ホーム >> 美容コラム >> 顔/顎 >> 綺麗なフェイスラインを作りたい!二重あごダイエットの方法は?

美容コラム

更新日

綺麗なフェイスラインを作りたい!二重あごダイエットの方法は?

顔を大きく見せてしまう二重あごにお悩みの人は多いでしょう。

太った印象を与えてしまう二重あごですが、痩せ型の人でも二重あごになってしまうことはあるのです。

そこで今回は、二重あごになる原因や対策をまとめました。

綺麗なフェイスラインを目指す人は、是非、参考にしてください。

二重あごとは

婚活の画像

二重あごとは、脂肪やむくみ、たるみなどが原因で、あごのラインが二重になっている状態のことです。

フェイスラインが緩んでいるため、顔が大きく見えたり太って見られたりします。

首との境目がわからなくなるほど重度な二重あごになっている人もいます。

二重あごになる原因

婚活の画像

まずは二重あごになる原因について見ていきましょう。

二重あごになる原因二重あごを加速させることの2つに分けてご紹介します。

まずは二重あごになる原因について見ていきましょう。

肥満

あごまわりに皮下脂肪が蓄積することにより二重あごとなってしまいます。

脂肪による二重あごは、厚みがあるのが特徴です。

肥満による二重あごの場合は、簡単に解消できるものではなく、全身の体脂肪を落としたりとダイエットをする必要があります。

むくみが積み重なり二重あごになることもあります。

なんらかの理由でむくみが生じると、余分な水分があごまわりに溜まり、二重あごとなってしまいます。

むくんでいるということは、老廃物がうまく排出できていないということ。

リンパの流れも悪いので、脂肪やセルライトがあごまわりにつきやすくもなります。

顔にハリがなかったり、フェイスラインがぼやけて見える場合は、顔のたるみが生じている可能性があります。

このたるみは老化現象のひとつでもありますが、たるみが二重あごとなってしまうこともあるのですね。

顔の筋肉を使っていない人は、年齢に関係なく顔にたるみが生じます。

痩せ型の人でも、たるみによって二重あごになってしまったりするのです。

いつも猫背や前傾姿勢でいる人は、ゆがみやたるみを引き起こし、二重あごができてしまうこともあります。

姿勢が悪いと、顔の皮膚と筋肉を引き上げてくれる筋肉がうまく機能しなくなるのです。

姿勢の悪さから二重あごになっている人は多いものです。

表情筋は加齢により衰えていくものですが、若くても使っていなければ衰える一方です。

無表情でいることが多い人は注意です。

表情筋が衰えることで顔にたるみが生じ、二重あごにつながります。

頬からあごにかけては脂肪が厚いこともあり、表情筋が衰えると脂肪を支えられなくなります。

二重あごの原因は、大まかに「脂肪」と「たるみ」だということがわかりました。

心当たりはありましたか?生活習慣によって二重あごが深刻になることもあります。

二重あごを加速させることについても見ていきましょう。

頬杖をついてばかりいると、首まわりの筋肉は衰えてしまいます。

筋肉が衰えることで代謝が落ち、あごまわりに脂肪がつきやすくなってしまうのです。

また、頬杖をつくと前傾姿勢になるのも、二重あごを加速させてしまいます。

よく頬杖をついている人は要注意です。

スマホを操作している間は下向きになりますよね。

姿勢も悪く、無表情にもなっているはずです。

この状態を長く続けてしまえば、顔のたるみを加速することになります。

顔がたるむということは、二重あごも深刻になっていくのです。

スマホの長時間使用は老け顔になりやすいこともあるので注意しましょう。

二重あごを解消しようと過度なダイエットをするのは、逆効果となってしまうこともあります。

食事制限だけで痩せようとする過度なダイエットをしていると、皮膚がたるんでしまい二重あごが深刻になってしまう可能性があるのです。

二重あごを解消するには、筋肉をつけながら健康的に痩せる必要があります。

運動不足だと、全身の筋肉が衰えている可能性があります。

筋肉が衰えることにより、代謝が悪くなりむくみやすくもなります。

これらのことは、二重あごを加速させることにもなります。

早食いだと、どうしても噛む回数が少なくなります。

飲み込むように食事をし、ほとんど噛んでいない人は注意です。

飲み込むように食事をしていると、徐々に口まわりの筋肉が衰えていきます

早食いをすることで、太りやすくもなりますね。

口まわりの筋肉が衰えるだけでなく太りやすいということは、二重あごも深刻になりやすいです。

ついつい口呼吸をする人は、口まわりの筋肉が弱い傾向があります。

