ホーム >> 美容コラム >>  >> 歯を白く!美しく!ホワイトニング歯磨き粉5選とクリニック

美容コラム

更新日
歯を白く!美しく!ホワイトニング歯磨き粉5選とクリニック
カテゴリ

女性、男性問わず歯が白く美しいと、とても魅力的に見えますよね。最近では、身近にホワイトニングという選択肢があり、実際に自宅やクリニックで試している方も多くいると思います。 そこで、ホワイトニングをやってみたいけどまだ試したことがない方、ホワイトニングはやっているけど、もっとホワイトニングのことを知りたい方!ホワイトニングの効果や、自宅でのケア、おすすめのクリニックのホワイトニングをみてみましょう。

 

 

 

 ホワイトニングの効果は??

画像名の画像

 

ホワイトニングをやってみたいけど、本当に効果があるの?と疑問に思っている方もたくさんいると思います。

 

まず、何故歯が黄ばんで見えてしまうのかということですが、いくつか原因があります。

 

味が濃い食べ物や、酸性度の高い飲み物が原因となったり、タバコのヤニも影響を及ぼします。食事やヤニが付着し、普段の歯磨きでは落としきれない汚れが着色し、歯が黄ばんでしまいます。

 

歯磨きでの磨き残しで、汚れが溜まり歯石になってしまうと歯が汚く見えてしまいます。更に口臭の原因にもなります。

 

虫歯が出来ていても、歯が黄ばんで見えてしまいます。虫歯が出す酸により、歯を溶かしてしまい歯が茶色い色になってしまうのです。

 

生まれつき歯が黄色っぽい方もいます。また、年齢とともに歯が弱まり、エナメル質も減ってくるために歯の黄ばみは目立ってきます。

 

歯の神経が死んでいると、歯に栄養分が行き届かなくなり、歯が黄ばんでしまいます。

 

逆に歯の磨きすぎや、間違った方法で歯磨きを続けると、歯が黄ばむ原因となってしまいます。研磨剤などが入った歯磨き粉で、磨き続けてしまうと、歯がすり減ってしまい黄ばみの原因になります。

 

口中が乾燥していると、唾液による洗浄成分がなくなってしまい、汚れが歯に付着しやすくなってしまうのです。

 

うがい薬や液体漢方薬などの、色の濃いお薬を常用している方は歯が黄ばみやすくなります。 このように普段の生活で、ご自身のケアだけでは、なかなか真っ白い歯を保つことは難しいことが分かります。 そして、ホワイトニングとは、自分の元々の歯を漂白し、白く綺麗にすることです。

 

ご自身で自宅でやるものや、歯科医院やクリニックで行うものがあります。歯科医院やクリニックでは、薬剤や機械を使ってホワイトニングを行います。 どちらも自費になり、保険適応外ですので、その歯科医院やクリニックによって、ホワイトニング方法や、値段設定は異なります。

 

自宅で使用できる歯磨き粉にしても、値段には差があります。 また歯を綺麗にするクリーニングもありますが、クリーニングはホワイトニングとは違い、歯の表面にある歯石や歯垢を取り除くことをいいます。こちらは保険適応になります。

 

ホワイトニングとクリーニングがありますが、やはりクリーニングだけでは歯は白くはなりません。 ホワイトニングは歯を白くするには最善の方法ですが、まず、ホワイトニングは個人差や種類、方法によって効果にとても差があります。

 

ですので、ホワイトニングをしても思っていたよりも白くならないと思う方もいると思います。 ですが、そのような方も種類や方法を考え、回数を重ねることによって綺麗な白い歯を手に入れることが出来るはずです。

 

テレビなどのメディアを見ていると、歯がとても白く美しい芸能人やモデルの方がたくさんいます。やはり口元を見られるお仕事なので、みなさんホワイトニングなどでしっかりとお手入れをしています。歯の白さや綺麗さは、メディアを通して見ている私達が見てもその人の印象を左右します。

 

顔の中で表情の明るさや、若々しさも左右し、歯の印象は人の印象を変えるくらいとても重要なポイントなのです。 また、歯が白く綺麗になると、自信をもって笑うことが出来ますので、自然とご自身の表情も明るくなりますね。

 

まずホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、歯科医院で作成したマースピースとホワイトニング剤を使用するホームホワイトニングがあります。

 

