ホーム >> 美容コラム >> 美容整形 >> 小陰唇肥大を解決!安心して手術できる美容外科

美容コラム

公開日 2017.9.30
更新日 2017.11.9
小陰唇肥大を解決!安心して手術できる美容外科
カテゴリ
Ambulance-1822457_640

自分の陰部の悩みというものは誰にも相談しにくいですよね。特に小陰唇が人よりも大きいような気がするときに、外見上の問題だけではなく、ジーンズをはいた時や、自転車に乗った時など痛みがあると悩みは深いです。そういう時には、思い切って美容外科のクリックを受診してみてはいかがでしょうか。

 

仮に手術を受けることになっても、今は1時間程度ですし、何より1度医師に診てもらうと安心できます。 ここではその小陰唇縮小治療の内容と、安心して手術を受けられるクリニックを厳選して4カ所ご紹介します。

 

 

 

 小陰唇肥大症とは

AGA_額に手を当てている女性の画像

 

実は小陰唇が大きいというのは自分の身体の特徴、ということだけではなく、ある種の身体のトラブルでもあるのです。それは小陰唇肥大症と言い、美容形成外科の手術の対象です。そこでまずは、その小陰唇肥大症がどういうものなのかということをまずご紹介します。

 

 

小陰唇とはどういうものかご存知でしょうか。特に大陰唇との違いについて、自分の身体とは言え、意外に知らないことも多いと思います。

 

まず小陰唇とは尿道口と膣口の両脇にある外性器の割れ目に沿った部分に、陰核包皮から連続するように始まる左右のひだ状の皮膚のことで、立派な医学用語です。子供の時には小さく目立たずピンク色や薄い赤色をしていますが、思春期を迎えると成長して大きくなり、同時に色も色素沈着してやや黒ずみ、大人になると口の中のほっぺたのようなやや赤黒い色になります。

 

非常に柔らかい部位で、ひっぱると数cmくらいは伸びます。 ただし大きさに関しては実際には個人差があります。大陰唇に覆われて割れ目の中に入ってしまい、外からはほぼ見えないという人もいれば、割れ目からはみ出してやや垂れ下がり気味の人もいます。また、左右の形は多くの場合非対称で、両方が同じ形であるということはほとんどありません。

 

それは顔についている目が左右で少しづつ形が違うことと同様です。人によっては片側だけが大きく垂れ下がっているということさえよくあります。また、男性の陰嚢(袋の部分ですね)のように、しわが寄っていている小陰唇も多いです。

 

身体のほかの部分と同じように遺伝によって色や形が決まっている要素が大きく、さらに大人になれば誰でも大きく広がり、通常の皮膚の人はメラニン色素の沈着により黒ずんできますし、色白の色素の薄い人はピンク色のままのこともあります。

 

ただし、小陰唇が大きくはみ出して、座ると下着にこすれて痛い場合や、フィット感のあるズボンをはいて歩くとこすれて痛む場合など、日常生活で支障があった時には、簡単な切除手術で小さくすることができます。それが今回ご紹介する小陰唇縮小手術です。

 

この小陰唇が身体の中でどのような働きをしているかというと、1番大きいのは左右からぴったりくっついて閉じ、割れ目と膣口フタになることで、尿道や膣への細菌の侵入を防ぐことです。

 

以上が小陰唇の形状と役割ですが、ではその周辺にある大陰唇との機能面などでの違いは何なのでしょうか。 まず大陰唇は、股間の付け根部分と女性器の割れ目の間の、やや盛り上がっているふっくらとしたひだ状の皮膚の部分です。 ふっくらとしているのは大陰唇はほとんど脂肪でできているためです。

 

子供のころはそれほどでもありませんが、成長するにつれ、より脂肪がたまり、ふっくら度が増してきます。色は、子供の時は小陰唇とは違ってほぼ肌と同じ色をしていますが、やはり思春期を過ぎると色素沈着が起こり、少し黒ずむこともあります。

