ホーム >> 美容コラム >> 小顔 >> 小顔矯正の料金相場は高い?効果は期待できる?

美容コラム

公開日 2018.1.10
更新日 2018.1.16
小顔矯正の料金相場は高い?効果は期待できる?
カテゴリ
Biyoude28

数年前に小顔矯正ブームがありましたよね。顔を小さくしたい人のためにできた「小顔矯正サロン」は、芸能人を中心に大ブームとなったものですが、今でも変わらず高い支持を集めているサロンは多いです。興味はあるものの、まだ小顔矯正を受けたことがない人も多いでしょう。そこで今回は、小顔矯正の料金相場や効果についてまとめました。

 

 

 小顔に執着する日本人

疑問の画像

 

 

小顔矯正ブームから早数年。小顔矯正サロンが増えたことにより、サロン選びの目が肥えた人や、飽きてた人も出てきています。小顔矯正は、もともと整体や骨盤矯正をしていたサロンが「小顔矯正」をメニューに加えたりして、身近に受けられるものにもなっています。

 

体験したことがある人も多いのではないでしょうか。信憑性がないと言ってやらない人と、体験してみて満足のいく効果を得られたことから通い詰める人までさまざまですよね。 オーバーな謳い文句で議論になったりすることもある小顔矯正ですが、いまだに関心を持っている人が多いということは事実です。

 

小顔になれるものならなりたいですよね。 日本にはいませんが、欧米諸国では顔や頭がい骨の不調を取り除く専門のドクターがいるそうです。頭がい骨の調整は医療の分野に分けられるため、欧米諸国では小顔矯正というものはないのだそう。そもそも海外では「小顔=イケてる」という認識がありません。

 

ここまで小顔にこだわるのは、日本人や韓国人くらいではないでしょうか。日本では、芸能人のような小顔に憧れる傾向がありますよね。小顔に執着して努力するのは、日本人にしか受け入れられていないことなのかもしれません。

 

顔が大きいことをコンプレックスに感じている人は日本人にとくに多いです。メディアなどで小顔がもてはやされることが関係しているでしょう。顔の大きさにコンプレックスを抱えている人が多いからこそ、このような小顔矯正サロンが日本では流行るのです。

 

 顔が大きくなる原因

美人の髪型の画像

 

 

女優さんのような小さな顔に憧れる女性も多いでしょう。顔は、生活習慣などが影響して「大きく見えてしまう」ということがあります。顔が大きく見えてしまう原因にはどのようなことが挙げられるのでしょうか。日常生活で考えられることの中で、顔が大きくなってしまう原因について見ていきましょう。

 

表情筋というのは、意識的に使わないと鍛えられない筋肉です。表情筋の衰えは、ほうれい線の原因にもなってしまうもの。いつも無表情の人、気づいたら口が開いている人、口呼吸になっているときがある人、口角が下がり気味の人などは表情筋弱くなっている証拠です。

 

意識して表情筋を使うようにしたり、表情筋エクササイズやトレーニングを習慣にするとよいでしょう。表情筋が衰えることにより顔がたるんでしまい、顔が大きく見えてしまうのですね。 顔にメリハリがなくなり、暗い印象を与えてしまうこともあります。顎のラインまでたるむと、顔は一回り大きく見えてしまうでしょう。

 

筋肉が衰えているということは、脂肪もつきやすいので注意です。代謝も悪くなりむくみが起こりやすくなったりして、表情筋の衰えはさまざまな弊害となるのですね。スマホが手放せない人なんかも要注意。スマホを使っている間は、どうしてもうつむいてしまいますが、これも顔のたるみを引き起こす原因です。

 

表情筋にはたくさんの種類の筋肉がありますが、普段使われていない筋肉も多く、知らず知らずのうちに衰えています。使われていない筋肉がある、と気づいただけでも少しは意識できるようになるでしょう。

 

無表情で顔に動きがなくなれば、どんどんたるみおばさん顔となっていくので、顔が大きくなる以外にもデメリットがたくさんあることを覚えておいてください。 表情筋エクササイズやトレーニングですが、やりすぎは厳禁です。

 

やりすぎはシワの原因にもなるので適度に行うようにしましょう。「適度に続けること」が大切です。小顔矯正に通っても表情筋は鍛えられません。小顔を目指すのなら、小顔矯正に通いながら表情筋を適度に鍛えるのがよいでしょう。   