口をぽかんと開けていることも多いですよね。

ついつい口呼吸になってしまうことがある人は、意識して改善していきましょう。

もともと口まわりの筋肉が弱い可能性もありますが、口呼吸が習慣になれば、筋力はどんどん衰えてに顔全体をたるませてしまいます。

二重あごが深刻になりやすいだけでなく、口角が下がることで老けた印象にもなります。

口呼吸をしていると猫背になりやすいことも、二重あごが加速する要因です。

口呼吸は肺を大きく広げて息する必要がなく、猫背になりやすいのです。

二重あごに有効な対策

婚活の画像

二重あごになる原因と二重あごを加速させることをご紹介しました。

ここからは、二重対策についてまとめています。

原因を把握したところで、二重あごの対策に取りかかりましょう。

二重あごを加速させてしまう「むくみ」を、リンパマッサージで解消していきましょう。

顔はむくみやすい箇所でもありますが、リンパマッサージの効果が出やすい部分でもあるのです。

エステなどでもよく取り入れられるリンパマッサージですが、自分でできるものもありますよ。

むくみを解消するためには、周辺のリンパを押すだけでも効果があります。

セルフケアとしておすすめなリンパマッサージをご紹介します。

1 耳の付け根の下を押す

2 鎖骨をなぞるように押していく

3 あご下から耳の後ろまで老廃物を流すようにマッサージ

4 耳下から鎖骨まで下になでおろす

5 鎖骨を外側から内側へマッサージ

6 脇の下を押す リンパが詰まっている人は痛みを感じます。

痛みが強い人は、普段からリンパが詰まりやすいような生活をしている可能性があるので、生活習慣を見直してみましょう。

リンパマッサージは、はじめに耳の付け根の下をぐりぐり押すことから始めていてください。

首の周りはリンパが密集しているので、痛みを感じやすいですが、続けていくうちに気持ち良くなりますよ。

顔や首まわりのだるさを感じたときやお風呂上がりなどに、このリンパマッサージを取り入れてくださいね。

リンパ節が腫れているときや妊娠中などはリンパマッサージは避けましょう。

食後すぐや熱っぽいときも控えたほうがよいです。

リンパマッサージでは圧を加えますが、皮膚に摩擦を与えすぎないように注意してください。

摩擦を軽減するために、オイルやマッサージクリームを使用するのをおすすめします。

何もつけずに引っ張るようなマッサージを続けていると、シワやたるみ、乾燥などをまねいてしまうのです。

あごの下や首のまわりは、デリケートな部分でもあるので、やり過ぎないようにも注意してください。

適度なリンパマッサージを継続することが大事です。

ここからは二重あご解消に有効なエクササイズをご紹介します。

ほうれい線などにも有効なエクササイズなので、ぜひ実践してみてくださいね。

口のまわりには筋肉がたくさんあります。

筋肉は連動して動くので、口まわりの筋肉が衰えると顔はたるみ、フェイスラインがくずれてしまうのです。

口まわりの緩みは、ほうれい線までまねいてしまいます。

表情筋が衰えると、太った印象だけでなく、老けた印象を与えてしまうことにもなるのです。

口まわりの緩みに心当たりがあれば、以下の表情筋エクササイズを習慣にしましょう。

1 大きく「あ」の口をして10秒間キープします

2 口を横に大きく引いて「い」の口を10秒間キープします

3 思いっきり「う」の口をつくり10秒間キープします

4 そのまま頬の肉を吸い込み10秒間kキープします

5 反対に思いっきり頬を膨らまして10秒間キープ

6 頬を戻しリラックスしましょう

7 口を閉じて右頬だけを大きく膨らます

8 左頬だけを1大きく膨らます

9 目を大きく開き顔全体を大きく膨らます

表情筋トレーニングをするときは背筋を伸ばし、綺麗な姿勢で行うようにしましょう。

余裕があれば、立ちながら行ってくださいね。

口はオーバに動かすのが基本です。

普段使われていない筋肉を刺激するようなイメージで行ってください。

普段使われていない口まわりの筋肉は、知らず知らずのうちに衰えています。

表情筋エクササイズを日常に取り入れ、表情筋を鍛えくださいね。

二重あごに効果があるだけでなくだけでなく、リフトアップ効果やほうれい線を目立たなくするという嬉しい効果もありますよ。

二重あごの解消に効果的な、舌を使ったエクササイズをご紹介します。

1 口を閉じる 2 口を閉じた状態で歯の表面をなぞるようにぐるりと1周させる 3 左まわりを20回 4 右まわりを20回 慣れてきたら、舌でしっかりと外側に押しながらまわしてください。