 

大陰唇の役割は、小陰唇と同じように割れ目の両側から閉じて、尿道や膣への細菌の侵入を防ぐことと、あとは大切な女性器を、脂肪の柔らかさで外からの衝撃から守ることです。またこの脂肪の下には、男性の陰茎の構造と同じようにスポンジ状の海綿体があり、性的に興奮するとその海綿体に血液が流れ込んで膨張し、大陰唇はよりふっくらとします。

 

そして陰茎を挿入された際にはそれをしっかり包み込む働きをします。 ですので、小陰唇と大陰唇は形状は違いますが、働きとしてはかなり似ており、いわば2つの部位で一緒に1つの役割を果たしているという面が大きいのです。

 

 

この小陰唇が日常生活に支障をきたすほど大きくなってしまうという身体の状態を、小陰唇肥大症と言いますが、次にこれについて詳しく説明します。

 

まず「正常な」あるいは「一般的な」小陰唇の大きさはどのくらいのことを言うのでしょうか。簡単に言うと、鏡の前で直立し、大陰唇から小陰唇がやや見えている、という程度であればそれは大きすぎず、ごく正常な大きさです。これを数字で言うと、小陰唇の一般的な大きさまたは幅は膣口から小陰唇のもっとも外側までで約2cm程度です。

 

これを超えた大きさの場合は、小陰唇が一般よりも大きい、と言うことになりますが、海外では5cm以上の幅があると小陰唇肥大と定義している場合もあり、この点については世界的な標準指標というものは実はありません。

 

では、上記を基準にしながら、自分が小陰唇肥大かどうかの見分け方について触れましょう。 小陰唇肥大とは、以下に該当した場合、それを疑ってもよいと言えます。

 

  • 小陰唇が大陰唇から数cm以上はみだしている。
  • はみ出した小陰唇がぶら下がっている状態になっている。
  • 小陰唇が大きく、下着に当たってこすれたりして、痛みや違和感、かゆみなどを感じる。
  • 尿の飛び方がまっすぐでなく、横に飛び散る。

 

また、他のクリニックで小陰唇縮小手術を受けたが、まだ問題点が解消せず気になっている、という場合にも再度小陰唇縮小手術を受けるという選択肢があります。

 

 

このよう状態が小陰唇肥大ですが、実はこれはそれほど珍しいことではなく、むしろ年齢を重ねれば、多くの女性に現れる状態だとも言えるのです。

 

あるネット調査では74.8%の女性が「自分の小陰唇は大陰唇の中に納まらない」と回答していますし、また別の調査では60%の女性が「自分の小陰唇は肥大している」と感じている結果になりました。 つまり、5人のうち3人は小陰唇肥大症の疑いがあるくらい珍しくはない身体の特徴であって、日常生活の支障さえなければ、特に大きな問題だとも言えないのです。

 

 

さて、ではこの小陰唇肥大症はどのような原因でなってしまうのでしょうか。 先ほど誤解だと言いましたが、男性経験の多さと小陰唇の大きさや黒ずみは全く関係ありません。基本的には遺伝の問題と言われていますが、人によっては思春期や妊娠を機に大きくなったと感じる人も少なからずいるので、女性ホルモンとの関係も指摘されています。あるいは、加齢が原因という説もあります。

 

つまりはっきり言ってしまうと、これだけすすんだ現代医学においてさえ、小陰唇肥大症の原因は特定されていないのです。

 

 

5人に3人の小陰唇が肥大しているので、それは特殊な身体のトラブルではないとは言うものの、やはり本人にとってはいろいろと困ったことも起こります。それにはおおよそ以下のような問題があります。

 

小陰唇肥大の1番の困った点はこれではないでしょうか。はみ出した小陰唇が、座った時にこすれたり、パンツに挟まってしまうと、違和感がずっとあったり、あるいは痛みも感じて、男性にはわからない不快感を抱いてしまいます。すこし位置を直したいと思っても、デリケートな部分なので洗浄前の手では触りたくありませんし、女性が人前で股間のあたりをもぞもぞといじることもできません。