オフィスホワイトニングで使用するホワイトニング剤の成分は、主成分として過酸化水素を使用しています。 過酸化水素というのは、みなさん聞いたことがあるオキシドールというものです。よく目にする物ですと、漂白剤や殺菌剤、また消毒をする際に使用しています。

 

消毒用のオキシドールですと、3%濃度のオキシドールが使われています。そして、ホワイトニングに使用されているオキシドールは、比較的濃度の高い30%〜35%のものです。オキシドールの濃度の高さは、高いほど漂白の効果が高くなります。

 

過酸化水素がどうして歯を白くするかというと、まず、ホワイトニングはエナメル質に過酸化水素を主成分とするホワイトニング剤を塗ります。塗ったホワイトニング剤に熱が加わり、過酸化水素が酸素と水に分解されます。そして、分解された酸素が、歯のエナメル質や象牙質に結びつき、着色している汚れを落とし、歯を白くするのです。

 

ホームホワイトニングで使用する、ホワイトニング剤の主成分は過酸化尿素を使用しています。この際に使用する過酸化尿素は10%のものを使用します。 過酸化尿素とは、尿素と過酸化水素に分解されるので、過酸化水素と基本的なメカニズムは同じです。

 

しかし、濃度が低いために刺激も弱く、痛みもないのでホームホワイトニングに使用されています。やはり、過酸化水素より緩やかに作用しますので、オフィスホワイトニングに比べると、効果は少ないといえます。ですが、継続することによりもちろん白く綺麗な歯を手に入れることも可能です。

 

基本的に歯科医院で使用しているホワイトニング剤の主成分は、過酸化水素と過酸化尿素の2つです。 その他にも、歯科医院でなくても使用できるホワイトニング剤もあります。ホワイトニングクリニックで使用されている成分や、歯磨き粉に使われている成分もあります。

 

ポリリン酸は、最近ホワイトニング専門のクリニックでもよく使用されている成分です。過酸化水素を主成分とするホワイトニングにも、ポリリン酸を加えて使用している歯科医院も多いそうです。また、ホワイトニング用の歯磨き粉などにも含まれていることが多い成分です。

 

ポリリン酸は、歯の組織に作用するわけではなく、歯の表面に付着した汚れや着色を落とします。象牙質やエナメル質に成分はとどきません。ですので、一般的なホワイトニングよりも歯に優しいホワイトニングといえます。また、歯をコーティングするという効果もあるので、歯石の予防にもなります。

 

メタリン酸はポリリン酸と同様に、歯の表面に付着した汚れや着色を落とし、歯のコーティングもしてくれる成分です。汚れを落とす仕組みなどは、ポリリン酸とほとんど同じです。 こちらもホワイトニングの歯磨き粉の成分になっていたり、メタリン酸が配合されているガムなどがあります。 その他にも

 

こちらも歯の表面に付着した汚れを落とす成分です。歯石の沈着も防いでくれます。

 

歯の黄ばみを落とす成分としてホワイトニングに使用されます。

 

黄ばみや着色汚れに吸着し、汚れを落としてくれます。

 

歯の汚れが付着するのを防ぐ効果があります。ポリアスパラギン酸ナトリウムと、一緒に使用されていることが多くあります。

 

歯の表面を修復して、汚れの付着を防ぐ働きがあります。 いくつかご紹介しましたが、市販のホワイトニングの歯磨き粉などに含まれる成分は、まだまだたくさんあります。

 

 

 自宅でできるホワイトニング

画像名の画像

 

ホワイトニングはやってみたいけど、時間がなくて、なかなか歯医者さんやクリニックに行けないという方も、自宅で簡単にホワイトニングが出来たらいいですよね。 まず、歯科医院やクリニックで出来るホワイトニングと、歯磨き粉で出来る自宅のケアのホワイトニングとは、全く別物ということは覚えておきましょう。

 

歯科医院やクリニックでのホワイトニングは、先程の説明したように歯にしみ込んだ色素を取り除いて、歯を白くします。しかし、歯磨き粉ケアで出来るホワイトニングでは、表面のついた汚れのみを綺麗にし、歯を白く見せることが出来るものです。

 

歯科医院やクリニックでのホワイトニングまではいきませんが、自宅でホワイトニングケアすることもおすすめします。 そして、最近、市販のホワイトニング用の製品は、ドラッグストアや通販などでよく見かけますね。ですが、たくさん種類があり、成分も異なり様々ですし、成分を見てもどの歯磨き粉が自分に合っているのか分からないので、選ぶのが難しいという方もいると思います。

 