 

顔のゆがみのせいで、顔が大きく見えてしまうこともあります。顔がゆがむのは、普段さりげなく行っている癖が原因となることが多いです。例えば食事をするときに左右どちらか一方だけで噛むこと。どちらか一方ばかりで噛んでいると、筋肉に左右差が出てしまい顔がゆがんでしまいます。

 

他にも、どちらか一方ばかりで足を組んだり、頬杖をついたり、全身のゆがみが顔のゆがみにつながることもあるのです。顔や全身を左右バランスよく使い、筋肉の左右差をなくすことが大事になります。ほとんどの人は体や顔のゆがみがあると言われています。

 

ゆがみを気にせずに生活していると、どちらかに偏ってしまうものなのです。 筋肉のゆがみもあれば骨格のゆがみもあります。両方のゆがみを改善することで、より美しくなるものです。美しい小顔を目指すために、小顔矯正に通う人もいますよ。

 

筋肉のゆがみは自分で意識して改善していくしかありませんが、小顔矯正に通いプロに見てもらうことでゆがみ具合がわかるというメリットもあります。自分の顔は鏡でしか見れませんから、プロに見てもらったほうがよい。のですね。ゆがみ具合を確認してもらいながら、骨格のゆがみを改善してもらうことで小顔効果が期待できるでしょう。

 

筋肉と骨格のゆがみを矯正し、正しい位置に戻すことのメリットは他にもあります。小顔効果以外にも、リンパの流れを正常にして新陳代謝をアップさせてくれるのです。これによりむくみも改善されるので、よりスッキリとするのを実感できるはずです。

 

姿勢が悪い人は顔が大きく見られてしまいます。なぜかというと、前に顔が出ているからです。姿勢が悪い人のほとんどは猫背で顔が前に出ていますよね。誰かと並んでいても顔が前に出ているので、突き出た分遠近法で大きく見えてしまうのです。

 

それだけでなく、首まわりの筋肉が凝り固まってむくみやすいというのも顔が大きく見える原因です。姿勢が悪いので血流の悪くなり、むくみもなかなか改善されず繰り返すことでしょう。猫背で顎が前に出ていたりするのも、先ほどご紹介した「顔のゆがみ」につながります。

 

姿勢が悪いのは、体幹が弱かったり筋肉がうまく使えていないことも考えられます。代謝も悪いので太りやすく、悪循環ばかりですね。姿勢の悪さは顔を大きく見せてしまうだけでなく、さまざまなデメリットがあるので、意識的に改善していきましょう。1日中姿勢を正すだけでも結構な運動量になりますよ。代謝も上がり、ダイエット効果もあります。

 

肥満

人は太ると満遍なく脂肪がつき、自然と顔もふっくらとした印象になります。ほっぺたのお肉や二重あごがあるほど顔が大きく見られるようです。あきらかに顔まわりに脂肪がついている場合は、食事や運動で脂肪を落とす必要があります。脂肪燃焼のメカニズムを崩すことはできないため部分痩せというのは不可能です。

 

顔の脂肪を落としたいのなら、全身の脂肪を落としながらダイエットするのが1番効率よいでしょう。顔から痩せる人もいれば、顔は最後に痩せる人もいます。ダイエット経験者なら、自分がどこから痩せるのかがわかりますよね。

 

もしダイエットに成功しても、顔がスッキリした感じがないのであれば、脂肪の他にも原因があると考えてよいでしょう。ダイエットといっても、筋力が落ち水分が抜けただけの無理なダイエットでは脂肪は燃えません。無理なダイエットでは、反対に顔がむくむこともあるので注意してください。

 

体と比べて顔は痩せにくいので、無理なダイエットは避け、運動を取り入れた長期的なダイエットを計画しましょう。顔は痩せにくい場所なので、リンパマッサージなども併用して行うのをおすすめします。ほっぺたの肉や二重あごを解消し、フェイスラインが出ることで随分スッキリとした印象になりますよ。

 

先ほど部分痩せは不可能だとお伝えしましたが、それを可能にするものといえば脂肪吸引手術です。ダイエットやマッサージをしたものの効果を得られなかったときの最終手段として考える人もいるようです。脂肪吸引手術になるとリスクもあるので、安全第一で考えましょう。

