ホーム >> 美容コラム >> 二重 >> 二重整形って難しい?実は簡単にできる二重整形とは

美容コラム

公開日 2018.2.18
更新日 2018.4.21
二重整形って難しい?実は簡単にできる二重整形とは
Woman-1472798_640

二重まぶたは女性にとって憧れになります。ぱっちりとした目元をつくるのに二重まぶたは必須であり、今では小学生の愛読紙などでも二重をつくるためのアイプチの使い方なども特集されています。 アイプチを同じ感覚で出来るのが今の二重整形であり、効果の持続も高くメスも使わないことから「プチ整形」と呼ばれています。二重整形はこわいと思う人もいるかもしれませんが、二重整形は失敗なども少なく実に簡単にできる整形の一つであるといってもいいでしょう。

 

 

 二重整形とは?

婚活の画像

 

二重整形は整形の中でも認知度も高く、また敷居も低いことから簡単にできる整形として「プチ整形」という言葉にされることもあります。 二重まぶたは女性のあこがれであり、モデルやタレントのほとんどが二重まぶたです。 ティーン層などはアイプチなどを使って二重まぶたに目を加工し、さらにインスタグラムなどに乗せる場合は専用の加工アプリなどを使うほど二重まぶたは重要な役割になっています。

 

アイプチなどは一日の内の数時間を二重にするテープであり、アイプチを始めアイケア用品は洗顔をしたら取れてしまうことなどが前提になっています。 これに対して二重整形は埋没法などの切開しない整形であっても、短くて3年から長くは半永久的に維持できますので長期間で見る場合はこちらの方がお得であるといってもいいでしょう

 

二重まぶたにすることで目が大きく見えることはもちろんですが、アジア人の場合は骨格の視覚効果の補正なども生まれるので顔のバランスが整って見えやすくなります。

 

アジアンビューティーなどの表現が在る様に、切れ長の一重まぶたなどもシャープでクールな印象を生み出すことができ、モデルなどにも多いですが一般的に「可愛い」「柔らかな美人」「はっきりとした顔立ち」などの場合は二重まぶたであるほうがその印象を作りやすいといってもいいかもしれません。 二重まぶたというとくっきりとした二重を想像する人も多いですが二重にも様々な種類があります。

 

奥二重は二重に比べてアイメイクがしにくく、メイクの方法では目元がきつくなってしまうということも出てきます。 これを緩和させるために幅を広げるための二重手術を受ける人も多く、天然の二重の人数というものは日本でもそこまで多くないとされています。

 

また、奥二重などの場合は体調などで一重になってしまうことも多く、アンバランスな顔立ちになってしまうこともあります。 奥二重は左右の二重幅の広さなども違うことが多いので、整形などで安定した二重にする人も多いのもこのためになります。

 

参考:二重整形って安い値段でも大丈夫?手術の相場とクリニックの選び方

 

二重には、一般的な幅の広く、くっきりとした目の二重と、幅は狭めの二重になる奥二重がまずあげられます。 整形で求められるのは前者になる二重ですが、その二重でも「平行二重」「末広型」などが二重にも出てくることになります。 平行二重は主にヨーロッパなどの二重まぶたであり、末広型はアジアに多い二重になります。

 

日本人の目にあっているのは末広型になり、平行二重は人工的な印象を与えやすいかもしれません。 モデルなどの多くも末広型の幅を調節することで自然な二重で目を大きく見せることが多く、二重整形などでおすすめされるのも末広型が多くなります。 どうしても平行二重がいいという人やハーフ顔の目にしたいなどの場合は平行二重の選択肢もありますが自然な二重という部分に関しては末広型が向いていると考えてもいいでしょう。

 

末広型の二重でも幅を調節する事や、目じりや目頭にヒアルロン酸などを注入することで外人の様な目元などを作ることにも繋がります。 目の整形は様々な印象を大きく変えるものであり、その中でももっと手軽に行えるのが二重手術と考えてもいいかもしれません。

 

 二重整形の種類

美人の髪型の画像

 

二重には二種類の整形手術があります。 プチ整形などの言葉に使われる「埋没法」と効果の持続性に安定のある「切開法」です。

 