簡単なので、ながらエクササイズとしておすすめです。

ペットボトルエクササイズは、効率良く表情筋を鍛えることができます。

ペットボトルを使ったエクササイズを始めたばかりの人の中には、筋肉痛になる人も多いです。

それだけ普段使われていない筋肉なのですね。

ペットボトルを使ったエクササイズを2つご紹介します。

まず一つ目のエクササイズ。

用意するのは2リットルの空のペットボトルだけです。

潰れやすいペットボトルを使うとやりやすいですよ。

1 ペットボトルを咥える

2 頬を膨らませながら息を吐き出す

3 頬をへこませながら息を吸い込む

二つ目のエクササイズ。

水の入った500ミリリットルのペットボトルを用意します。

水の入った500ミリリットルのペットボトルを、口の力だけで持ち上げるというエクササイズです。

歯を使わないように注意しながら行ってください。

むりをすると筋肉痛にもなるので、最初は少量の水から始め、徐々に水の量を増やしていきましょう。

最終的には満タンでできるように鍛えていきます。

このエクササイズ後、口角が上がりやすいのを実感できるでしょう。

ペットボトルは身近にあるものなので、ぜひ試してみてくださいね。

筋肉は連動して動くので、口まわりの筋肉が鍛えられることで、顔がスッキリしてきますよ。

頬のたるみが改善され、顔のむくみもとれるので、小顔効果も期待できますね。

表情筋を鍛えるためには、続けることが重要になります。

これらのエクササイズの良いところは、手軽で続けやすいことです。

準備するものもペットボトルくらいなので、普段は三日坊主になってしまうような人でも続けやすいですよね。

顔の筋肉は比較的効果が出やすいので、効果が実感できるようになるとエクササイズも楽しくなってくるでしょう。

ここからは日常で気をつけることをまとめています。

効率良く二重あごを解消するのに有効ですよ。

表情筋は意識して動かさないと、衰えていく一方です。

みるみる表情筋が衰えていき、二重あごの原因となる「たるみ」を引き起こしてしまいます。

デスクワークの人や、スマホを使う時間が長い人などはとくに注意してください。

デスクワークやスマホを使っている間は無表情になり、表情を動かさないというクセがつきます。

自分で表情が乏しいと思うのであれば、意識して表情筋を動かすようにしましょう。

今まで無表情ばかりだった人が表情筋を動かそうとするとぎこちないこともありますが、それだけ衰えているということです。

表情を作るのは簡単そうですが、うまく笑えなかったり引きつった顔になったりします。

今まで動かしていなかったのですから、焦らずに徐々に慣らしていってくださいね。

顔ヨガを取り入れたり、人と話すようにするのも効果的です。

誰かと楽しい話をするように心がけ、たくさん笑ってくださいね。

人間は笑うときに、オトガイ筋・小頬骨筋・大頬骨筋・顎二腹筋などを使うのですが、これらの筋肉が鍛えられることにより二重あごの防止につながります。

よく笑うことは美容や健康にも良いですし、楽しいことを引き寄せます。

そう考えると笑うことは一石二鳥ですよね。

意識的に表情筋を動かすことは、アンチエイジング効果などもありますよ。

表情筋は意識して使わないと鍛えられない筋肉だということを頭に入れて生活してくださいね。

あごから首にかけての筋肉を伸ばし二重あごを改善していきましょう。

首を伸ばすことも二重あご解消に役立ちます。

あごから首にかけての筋肉を伸ばすことで、二重あごだけでなく首のシワの予防改善ができます。

形状記憶させるイメージで、首の側面にある胸鎖乳突筋と広頸筋をしっかり伸ばしましょう。

いつも首を伸ばすようにするだけで首まわりの筋肉が鍛えられ、リンパの流れも促進されます。

首のまわりにはリンパ節も集まっているので、リンパの流れも良くなるのです。

いつも意識して首を伸ばすことで、むくみ知らずの顔になれるでしょう。

首を伸ばそうとすると、自然と姿勢も良くなります。

歩くときや座っているときに試してみてください。