 

人はほとんどの場合顔を見て判断するので、顔が太っているだけでも印象は大きく変わってきます。第一印象において顔は重要なパーツなのです。

 

むくみ

むくみは医学的な用語で浮腫(ふしゅ)といいます。ミネラル不足や運動不足、ホルモンバランスの乱れで起こることが多く、フェイスラインと目のまわりに出やすいです。朝起きたら顔がパンパンになっていた、という経験は誰しも1度はあるでしょう。むくみによって顔が大きくなっている人は多いです。

 

塩分や糖分を過剰に摂取したり、老廃物がうまく排出されていないことが原因で顔はむくみます。太っていないのに顔だけぷよぽよしている人は、むくみが関係していると考えられるでしょう。顔のむくみをとるためには、塩分と糖分を控え、運動などで汗を流すのが有効です。

 

顔のマッサージをしたり、カリウムを多く摂取するのも効果があります。 顔がむくむだけでフェイスラインがなくなり太って見られたり目が細く見えたりと、印象に大きく影響を与えてしまうもの。顔がむくんでいるだけで1日憂鬱な気分にもなりますよね。

 

慢性的なむくみで悩んでいる人は、内臓の病気が隠れている場合もあります。ケアを続けているものの改善する様子がない場合は専門医に診察してもらいましょう。加齢により心臓機能が低下するので、年齢を重ねると顔にむくみが出やすくなるとも言われています。

 

むくみの原因を大まかに分けると、食事などの影響か機能低下のどちらかです。原因を追求しながら、効率良くむくみを解消していきましょう。

 

*表情筋の衰え

*顔のゆがみ

*姿勢が悪い

*肥満

*むくみ

どれか当てはまるものはありましたか?心当たりがあれば、改善することで今よりもシュッとした顔になれるはずですよ。小顔を目指すなら、しっかり対策しましょう。

 

 小顔矯正は高いもの?

美人の画像

 

 

小顔矯正は料金が高いという認識がある人が多いですが、実際にはピンキリです。何千円~何十万円と差がありますが、この差は何なのでしょうか。料金が異なる理由について見ていきましょう。

 

料金が異なる理由として考えられるのは、立地とブランド力によるものです。

 

立地

駅近で通いやすいという好立地だったり繁華街になるほど高価格になるものです。好立地や繁華街ほどテナント料は高くなるものなので、場所が良いサロンほど料金も高くなるでしょう。それだけのところで勝負するということは、自信があるからでしょう。

 

小顔矯正サロンの料金は、ブランド力が大きく関係しています。雑誌やSNSなどで多く露出しているサロンは多いですが、中でも芸能人がおすすめしているようなサロンは高価格なことが多いです。例えば、女優さんやモデルさんがテレビで紹介した施術だと1回何十万円もするもの。

 

綺麗な女優さんやモデルさんがテレビで「すごく良い!」と言うので、信憑性があると思い込む人も多いようです。少し前までは、「半永久」や「マイナス◯センチ」などと謳い文句もオーバーなサロンが多くありましたが、議論になったこともあったりして、最近ではオーバーな謳い文句を見ることはなくなりました。

 

技術に自信があり、ブランド力をある程度つけながら高めの料金で勝負しているところもあります。人件費や技術料をどれだけお客様から頂くかによるので、料金はピンキリとなってしまうようです。

 

 小顔矯正でのアプローチ方法

本の画像

 

 

小顔矯正の施術者はとくに資格が必要なわけではありません。極端に言うと、誰でも整体師と名乗れ、誰でも小顔矯正の施術ができてしまうものなのです。骨格を理解した上で、施術の流れをそれぞれのサロンが決めていくので、とくに決まりなどもありません。

 

小顔矯正定義のようなものもなく、サロンによって施術方法は異なるものです。定義はないものの、頭がい骨を押したり、筋肉をほぐしたり、リンパを流したり、似たような施術をしているサロンが多いように思います。小顔矯正サロンが流行り出した頃、私も何店舗かに足を運んで実際に施術を受けましたが、どこも似たり寄ったりの流れでした。小顔矯正でのアプローチ方法を簡単にまとめました。