埋没法とはまぶたの内側や裏側などを縫いとどめて二重を作る方法になります。 埋没法のメリットは傷などができにくく、ダウンタイムも少ないことになります。 埋没法に使用される糸は特殊なものになり、瞬きなどをしても止めた部分の違和感などの無いものになっています。 プチ整形といわれるほど短時間で終わる施術であり留め方によっては腫れなどもほとんどでないものもあります。

 

一点止めは糸を止める部分が一か所のものになります。一点止めのメリットは最短で10分ほどで両目の整形が終わる部分であり、二重手術のお試しとして考えることもできます。 当日のメイクなどは出来るだけ控えた方が良いですがダウンタイムなどもほとんどなく、プチ整形の中でも最もメジャーなものと考えてもいいかもしれません。 一点止めはお手軽な分二重の持ちもそこまでよくはなく、1~2年ほどのものになると考えてもいいかもしれません。

 

糸を止める部分を二箇所にすることで強度を上げたものであり、埋没法の大部分がこの二点止めになります。 二重幅などもしっかりと設定することができ、一点止めよりはダウンタイムは出てしまいますが3日程度で腫れなども引いていくので休みの前に二点止めを受けて、休み中にダウンタイムを設定するなど計算しやすい埋没法と考えてもいいかもしれません。

 

埋没法の中でも二重幅をしっかりと作れる部分は末広型や平行型のかたちを整えやすい部分がメリットになります。 また、片方だけが二重などの目の場合でも左右の幅をおなじに近付けやすいので自然な二重の両目をつくることにも繋がっていきます。

 

埋没法の中で最も心配になる部分が「糸が出てくる」という人も多いかと思います。 糸が出てくることは実際にはあまりなく、筋肉の緩みなどで糸が下がってきてしまい、それによって二重が緩んでしまうことがほとんどといえます。 ですが、皮膚やまぶたが薄い人などは糸が衝撃などを受けた際に出てきてしまうこともあるので、そのような状態になった場合は施術してもらったクリニックで糸を抜いてもらうのがいいでしょう。

 

埋没法は一点止めで1~2年、二点止めなどの複数の留め方で3~4年が平均的な餅になります。 ですが、人によってこの期間は変わってくることもあり、中には一点止めでもずっと二重まぶたが持続している人などもいるので一概には言えない部分もあります。 埋没法で二重であることになれた場合に次の方法として切開法などを考える人も多く、半永久的な効果は切開法のほうが理想的といってもいいでしょう。

 

切開法はまぶたの一部を切開し、糸で縫いとめる方法になります。埋没法にさらにメスを追加した本格的な手術と考えてもいいかもしれません。 効果の高さはもちろんですが、取れにくい二重まぶた、形の綺麗な二重まぶたなどを作ることができるのでモデルやタレントなどの人で切開法を受けている人も少なくないとされています。

 

切開法はダウンタイムが埋没法よりも長く、2週間前後とされています。 手術の際には部分麻酔などを行うので無痛で施術をうけることができますが、術後は人によっては鈍い痛みなどを感じることもあるので、施術を受けたクリニックで痛み止めと体質などでめまいなどが起きやすい人は吐き気止めなども一緒に処方してもらうといいでしょう。

 

 切開法の持ちは半請求的な部分が大きいですが、デメリットとして埋没法のように気軽にできない部分とダウンタイムになります。 お試しとして埋没法を受けてみた結果、切開法でより良い二重にしたいと考える人も多いですし、カウンセリングを受けた結果、切開法を最初に選ぶ人も少なくはありません。 切開法は安定した二重をしっかりと作れる面なども大きなメリットといえます。

 

 二重手術のダウンタイムは実際にはどれくらい必要なのか?

〇と×の画像

 

二重まぶたの整形は、腫れが退くまでのダウンタイムが出てきます。 これは埋没法でも切開法でも同じであり、ダウンタイムを計算することでどのタイミングで施術を受けたらいいのかなどの計算も簡単にできるようになります。

 

埋没法は一点止めでもそれ以外でも基本的には3日前後がダウンタイムになります。 施術当日などのメイクは出来るだけ控えた方が良いですができないということもありません。

 

切開などしていないので糸を結んだ部分の腫れが中心であり、休みの前の日の最終時間などに施術を行うことで休日の間にダウンタイムを持ち込むことになり、週明けのビジネスデイなどには腫れがほとんどない状態を作ることができます。 金曜日の夜などに施術を受ければ土日を使って肌を休めることとダウンタイムを兼用させて週明けには何もなかったようになることも可能なのが埋没法になります。

