ホーム >> 美容コラム >> 脱毛 >> 安い脱毛サロンは安心できるの?

美容コラム

更新日
安い脱毛サロンは安心できるの?
カテゴリ

今では、ほとんどの人が何らかの脱毛処理をしているようですが、頻繁に自分でお手入れをするのはわずらわしいものです。 そこで、プロの手を借りて、安く早くすべすべの美しい肌になりたいと思ってしまいます。 しかし、安全性も心配です。

 

安いお試しキャンペーンを受ける際には、「もし、自分に合わなかってもことわれないのでは?」などといった不安もあります。 脱毛サロンは、脱毛に特化しているため、エステ脱毛や美容クリニックよりも安く施術をおこなうことができるのであって、不安な施術がおこなわれているわけではありません。

 

美容クリニックでの脱毛は、クリニックの良さがあり、エステサロンの脱毛はエステならではの良さがあります。 自分にとって一番良いと思われる施術法を決めるのは、自分自身です。

 

 

 

 脱毛サロンで簡単に脱毛できるの?

はてなの画像

 

 

脱毛サロンではじめて脱毛の施術を受けようと思ったものの、「本当に簡単に脱毛できるのかしら?」と不安に思う人も多いようです。 その他にも「痛みに堪えられるか心配」「脱毛にはお金がかかるそうだが大丈夫かしら」など不安は様々です。

 

 

人気のある脱毛サロン業界では、脱毛ブームをきっかけに2015年ごろから新しい機器の導入が進み、今では多くの脱毛サロンが最新型の連射式脱毛器を用いて施術をおこなっています。 例えば全身脱毛の場合、古いタイプの脱毛機では施術時間が2~3時間かかっていたところを、最新式の連射式の脱毛機なら1時間前後で施術ができます。

 

早く施術できて、しかも痛みもほとんどないので、従来の脱毛の時間がかかって痛みが強いといったイメージではなくなってきています。 また、「脱毛サロンはお金がかかりそうだから自己処理でいいや」と思い、自分で処理することが多いと、毛周期を無視して処理しがちです。

 

適当に自己処理をくり返していると、肌トラブルが起きる危険性があります。 後々のことを考えれば、やはりプロの手にまかせた方が安心です。 はじめて脱毛サロンで施術をするのは不安かも知れませんが、脱毛サロンでは、季節の変わり目ごとにキャンペーンを実施しているので、お気に入りのサロンがあれば試しに受けてみてから検討するとよいでしょう。

 

1回の全身脱毛の時間だけに限って見ると、シースリーの時間が一番短くて45分、次が銀座カラーと脱毛ラボが60分、ミュゼが90分、キレイモと恋肌が120分と続きます。 脱毛サロによって、使用される脱毛機械が違ってきます。

 

従来の脱毛機械よりも最新式の連射式脱毛器の方が短時間に脱毛できますが、従来の脱毛器に比べて脱毛効果が多少弱まります。 そのため、従来の機械を使用している脱毛サロンやエステサロンも多くあります。 どちらがよいとは言い難く、毛の質によっても違いますが、脱毛の時間の速さよりも、できるだけ完全にムダ毛の処理をおこないたい人には従来通りの脱毛器が向いています。

 

脱毛サロンでは医療クリニックでおこなうレーザー治療ではなく、光脱毛が一般的となります。 脱毛マシンで、脱毛する部位に可視光線を当ててムダ毛を生えないように施術します。

 

毛が生まれ変わる毛周期にそって、肌に刺激がかからないように比較的長いスパンで脱毛をすすめていきます。 脱毛サロンでの光脱毛の種類には、「SHR脱毛」「IPL脱毛」「SSC脱毛」などがあります。

 

SHR脱毛は最新の脱毛法で、毛周期に関係なく施術をおこなうことができます。 光脱毛の中でも痛みが少なく、敏感肌の人にも安心して照射できます。 一般的な脱毛方法には、IPL脱毛とSSC脱毛があります。 IPL脱毛とは、メラニン色素に反応するインテンスパルスライトをあて、ムダ毛の生えてくるのを防ぎます。

