ホーム >> 美容コラム >> 豊胸 >> 豊胸手術はモニターになるのがベスト!

美容コラム

公開日 2017.10.17
更新日 2017.11.9
豊胸手術はモニターになるのがベスト!
カテゴリ
Nurse-2019420_640

きれいな胸は女性の憧れです。日本人の場合、欧米に比べて大きな胸が称賛されるというよりも、形のいいふっくらとした胸が愛されているようです。 けれど加齢や出産による授乳などで、張りのある美しい乳房も、力なく下がってしまったりしぼんでしまったりします。よいブラジャーやパッドを使えば、どうにかごまかすこともできますが、水着になったり、温泉で裸になったときには視線が気になってしまいますよね。

 

胸の小ささで悩んできた女性にとっては、救われる状況になってきました。豊胸手術の技術は進み、手軽に豊胸手術を受けられるようになってきたのです。傷も残らず、手術後すぐに仕事もできるものもあるので、手術したことを知られることはほとんどありません。 残念なのは豊胸手術のよさがわかっていても、施術の値段が高いので、気軽に受けられないということです。

 

もう少し安くやれたらと悩んでいるようでしたら、モニターを受けてみたらいかがでしょうか。 そこでモニターは本当に安いのか、どのような施術があるのか、調べてみました。

 

 

 

 豊胸手術のモニターの条件

夕焼け 女の画像

 

美容整形外科におけるモニターになるには、施術前と後の胸の写真を、クリニックのホームページや雑誌の広告に使われる覚悟をしなければいけません。 今はほとんど顔をだすことはありませんので、見られるのは上半身裸の写真だけです。万が一顔がでるような場合でも、目元に黒い線を入れて、誰かはわからないように配慮してくれています。

 

クリニックによっては、施術の感想をレポートにして、提出するように求めてくることもあるでしょう。特別な文章力は必要ありません。思ったままを素直に書けばいいだけですが、できればクリニックにとっていい印象を持てるようなものを、書いたほうがいいようです。 豊胸の実例を示すのに、モデルさんを雇ってやることはクリニックでもできません。

 

それより豊胸を希望する人に、モデルになってもらったほうが、クリニックとしても助かるのです。通常より安い値段でできるのは、そういう理由からです。 施術の結果が掲載されるので、施術はよりていねいにやってもらえます。そうなるといいことばかりのようですが、やはりただということはありません。通常料金よりも、かなり割引になるというだけです。

 

完全に無料でやってくれるというところもありますが、信頼できるクリニックか実績や口コミをよく調べてから申し込みましょう。技術が伴わず、失敗したときにフォローしてくれるようなシステムのないクリニックでは、いくら無料とはいえおすすめはできません。 クリニックの審査基準もありますので、すべての人が受けられるとは限らないということも、知っておいてください。

 

また人気のあるクリニックでは、常時モニター希望者が申し込んでいる状態なので、希望する時期に受けられないこともあります。 詳しく内容を知りたければ、クリニックに直接問い合わせてみましょう。最初にモニター希望とはっきり告げて訊ねてみてください。ほとんどのクリニックでは、ホームページ上でメールの申し込みも受け付けています。

 

 

 いろいろな豊胸手術と正規の値段

コインの画像

 

豊胸手術といっても、さまざまな方法があります。モニターだからこれしかできないというものではありません。 どれぐらいサイズアップするのかによっても、選ぶ施術法が違ってきますし、それによって値段も違ってきます。 すでに豊胸手術のことはご存じかと思います。当サイトにも、詳しく書かれたコラムがありますので、そちらも参考になさってください。ここでは簡単に代表的な施術法と、正規の値段について記していきます。

 

 

1.  脂肪注入

自身の脂肪を吸引し(腹部、二の腕、太ももなどから)、それを注入する方法。 豊胸は施術後も影響は少ないが、脂肪吸引のダウンタイムの痛みはある。

 

サイズ:1~1.5カップ増
料金   :400,000円~600,000円
      (脂肪吸引代は別途)

 