 

切開法は規模は小さいものの術式を用いる手術になるので、ダウンタイムは埋没法よりもやや長めになります。 個人差は出てきますが平均して1~2週間ほどがダウンタイムになり、術後は腫れている状態などが2~3日続きますが、施術したユーザーが腫れや軽い痛みを感じることはあっても周囲からはそこまできがつかれないということがほとんどです。

 

長時間目を閉じた場合などは抜糸前後などには縫いあとなどが見えますが、抜糸1週間~1ヶ月ほどでほとんど気にならなくなってきます。 メイクは抜糸の後から1週間ほどで出来るようになりますが、内出血などがひいてからの方が良いでしょう。 抜糸は施術後5~7日で行うことが多く、大型連休の入り始め等に施術をうけることでダウンタイムを休暇に当てていくことができます。

 

切開法は3か月ほどで傷などもほとんど気にならなくなりますが、二重まぶたの完成までは2~3ヶ月かかると考えておいてもいいかもしれません。 ダウンタイムの間の規制などが厳しいように見えますが、転んだ時に傷が残らないようにする行為とほぼ同じであり、そこまで難しいものはありません。

 

日常生活の中で出来ることがほとんどであり、簡単にできるものが多いことに気が付く人もいるかと思います。 切開法は部分的であれ全切開であれ、まぶたにメスを入れる行為です。 簡単ながらも種々であることにかわりはないので出来るだけ傷口に刺激を与えないようにしていくことなどを意識しておくといいかもしれません。

 

参考:パッチリ二重を手に入れよう!二重整形まとめ

 

 腫れにくくするためにはどうしたいいのか?どのような処置があるのか?

婚活の画像

 

施術後に大事なのは腫れにくくすることになってきます。 これは埋没法も切開法も共通する部分がおおく、腫れを押さえることでダウンタイムを短くしたり、痛みなどの緩和にも繋がりやすくなります。

 

腫れを退かせるために有効な方法として内出血の緩和になりますが、この場合はアイスノンなどの保冷材などをタオルにくるんで目の周りに当てることで腫れを退かせる効果にも繋がりやすくなります。 術後の肌は敏感になっているのでよく冷えている保冷剤などでは凍傷などを起こしてしまう可能性もないとは言えません。

 

濡らしたタオルなどをきつく絞ったものや、保冷剤をタオルやコットンタオルなどでくるんだもので目の周辺などを優しく冷やしていくことが効果の引き上げにも繋がっていきます。 施術後に腫れ止めなども処方されますので決まった回数ぶんを飲んでいくことも大事です。 血圧の上昇なども腫れやダウンタイムを長引かせてしまうものに繋がりやすいです。

 

これはまぶたやその周辺の血行などをよくしてしまうことで腫れなどを悪化させてしまう可能性が出てくるからです。 施術後2週間は激しい運動やアルコールの摂取などは控えるようにしましょう。 アルコールは出来れば1ヶ月は少量のみにしておくことがおすすめになります。 これは後述に出てくる横向き睡眠の防止にもつながるからです。

 

泥酔している状態などの場合はうつ伏せや横向きでの就寝も多く、傷口などを虎知らないためにもアルコールの量は控えめにしておくことが大事といえます。 アルコールは他にも血圧の上昇、血行などにも影響を出しやすくなります。 術後1週間は完全にアルコールを押さえ、徐々に少量程度にしていき、1か月後くらいからは通常量にしていくなどの対処法がおすすめになってきます。

 

サウナや公衆浴場などもできるだけ控えるようにしておいた方が無難かもしれません。 特にサウナなどは発汗作用などで切開法などの場合は傷口に汗がしみやすくなるので抜糸後もある程度期間を置き、1ヶ月は使用などを控えるようにしておいた方が安全といってもいいでしょう。 公衆浴場やスパ施設などは傷などにもあまりおススメできません。

 

温泉なども成分の一部が傷にしみやすいなどの可能性もあるので抜糸後3週間~1ヶ月は自宅でのバスタイムを楽しむ、入浴剤などは担当医と相談するなどのほうがより安全に傷口の完治に繋がっていきます。 施術後の細かな部分になりますが、就寝の際もできるだけ仰向けで眠ることで片側に血液が集中して流れることを防ぐことができます。