胸を張って、頭を天井から引っ張られるようなイメージで首をスッと伸ばしましょう。

これが体に身につき常にできるようになると、フェイスラインが出てきたり、二重あごが解消されたりします。

代謝も上がり、ダイエット効果もありますよ。

首のシワやたるみ予防にもなるので、今からでも行ってほしいものです。

体のゆがみを引き起こして二重あごを加速させないために、左右の筋肉をバランス良く使いましょう。

どちらか片方だけに噛んだり、利き手や利き足ばかりを使ったりしていると体にゆがみが生じます。

どちらか片方だけに負担がかかるような状態が続くと、肩こりや首の痛みなどを引き起こす可能性があるだけでなく、顔のたるみも引き起こしてしまうのです。

ゆがみから背中がガチガチに張ってしまうことも。

二重あごの原因はさまざまなですが、原因のひとつに背中の僧帽筋があります。

僧帽筋とは、顔の皮膚と筋肉を引き上げてくれる筋肉なのですが、姿勢が悪いことなどが原因でうまく機能しなくなってしまいます。

背中や肩まわりの筋肉が硬くなることによってもうまく機能しなくなり、たるみをまねき、二重あごを加速してしまいます。

姿勢が悪くなったり背中や肩まわりの筋肉が硬くなる原因には体のゆがみがあるので、左右バランスを崩さないために、片方だけに負担がかかるようなことは避けましょう。

どちらも同じように使いバランスを保ってくださいね。

全身のゆがみを整えて、筋肉にしなやかさを取り戻すことで、顔がスッキリしてきます。

姿勢が悪いことで顔の皮膚と筋肉を引き上げてくれる筋肉がうまく機能しなくなるとお伝えしましたが、姿勢の悪さは「ストレートネック」を引き起こしてしまうこともあります。

本来首の骨は湾曲しているものですが、前傾姿勢が長く続くことで前かがみになり、湾曲していた首の骨がまっすぐになってしまうのです。

デスクワークだったり、前傾姿勢になりがちな人は要注意。

前傾姿勢が長く続くことで「ストレートネック」になってしまい、二重あごを加速させてしまいます。

ストレートネックは猫背になってしまう原因でもあり、体のゆがみも引き起こします。

体のゆがみから顔もたるんでしまうのですね。

姿勢の悪さの悪影響を理解したら、とことん姿勢を正しましょう。

姿勢を正すことで、顔の皮膚と筋肉を引き上げてくれる筋肉がうまく機能するようになり、たるみ改善につながります。

姿勢を正すことでリンパの流れも良くなり、あごまわりの老廃物もの蓄積も解消されるでしょう。

姿勢の悪い人は太りやすいといわれているように、リンパの流れが滞り老廃物が蓄積され続けることは、脂肪やセルライトの原因ともなります。

姿勢を正し、あごまわりを痩せやすい状態にしましょう。

よく噛んで食べることで、表情筋が鍛えられ、二重あご解消につながります。

食事のときに噛む回数が少ないと、顔の筋肉が衰えやすくなるだけでなく、早食いとなってしまい太りやすくもなってしまいます。

いつまでもそのような食べ方をしていれば二重あごを加速するばかりなので、よく噛んで食べる習慣をつけましょう。

「噛む」ということに意識を向けてみてください。

普段は無意識に噛んで飲み込んでいます。

噛むことを意識するだけで、自然と噛む回数が増えるものです。

何かをしながら食事をするようなこともせず、食事に集中してみてくださいね。

味わいながら噛むことを意識するだけで、いつもより少ない量でも満足できるはずですよ。

よく噛んで食べることのメリットといえば、食事が充実したものになり二重あごの解消やダイエットにもつながることです。

柔らかいものばかりを好んで食べている人は、硬い物も積極的に食べるようにしましょう。

柔らかいものばかりを食べていると、口まわりの筋肉が衰えてしまい二重あごにつながってしまいます。

よく噛んで食べるだけでも口まわりの筋肉を鍛えることができますが、硬いものも食べることでより効果的に鍛えることができます

スルメなんかがおすすめです。

硬くはありませんが、長時間噛むということでガムなどもおすすめですよ。

 