 

またこれはもっとリアルな問題点です。恥垢とは膣周辺にたまる分泌液のカスのことですが、小陰唇が肥大していると大陰唇との間に部分にそれが溜まりやすくなってしまいます。それは病気の原因にはなりませんが、不衛生であることは事実ですし、何より悪臭の原因にもなります。さらに、もしも準備なく彼氏などとセックスの雰囲気になった時に、そこが汚れていたのでは台無しです。

 

セックスの経験数などと小陰唇の色や形は関係ないと言われていますが、しかしその人個人の身体の変化で言うと、やはりセックスをすると小陰唇と陰茎がこすれあい、摩擦の刺激がありますので、これによって徐々に色素沈着が起こることはあります。気にしなければそれでも済みますが、やはり自分の大切な部分が黒ずんでいるのは気持ち的にはうれしくありません。

 

また顔の左右のパーツが完全に対称形ではないように、小陰唇も左右の形は違います。しかし、顔のパーツもそうですが、そ小陰唇の左右の大きさが見た目でそれとわかるくらい違っていると自分としてはとても気になります。ましてや、彼氏にその部分を見られた時にどのように思われるだろうと考えると、そういうセックスをする雰囲気になること自体を避けたいようにさえなってしまいます。

 

 

 治療法は小陰唇縮小手術がベスト

AGA_検査の画像

 

では小陰唇肥大だと自分で判断して、それをどうしても治したいと思った時にはどうしたらよいでしょうか。はっきり言って、それは薬やストレッチなどでは治りません。切除かあるいはほかの方法かは別にして、やはり手術を受ける、ということがほぼ唯一の方法であり、ベストな選択です。では、その手術はどのような内容なのでしょうか。

 

まず小陰唇縮小手術は、その部分だけに麻酔をかける局所麻酔ですので、全身麻酔のように身体には負担のかからない手術方法です。その麻酔も完全に効いてから手術に入りますので、痛みの心配はほとんどありません。手術のステップは以下の通り非常に簡単です。

 

1 小陰唇の肥大部分の切除

2 縫い合わせて形を整える

3 通常7日後に抜糸

 

手術時間は小陰唇の片側だけで約30~40分、両方を行うのであれば1時間程度です。また抜糸のために再度クリニックに行くということが難しければ、自然に溶ける糸もありますので、1回だけで手術を済ますこともできます。さらには、小陰唇は粘膜組織ですので、丁寧に縫い合わせる技術を医師が持っていれば、傷跡はほぼ分かりません。

 

以上の小陰唇縮小手術は、女性器の手術の中でも最も多い手術ですので、担当する医師も熟練していることが多いです。ただし、やはり形を整えることが非常に重要な要素なので、手術は産婦人科ではなく美容外科や形成外科で行われるのが一般的です。その中でも、やはり女性のニーズがよく分かっている美容外科で受けることがベターでしょう。

 

このような小陰唇縮小手術を受けることにはメリットが2つあります。 1つめは小陰唇の形が整うことです。特に美容外科の医師は、この手術に熟練していますし、女性の気持ちとよりよく見えるデザインが分かっていますので、小陰唇を単純に小さくするだけではなく、きれいな形に整えることも考えて執刀してくれます。

 

2つめは黒ずみまでとれてしまうことです。クリニックによっては小陰唇縮小手術はメスでの切除ではなく、レーザーでの手術をメニューとして揃えているところもあります。いずれの場合でも、小陰唇の黒ずみもこの手術によって解消されます。またオプションとして漂白効果のある薬剤を塗ってくれるクリニックもありますので、カウンセリング時に医師に相談してみてください。

 

 

それではもう少し詳しく小陰唇縮小手術の流れをご紹介します。

 