2. コンデンスリッチ脂肪注入

自身の脂肪を使うが、不純物をかなり取り除き、定着率のいい豊胸方法。 脂肪吸引のダウンタイムの痛みはある。

 

サイズ:1~2カップ増
料金   :800,000円~1,20,0000円
          (脂肪吸引代は別途)

 

3. 幹細胞脂肪注入法

吸引した自身の脂肪だけでなく、脂肪組織由来の幹細胞を注入する方法。 脂肪の定着率が格段によく、しこりになりにくい。 脂肪吸引のダウンタイムの痛みあり。

 

サイズ:2~2.5カップ増
料金   :1,500,000円~

 

 

もっとも簡単に施術ができる。痛みもほとんどない。 効果は短く、1年から2年ほどでヒアルロン酸は体内に吸収されてしまう。維持するのには、定期的に追加が必要。

 

サイズ:0.5~1カップ増
料金   :ヒアルロン酸1ccあたり
            2,000円~4,000円
            (片側50cc以上は必要)

 

 

脇を3㎝から4㎝切開して、そこからパックを挿入する方法。 術後、仕事は二週間ほど休む必要あり。

 

10年に1度は交換したほうがよい サイズ2カップ以上の増が可能。

 

料金:400,000円~1.200.000円    

 

 

 モニターのメリット

メリットの画像

 

正規の値段で施術を受けると、かなり高額になるのが豊胸手術です。ではモニターで行うと、どれだけのメリットがあるのでしょうか。 また金額だけでなく、なにかメリットとなるようなことはあるのでしょうか。

 

 

クリニックごとにモニターの割引率は違います。また施術によっても割引率は違いますので、どのような施術をやりたいのか先に決めておくことが必要です。 モニターでは1割ていどの割引になるものから、大きく5割の割引になるものもあります。クリニックの会員になれば、毎回特定の割引サービスを受けられるところもありますが、さらにモニター料金でも、会員割引が適用されることがあるので検討してみてください。

 

特別モニターになると、通常のモニター料金より安くなるものもあります。季節的に比較的施術数が少ないときなどに、各クリニックのホームページなどで募集が始まりますから、常にチェックをするようにしましょう。

 

 

湘南美容外科の例です。通常のモニター価格は298,000円ですが、それより100,000円も安い特別モニターがでていました。 脂肪吸引にベイザー脂肪吸引を使用しなければ、特別モニター料金の198,000円で施術できます。カウンセリングも無料ですし、1day美バストなら当日に施術を受けることが可能です。 ベイザー脂肪吸引を使用するとしても、やはりお得になっています。

 

通常、ベイザー脂肪吸引で太もも全体を行うと、それだけで580.000円かかります。それがベイザー脂肪吸引併用の1day美バストのモニターですと、このような料金になります。

 

1day美バストの特別モニター料金:198,000円
ベイザー脂肪吸引(太ももから) :300,000円

 

さらに会員サービスを使うと5%引きで  473.100円になります。これはかなり金額的にはお得です。

 

 

術後に問題があった場合、正規の値段でしたら保証による再施術などが受けられます。モニターでも同じように、1年間などの期限はありますが保証されます。保証期限を過ぎた場合のトラブルは、残念ですが自費で支払うことになります。 どのようなトラブルが保証されるかというと、主にこのようなものです。

 

①施術による感染症

施術中に患部に菌が入って化膿した場合

 

②しこりになってしまった場合

ヒアルロン酸や脂肪注入による施術ですと、まれにしこりになってしまうことがあります。しこりを除去するなどの処置が保証されます。

 

③パックが破損、または位置が悪いなど

パックを挿入する施術法を行った場合、内部で破裂してしまったり(中身が1度にもれでることは、現在のパックではほとんどありません)、位置がずれていたりした場合、再手術を行ってくれます。

 

 

 モニターのデメリット

〇と×の画像

 

モニターは安くできるだけに、デメリットとなる部分もあります。どんなデメリットがあるのか知ってから、モニター申し込みを考えてもいいでしょう。

 

 