 

SSC脱毛とは、専用のジェルを皮膚に塗ってクリプトンライトをあて、毛根にダメージを与えて脱毛します。ジエルには肌荒れを改善する作用もあります。 この2つの脱毛方法は、毛根部にある毛乳頭に光をあて、除毛効果を得ますが、最新型のSHR脱毛は、毛乳頭でなく毛包にアプローチする脱毛方法です。

 

通常、脱毛サロンやエステサロンでおこなう脱毛は、毛周期に合わせるため12回くらいを2年近くかけて脱毛していきます。 しかし、近年では新しい機器の導入によって広範囲の脱毛ができるようになり、今まで何回にも分けて行われていた施術が1~2回で終了することも可能となりました。

 

例えば最新の超高速脱毛機で全身を脱毛処理した場合、1時間もかからないうちに全身脱毛が可能です。 もちろん1回で効果が出るわけではありませんが、今までおこなわれてきた施術より早い期間で効果が表れます。

 

脱毛サロンは、脱毛のみが目的なので、リラクゼーションを兼ねたエステサロンよりも、効率よく脱毛できますが、医療クリニックでおこなわれる脱毛のように、永久的な脱毛ではありません。

 

毛が少なくなったことを実感するまでにかかる期間はおおむね、ワキなら12回前後、腕なら18回前後VIOが20回前後、背中の産毛が25回前後です。

 

痛みに敏感で、怖がり、しかも敏感肌といった人には、脱毛サロンが向いているかもしれません。

 

クリニックでは出力の高いレーザー治療をおこなうため、半永久的な脱毛効果が得られる分、痛みも強くなります。 脱毛サロンやエステサロンでおこなう施術は、医師の資格を待たなくても施術が可能な低出力の脱毛器のため痛みをそれほど感じません。

 

デリケートゾーンは、他の毛より太いため痛みを感じやすいです。メラニン色素も多いため、黒い色に反応しやすい光脱毛やレーザー脱毛の施術は一番痛みを感じてしまいます。 次に痛みを感じる部位はワキです。ワキにも毛が密集して生えており、自己処理をくり返していると色素沈着をおこしていることもあり、痛みを強く感じてしまいます。

 

しかし、最新式のSHR脱毛器なら 痛みも少なく短時間で処理できます。 施術をしてもらうのが同性とは言え、やはり恥ずかしい上、痛みがともない長時間となると苦痛です。 VIO 脱毛については、最初は全て自分で剃っていきます。 施術にあたっては、Vラインはジエルを塗ってから 光を当てて脱毛します。

 

Iラインは、片側ずつジエルを塗って光を当てて脱毛します。 Oラインはお尻のため、自己処理ができていない部分が処理された後、ジエルを塗って光をあてます。 最新式のSHR脱毛なら、10分あまりでVIOの脱毛が完了します。

 

多毛症は男性ホルモンの過剰な分泌によるもので、女性でも鼻の下や手、背中、胸、足などに比較的濃い太い毛が生えてきます。 ハッキリとした原因は特定できませんが、男性ホルモンの過剰な分泌や、遺伝的なことも関係しています。

 

女性は見た目を気にするため、多毛であることがストレスとなってしまい、うつ的になってしまうこともあります。 特に多感な年ごろの高校生ぐらいの年代では、毛深いことは大きな悩みです。 水泳などのスポーツで、肌を見せる機会も多く、その都度自己処理をすると肌はトラブル肌になってしまいます。

 

また、勉強やクラブ活動など忙しい中での時間のかかる手入れも憂鬱です。 高校生ならではの学割を使ったお得なプランがあるサロンを選ぶと、大人料金より安く脱毛をすることができます。

 

脱毛サロンやエステサロンで光脱毛をする未成年は年々増えていますが、親の同意が必要となってきます。 よほど多毛症などで悩んでいる場合以外は、反対される可能性もあるので、まず親を説得する必要があります。 脱毛をするにあたっては、契約する必要がありますが、契約するにあたっては親の同意書が必要となります。

 