 

横向きで寝ることで傷口などに血液が溜まりやすくなり、片方の目だけ腫れが悪化してしまったなどの状態もできやすくなってしまうこともあります。 横向きで寝ることで切開法などの場合は傷口などがこすれてしまう可能性などもないとは言えないので、抜糸後2週間までは出来るだけ仰向けを意識して寝ておいた方が傷の悪化なども防ぎやすくなるといってもいいかもしれません。

 

まぶたやまぶた周辺は皮膚が薄い部分になるので出来るだけ刺激を与えないことも大事だと考えておいてもいいでしょう。

 

二重まぶただけで目元我関せしないという悩みを持っている人も多く、その流れが激化すると行き過ぎた目頭切開などになってしまうことも珍しくはありません。 目頭切開は積雪な大きさであれば違和感もなく綺麗な目をつくることができますが、いわゆる「切りすぎ」などの場合はカラーコンタクトなどで黒めの大きさを広げるなどを行わないと不自然になってしまいます。

 

目頭切開などではなく、まぶたの脂肪吸引などを行うことで目の多きは劇的に変わることも多く、二重手術の持ちなどもよくなってきます。 クリニックによっては二重手術とまぶたの脂肪吸引を同時に行えるクリニックもあり、一回でしっかりとした目元を作ることも可能です。 また、できるだけ目元に傷を付けたくない人などには目じりなどにヒアルロン酸などを注入することで目元の印象を柔らかくし、可愛い目をつくることもできます。

 

この美容液の注入などは10分前後で終ることがほとんどで、価格も安価なことからプチ整形としても人気が高く二重手術の際はもちろんですが、仕事帰りや出勤前などに施術を受ける人も多く、若々しくかわいらしい目元を作りたい人におススメです。 蒙古ひだも、アジア人特有のものであり、切除することですっきりとした目元をつくることが可能になります。

 

蒙古ひだなどは人によっては加齢を悪化させて見せることも多く、二重手術を希望してクリニックを訪れ、蒙古ひだを切除することで二重になったという例も多くあるほどです。 この蒙古ひだなどは素人目での判断は難しいので専門医に任せることになります。 二重まぶたは埋没法を始め、手術が必ず必要と考えている人はすくなくありません。

 

ですが、他の原因などで二重の阻害などが起きている場合はその原因を取り除くことで二重手術以外の施術で二重になることも多々あります。 これらの施術は二重手術と一緒に行えるものも多く、サンプルなどを見ながらどの目のかたちが希望なのか。自分の目と骨格、顔のかたちにはどの目があっているのかなどのシミュレーションを行うことも大事になってきます。

 

かならず切らなければいけない、ではなく様々な方法があるのも二重まぶたの手術の特徴であることも頭の中に入れておくと気持ちなども楽になっていきます。 よりクオリティの高い目を作りたい場合などにも希望の中にできるだけメスを使いたくないなどがある場合はその旨もしっかりと伝えることが大事になってきます。

 

 二重手術のおススメクリニックは?

問いかけの画像

 

 

 

二重LP

湘南美容クリニック

【腫れづらいばれづらい二重術】
両目1点7,350円(税込)から
年間症例数31,052件の実績


公式サイトを見る→
 

 

独自の割引制度などがあり、低価格でしっかりとした施術をうけることができるのが湘南美容外科になります。 書なん美容外科は店舗数も多く、美容整形という部分でも最も入りやすいクリニックの一つといってもいいかもしれません。 没法の中でも両目7350円から受けることのできるナチュラルベーシック法などは15分で終るプチ整形になります。

 

全切開法なども60分程度で終ることから、二重整形のリピーターも多く、埋没法で二重を試してから半永久的な効果の切開法をセレクトするユーザーが多いのも特徴です。 湘南美容外科では術後のアフターケアなどもしっかりとしており、二重手術の患者数などにおいても国内でもけん引している存在といってもいいでしょう。

 

湘南美容外科ではビジネスタイムなどにダウンタイムが重ならないように施術をすることが多く、切開法などでも連休などを上手に取り入れることで抜糸の期日なども計算しやすく、溶融のある休暇を過ごせるように提案してもらえます。 湘南美容外科は表示料金からさらに割引価格になる会員制度があり、会員価格的脳の手術などは利用することで経済的負担を大幅に減らすことができます。