自分の脂肪を利用する脂肪注入方式を選んだ場合、脂肪が思ったより少なくて、胸に注入する分が足りないということがあります。 そのせいもあるのかモニターには、ある程度の皮下脂肪のある人が選ばれる可能性が高くなるのです。 痩せ形で脂肪が少ない人は、ヒアルロン酸を注入するか、パック方式を選んだほうがいいでしょう。

 

ヒアルロン酸の場合、長期の休みは必要ありません。胸だけだったら、特別な手当もなく過ごすことが可能です。翌日から仕事にも行けます。ただヒアルロン酸注入の場合、2カップ以上大きくするには1回の施術では難しいです。

 

モニターですと1回だけですから、どうしても1度に大きくしたくなるかもしれませんが、ヒアルロン酸は1年から2年で再度追加が必要になります。そのときに、サイズアップを検討することにしてはいかがでしょう。

 

 

ヒアルロン酸注入以外は、ダウンタイムと言われる回復時間が必要になります。太ももで脂肪吸引を大量にした場合は、1ヶ月間圧着下着を着用しなければいけません。それをしないままだと、せっかく脂肪を取ったのに太ももが細くならず、でこぼこになってしまったりするからです。 脂肪吸引の後は、できるなら3日は休みをとり、ゆっくり体を休めたほうがいいでしょう。

 

動かないでいいわけでなく、室内で構いませんから積極的に動くようにします。そうしないと血栓ができてしまうからです。 パックを挿入した場合は、外科手術をしたのと同じことですから、より安静期間が必要になります。体がパックという異物になれるのにも時間がかかりますし、手術の傷跡が回復するのにも時間が必要です。

 

特に力仕事や、接客業でアルコールを飲むような人は要注意です。傷の回復を早めるためにも最低でも2週間、できれば1ヶ月の休養をしたいものです。

 

 

理想の胸を手に入れるには、少し早めに計画を練る必要があります。美容整形にも混雑する時期がありますから、そういった時期にはモニターも少なく、希望するときに受けられなくなります。 特に卒業シーズン、夏休みなどは学生たちで混み合います。またゴールデンウィークなど、社会人にとって休みが取りやすい時期も、予約は取りにくいでしょう。

 

社会人なら有給休暇を利用するなどして混雑時を避ければ、特別モニターなどの特典を受けられるかもしれません。

 

 

現在、大手の美容整形外科では、無料モニターというのはほとんど実施されていません。たまに学術発表のためのモニターなどで、無料の募集が大手クリニックでもありますが、何回もあるものではありません。 今はモニター割引料金が、どこのクリニックでも主流となっています。無料というふれこみで募集しているクリニックがあったら、用心したほうがよさそうです。

 

モニター無料と書かれていたら、内容をまず確認しましょう。カウンセラー料金だけが無料だったり、ヒアルロン酸10ccだけが無料などということもあります。有料の部分の金額は高くなっていて、他のクリニックならもっと安く施術できる値段だったりするかもしれません。 モニターを申し込むときに、オプションの勧誘には気をつけましょう。

 

きれいになりたくてクリニックに相談にいくのですから、他もいじればもっときれいになれるという言葉はとても魅力的に聞こえます。けれどそこで話にのってしまうと、高額な施術を受けることになりかねません。

 

 

 モニターに不向きな人

女の子と花の画像

 

誰でも豊胸モニターに申し込みはできますが、採用されるとは限りません。このような人はモニターに向いていないという例を紹介しましょう。

 

 

ヒアルロン酸注入、脂肪注入などは、授乳への影響は少ないといわれています。けれど妊娠中や出産後は、体力もなく感染症に注意しなければいけないときですから、豊胸手術は後にしましょう。 授乳が完全終わる頃には、乳房の形も変わります。そうなってから、新たに理想の形にしたほうがいいでしょう。

 

 

高血圧、糖尿病など持病のある人は、モニターを申し込むときにはっきりと伝えましょう。パック挿入などは外科手術と同じですから、持病を隠して手術を受けて、後日病状が悪化する可能性があります。 隠して申し込み、モニターに採用されても、施術によっては血液検査がありますから、検査結果によっては、求める施術を受けられません。

 

 

