ホーム >> 美容コラム >> 二重 >> 二重整形で目元美人実現!、失敗しない秘訣ってあるの?

美容コラム

公開日 2018.3.19
更新日 2018.3.19
二重整形で目元美人実現!、失敗しない秘訣ってあるの?
People-2563491_1920

 

ただ黙っているだけでも、目元の美しさは内面も含めた全てを物語るようにその人を引き立ててくれます。そんな憧れの眼差しを実現する「二重整形」。施術法やクリニックの選び方、メリット・デメリット、もしもの失敗例や対処法まで、「二重整形」の全てをご紹介します。

 

 

 二重整形ってどんな手術?

目の画像

目元の美しさは顔立ちに大きく影響します。だからこそ失敗はできません。たとえ「二重整形」を考えたとしても、思うように仕上がらなかった場合を考えればなかなか決断するまでには勇気が必要です。 けれど今の医療技術での二重整形なら失敗の確率も1%以下、仮に失敗しても元に戻せる手術法もあるってご存知ですか? 顔立ちに合わせて思い通りの変化を可能にする「二重整形」の全貌の紹介です。

 

先に知っておくべき「二重整形」のリスクやもしもの失敗例とその修正法、気になるダウンタイムの過ごし方、結果を左右する名医とめぐり合うための選び方までを網羅しています。「二重整形」に興味のある方、検討されているなら必見です。

「二重整形」、大きくは埋没法と切開法の2つに分かれます。 埋没法は、メスを使わない手術法、まぶたに糸を通して希望する位置の皮膚を埋没させます。痛みやダウンタイムも切開法に比べて軽くて済むのが利点です。 切開法は、まぶたを切開して、余計な脂肪を取り除くことで二重のラインを作ります。

まぶたにある脂肪を除去できるので顔立ちの変化も期待できます。 顔立ちや年齢に応じて適した手術法を選択することになりますが、それぞれにメリットやデメリットがあります。 また、二重整形を行うことのリスクも理解しておくにこしたことはありません。    

 

他の部位に比べ、簡単な手術であるとはいえ、全くリスクが無いわけではありません。 手術で起こる可能性のあるリスク、腫れる・痛むなどのダウンタイムにあるリスクなど、先に理解しておく必要があります。

 

最も起こりうるリスクです。医師と充分な打ち合わせが出来ていなかったために起こる場合もありますが、期待が大きすぎた場合も満足できない結果になってしまいます。ただそうならないための事前の充分な打ち合わせは大切です。

 

切開法などは、ダウンタイムも考えて、片方ずつの手術を行う場合があります。その場合、取り除く脂肪の量や部位が違っているためにバランスが悪くなることがあります。

 

埋没法はまぶたの裏に糸を止める状態になります。目を強くこすったり、自然にまばたきしていても糸が眼球を傷付けてしまう場合があります。もし、糸がつっぱる、目がゴロゴロするなど、違和感がある場合は早い段階で再診察を受けるようにしてください。

 

切開法、埋没法、どのような方法でも、腫れや痛みがあるダウンタイムは覚悟しなければなりません。その間は休養する、サングラス、メイクなどで隠す必要があります。 腫れは数日〜1・2週間でひいてゆきますが、周囲に変化を知られてしまう可能性はあります。

 

埋没式の場合、止めている糸がゆるんで表面に出てしまうことがあります。この場合は抜糸しなければなりません。眼球が傷つく恐れもあるので早い段階で受診するようにして下さい。

 

全切開法の場合、通常は1年ほどで目立たなくなりますが、筋肉のつき方などが影響して傷跡がいつまでも目立ったままの状態が続く場合があります。この場合も傷跡を切除することになります。 これらのリスクを回避するためには、技術力の優れた医師と充分な打ち合わせをおこなう、術後はダウンタイムに無理をしないなどが望まれます。

 

埋没法

プチ整形といわれる切らない手術法です。手術時間も短く、ダウンタイムの腫れもメイクで隠せる程度、気に入らなければ元の状態に戻せる利点もあって、若い世代から幅広い層の方が、休日を利用しておこなうケースが増えています。

 

【手術法】

メスを使わず糸で縫い止める手術法です。髪の毛よりも細い糸(約0.05mm)を使用して、止める箇所の数の違いや部位を変化させることで思い通りの二重を形成してゆきます。弾力性のある糸は埋没した後も止めている違和感もほとんどありません。

 

術後の腫れも少なく、糸で縫い止めてある状態なので糸を切れば元の状態に戻すことも可能です。 術後の傷跡も針を刺したような傷がありますが、時間が経てば消えて跡は目立たなくなります。 目を開けるときに動く筋肉と皮膚の裏側を糸で結ぶことで筋肉の力で皮膚についた糸が引き上げられ、二重に陥没する仕組みです。

手術時間:10分〜20分

埋没法は大きくは2つのタイプに別れます。縫う部位によって変化するので、先になりたい二重をはっきりと意識しておくことが大切です。

*末広型

目頭から目尻に向かって広がってゆく、日本人の顔立ちに似合うといわれる二重です。 控えめな印象もありますが、清楚で切れ長の日本美人を象徴する自然な形に仕上がります。