ほとんどクリニックは完全予約制なので、電話かホームページの予約フォームから、カウンセリングの予約をします。

 

医師が手術前にこちらの希望を聞いて、どのような手術が1番それを実現できるかの提案をしてくれます。手術の方法や、手術後のダウンタイム(手術後に通常の生活スタイルに戻れるまでの期間)などについても説明します。気になる点などがあればここですべて聞いて納得できるようにしましょう。またほとんどのクリニックは、ここまででいったん帰宅し、検討するということでも大丈夫です。

 

医師が続けて行う場合もありますが、クリニックによってはカウンセリングで提案した内容をベースに、別室においてスタッフが費用の見積もりを説明します。そして納得できたらこの段階で手術日を予約します。予約は帰ってから電話で行うことも可能です。

 

(1)デザイン

手術を始める前に、小陰唇の大きさを測りながら、どういう大きさと形にいたいかということを医師と相談します。それを踏まえて医師が切除する部分に印をつけます。

 

(2)麻酔

ほとんどのクリニックは手術は局所麻酔で行います。麻酔薬は注射で注入するので、針を刺すときにチクっと痛みはありますが、切除部分よりも広めに麻酔をかけるので、手術中に痛みを感じることはほとんどありません。局所麻酔だと手術が見えて怖いと思う場合や、局所麻酔だと痛みがありそうで心配という場合は、歯医者などでも行う、意識を少しぼんやりさせる笑気ガスの麻酔や完全に寝てしまう静脈麻酔も行えます。

 

(3)切除

デザインにそって、止血しながら切除していきます。

 

(4)縫合

小陰唇の切除後、糸で縫合します。希望すれば、傷口が治った後、身体に吸収される「溶ける糸」で縫合してくれる場合もあります。ここまでで、小陰唇の片側だけであれば手術時間は30~40分、この後もう片方をするのであれば、合計で1時間程度です。

 

(5)術後の処置

切除箇所に軟膏を塗り、ガーゼをあてて手術は終了です。

 

手術後、笑気ガスの麻酔などをした場合はそれが受けるのを待って、そのまま普通に歩いて帰れます。手術後は3、4日は生理初期程度の出血がありますので、ナプキンを当てることになります。また、安静にしている時には痛みはほぼありませんが、手術した部分が擦れると痛みがあるので、生理用のショーツやガードルなどでナプキンをぴたっと手術部分にあてて軽く圧迫しておくと、比較的楽です。

 

溶ける糸を使っていない場合は、だいたい1週間後に抜糸をします。これもあっという間に抜いてしまいますので、ほぼ痛みはありません。 参考:みどり美容クリニック広尾

 

 

 手術後に気を付けること、気になること

AGA_注意の画像

 

以上のように小陰唇縮小手術は最長でも1時間程度の簡単な手術ですが、それでも身体の大切な部分にメスを入れる以上気になる点があると思います。以下ではよくされる質問、疑問点について解消していきます。

 

 

一般的なクリニックの指示としては、シャワーやウォシュレットは手術の翌日からOKです。ただし、湯船につかるのは手術後1週間が経つまで待ちましょう。ただし、陰部の水分をふき取る時には、手術部分をこすらないように清潔なタオルで軽く押さえるように拭きましょう。 だいたいどのクリニックでも、手術後1か月目に検診があり、そこで問題なければその日からセックスも可能になります。

 

 

そのほか日常生活を送るうえできになることについて、説明します。

 

激しい身体の動きを伴うものでない限り、仕事は翌日から可能です。ほどんのクリニックで痛み止めの薬を処方してくれるのでもしも痛い場合には飲みましょう。

 

手術部分は清潔にしておく必要があります。毎日のシャワーでも大丈夫ですが、できればウォシュレットを使用したほうがよいでしょう。

 

この手術でセックスの快感が減じるということもありませんし、もちろん出産への影響もほとんどありません。

 