そこで、おすすめの自宅で出来るホワイトニング製品をご紹介します。

 

 

リリーホワイトはスウェーデンで生まれたホワイトニングジェルです。スウェーデンは世界一虫歯が少ないとされている国で、歯科予防大国と言われています。 予防歯科ということで、ホワイトニングだけでなく、歯周病や虫歯や口臭の予防もしてくれるホワイトニングジェルです。 歯磨きをした後に、たった3分の短時間でホワイトニングが出来ます。 成分は

 

歯周病菌を退治する。歯垢を抑制し、虫歯・歯周炎予防、口臭予防をする。

 

血流を促進することで歯茎の強化をする。口臭・黄ばみの抑制をする。

 

歯茎のトラブルの抑制と口臭・歯周炎予防をする。

 

歯の汚れ、ステインを落として、歯のコーティングをする。

 

価格

通常購入 税込6,580円 1回115円 定期コースのみです。 その他にモニターコースやファミリーコースなどのお得な購入方法もあります。

 

 

キラッとホワイトは独自のホワイト&クリーンメソッドで、ホワイトニングは3つのステップで白い歯を作り、更に3つの口臭対策が出来ます。キラッとホワイトは、独自の成分で作られているので、国内工場ですべて製造され管理されています。

 

なので、品質は高いものを使用し、口に入れるものなので安心安全な成分を徹底しているそうです。 歯磨きをするように、歯ブラシで磨くだけの簡単ケアです。 成分は

 

歯の表面の汚れを浮かせて落とす。低刺激な成分。

 

エナメル質を削らずに、汚れのみを落とす。

 

傷ついた歯を滑らかに整える。歯石の予防をする。

 

口内の洗浄をし、口臭の原因にアプローチする。

 

口内を綺麗にし、虫歯予防をする。

 

(ココナッツ、オリーブ、スイートアーモンド、ペパーミント、グローブ、ユーカリ、ウイキョウ、オレンジ、ローズマリー、テレピン)口の乾燥を防ぎ、保湿をしてくれる。

 

価格

通常価格 税込6.447円 1回約16円 定期30日コース 2回目から税込5,367円 その他に、初回限定83%オフというお得な購入方法もあります。

 

 

ボタニカルのホワイトニングで、すべて自然由来ものもで作られています。世界5箇所で売り上げ1位になっており、歯科関係者100名が選ぶホワイトニングでも5冠を達成しているそうです。 歯を白くする他に、虫歯・口臭の予防、歯のヤニを取る、歯垢・歯石の除去、口中の洗浄の効果があります。 いつもの歯磨き粉を、プレミアムブラウントゥースに変えるだけの簡単ホワイトニングです。 成分はまず研磨剤が不使用です。

 

抗菌・抗ウイルス効果がある。

 

歯垢の付着を抑制し、歯周病菌を撃退する。

 

歯周病・虫歯予防、殺菌作用がある。

 

歯の汚れを落とし、天然のホワイトニング成分でもある。

 

(ヒマシ油、スクワラン、オリーブ果実、ホホバ種子油、ローズヒップ油、マカデミア種子油)黄ばみの除去する。口の乾燥予防や、抗菌・抗炎症作用がある。

 

口内を整え、香りも良くリフレッシュになる。

 

価格

通常価格 税込10,778円

定期コース 2回目から50%オフ税込5,378円

安心の90日返金保証付きです。

 

 

パールクチュールは完全オリジナル処方で、ホワイトニング、歯茎ケア、口臭・虫歯予防が出来ます。楽天のランキングで3冠を達成し、ホワイトニンジェルの中でも1位を獲得しているそうです。 いつもの歯磨き粉を、パールクチュールに変えるだけの簡単ホワイトニングです。 成分は、こちらも研磨剤不使用です。

 

世界初の成分で、色素を吸着し、汚れを落とす。口内細菌を除去し、口臭予防をする。

 

歯のコーティングをし、汚れを落とす。また汚れの付着も予防する。

 

パール

歯の表面の汚れを洗浄し、修復する。

 

健康な歯茎に導く作用がある。

 

歯茎の強化をし、歯を白くする。

 

虫歯の予防をする。

 

口臭の予防をする。清涼感もある。

 

価格

通常価格 税込10,778円

定期コース 2回目から50%オフ 税込5,378円

初回6000円割引という購入方法もあります。

 

 