ふだんからコミュニケーションが取れていて、美容や脱毛に理解がある親ならスムーズに事が運ぶでしょうが、たいていの場合は「働いてお金が稼げるようになってからしなさい」と言われるに違いありません。 そんな場合は、毛深いことで悩んでいる内容を正直に告げて、カウンセリングに一緒についてきてもらいましょう。

 

脱毛サロンやエステサロンのことをよく理解できていない親は、何となくうさん臭いなどと思っているかもしれません。 実際に同行してもらうと印象が変わり、すんなりとOKが出る場合も多いようです。 もちろん事前に、評判がよく清潔感のあるサロンを調べておくことが大事です。

 

今や男性も普通に脱毛をおこなう時代になりました。 男性がおこなう部位は、ヒゲの脱毛が一番多く、すね毛、デリケートゾーンと続きます。 メンズ脱毛のトライアルは、MDSA、メンズラクシア、RINXなどでおこなわれています。 痛み対策をおこなっているのはMDSA、学割が効くのは、RINXなどです。

 

MDSA 全ての部位の脱毛を行っており、少ない回数での完了が可能です。肌質に合わせた脱毛のため、白髪や浅黒い肌の人も安心して施術をおこなうことができます。 メンズラクシア 男性スタッフの対応もあり、気軽に施術を受けることができます。

 

脱毛をしながら美肌ケアをおこなっています。 RINX 剛毛のひげにも効果的な機器を用いて、脱毛技能士が肌状態や毛の状態を見極めて設定しているため、痛みがを軽減されしています。

 

 

 安い脱毛サロンとはどんなサロン?

白女の画像

 

 

脱毛サロンは、エステサロンのようにさまざまなリラクゼーションのサービスがなく脱毛に特化しているため、費用も安く気軽に通えるのがメリットです。 クリニックとは違って時間はかかりますが、痛みが少ないので精神的にも気楽に通えます。

 

脱毛サロンで施術を受ける際は、安全性を求めるのは当然ですが、少しでも安く、できれば早く効果が得たいと思います。 安い脱毛サロンを選びたいとネットなどで調べても、あまりにもプランが多すぎて、実際にどのプランがお得なのか、とまどってしまいす。

 

 

①都度払い

サロン脱毛は高額なため、その都度払いだと何かの都合で通えなくなったとしても、違約金などを払う心配もありません。 また、仕事などが不規則で、時間の予定が組めない人にも、その都度払いは適しています。 デメリットとしては、一括で支払うのと比べて割高になり、都度払いだと予約が取れないことが多いことです。

 

②月払い

毎月決まった額を支払います。計画が立てやすくジム通いのような感覚で通え、月額料金だけでいつでもやめることができます。 月額料金の平均的な目安は10,000円くらいです。

 

③回数制

あらかじめ、施術する回数分の金額を支払ってから利用します。 6回、12回、18回などのコースがあり、6回の全身脱毛コースで120,000円くらいが相場です。

 

④ローン

まとまったお金が手元になくても、毎月一定の金額を払い続けることで完済できますが、利息が発生します。

 

まとめて支払っておけば何回でも通えます。 脱毛を始めると、とりあえずワキだけと思っていても、次々としたくなるようです。 注意点は脱毛サロンを選ぶ際には、全身トータルでいくらかかるかをチエックしておくことが大事です。

 

例えば、A店では設定価格が低くても1回に脱毛する箇所が少なく、脱毛を実感するまでに2年近くかかつところもあります。 B店では設定価格はA店の倍の価格でも、最新式の機械を使って1回で広範囲の施術をおこなうため、通う回数は少なくてすみ、諸経費も安くなります。

 

キャンペーン価格や無料のふれ込みだけで決めるのではなく、公式サイトで紛らわしいことが書かれていないかも確かめて、疑問な点は問い合わせておくことが大事です。 脱毛の進行具合によってムダ毛が薄くなったと実感できるには、毛周期の関係から6回くらいを約1年間くらいかけて通う必要があります。

 