 

顔のゆがみをチェックした後、筋肉をほぐしながらリンパを流していきます。骨格にアプローチする前の準備としてリンパマッサージを取り入れているところが多いようです。リンパの流れを良くすることで、フェイスラインが一時的にスッキリします。リンパを流してもらうときはあまり力を加えないので、痛みもなく心地よい程度です。

 

リンパを流したら、顔のゆがみを調整していきます。左右のバランスを見ながら、ゆがみをリセットしていきます。ゆっくり力を加えながら、おでこや鼻筋、頬骨などを押していきます。箇所によっては痛みを感じるところもありますが、効果を実感できる人が多いようです。一箇所ずつミラーで確認しながら施術を行ってくれるところもあります。

 

 小顔矯正で得られるとされる効果

画像名の画像

 

 

顔のゆがみを改善するために、自宅でさまざまなケアを実践している人もいるでしょう。小顔矯正サロンでは、専門的な知識をもとにアプローチしてくれるますし、自分一人ではできないような圧の加え方をしてくれます。客観的にゆがみを判断できることもあり、セルフケアよりも早い段階効果を実感できるでしょう。

 

セルフケアの場合は空いた時間にできますしお金もかかりません。小顔矯正に通うのとどちらが良いのかは、自分が納得できるほうを選びましょう。小顔矯正サロンに通いながらセルフケアを続ければ、より効果を実感できるのではないでしょうか。

 

セルフケアとは、左右バランスを考えながら生活したり、リンパマッサージを習慣にすることです。 小顔矯正に行くことで効率的にアプローチできますが、小顔矯正で得られるとされる効果にはどのようなものがあるのでしょうか。効果について詳しく見ていきましょう。

 

 

むくみ

矯正として圧を加えることで、リンパの流れが良くなりむくみがとれます。むくみだけでなく、筋肉の凝りもとれるので、よりすっきりしたフェイスラインを取り戻せるのです。

 

むくみがとれることにより、くすみも改善されます。余分な水分を移動させると血流が良くなり、必要な栄養素を取り入れやすくするのです。くすみが改善されることにより肌がワントーン明るくなり、若々しい印象にもなります。  

 

毛穴 

血流がよくなりくすみが改善されることに加え、毛穴もキュッと引き締まります。リンパン流れが良くなるだけでも、肌は元気になるのです。施術中に、肌の変化を確認してくれるサロンもありますよ。

 

たるみ

顔のむくみや凝りをとり、ゆがみを改善する小顔矯正。それぞれの相乗効果で各パーツを正しい位置に戻すことによりリフトアップ効果もあります。左右差をなくし、輪郭のぼやけを改善することでバランスのいい印象になるのです。

 

 

施術前よりもぱっちりとした目になるのは、むくみがとれたため。血流が良くなり、筋肉もほぐれるので、目を開きやすくもなります。

 

頬の出っ張りを解消したり、左右のバランスを調整してくれると言われています。頬の出っ張りの原因のひとつとして顔の筋肉がアンバランスであることが挙げられるのですが、小顔矯正を受けると顔の筋肉の動きが良くなり、顔の筋肉のバランスが取れやすくなることで頬の出っ張りや左右差を改善してくれるそうです。頬の出っ張りや左右差が改善されるだけでもバランスが整った印象になり、小顔に見せてくれます。

 

鼻の印象はむくみで大きく変わります。顔のむくみがとれ頬骨が引っ込んだことで、鼻が施術前よりも高く見えますよ。

 

エラ

エラ張りは顔を大きく見せてしまう原因ですが、小顔矯正によって効果が期待できることもあります。骨格が原因でエラが張っている人もいるので一概には言えませんが、ゆがみを整えることで、むだな力が入らないように導くことはできるのだそうです。筋肉を固く肥大させてしまわないように予防改善することで、エラ張りを目立ちにくくしていきます

 

 整体師は資格がいらない?