これは技術力の低い医師が執刀した場合はあり得ます。そうならないためには丁寧に縫合することが必須条件です。最後に詳しく説明しますが、執刀例が多い「形成外科学科認定専門医」の資格を持つ医師が手術を担当してくれるクリニックを選んだほうが安心です。

 

 

どのような小さな手術でも身体にメスを入れる以上は後遺症のリスクは0ではありません。小陰唇縮小手術もその例にもれず、以下のような後遺症が考えられます。

 

感染症

傷口を不潔にしておくと雑菌が繁殖し、感染症を起こす場合があります。

 

血腫

傷口の中に血が溜まて腫れた状態です。この場合は出血が非常に多くなりますので、すぐにクリニックに連絡し、医師の診察を受けましょう。

 

傷ついた箇所が修復する過程で、その部分が一時的に硬くなる場合があります。通常は2ヶ月程度で元の柔らかい状態に戻りますが、その段階でも変わらなければ早めにクリニックに相談しましょう。

 

身体は工作物ではありませんので、完全に左右対称にすることはどのような技量の医師でも難しいのが事実です。しかし明らかに形がいびつであったり、非対称である場合は、手術時の問題が考えられますので、納得できない場合は、早めにクリニックに申し出ましょう。

 

 

 手術を受けるならこのクリニック!

AGA_セーターを着た女性の画像

 

以上で小陰唇縮小手術の概要はお分かりいただけたと思います。ではその手術を受けるとしたらどのクリニックがよいのでしょうか。ここれはそのうちのおすすめの4カ所をご紹介します。

 

 

 

日本で初めて女性器形成を専門として開院したクリニックです。1番の特徴はメスではなく、女性器専用の「LaserProダイオード」というレーザー機器で小陰唇を切除するので出血がほとんどなく、手術後に通常であれば3、4日は続く出血が、翌日ごく少量程度で済むことです。

 

手術部分への負担も少なく、そこがむくんだりすることもほぼありません。このレーザーを使った手術を行えるのは、アメリカの専門のトレーニングセンターで訓練を受け、ライセンスを取得した医師のみです。

 

切開手術:250000円

レーザー手術:350000円

これ以外に、 初診料 術前の血液検査 がかかります。

 

住所:〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-16-2 

電話:EL:03-5789-1107

アクセス:東京メトロ日比谷線「広尾」駅 2番出口より徒歩1分

 

 

 

待合室、診察室、処置室まで全てが個室でプライバシーが完全に守られます。また電話対応などのスタッフもすべて女性です。当然執刀も女性医師です。

 

特に銀座みゆき通り美容外科の小陰唇縮小手術で定評があるのは、1つは切除方法が、一般のクリニックは断面を平らにカットするので縫合した際に端の部分が分厚く不自然になってしまうことがあるのに対して、こちらでは端の部分が分厚くならないように、断面をV字型にカットして自然な仕上がりにしていることです。

 

そしてもう1つが小陰唇の縫合は一般的には表面だけ行い、縫合糸が小陰唇に食い込んで傷痕がギザギザになってしまう可能性があるのに対して、こちらでは溶ける糸で内部の縫合を行い、さらに表側を極細糸で縫い目が皮膚に食い込まないように縫合することで傷痕を目立たなくさせていることです。

 

切開手術:250000円(左右同時の場合)

※片側だけ手術する場合は、原則としてこの料金の60% カウンセリングは無料

 

銀座院

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-8-3 銀座尾張町TOWER 6階(受付)

電話:0120-858-800(フリーダイアル、携帯電話からでも通話可能)

アクセス:銀座駅A2出口より徒歩2分/東銀座駅A1出口より徒歩5分

 

大阪院

住所:〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1-10-8 山中ビル 8階

電話:0120-020-878(フリーダイアル、携帯電話からでも通話可能)