また、ほとんど気にならなくなるには12回程度約2年間かかります。 安い脱毛サロン選びとは、結局、通える回数が無制限のものがお得になります。 どこのサロンも近年脱毛に力を入れているようで、新しい脱毛機器を取り入れて施術しているため、痛みもほとんど感じることなくおこなえます。

 

体毛にはそれぞれサイクルがあって、髪の毛とワキ毛では伸びる長さも違います。 ワキの毛は2~3ヵ月が成長期で2~3ヵ月分しか伸びませんが、髪の毛は成長期が1~3年のため、伸ばしっぱなしにするとかなり長くなります。 体毛は、それぞれのサイクルによって、成長期、退行期、休止期のサイクルが違います。

 

例えばワキ毛を自己処理をする場合などは、少し生えかけただけでカミソリでそりがちですが、肌にダメージをあたえて色素沈着の原因となってしまいます。 それぞれの部位の毛周期に合わせて手入れをすることが、美しい肌を作るコツです。 *脱毛サロンによっては最新式の「SHR]脱毛を取り入れとおり、毛周期に関係なく短期間で脱毛がおこなえるところもあります。

 

参考:VIO脱毛とは?デリケートゾーンの脱毛に関する疑問を解決しよう!

 

画像名の画像

 

 

銀座カラー

(顔なし)無制限 339,400円 シースリー(顔あり)無制限 382,400円 キレイモ(顔あり)無制限 350,000円

 

キレイモ

123,120円(6回)脱毛部位は顔、VIO、全身

 

TBC

190,188円(6回)

脱毛部位は全身 その場で効果が得られるスーパー脱毛と、広範囲に対応するライト脱毛から選ぶことができます。お試し体験コースが1,000円で施術できます。

 

ジェイエステ

216,000円 全身脱毛12回5年無料保証(顔とVIO を除く) 脱毛ラボ 126,791円 全身脱毛48ヵ所 顔、VIO、全身

 

 

①追加料金の有無を確認しておく

シェービング代、紙パンツ代、その他の追加料金など全てを含めての値段がいくらになるかを確認しておきましょう。

 

②全身脱毛との触れ込みでも顔やVIOが含まれていない脱毛サロンもあります。

脱毛サロンを選ぶ際には、自分が希望する箇所が含まれているかどうかを確認しておくことが大事です。

 

③無理のない範囲で通えるかを考えてから予約する

口コミなどに惹かれて、通うのが無理そうなところに決めてしまうと、結局通えずじまいになることもあります。 家の近くや職場の近くなど、無理なく通えるところが続けられるコツです。

 

④予約が取りやすいサロンを選ぶ

ネットで予約できるところが便利です。

 

ストラッシュ

光の強さを4段階に分けて照射し、毛包の温度を上げて脱毛します。毛周期に関係なく施術ができるので、短期間で脱毛を終わらせることができます。 1回あたりの料金は15,960円からです。 ラココ 脱毛器メーカーがポロデュースした脱毛サロンのため、1回あたり13,800円からです。

 

比較的安くて気軽に利用できることから近年人気の脱毛サロンですが、安いだけで飛びつくと失敗することもあります。

 

①軽い気持ちでお試し脱毛を受けたところ執拗に勧誘されて、断り切れずに本コースを契約してしまった。

 

②6回で終わるはずの脱毛が予定通り終わらず、追加料金がかかり予定額を大幅にアップしてしまった。

 

③仕事の都合で予定が合わず、時間がかかってしまった。

 

④火傷や炎症が起きてしまった。

 

⑤皮膚感染症になってしまった。

 

⑥契約していたサロンが突然倒産してしまい、料金の払い戻しが不可能になってしまった。

 

脱毛サロンだけでなく、エステサロンの掛け持ちという言葉を聞いたことがありませんか? 掛け持ちとは、複数の脱毛サロンのお試しキャンペーンを受けることです。 ただ、毛には毛周期があるため、毛周期を無視してお試しキャンペーンを受け続けると、肌に負担がかかるだけの結果になることもあります。

 