画像名の画像

 

 

先ほど少し触れましたが、小顔矯正の施術者はとくに資格が必要なわけではなく、なろうと思えば誰でも整体師と名乗れ、誰でも小顔矯正の施術ができてしまうものなのです。日本国内にはたくさんの小顔矯正サロンがありますが、施術者は医師ではありません。

 

整体師という国家資格はないため、「整体師」と名乗る人が多いです。整体師と言われれば、なんとなく安心感を持ってしまう人も多いのではないでしょうか。整体師は理学療法士やはり師などと混同されやすいですが、別物なのです。理学療法士やはり師、あん摩マッサージ指圧師などはすべて国家資格が必要になります。

 

国家資格は、業務遂行のための必須条件となっているもの。整体師の場合は国家資格がなく、自分は整体師だと誰でも名乗れてしまいます。民間団体や個人が独自の審査基準を設けて認定する資格はありますが、とくに取る必要はないのです。お客様に安心感を与えるために民間団体の資格を取得する人もいます。

 

 小顔矯正でスッキリする理由

紫外線の画像

 

 

小顔矯正を受けると顔がスッキリする理由は、むくみがとれることが大きな要因でしょう。顔全体をやさしくマッサージし、リンパを流すことにより顔がスッキリするのです。 人間の体の約60%は水分でできているので、むくみをとるようなリンパにマッサージをすれば、一時的に小顔にすることができます。

 

ただし一時的なものなので、むくみがとれて小顔になったように感じても、すぐに戻るのです。マッサージで正しくアプローチし、顔に溜まった余分な水分を移動させれば、顔のむくみがとれて小顔になれるもの。むくみは約12時間で元に戻ってしまうので、小顔を維持するためには、毎日リンパマッサージをやるとよいでしょう。

 

顔のリンパを流すことくらい自分でもできますよね。ちなみに、顔のリンパは表層近いため効果を実感しやすいと言われています。 最近は、リンパマッサージや小顔マッサージを小顔矯正の一環としてメニューに入れているところが多いです。

 

小顔矯正を受けて、小顔になったように感じますが、むくみがとれたことで一時的に小顔になった可能性が高いでしょう。「骨がい骨のゆがみを減らせば小顔になれる」という説もありますが、一方で「骨がい骨のゆがみなんてない」という説もあります。

 

小顔矯正で顔がスッキリする 1番の理由はむくみがとれたことです。 他にも、ビフォーアフターの違いがはっきりしていたり効果を実感しやすい理由として、筋肉がほぐれたことが挙げられます。緊張している筋肉がほぐれ、張りが減ったことによりシュッとした印象になります。

 

筋肉の張りが減り、血行が良くなったことも関係しています。小顔矯正でスッキリする理由には、むくみがとれたこと、筋肉がほぐれたこと、この2つが大きく関係しているのですね。

 

 小顔矯正のメリットデメリット

〇と×の画像

 

 

ここからは、小顔矯正によるメリットデメリットをご紹介します。

 

小顔矯正のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。小顔矯正のメリットについてまとめました。

 

顔のゆがみに関心を持っている人は少ないです。自分ではなかなか判断できないものでもありますよね。小顔矯正に通うことで、どれくらい顔のゆがみがあるのかを確認できます。顔のゆがみ具合を把握すれば、自然と顔や全身を左右バランスよく使うようになるでしょう。綺麗になるには日々の積み重ねが大切です。

 

定期的にゆがみをチェックしてもらうことで美意識が保て、良いバランスを保てるようになります。人には体や顔のゆがみが少なからずあるものですが、症状が深刻になるとさまざまなトラブルの原因となるので、左右バランスよく全身を使うことはとても大事なことです。ゆがみ具合を確認できることをメリットとして考え、信頼できる施術者を選ぶのも美容の一環としては有効でしょう。

 

若々しくなるというメリットもあります。若々しくなるのは、まず顔のむくみやくすみがとれてスッキリすることです。施術後はリンパの流れも良くなっているので、血色も良くなります。目も開きやすくなり、明るい印象になります。

 

頬の位置も整えてくれるので、施術後は頬がキュッと上がったような感覚も味わえるでしょう。口角も上がりやすくなって、顔全体がリフトアップしたように感じることができ、施術前よりも若々しい印象になるのです。

 

大きなメリットといえば、むくみや筋肉の凝りが解消されて「顔が小さく見える」ということでしょう。ぼんやりとした印象から、むくみで埋もれていたフェイスラインが出てくることにより、シャープな印象になります。余分な水が移動することにより、鼻が高く見え、目もぱっちりとした印象に。

