などで皮膚細胞の角質層を損傷すると、皮膚に防御機能が働きどんどん厚く硬くなっていくそうです。

これが結果的に黒ずみの原因につながりますね。

スキンケアでのこすり過ぎにはくれぐれも注意をして下さい。

それではここから鼻の毛穴の黒ずみ対策をタイプ別にご紹介させて頂きます。

とにかく皮膚への摩擦を最小限にするように、日常的なスキンケアでは力を入れないことを心がけるようにしましょう。

週に2回くらいならピーリング石鹸や酵素洗顔剤も問題ないと思います。

こちらの乾燥毛穴タイプは、とにかく皮膚を乾燥させないように徹底するしかありません。

セラミドなどで保湿のお手入れを進めると同時に、角質層のうるおい成分をキープできるような洗顔やクレンジングをして下さい。

こちらの毛穴タイプはその名称通り、毛穴の形状がすり鉢状になっているという特徴があります。

すり鉢の部分に皮脂が残らないよう、朝晩きちんと洗顔すること、こまめに皮脂をティッシュなどで除去することが大事ですね。

こちらの状態になると中には地道なホームケアでも改善できるケースもあります。

しかしながらこの毛穴タイプの場合には、どちらかというとホームケアよりも美容皮膚科などがおすすめでしょう。

クリニックなどで一度ご相談下さい。

まとめ

サングラスの画像

鼻の毛穴トラブルの原因と対策について様々お伝えさせて頂きました。

まず毛穴トラブルを起こしてしまう原因のひとつに皮脂の過剰分泌があります。

とにかく過剰分泌を起こさないためのスキンケアが日常的に必要でしょう。

それ以外にも鼻の毛穴トラブルは「メイクや汗」も影響しているということですね。

一例として寒い冬よりも暑い夏の方が、汗をかくことで毛穴の開きにつながりメイク崩れも早くなりますよね。

くれぐれもご注意下さい。

あわせて鼻の毛穴トラブルの中でも、毛穴の黒ずみがどんなに努力しても、思うように改善できないという声をよく耳にします。

こういったケースの場合には、黒ずみ対策のスキンケアを正しく理解することから始めてみましょう。

きっと解決の糸口が見つかると思います。

明日からでも頑張って下さい。

城本クリニック

【30年以上の歴史と実績を誇る美容外科】
*経験が豊富な医師が担当!
*医療免許を持つスタッフが対応!
*自然な仕上がり、傷跡が目立ちにくい施術

_

品川美容外科

【治療実績なら品川美容外科】
*症状から選ぶ施術法
*アフターケア充実
*ネットから簡単予約

_