アクセス:大阪駅北口より徒歩3分/阪急梅田駅茶屋町口より徒歩2分/地下鉄梅田駅出口より徒歩3分

 

 

 

オザキクリニックLUXE新宿では、症例600件以上の経験を積んだ婦人科専門の女性医師が執刀します。また傷跡も小陰唇の粘膜下を緻密に縫い合わせるため表面に傷跡が残りにくくなっています。さらには、ほかのクリニックではオプションの場合も多い、静脈麻酔がセットになっていて、眠っている間に手術を受けることができます。

 

そしてほかのクリニックにはほぼないサービスが、「交通費補助制度」です。遠方からの受診した場合交通費を最大1万5千円まで補助してくれます。 またオザキクリニックLUXE新宿では「小陰唇タイトニング治療」というものも行っています。

 

これは、ヤグレーザー機器を用いた「インティマレーザー」という施術で、小陰唇唇や膣口周辺にレーザーを照射することで小陰唇が内側に引き締まり、切らないで小陰唇が縮小できる施術です。ただし、最初のうちは2~3年で効果が薄れるので、その頻度で合計3回は受診する必要があります。

 

切除手術:通常299000円がモニター料金で189000円

※静脈麻酔代込み。このほか血液検査代が10000円かかります

インティマレーザー(小陰唇タイトニング):1回119000円 2回目以降98000円

 

住所:東京都新宿区歌舞伎町1-1-17 エキニア新宿7F

電話:0120-565-449 (03-5155-0449)

アクセス:JR 新宿駅 東口 徒歩5分/東京メトロ副都心線 新宿三丁目駅 徒歩5分

 

 

 

なおえビューティクリニックは女性が院長ですので、女性でしかわからないように微妙なニュアンスも含めて気軽に相談できることが1番のメリットです。カウンセリング時には実際にモニターの写真を見て、自分の状態と比較することも可能です。手術内容も写真でシミュレーションしながら細かく決められます。

 

手術では、メスと高周波メスを使い分け、ヒダの形や厚さによって切除方法も変え、縫合も何層にも分けて行うので、他のクリニックの手術時間よりも多少長めになりますが、傷跡はほぼ残らない、きれいな状態になります。

 

また技術のない医師の場合は縫合の代わりに医療用ボンドを使うこともありますが、化学成分の吸収や粘膜への刺激などの欠点もあり、かつ縫合跡もきれいではないので、なおえビューティクリニックでは使っていません。

 

両側 280000円

片側 160000円 

 

住所:東京都中央区銀座5-5-1ニュウ銀座千疋屋ビル9F

電話:03-5537-7560

アクセス:地下鉄銀座駅 B5出口 徒歩0分/JR有楽町駅 銀座口 徒歩3分

 

 

 ほかのクリニックを受ける場合はここに注意

本の画像

 

以上の4つのクリニックが小陰唇縮小手術を受ける場合にはおすすめですが、アクセスが不便、すでに検討しているクリニックがあるなどの場合は、以下のポイントを押さえたうえで、ほかのクリニックで受診するかどうかを検討しましょう。

 

まず、ある意味手術を行う医師というのは「技術者」の側面を持っていますので、その技術力が手術の仕上がり具合を大きく左右します。そして技術力は経験によって高まっていくものなので、執刀を担当する医師が小陰唇縮小手術の症例をどれだけ持っているか、ということが非常に重要です。

 

中には費用やサービスをアピールしているクリニックもありますが、最重要は医師の技術力ですから、手術の症例数をホームページか、またはカウンセリング時に確認しましょう。 またその担当医が「形成外科学科認定専門医」の資格を持っているかどうかも1つの指標になります。

 

形成外科学科認定専門医とは、2年間の初期臨床研修終了後、形成外科領域全てに関して、定められた研修カリキュラムにより、形成外科学会の定める認定施設で4年以上の専門医研修を終了し、そして最後に資格試験に合格して初めて認証される資格です。確実なデータはありませんが、おそらくこの専門医は全形成外科医のうち数十%に満たないと言われています。