 

顔がスッキリするだけで、全体のバランスも良くなりますよ。いつもは刺激されないような箇所を圧迫したりすることで筋肉がほぐれ、施術後は目を開きやすかったり口角が上がりやすかったり、それぞれのパーツが動きやすくなります。パーツがスムーズに動くこともスッキリ感を味わえることにつながるでしょう。

 

次に小顔矯正でのデメリットについて見ていきましょう。

 

費用がかさむことはデメリットとして挙げられます。小顔矯正は1回でも効果が実感できますが、その効果は長く続くものではありません。気づいたら元通りになっていた、というのが普通でしょう。先ほどの通り、小顔矯正でスッキリする理由は、むくみがとれたこと、筋肉がほぐれたことが大きく影響しているからです。

 

生活習慣などで再びゆがみがでてきたりする、というような説明が施術後にありますが、これは元に戻りますよという意味でもあるでしょう。スッキリした顔でいられるのは数日程度です。そのことを理解して、大事な日の前に駆け込む人もいますよね。

 

最初のうちは2週間に1回のペースで通い、ある程度定着させるところが多いです。ある程度定着するようになったら、月1回のペースでメンテナンスをするのが理想とされています。効果を求めて何度も通うと、その分費用はかかってしまいます。

 

痛み

リンパを流したり頭がい骨を圧迫するときに痛みが生じることもあります。老廃物や凝りが溜まっている場合は痛みが出る、というような説明を受けるでしょう。老廃物や凝りが溜まっていることによる痛み以外にも、頭がい骨を圧迫するときに痛みが出ることもあります。

 

頭がい骨は扱い方を間違えると危険なので、力尽くで圧迫するようなサロンには注意してください。頭がい骨を圧迫することによる痛みは、デメリットというより要注意ポイントです。痛みが生じることで効き目があるようにも感じますが、そうとは言い切れないところもあるので注意が必要でしょう。

 

 小顔矯正の料金相場

コスパの画像

 

 

小顔矯正の料金も気になるところですよね。芸能人が高額な料金の施術をテレビで紹介していこともあって、小顔矯正は料金が高いという認識がある人も多いでしょう。小顔矯正はサロンによって料金が大きく異なるので、事前にしっかり確認しましょう。

 

まだ一部の芸能人だけにしか知られていないような小顔矯正サロンが流行り出した頃は、希少価値もあってか、かなり料金設定が高いイメージがありました。しかし最近では、サロンや利用者の増加に伴い、経済的な負担を考慮したサロンが増えてきて、毎月ヘアサロンに行くような感覚で利用できるところが増えています。

 

月に1回は小顔矯正に通っているという人も多いですよね。 小顔矯正の料金相場ですが、1回の施術が約5000円〜20000円ほどです。10000円以下で施術を受けられるところがほとんどでしょう。小顔矯正以外にも骨盤矯正などをプラスすると、料金は高くなっていきます。

 

小顔矯正を高いと思うのか安いと思うのかは人それぞれです。その人の満足度にもよりますね。以前よりかは高いというイメージがなくなってきたようにも思いますが、それでも毎月のことと考えると5000円でも高いと思ってしまう人もいるでしょう。 料金が高ければ高いほど効果があるわけでもありません。

 

技術料をどれだけお客様から頂くかによって差が大きく異なるので、ブランド力があったり、腕に自信があるほど高くなる傾向があります。事前に料金を確認するだけでなく、口コミなどもチェックすると、満足のいく施術が受けられるでしょう。

 

小顔矯正は医学的に見ると信憑性がないと言われることもありますが、実際に効果を実感して通い続けている人も少なくありません。自分が納得出来る選択をするのがよいでしょう。定期的に顔のゆがみをチェックしてもらうことにより、顔がゆがまないように普段から意識するようにもなります。

 

施術を受けてみて満足いく結果が得られるのなら、普段から顔がゆがまないように意識することでバランスの良い綺麗なお顔を手に入れることができるでしょう。トータルで考えて自分には有効だと思えば、小顔矯正の力を借りるのもひとつの手です。

 

 サロンを選ぶポイント

画像名の画像

 

 

小顔矯正を受けてみたいという人のために、小顔矯正サロンの選び方についてご紹介していきます。

 