モニターとしての効果で欲しいのは大きな変化です。元々豊かな乳房の人は、1カップ増量しても変化がそれほどありません。そういった場合は、モニターを断られることがあるようです。 また脂肪吸引をする場合、痩せすぎていると断られます。必要量の脂肪が取れないからです。

 

 

モニターの写真撮影は、1度で終わるとは限りません。施術内容によっては、1ヶ月後、3ヶ月後、半年後と何回も経過を見せる必要があります。 モニターというのは、何回かの写真撮影に応じるという条件でなるものなのですから、約束を守れないような人はモニターの申し込みをするべきではないでしょう。

 

通うのが難しいような遠距離に住んでいる人は、交通費も考えておいたほうがいいです。クリニックによっては、交通費も一定額支払うという夢のようなサービスをしてくれるところもありますが、すべてで行われているわけではありません。 何回か通う交通費の額を足したら、モニター料金の割引分より高くなってしまうことのないように、モニター先も選ぶべきです。

 

 

 各クリニックのモニター実例集

メスの画像

 

美容外科クリニックでは、いろいろな豊胸モニターを募集しています。そのうちのいくつかを記してみます。なお、モニターは募集締め切りになることもありますから、申し込む前に再度確認することを忘れないでください。

 

 

 

モニター審査あり 写真撮影、動画撮影、メディア掲載(雑誌、WEBなど)、体験談提出

 

症例数5年ナンバー1の医師が担当してくれます。 ヒアルロン酸1ccで1280円、両胸で100cc128,000円です。 (麻酔代、エコー使用70,000円は別料金)

 

妊娠中、授乳中、出産後3か月の人は受けられません。自身の脂肪から健康なものだけを選出して注入します。希望すれば法令線などにも、脂肪注入が同時に行えます。片側だけで300ccの注入が可能なので、2サイズアップできます。 モニター価格で780,0000円です。 (血液検査代15,800円は別料金)

 

口コミ

 

写真撮影あり

 

水分98%のアクティブジェルを注入する方法です。施術の手軽さはヒアルロン酸と同じですが、3年から5年と長期間保つようになっています。出産や授乳にも問題はありません。 モニター価格で100g使用、248,000円です。 (麻酔代別料金)

 

 

高須クリニックの公式サイト(Youtubeなど含む)へ登場してくれる人。 テレビ番組、雑誌広告などへの出演も可能な人。 全身を撮影した写真審査あり。

 

100種類以上のパックの中から、自分に合ったものを選んでバストデザインができます。ヒアルロン酸などと違い、効果は半永久的です。レントゲン撮影のときに、パックが映ることはありません。授乳も可能です。 モニター価格でボディの動画、写真撮影で50%オフ、写真撮影のみなら30%オフです。

 

 

写真を掲載、口コミ書き込み。

 

脂肪吸引は2箇所まで設定料金内でやってくれます。麻酔代、内服薬などの料金も含まれています。 モニター価格で950,000円です。

 

 

すべてのPR活動に写真掲載が可能な人

 

麻酔代、内服薬の他に、自己血小板血漿を利用するのも無料になります。モニターキャンペーンの期間中に申し込むと、交通費30,000円まで支給してくれる分院もあります。 モニター価格で900,000円です。

 

 モニターを受けて後悔しないために

不満の画像

 

豊胸手術は高額ですから、モニター料金の安さと期間限定の文字を見ると、急いで申し込みたくなるかもしれません。けれど申し込む前に、もう1度豊胸手術のデメリットの部分と、失敗して再度施術を受ける場合かかる費用のことも考えてみましょう。 胸が大きくなって満足する人は多いのですが、中には豊胸手術をしたことがばれるのではないかと思えてきて、鬱になってしまう人もいます。

 

せっかく手術したのに、再手術で元に戻そうとするようなこともあるのです。 そんな後悔をしないために、もっと有効的にモニターを活用するにはどうしたらいいでしょうか。後悔しないためのやり方の提案と、再手術の料金を参考までに記します。

 

 