ルメディカシャインホワイトは、美容医師監修のホワイトニングで、植物由来で出来ています。ホワイトニングだけでなく、口臭・虫歯予防が出来ます。パッケージが2ヶ月の大容量になっています。 いつもの歯磨き粉を、ルメディカシャインホワイトに変えるだけの簡単ホワイトニングです。 成分は発泡剤、研磨剤、漂白剤不使用です。

 

歯の表面の着色を落とす。

 

 

 

上の3つのエキスで歯のコーティングをし、汚れの付着を抑制する。

 

価格

通常価格 税込3,510円

定期コースだと回数を重ねると、価格が安くなる制度になっています。続けるほどお得になります。 たっぷり2ヶ月の大容量なので、定期コースの場合は、1ヶ月は約1,200円ほどで使用することが出来ます。

 

 

 ホワイトニングはクリニック?

画像名の画像

 

自宅で歯磨きをするように、簡単に出来るホワイトニングも紹介しましたが、やはり即効性はなかなか期待出来ませんね。 早く確実に歯を白くするなら、やはりクリニックでのホワイトニングをおすすめします。 行く手間はありますが、手早くお望みの白い歯を手に入れられるかもしれません。

 

先程もお話したように、まずはクリニックでのホワイトニングは、自宅ケアよりも即効性があるということがメリットに挙げられます。 そして、自宅でのホワイトニングとクリニックでのホワイトニングでは使われる成分が全く異なるので、効果にも違いがあります。

 

最近では、ポリリン酸を使ってホワイトニングを行っているクリニックもありますが。 クリニックで行うホワイトニングは、象牙質まで白くすることが出来ます。なので、象牙質からしっかりと歯を白く出来るのが、クリニックでのホワイトニングです。

 

ようは歯に染み込んだ汚れまでしっかりと落としてくれるのです。自宅ケアでは、表面の汚れしか落とすことは出来ませんので、はやり出来上がりの白さには差がありますね。 自宅でのケアですと、やはり限界がありますのでクリニックでのホワイトニングもおすすめします。

 

 

概要

湘南美容クリニックでのホワイトニングは、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングに加えて、デュアルホワイトニング(プレミアムホワイトニング)というものがあります。 デュアルホワイトニングとは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方を行い、2つの相乗効果で短時間に歯を白くするという方法です。

 

即効性を求める方や、何度もクリニックに通う事が出来ない方などにおすすめの方法です。普通のホワイトニングでは白くなりにくかった方にもおすすめですし、色戻りが普通のホワイトニングよりも遅く持続性があるそうです。 オフィスホワイトニングは、約1時間で行う事ができ、上下10本ずつのホワイトニングが可能です。

 

ホームホワイトニングでは、マウスピースに加えて、BEAUN HOME LITEというホームホワイトニング専用のLEDライトを併用出来るそうです。歯科医院でしか販売できないLEDライトで、自宅でも本格的なホワイトニングが可能であり、手軽に効果の持続が出来ます。

 

価格

オフィスホワイトニング 税込34,800円 ホームホワイトニング 税込 24,800円 (LEDライト 税込 9,800円) デュアルホワイトニング 税込 49,800円

 

 

概要

まず、南青山矯正歯科クリニックは、すべて女性の歯科医師で行なっている審美歯科です。 そして南青山矯正歯科クリニックのホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングです。 オフィスホワイトニングは、一般的な過酸化水素とライトを照射する方法です。

 

上下10本ずつ行うことが出来ます。 ホームホワイトニングは、こちらも一般的なマウスピースを使って薬剤を浸透させる方法です。LEDライトは不使用のホワイトニングです。

 

価格

オフィスホワイトニング 税込 46,900円 ホームホワイトニング 税込 30,200円

 

 

 まとめ

画像名の画像

 

ホワイトニングとは、どういうものかご紹介してきましたが、やはり歯の印象で人の印象は大きく変わります。歯が白く美しいと、顔も明るく見えますね。また歯が綺麗になると、ご自身の笑った顔に自信が持てるので自然と笑顔が増えます。

 

クリニックでホワイトニングをしたり、自宅でホワイトニングをしたり、ケアのやり方はご自身のやりやすい方法でいいと思います。 結果に差はあるかもしれませんが、歯を綺麗にしようという気持ちも大切ですね。 外国では、お肌のケアをするように、身だしなみとして当たり前に歯を白く綺麗にしています。日本ではまだ馴染みが少ないですが、ホワイトニングは気軽に手軽に出来るので、是非みなさん一度は試してみましょう。