短期間で無理な脱毛をくり返すと、極端に肌が乾燥したり、炎症を起こす原因となってしまいます。 キャンペーンを利用する場合は、2~3ヵ月おいてから施術が望ましいといえます。

 

 

最近では家庭用の脱毛器が多く出回っています。 脱毛サロンやエステサロンでの脱毛と、家庭用の脱毛はどう違うのでしょうか。 また、どちらがお得なのでしょうか。 医療レーザー脱毛器以外は、永久脱毛は期待できません。

 

レーザー脱毛は、医師が駐在するクリニックのみで行える医療行為なので、脱毛クリニックやエステサロンでも使用されていない脱毛機器が、家庭で使うことは到底できないことを認識しておく必要があります。 「家庭で簡単にツルツルすべすべのお肌が手に入る!」といった誇大広告に迷わされないようにしましょう。

 

家庭用脱毛器はカメラのフラッシュのような原理なので、細胞を破壊して毛を生えなくすることはできません。 しかし、毛根に与える刺激が少ない分、火傷などのトラブルもおきにくく、比較的的安全ともいえます。

 

①トリア(レーザー) 産毛には効果がないが、濃い毛には効果的です。

 

②ケノン(光) 産毛、濃い毛共に効果的です。

 

③ノーノヘア(サーミコン) 毛を焼き切るだけです。

 

家庭用脱毛器は、背中の除毛は家族などに手伝ってもらう必要があります。 使いこなせれば、いつでもムダ毛の処理ができますが、購入したものの使わないこともあるようです。 庭用脱毛器はサロンやクリニックよりも脱毛効果は弱いものの、2~3週間に1回という早いペースで脱毛ができます。

 

自分でムダ毛を処理する方法は、カミソリで剃ったり毛抜きで抜いたり、ワックスや脱毛テープなど使うことが多いようですが、どの方法もそれぞれ肌に負担がかかります。 家庭で手軽にできる除毛方法は、剃ることと抜くことですが、お風呂のついでにカミソリで剃る人が多いようです。

 

ムダ毛は、毛抜きで抜くよりもカミソリでそった方が肌への負担は少ないのですが、カミソリ負けを起こすことがあります。 何度も繰り返して剃ると、その部位の皮膚がかたくなったり、色素沈着が起きることがあります。

 

また、毛抜きで抜くと見た目がスッキリとするためムダ毛処理を1本ずつ毛抜きで抜く人もいますが、剃るよりも肌へのダメージが大きくなります。 他にもムダ毛の自己処理の方法は、温めたワックスを除毛したい部位にのばし、冷えて固まったらワックスをはがす方法や、粘着力の強い脱毛テープを処理する部分に貼り、一気にはがす圧もう方法があります。

 

ワックス処理は、毛抜きで抜くよりも負担は少ないものの、刺激が強いため表面の皮膚まではがれてしまうことがあります。 また脱毛テープは、広い範囲のムダ毛を1度に処理することができますが、皮膚がかぶれやすい人には不向きです。 脱毛クリームは、ムダ毛を溶かす薬剤が入ったクリームを塗るだけですが、皮膚の薄い人、敏感な人は、薬剤にかぶれることもあります。

 

①毛嚢炎 毛穴が膿んだり炎症を起こします。

②炎症性色素沈着 抜毛後にシミが発生し、痕が残ることがあります。

③埋没毛 抜毛によって毛穴に傷ができ、傷が治るときに毛穴がふさがり、次に生えてきた毛が毛穴から出られず、もぐった状態になり、場合によっては化膿して毛嚢炎を起こすことがあります。

 

ムダ毛をどんな方法で自己処理をする場合も、雑菌が侵入するのを防ぐため、処理する部分の毛を清潔にし、皮膚を蒸しタオルなどで温めてから処理しましょう。 また、ムダ毛を処理した後は炎症をしずめるために、しばらく冷たいタオルを処理した部分にあてておきましょう。

 

ムダ毛処理のアフターケアをおこたると、毛穴のぶつぶつや黒ずみが目立ちます。 ムダ毛の自己処理後は手持ちの化粧水か、体毛が生えるのを抑制する抑毛ローションを塗り、保湿クリームで整えます。