女性にとって大切な検診といえば、乳癌の検診があります。一定の年齢になると自治体が医療期間を紹介してくれ、無料で検査を受けられることになっています。また企業によっては、健康診断の中に乳癌の項目を取り入れているところもあるでしょう。 MR、エコー、レントゲンなどの検診の場合、パックを挿入しているとはっきりと映ってしまうことがあります。検査前に申告しておく必要があります。

 

またパックを挿入しているとマンモグラフィー(乳房をかなり強く挟んで検査する)は、破裂する危険性があるので受けられないことが多いようです。医療機関での検査では、事前に申告しておく必要があります。最近開発されたマンモグラフィーは、挟まずに撮影できるのですが、普及するのにはまだ数年かかるでしょう。 豊胸していることを知られるのがいやで、検診を受けないというのは危険です。

 

乳癌は早期発見すれば存命率の高い癌ですから、検診はぜひ受けるべきだと思います。美容整形クリニックの中には、保険適用内の癌検診を行ってくれるところもありますから、ぜひ利用したいものです。 カウンセリングを受けるときに、乳癌検診のことも医師に相談してください。丁寧に説明してくれないような医師だったら、モニターを受けるのを考えたほうがよさそうです。

 

 

初めての豊胸手術でしたら、1カップ程度の自然な豊胸をおすすめします。自然に見える豊胸方法を選べば、急に大きくなったと思われることはありません。 お金をかけ、モニターで写真まで公開してやるのだから、効果がないのでは意味がないと思われるなら、思い切ったサイズアップもいいでしょう。けれど人に手術したことを知られたくない人は、後々後悔することのないよう、十分考えてください。

 

 

クリニックは豊胸が主体なので、取り出すことを大々的に宣伝はしていません。パックから脂肪注入に替える場合など、施術代にパック除去が含まれていることがありますが、抜き取るだけの場合はクリニックに直接相談したほうがいいでしょう。他院のものも取りだしてくれる美容整形外科は、湘南美容外科、池田ゆう子クリニックなどがあり、湘南美容外科が178,000円、池田ゆう子クリニックが500,000円で取り出してくれます。

 

抜き取るのにも、保険適用外なので高額な費用が必要です。美容整形外科以外で手術する場合、保険が適用されることがありますが、それにはパックが健康被害を与えているという診断が下されなければ適用はされません。 施術してすぐに失敗だとわかった場合は、保証制度のあるクリニックでしたら無償で取りだしてくれます。

 

 

 まとめ

腕組するスーツの女性の画像

 

ほとんどの美容整形手術は保険適用外です。そのため各クリニックごとに値段の設定が違ってきます。施術によってはかなり高額になりますから、写真を使われることになってもモニターは魅力的ですね。 安いからいいとは、美容整形外科に関してはいいがたいです。初期設定の値段が安くても、医師の技術が未熟で満足のいく仕上がりにならなかったら、その後でまた再手術になって、結局は高いものになってしまいます。

 

モニターでできるとなっても、カウンセリングの段階で医師の説明が不十分だったり、必要ではない施術をすすめられるようなら断る勇気を持ちましょう。注意してネット検索をしていれば、好条件のモニターがまたでてきます。 安いのは今だけだから急いだほうがいいなどと、勧誘の仕方がおかしいところも注意です。口コミサイトなども参考にして、悪質な美容整形外科を避けるようにしてください。

 

そしてモニターに選ばれたら、写真撮影や予後の診断など、めんどうがらずにきちんと受けましょう。安くしてくれるのは、モニターという仕事をすることと交換の条件なのですから、誠意をもって対応すべきです。

 

~Bebeleおススメのクリニック~

美容整形↓どこでも安心の全国展開!↓

湘南美容外科クリニック

【年間来院数100万人突破!】
*全国72院展開で通いやすい
高品質な治療を低価格で受けるならココ!
無料カウンセリングも実施中


公式サイトを見る→

 

 

サイトトップ

青森,秋田,東京,大阪,長野,広島,山口
佐賀,長崎の9拠点!

東京美容外科

【全国10院展開!】
*経験豊富な信頼できる医師だけを採用!
明確な料金設定で安心
24時間無料カウンセリング実施中!

公式サイトを見る→