 

ですので、この認証を持っていれば、ある程度の技術力は保証されていると言えるわけです。

 

美容整形外科に限らず外科手術で1番多い医療事故は麻酔に伴う事故です。小陰唇縮小手術の場合は局所麻酔なのでリスクは全身麻酔に比べてはるかに少ないですが、しかしそれも麻酔に対するアレルギーなどを知ったうえで、専門知識に基づいて麻酔を選択する専門医がいたほうが安心です。ですのでこの点も確認しましょう。

 

特に安い費用で患者を呼び込んでいるクリニックの場合は顕著ですが、患者の希望をしっかり聞かずに、医師とクリニック側の判断と都合で手術が行われてしまう場合があります。

 

それでは満足できる手術結果には決してなりませんので、カウンセリング時に小陰唇にどんな悩みを持ち、どうしたいのか、心配点は何かということを時間をかけて聞いてくれ、心配や疑問に丁寧に答えてくれる医師を選びましょう。また1つのクリニックではなく、複数のクリニックのカウンセリングを受けることをおすすめします。

 

ホームページなどで料金を明示してあるかどうかもポイントです。中には手術中に、オプションの施術を提案して追加料金を取るクリニックもあるというウワサもありますから、この手術で方法は何で費用はいくら、ということを明示してあるクリニックを選びましょう。特に「●●万円~」と「~」表示をしているクリニックは要注意です。

 

女性にとって大切な部分にメスを入れるわけですから、手術後のケアにもしっかりと手を抜かないクリニックを選びましょう。これはカウンセリング時、そしてそのあとのスタッフによる費用説明の時に、もしもトラブルがあったらどう対応してくれるのか、そして手術に満足できなかった場合はどうなるのか、という点を確認すればだいたい判断できます。

 

美容形成外科はどの来院する患者も、それぞれデリケートな悩みを持っています。そういう患者同士が顔を合わせると自分も嫌ですし、相手とも非常に気まずいです。ですので、完全予約になっていて、待合室で患者同士がバッティングしないこと、個室でカウンセリングを行うこと、などプライバシーへの配慮がされているクリニックを選びましょう。

 

男性の医師でも技術がしっかりしていて、患者に親切に対応してくれるクリニックであれば、手術自体は全く問題ありません。しかし、やはり女性のデリケートな部分の悩みですから、女性同士の方が細かい部分や、感情的な部分はわかってもらいやすいのも事実です。そういう意味では、女性の医師がカウンセリングから執刀までを担当してくれるクリニックの方が、気持ち的には安心します。ただし、やはり優先するのは技術力です。

 

 

 まとめ

子供とカメラの画像

 

いかがでしたか。 自分の身体でも小陰唇に関しては知識もあまりなく、また悩みがあっても誰にも相談できずに、自分の中で悶々としてしまうことも多いのではないでしょうか。そういう点では、以上の説明で、ある程度のことは明確になったと思います。

 

その上で、自分が小陰唇肥大で、それを手術で治したいと思うのであれば、ご紹介したクリニックか、あるいはクリニック選定のポイントに沿って選んだクリニックでカウンセリングを受けましょう。デリケートな部分であると同時に、コンプレックスを感じる部分ですので、できればすっきりと自分の希望通りに治したほうが、そのあとの人生がきっと明るくなるはずです。

 

~Bebeleおススメのクリニック~

 

二重LP

城本クリニック

【30年以上の歴史と実績を誇る美容外科】

*経験が豊富で高い技術を有する医師が担当!
*医療免許を持つスタッフが対応!
*自然な仕上がり、傷跡を残さない施術

公式サイトを見る→

 

 

品川美容外科

 

品川美容外科

【治療実績なら品川美容外科】

*600万件を超える多くの症例実績
*低料金と安心のアフターケア
*無料カウンセリング実施中


公式サイトを見る→