 

また、埋没法などと一緒に他の施術などをうけることができるのも湘南美容外科の人気の一つです。 二重まぶたを含めて完成度の高い目元にするために、同時に目じりにヒアルロン酸などの注入や、目頭へのリフトアップなどを行うことで1回の通院で多くの効果を生み出すことができます。

 

切開法などの場合は抜糸の際にもこのような施術をうけることができるので、トータルで目元を変えたい時などはカウンセリングの際に担当医にその旨を伝えることが大事になってきます。 湘南美容外科は短時間でクオリティの高いトータルでの目元を作ることができるので、ユーザー夕が業界でもトップクラスなのも納得できる存在といえます。

 

*料金

 

 施術名  片目  両目
 ナチュラルベーシック法  7350  5620
 湘南二重術  .  29800
 腫れづらいばれづらい二重術  .  90000
 フォーエバー二重術  .  191560
 クイックコスメティーク法  .  191560

 

公式サイトを見る→

 

参考:【特集】湘南美容クリニックの二重整形

 

 

二重バナー01

聖心美容クリニック

【大手美容外科で唯一】
世界規格ISO9001:2015認証取得
医師による無料カウンセリング
術後まで安心のサポート

公式サイトを見る→
 

 

聖心美容クリニックは目的に応じた二重の作り方ができるクリニックになります。 目の幅を縦に広げる二重手術なども可能であり、個人に合わせた施術を取り入れているのも特徴の一つです。 特に力を入れているのが腫れにくい施術であり、ダウンタイムをできるだけ短くしたいと考えているのが聖心美容クリニックになります。

 

埋没法の中でもマイクロメソッドα、2点ダブルノット法は腫れを徹底的に抑えたものであり、まとまったお休みなどが取れない人でも安心して埋没法でしっかり効果をだし、持ちをよくするための施術として聖心美容クリニックの独自の方法として提案されています。

 

切開法も完全切開だけではなく個人のデザインや目の大きなどにあわせた部分切開なども導入されており、傷の大きさやダウンタイムを最小限にするため完全切開だけではなく埋没法とのコンビネーションなどもとりいれているのも聖心美容クリニックの特徴の一つといえます。

 

ユーザーの希望のデザインをつくるために必要な分のメスを使用するという考えなので蒙古ひだの切除などの提案などでの二重の整形などもあり、必ず切開や埋没法だけではなく様々な方面からのアプローチを行ってくれるのも聖心美容クリニックのうれしい部分といえます。

 

リピーターや口コミのユーザーが非常に多く、二重手術のあとも目頭や目じりのケアなどもかねてクリニックを来訪するユーザーが後を絶たないのも納得の施術になっています。

*料金(税抜)

 

   施術名  片目  両目
 埋没法  マイクロメソッド+a  95000  155000
   2点ダブルノット法  95000  155000
 切開法  .  180000  300000

 

公式サイトを見る→

 

 

二重LP

城本クリニック

【安心安全なら城本クリニック】
「1年保証」と「永久保証」から選べる保証付き!
極細針で痛みを緩和した施術
他院での施術修正も可能!

公式サイトを見る→
 

 

城本クリニックは15分前後で埋没法が完了できるスピーディなクリニックなります。 埋没法の場合は基本的に術後のクリニックへの通院は必要ありません。 切開法も独自のマイクロ切開法を提案しており、このマイクロ切開法はモンゴロイドの目に多いまぶたの厚みの多い人などにおススメになっています。

 

マイクロ切開法はまぶたの中の脂肪を吸収し、その後に脂肪をさらに切除して埋没法を組み合わせることで目元をすっきりとさせながらダウンタイムを短くする二重手術を提案することに成功しました。 城本クリニックの二重手術の中でもこの、マイクロ切開法は非常に人気があり、短時間でダウンタイムが少なく、傷がほとんどできないという面からも日帰りでの手術を希望するユーザーに非常におススメといえます。

 

また、城本クリニックではほかにも独自のアイメイクの提案を行っており、特に人気なのが上まぶたの脂肪切除になっています。 これは体質の変化や加齢などでまぶた日脂肪がたまってしまうことで二重などが消えてしまった人などや、アンチエイジングを望む人にも人気が高く美容効果が非常に高いのに対し施術時間が30分前後であることなども人気になっています。

 