リンパの流れが悪くなると、余分な水分や老廃物が体内に溜まってしまいます。

この状態のことをむくみといいますが、老廃物や余分な水分がいつまでも排出されずに滞っていると、脂肪やセルライトにつながります。

リンパ節が多く存在する顔まわりはむくみやすい部分でもあるので、普段からむくまないように対策することが大切です。

むくみはが二重あごを加速しまっていることは多くあるので、むくみやすい人は注意してくださいね。

対策としては、リンパマッサージをしたり、塩分や糖分をとること

適度に運動をし、汗を流すのもいいですね。

塩分がむくみを起こす原因だとは知られていますが、実は糖分の摂りすぎもむくみの原因となります。

糖分は水分を蓄える働きがあるのです。

糖質制限をスタートしたばかりの頃に体重がストンと落ちるのもそのため。

糖質が制限されたことで、余分な水分が排出されるのです。

塩分と糖分を気にしながら生活するだけでもむくみを予防できますよ。

栄養バランスの良い食事を心がけ、ダイエットがスムーズにいくようにしましょう。

食事の量を控えるのも大切です。

食べ過ぎなどにより皮下脂肪が増えると、皮膚や筋肉で脂肪を支えられなくなり、二重あごにつながります。

カロリーを気にしすぎて栄養が不足にならないように注意してくださいね。

栄養不足では脂肪が燃えません。

栄養バランス良く食べていると、効率良く脂肪を燃やしてくれるので、余分な脂肪がつくのを抑制してくれます。

食事では栄養バランスを考えながら、タンパク質を多めに摂るといいですよ。

脂肪燃焼をサポートするビタミンBも忘れずに摂取しましょう。

タンパク質を多めに取っているとむくみが改善されるのを実感できるでしょう。

ダイエットをするなら、食事内容はかなり重要です。

ダイエットが成功するかどうかは、食事にかかっていると言っても過言ではないでしょう。

まずは、食生活を見直し、適度な量をよく噛んで食べましょう。

なるべく規則正しい時間に食事をし、食事のリズムを体に覚えさせてください。

参考:ダイエット料理、食材、メニュー

二重あごといえば肥満体型の人に多い印象がありますよね。

実際に二重あごの人が多く、脂肪が蓄積された結果として二重あごになっているように見えます。

脂肪による二重あごは、厚みがあり簡単には解消できないものです。

厚みのある二重あごには、ダイエトで脂肪を燃焼させる必要があります。

脂肪を燃焼するには筋肉が大事なので、筋肉が落ちるようなダイエットはリバウンドしやすいので注意です。

顔まわりだけの脂肪を燃焼するようなことは不可能なので、全身の脂肪を落とすつもりでダイエットしていきましょう。

まずおすすめしたいのが糖質制限ダイエットです。

以前流行ったことから、挑戦したことがある人は多いでしょう。

極端な糖質制限はストレスとなってしまうので、無理のない程度で行ってくださいね。

我慢しすぎると暴食に走ってしまう可能性がありますし、ダイエットとリバウンドを繰り返していては脂肪が燃焼しずらくなります。

少しずつでも確実に落としていくほうが理想です。

少しずつでも確実に脂肪を落としていくために、ストレスを溜めずに楽しめる範囲で行いましょう。

糖質制限をするにあたって大事なことは、タンパク質をしっかりとることです。

筋肉を落とさないために、お肉や卵などを積極的に取りましょう。

お肉が好きな人にとっては糖質制限は嬉しいですよね。

糖質制限では、カロリー制限がありません。

実際に試したことのある人はわかるかと思いますが、糖質を抜きお肉を主食にしてたくさん食べていても体重増加があまりみられません。

体質にもよるかと思いますが、O型の人は糖質制限が向いていると言われています。

お肉も好きなだけ食べれますが、食べ過ぎは厳禁です。

糖質制限にしてから顔がシュッとなった、という人は多くいます。

顔の余分な水分が落ち、無駄な脂肪も落ちたことによるでしょう。

顔がシュッとするだけでなく、体全体も引き締まってくるはずです。

先ほども少し触れましたが、糖分には水分を蓄える働きがあります。

糖質制限をすることで、余分な水分が排出され、むくみを解消してくれる のですね。

むくみを予防改善しながらダイエットができる糖質制限は、二重あご対策として有効です。

そもそも現代人は糖質を摂り過ぎているとも言われています。