 

 

②自己処理しにくい男性毛

男性にも女性ホルモンの分泌があり、女性にも男性ホルモンの分泌があります。 男性毛とは男性ホルモンによる影響を受けたムダ毛ですが、女性も男性ホルモンが多く分泌されると、鼻の下や口のまわり、耳の中や耳の周囲、背中や乳輪、おへそのまわり、腕や足などの毛が濃くなります。

 

自己処理による除毛のトラブルは多く、わきをワックス脱毛したら炎症性の色素沈着を起こしシミができてしまったとか、カミソリでのムダ毛処理をしていたら切れすぎて肌を傷つけてしまったなどの事例もあります。 また、顔の産毛を何度も剃っていたら、しみになってしまったという事例もあります。

 

カミソリをあてると目に見えない小さな傷がついて、そこから炎症を起こしてシミになることがあります。

 

③除毛は生理が終わった後で

除毛に一番適した時期は、生理の後の一週間後です。 生理理前から直後にかけては、女性ホルモンが乱れがちなので、脱毛効果が現れにくい上、肌荒れがおこりやすく、術後のヒリヒリ感やかぶれがおきやすくなります。

 

 

    

 

通っていた脱毛サロンが倒産するのも悲惨ですが、本人が自己破産するまで脱毛にお金をかける人もいます。 女性は特に、いつまでも美しくありたいとの願望が強く、そんなに余裕がなくてもローンが組めることから数十万円のローンも気軽に上続きをしてしまいがちです。

 

しかし、体質によっては、当初予定していた回数で脱毛が終わらない場合もあります。 途中でやめるにやめられずさらにローンを組むといったことを続けているうちに、生活費までも切り詰めなければならないようになり、挙句の果ては自己破産といったこともあるようです。

 

お風呂のついでにカミソリでそるのが一番楽な方法ですが、肌に負担を掛けて汚くなってしまいます。 それよりも 電気シェーバーの方が自己処理には、肌を傷めにくいのでおすすめです。 脱毛サロンのキャンペーンを受けながら、電気シェエーバーで処理する方法もあります。

 

ごく一部のサロンで3ヵ月通い放題無料といったプランもありますが、ほとんどの場合、脱毛サロンで回数を多くするほどお金がかかります。 昔から「ただほど怖いものはない」とも言われているので、そのシステムやプランをしっかり調べておく必要があります。

 

光脱毛はとくに満足がいく結果を得るまでには、かなりの回数の施術が必要で、数十回の施術となると、多額の金額を支払うことになります。 医療脱毛は、脱毛サロンやエステサロンと比べて最終的に価格は変わらず、高い脱毛効果が得られます。

 

少ない回数で効果が得られ、医師が診察して施術をおこなうため、安心して任せることができます。 また、季節に関係なく、ムダ毛が気になったときに始められ、日焼けした肌の施術もできます。

 

 

 まとめ

選択の画像

 

 

近年の傾向として、男女や年齢に関係なく美しい肌を求めて、脱毛がブームとなっています。 脱毛が常識となりつつある中で、生まれつき毛が濃い人は、肩身の狭い思いや恥ずかしい思いをしている人もいるようで、肌によくない自己処理をして肌トラブルを起こしてしまったり、良心的でない脱毛サロンを選んでしまい思わぬローンを抱えてしまった人もいるようです。

 

せっかく美しくなろうと脱毛を決心したのですから、失敗のないように事前によく調べて、自分にとってベストなクリニックや脱毛サロン、エステサロンを選ぶようにしたいものです。

 

二重LP

城本クリニック

【30年以上の歴史と実績を誇る美容外科】

*経験が豊富な医師が担当!
*医療免許を持つスタッフが対応!
*自然な仕上がり、傷跡が目立ちにくい施術

公式サイトを見る→

 

 

品川美容外科

 

品川美容外科

【治療実績なら品川美容外科】

*症状から選ぶ施術法
*アフターケア充実
*ネットから簡単予約

公式サイトを見る→