信頼できるサロンを選ぶには、身近な人などの評価を参考にするとよいでしょう。口コミは大事な判断材料ですが、インターネット上の口コミがすべてではありません。実際に経験した人の意見はとても貴重なので、身近な人などの評価を参考にしながらサロンを選んでください。

 

口コミは良かったのに、行ってみたらそうでもなかった、しつこく勧誘された、などはよくあることですよね。 また、人間の体についての知識が十分にあるかどうかも大事なポイントです。小顔矯正に批判的な人もいる中、知識も技術もすばらしいと評価されている整体師さんも存在しています。

 

長年の経験や豊富な知識があるほど、安心して施術を任せられるのではないでしょうか。サロンの営業年数も参考にするとよいでしょう。長く営業しているということは、たくさんの施術をこなしていて需要があるということ。経験値も高く、小顔矯正に対する知識が豊富なはずです。

 

他にも、嘘をつかない、オーバー表現をしない、というところもチェックしましょう。「マイナス◯センチ!」「半永久の小顔効果」などの表現をしているサロンは怪しいです。顔の大きさは、整形で骨を削ったりしない限り大幅に小さくすることはできないのです。

 

きちんとしたお店ならそういった表現を避け、嘘を言いません。スタッフにもオーバー表現をしないように教育しているはずです。オーバー表現をせず嘘をつかない、というところも信頼できるかどうかを見極めるポイントでしょう。

 

強い力を加え、痛みを与えてしまうようなサロンを避けるという選び方もあります。 痛い小顔矯正には、骨を圧迫して矯正しようとするところが多いです。骨の下には大事な脳があるので、痛みを感じる場合は危険性も潜んでいることを覚えておきましょう。

 

強い力で圧迫したことにより、吐き気やめまいを起こす可能性もあるのです。リスクはとってほしくないので、力尽くで痛みを伴う施術を行なっているようなサロンは避けることをおすすめします。痛みといえば、リンパを流すときにも痛みが出る場合はあります。

 

老廃物が溜まっていると、少し押しただけでも痛むものです。リンパ詰まりによる痛みなのか、力尽くで圧迫する痛みなのかをチェックしてください。頭がい骨を力尽くで圧迫して痛みを伴うようなサロンには注意です。

 

料金も重要なポイントです。何千円~何十万円と差がありますが、高ければ高いほど効果が期待できるというわけではないので、料金が高いからといって過度な期待をしないようにしてください。継続が必要になってくることを考えると、無理のない価格だということもポイントになるでしょう。

 

よくわからないまま芸能人が通うような高額な施術を受けるのではなく、しっかり下調べをした上で納得できるサロンを選んでください。小顔矯正はむりして続けなければならないようなものではないのです。

 

小顔になりたいという気持ちが強いがゆえに、冷静さを失う人もいるので注意してくださいね。むりのない価格でサロン選びをした上で信頼できる施術者を見つけ、一緒に顔のゆがみなどと向き合っていけるのが理想です。

 

勧誘があるようなサロンは、利益を1番に求めている可能性もあります。納得ができないのにしつこく勧誘してくるようなサロンはきっぱり断るのをおすすめします。行きたいときに行けて必要性を感じなくなったらやめられる、そんなサロンを選びましょう。

 

サロン側の対応が親切で、また通いたいと思えるかどうかは体験してみないとわからない部分でもあるので、1度体験してみて気軽に通い続けられそうかどうかを判断してもよいでしょう。サロンの雰囲気も重要なチェックポイントですよね。トータルで考えた時に納得できるサロンを選びましょう。

 

 

 まとめ

電球の画像

 

 

小顔矯正にはさまざまな意見がありますが、重要なことは自分が納得できるかどうかと安全性です。実際に効果を実感している人も多いので、ネットの情報に流されすぎることなく、冷静な判断をしましょう。料金は以前と比べて良心的なサロンも増えてきたように思います。 サロンを選ぶポイントは、

 

*信頼できるサロンを選ぶ

*痛いところは避ける

*むりのない価格

*勧誘がない

 

です。 これらをチェックすることで失敗を避けることができます。小顔矯正をお考えの人は参考にしてくださいね。支持が分かれる小顔矯正ですが、納得できるサロンを選び、楽しく自分磨きをしましょう。