無意識に糖分の過剰摂取になっている人も多いように思います。

食べ物が溢れている中で、何に糖質が多く含まれているかを知ることも大事ですね。

食べたものを把握できるレコーディングダイエットは、間食が多い人におすすめです。

口さみしさからついつい何かをつまんでしまうという人は、レコーディングダイエットをしてみましょう。

このくらいいっか、と思って食べているものでも、積もればかなりのカロリーになります。

気づかないうちに脂肪を溜め込んでいるのですね。

あまり食べていないのに痩せない、と言っている人の多くは間食が多い傾向があります。

自分に甘い性格でもあるので、きっちり書き出すことでダイエットは成功するでしょう。

レコーディングダイエットとは、運動をする必要がなく一日で食べたものを記録していくだけなので簡単です。

しかし、それでは結果が出るまでには時間がかかるので、有酸素運動などを併用するのをおすすめします。

食べたものを記録するだけでなく、体重も書き出すのもおすすめです。

何度もダイエットで失敗してきた人でも、その日の体重や食べたものを書き出す度にモチベーションが保たれて成功につながりやすいです。

ただし、体重ばかりにフォーカスしないこと。

大事なのは余分な脂肪を燃やし、健康的にやせることです。

レコーディングダイエットのメリットとして、自分に合う食材と合わない食材がわかる、ということもあります。

あれを食べると太りやすい、というように、痩せない理由もわかってくるはずです。

毎回の食事に対する意識も変わり、結果的に痩せられるでしょう。

ダイエットではモチベーションが何より大切なので、モチベーションを保つためにもレコーディングダイエットはおすすめです。

ウォーキングをして代謝を高め、脂肪燃焼を促しましょう。

ウォーキングダイエットは、全身の筋肉を使うのでとても効率的なダイエット方法です。

歩くことで足から首筋までの筋肉にも刺激が伝わり、顔の脂肪を落とす手助けをしてくれます。

ウォーキングは有酸素運動なので、脂肪を燃焼するだけでなくリンパの流れも活性化してくれます。

ウォーキング後は顔のむくみが解消されてスッキリしますよね。

歩くだけで全身のダイエットになるので、二重あご対策としても有効です。

ウォーキングダイエットで二重あごを解消するには時間がかかります。

ウォーキングを始めると、「足は痩せてきたような気がするけど顔は全然痩せない」などと言ってすぐに諦めてしまう人は多いです。

これからというときにウォーキングをやめてしまうのはもったいないです。

少しずつ脂肪は減っているのに気づいていないということもあります。

人それぞれ痩せる順番があるので、どこかしらが痩せてきたのなら、続けているうちに顔も痩せてくるはずです。

それに、満遍なく脂肪は燃焼されるものなので、あるパーツだけ痩せないなんてことはないのですね。

顔の変化がわかりにくいか、少し他のパーツよりも燃焼スピードが遅いかのどちらかでしょう。

一般的に、ダイエットをすると手足から痩せていきます。

また、顔は脳の近くにあるため脂肪が燃焼しにくいともいわれています。

生命を維持するための重要な脳を守るために、顔に脂肪を残そうと働くのだそうです。

顔は優先的に痩せるパーツではないのですね。

ウォーキングをしても効果を実感しにくいこともありますが、いつまでも痩せないわけではありません。

ウォーキングに限らず、ダイエットは継続することが大切です。

途中で諦めなければ、ダイエットは成功し、二重あごは解消されるはずですよ。

どこかのパーツが痩せてきたのであれば、顔痩せはすぐそこです。

リンパマッサージや表情筋トレーニングなども取り入れ、二重あごへのアプローチに力を入れてみてもいいですね。

二重あごが気になる場合は、下半身の筋肉を鍛えることで解消する場合も多いです。

上半身を支える下半身がしっかりしていないと、バランスを保つために余計な部分に筋肉や脂肪がついたりします。

結果的に体にゆがみが出て、顔もたるみやすくなるのです。

下半身の筋肉を鍛えることで全身のバランスが整い、体のラインも整ってきます

体のラインが整うことで顔のたるみなども改善されていくのです。

全身のバランスが整えば、効率良く脂肪を燃焼できますし、血流も良くなり、効率良くダイエットができます。

