ホーム >> 美容コラム >> ダイエット >> 下腹部の脂肪の原因は内臓脂肪。正しい筋トレのやり方

美容コラム

更新日

下腹部の脂肪の原因は内臓脂肪。正しい筋トレのやり方

カテゴリ

下腹部の脂肪を取るために、運動や筋トレをおこなう時は、できるだけ簡単ですぐに効果がでる方法でやりたいと思います。

下腹部の脂肪はいつの間にか溜まっていた、という方が多く脂肪を取るのにも、ダイエットや辛い運動は続きませんし続かないと脂肪は取れません。

ぽっこりとしたお腹の原因は内臓脂肪が原因なことが多く、内臓脂肪は有酸素運動で取ることができます。

今回は効果的に、下腹部の脂肪を取るダイエット方法をご紹介します。

参考:脂肪減らすダイエット

下腹部の脂肪には「内臓脂肪」と「皮下脂肪がある」

縄跳びの画像

下腹部に溜まる脂肪は、大きくわけて内臓脂肪と皮下脂肪の2つにわかれます。

内臓脂肪は、内臓の周りについていく脂肪になり、皮下脂肪は内臓以外の筋肉の周りにつき、皮膚の下にある脂肪のことをいいます。

皮下脂肪は指で掴むことができるのでわかりやすいですが、内臓脂肪は掴むことができず、どれくらいついているか、わかりにくいです。

また、男性ホルモン女性ホルモンの関係で内臓脂肪は男性に付きやすく、皮下脂肪は女性に付きやすいと言われています。

男性のお腹に付きやすいとされている内臓脂肪は、内臓の周りに付き増えていくことで、内蔵そのものを圧迫してしまい、内臓の機能が正常に機能しなくなってしまう場合もあります。

他にも血管も圧迫してしまい、高血圧症や血糖値の上昇などの原因にもなってしまいます。

「自分は痩せているから大丈夫」と思っている方でも、隠れ肥満と呼ばれる部類に入っている方もいますので注意が必要です。

見た目は痩せている隠れ肥満体質の方のほうが、生活習慣病になりやすいといわれていますので、痩せていても安心せずに、内臓脂肪を落とすよう心がけましょう。

このように、ダイエットで体重を減らすとしても、皮下脂肪より内臓脂肪を落とすことが重要となってきます。

下腹部に溜まった内臓脂肪の取り方

内臓脂肪は皮下脂肪と違い、脂肪を燃焼させることで比較的簡単に落ちます。

まずは、炭水化物を減らすだけでも効果がありますが、脂肪を燃焼させるためには炭水化物も必要な栄養素でもあります。

油の多い食事を控え、バランス良く栄養素をとることで、内臓脂肪も落ち、お腹周りがスッキリします。

もちろん脂肪を燃焼させるには、運動をしなくてはなりません。

また、内臓脂肪は皮下脂肪と違います。

見た目では筋肉質な方でも内臓脂肪がついている方もいます。

下腹部の内臓脂肪を落とすには、有酸素運動が効果的で、ウォーキングやランニング、水泳やエアロバイクなどで、息がハァハァとはずむ程度の強度でおこなうことが良いとされています。

無理をしない程度に続けていくことが大切です。

有酸素運動だけではなく、筋トレなどの無酸素運動も少し加えるだけで、より効果的に脂肪が燃焼され、内臓脂肪だけでなく皮下脂肪も燃焼されます。

下腹部の脂肪を取りたい方はぜひ、チャレンジしてみてください。

下腹部の内臓脂肪を取る食べ物

内臓脂肪を取るためには食事も大切です。

内臓脂肪を落とすのに効果的な食事をご紹介します。

キャベツには食物繊維が豊富に含まれています。

キャベツの食物繊維は不溶性の食物繊維で、体内に入ると胃や腸で水分を吸収して膨れ上がるので、満腹感を感じやすくする効果もあります。

また、100g食べても25カロリー前後と低カロリーな食材なので、ダイエットに最適な野菜です。

青魚

青魚には、DHAとEPAと呼ばれる不飽和脂肪酸が多く含まれています。

このDHAは脂肪を燃焼させる効果を持っており、EPAは血液に入ると血中にある脂肪分を吸収してくれて、血管から出してくれる効果があります。

血液をサラサラにしてくれますので、高血圧症などの予防にも繋がります。

豚肉

豚肉には豊富なL-カルニチン、ビタミンB郡、アラキドン酸という栄養素が含まれています。

L-カルニチンとビタミンB郡は、脂肪を燃焼させる効果と、疲労回復の効果があります。

そしてアラキドン酸は、満腹感を得る効果がある栄養素ですが、豚肉はバラ肉などの部分には脂肪も多いので食べ過ぎに注意しましょう。

オレンジには、イシトールと呼ばれる成分が含まれています。

イシトールは肝臓に溜まった脂肪分を減らしてくれる効果があり、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

まとめ

筋肉の画像

下腹部につく脂肪は、男性だけではなく女性も気になることだと思われます。

今回は、男性が付きやすいと内臓脂肪を中心に取り上げましたが、女性でも内臓脂肪はつきますので注意が必要です。

運動も正しい食事も継続することで、下腹部に溜まった内臓脂肪を落とし、次に皮下脂肪を落としていきますので、無理なく続けていくことが重要です。

また、継続的におこなうことが難しいと感じた場合は、下腹部の脂肪を部分的に除去するなど、脂肪吸引の方法もあります。

脂肪吸引をお考えの方は一度クリニックでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

城本クリニック

【30年以上の歴史と実績を誇る美容外科】
★回復も早く、ムラのない均一な皮膚へ
最新式脂肪吸引で理想のボディーを実現
★経験が豊富な医師が担当!

_

 

湘南美容クリニック

【理想のボディラインを手に入れよう!】
デザイン型脂肪吸引で理想のボディライン
リバウンドしにくい
★脂肪吸引だけでも15種類以上メニュー

_