二重手術の相談とカウンセリングを受けている間に、必要な施術は切開などではなく脂肪の切除であったという人も多く城本クリニックではユーザーの体にできるだけメスを入れない施術を提案することなどからも人気に火がついていきました。 カウンセリングを重視するクリニックであり、個人に合わせた施術はもちろんですが切らない手術も多く提案できる実力のあるクリニックであるといってもいいでしょう。

 

*料金(税抜)

 

 埋没法  60,000~100,000
 切開法  250000
 マイクロ切開法  200000

どのクリニックもユーザーのことを第一に考え、個人の骨格などに合わせた施術を行ってくれる信用のおけるクリニックばかりです。 カウンセリングを重視してくれるクリニックであり、二重だけではなく美容全般の悩みの強い味方部なってくれるクリニックといっても問題はありません。

 

公式サイトを見る→

 

 まとめ

婚活の画像

 

二重手術の中でもメジャーなのはプチ整形という言葉で覇権をとったともいえる埋没法になります。 埋没望はダウンタイムも少なく、留め方によっては効果が永続的になることもあります。 埋没法は他の施術などと組み合わせることでより目元の美容面などを向上させることにも繋がっていくものであり、プチ整形から本格的な二重形成まで幅広くカバーで消えるといってもいいでしょう。

 

特に、2点止めなどを複数個所に行う場合などは糸などが解けることもほとんどなく効果もひじょうに長期間になります。 切開法はダウンタイムは長いですが糸が取れてくるかもしれないという心配をすることがありません。 ダウンタイムを終えて二重形成後は効果は半永久的なものであり、埋没法では満足できなかった人でも切開法でしっかりとした二重まぶたを手に入れたなどの声も多く、人気も高い施術です。

 

埋没法で二重のお試しを受けて、糸を抜いた後に改めて切開法を選んだという人も多く、埋没法よりは人数は少ないものの人気の高さは安定しています。 二重手術は埋没法、切開法が主流になっています。 ですが、昨今ではこの二つを組み合わせる施術なども多くなっており、出来るだけメスを使用しない二重手術でしっかりとした二重まぶたの提案というものを行うクリニックも出てきました。

 

目は顔の中でも印象を大きく左右するパーツになります。 マスカラやアイメイクを綺麗に見せつためにも、二重まぶたはもちろんですがまつ毛のエクステなども多くなってきており、女性のアイメイクに対する情熱は年々高くなっているといっても過言ではありません。 若年ではアイプチなしでは目をつくれないという意見も一般化しており、目に対する興味は小学生などでも高いといってもいいでしょう。

 

ティーン雑誌などでもアイプチの使いかたなどはほぼ毎月特集されているといってもいいでしょう。 中高生などはアイプチを使っているのはもはや一般的ともいえる時代になってきました。 プチ整形などは高校生でも考える時代になってきており、整形に対するマイナスイメージはほぼなくなってきたといってもいいでしょう。 二重まぶたはメイクを落とした際にも印象を大きく変化させない効果があります。

 

逆に、フルメイクでは凛としていた女性がメイクオフをした姿が思った以上にかわいらしかったなどという声も男性からは多く、女性の二重に対する需要は非常に高いものに繋がっています。 どの施術をするにしても大事なのは自分の顔の大きさや目の幅にあっているものかどうかであり、骨格などに違和感のない二重ができるかどうかになってきます。

 

二重まぶたを作る際に大事なのはどれだけ担当医としっかりと話し合いをしてカウンセリングを行えるかであり、おススメクリニックにあげたクリニックなどはカウンセリングを重視しているクリニックとしても口コミでも大きな評価を受けているクリニックばかりです。 目はとても大事なものです。

 

エスカレートしてしまわないように、専門家としっかりとしたカウンセリングを受けてより安全で自然な二重まぶたを手に入れていくことが大事と考えておくといいでしょう。

 

【治療実績なら品川美容外科】

品川美容外科

品川美容外科


500万件を超える多くの症例実績
低料金と安心のアフターケア
★無料カウンセリング実施中

 


  公式サイトを見る→

 

 

↓どこでも安心の全国展開!↓

二重LP

湘南美容外科クリニック

【年間来院数100万人突破!】
★全国72院展開で通いやすい
両目1点7,350円(税込) ~
無料カウンセリングも実施中!


公式サイトを見る→