また、下半身を鍛えることでむくみに悩まされることも減るでしょう。

下半身はポンプのような働きをしており、第2の心臓とも呼ばれています。

下半身の筋肉が弱い場合、血液の流れが悪くなりむくみを引き起こしてしまうのです。

下半身を鍛えるといえばスクワットですよね。

テレビを見ながらでもできるのでおすすめです。

ただし、正しいフォームでやること。

間違ったフォームでは怪我をしてしまう可能性もあります。

ポイントとしては、

  • つま先より前に膝が出ない
  • ゆっくりと腰を落とす
  • 太ももが床と水平になるまで落とす
  • フォームを意識しながら行う
  • 息を止めない

運動をしても解決できない二重あご、細かくあごのラインを整え、綺麗なフェイスラインを作るためには脂肪吸引や小顔注射など施術を利用することもいいでしょう。

城本クリニック

【30年以上の歴史と実績を誇る美容外科】
*経験が豊富な医師が担当!
*医療免許を持つスタッフが対応!
*自然な仕上がり、傷跡が目立ちにくい施術

_

全国27院、30年以上の歴史と実績で有名な城本クリニックです。

経験が豊富な医師が丁寧に施術を行っており、患者の希望を優先し、満足できる結果を出しています。

脂肪吸引は脂肪細胞の大きさを減らすダイエットとは違って、脂肪細胞の数自体を減らす施術です。

そのため、リバウンドしづらく長持ちする理想なボディーラインを作ることができます。

無論、管理せずに爆食と夜食、運動不足の生活を続けると、また脂肪細胞が大きくなり太りますが、それにしても以前よりは太りにくい体質になったので、痩せられるとも言えます。

参考:脂肪吸引の小顔効果

二重あごが解消されるメリット

婚活の画像

対策をお伝えしたところで、二重あごが解消されるメリットについてご紹介します。

以下のようなメリットがあることを心に留めて、二重あご対策に励みましょう。

顔が大きいと悩む人は多いですが、もしかしたら二重あごのせいで大きく見えているだけかもしれません。

二重あごを解消すれば、あごのラインが出てきて顔が一回りほど小さく見えたりします。

表情筋トレーニングなどでたるみの改善を徹底した人は、リフトアップ効果もありキュッとバランスの良い顔になれるでしょう。

バランスが整うだけで顔の余白が気にならなくなり、より小顔にみえますよ。

二重あごが解消したということは、少なからず顔の脂肪も減っているはずです。

目鼻立ちがハッキリする上に、しっかりあごのラインが出ることで、綺麗な横顔になれます。

横顔に自信が持てるとおしゃれも楽しくなるでしょう。

二重あごがないだけで、痩せて見られるものです。

二重あごにならないような習慣を身につければ、少し太ったくらいではまわりにバレないでしょう。

顔はとても印象に残るものなので、痩せて見られるのは得ですよね。

顔がスッキリするだけでも自信が持てるようになるものです。

二重あご対策の成果を実感できたときには、何度も鏡を見たくなるほど達成感と喜びで溢れることでしょう。

二重あごが解消できたということは、ダイエットにも成功しているかもしれませんね。

自分に自信が持て、より明るく前向きになれるのではないでしょうか。

気持ちが前向きになれば、自然と笑うようになり背筋もスッと伸びるでしょう。

どれも美容や健康にいいことばかりです。

どんどん美容にいいことは続き、自分磨きが楽しくなりますよ。

まとめ

婚活の画像

二重あごの原因や対策をまとめました。

二重あごの大まかな原因は、脂肪とたるみです。

これらを改善していくことで、二重あごは解消されていきます。

原因を把握できたら、取り入れやすく自分に合いそうな対策をいくつかに絞り、うまく組み合わせて二重あごを解消していきましょう。

二重あごだと、横顔に自信を持てなかったりしますよね。

しっかり対策をし、綺麗なフェイスラインを手に入れましょう。

城本クリニック

【30年以上の歴史と実績を誇る美容外科】
★回復も早く、ムラのない均一な皮膚へ
最新式脂肪吸引で理想のボディーを実現
★経験が豊富な医師が担当!

_

 

湘南美容クリニック

【理想のボディラインを手に入れよう!】
デザイン型脂肪吸引で理想のボディライン
リバウンドしにくい
★脂肪吸引だけでも15種類以上メニュー

_