*奥二重

まぶたの奥に二重が隠れてしまっている状態です。その深さを調節することで自然な二重に変化させます。

 

【埋没法の特徴】

埋没法はダウンタイムも短く、費用も切開法に比較して安くで抑えられます。気に入らなければ元の状態に戻すことも可能、抜糸の必要がないのも嬉しい利点です。ただし、人によっては持続期限があります。何年続くと断言はできないですが、一生とれない人もいるし、3〜5年で取れてしまう人もいるそうです。

 

【おすすめできるタイプ】

  • まぶたに脂肪やたるみが少ない

目安は指で少しまぶたをおさえてみてください。しばらく二重の状態になっているなら向いています。また、アイプチで1日二重を維持できるなら大丈夫です。

  • 手軽に二重にしたい

費用も切開手術に比べれば安くできます。

  • 休日が取れにくい

手術時間も10分〜20分、腫れもメイクで隠せる程度です。休みが取れなくても周囲に知られる可能性は低いです。

  • 傷をつけるのが怖い

糸で結ぶだけの手術です。跡形が残る心配もありません。

  • 手術自体が不安

糸を切れば元の状態に戻ります。やり直しができるので安心です。

 

【おすすめできないタイプ】

  • 皮膚のたるみが多くある人

年齢や生活習慣が影響して、たるみが出てしまっている場合にはおすすめできません

  • 脂肪が多くついている人

まぶたに脂肪が多くついている場合も、脂肪を除去できないので思うようなラインが作れない可能性があります。

 

【埋没法のメリットとデメリット】

 

*メリット

  • 元の状態に戻せる

糸で止めている状態なので、糸を切れば元の状態に戻ります。

  • ダウンタイムが短い

切らずに糸で止めているだけなので術後の腫れも少なくて済みます。

  • ダウンタイムの腫れもメイクで隠せる程度

コンシーラーやコントロールカラー、アイメイクで充分にわからない状態にまでカバーできます。

  • 修正できないトラブルになる可能性は1%以下

髪の毛よりも細い糸で止めるだけの簡単な手術です。深刻なトラブルになる可能性はほとんどありません。

  • 傷を作らなくても良い

切開の傷跡が残る心配もありません。針を通した跡はほとんど目立たないまま消えてゆきます。

 

*デメリット

  • 糸が切れてしまうことがある

まぶたをこする、脂肪がついている場合も糸が切れてしまう場合があります。その場合再手術になりますが復元できます。

  • 3〜5年が寿命

日常の動作で結んだ糸が緩んできます。止める箇所の数によっても差がありますが、通常3〜5年でとれるそうですね。

  • 腫れや脂肪を取ることは期待できない

埋没式ではまぶたに針を通すための穴を開けます。その大きさは1mm程度。 そこからの脂肪の摘出は期待できません。

 

切開法

切開法は目の上の余分な皮膚を切除することで二重を作る手術法です。はっきりした二重のラインや取れにくい二重を希望する場合に適した手術です。 皮膚のたるみや余計な脂肪も取れるのでスッキリした目元美人に変わります。

【手術法】

それぞれのまぶたの厚みやたるみ、脂肪量、筋肉のつき方で、切開する位置、長さや幅、除去する皮膚や脂肪の量を調節しながら自然で美しい二重をデザインしてゆきます。

 

*手術の流れ

1、カウンセリングで切開部位のデザインを決定 顔立ち、輪郭、脂肪のつき方や皮膚の厚みを観ながら切開する部位を決めてゆきます。その際に入念に希望する目の形状などの説明を行います。

2、麻酔 通常は局部麻酔、痛みが不安な方には静脈麻酔で眠っている間の手術も可能です。

3、切開 カウンセリングで指定してあった部分を切開します。この時余分なたるんだ皮膚や脂肪、「眼輪筋」という筋肉組織を切除します。

4、筋膜と皮下組織を縫合 挙筋腱膜と皮下組織を3〜4箇所で固定します。

5、縫合 最後に切開した部分を縫合します。

*全切開法

作りたい二重のラインに合わせて、皮膚を約3〜3.5cm切開します。脂肪を除去した後、目を開けている時に使う筋肉とそれに連動する皮膚を結ぶことで二重を作ります。 他の手術に比べると腫れも強く、2週間程度で落ち着いてゆきます。同時に眼瞼下垂手術(目を大きく見せる)やその他の手術を行うことができます。

手術時間:およそ1〜2時間

 

*部分切開法

二重のラインに沿った約1cm〜1.5cmを切開。全切開法と同じく筋肉と皮膚をつなぎ止めます。ただし、切開部分が一部なのでたるみをとったり、同時に他の手術などを同時に行うことはできません。埋没法を取れにくくしたような手術だとイメージしてください。

手術時間:およそ1時間

 

【切開法の特徴】

切開法はまぶたのたるみや脂肪を除去する際、眼瞼下垂手術(目を大きく見せる)や、眼窩(がんか)脂肪除去(腫れぼったい厚みを取る)、下眼瞼下制(かがんけんかせい)(タレ目にする)など、他の手術との組み合わせが可能、多彩なデザインに仕上げることができます。また、埋没法のように時間が経っても取れてしまう心配も少なく、しっかりした二重の形成が出来上がります。

 

【おすすめできるタイプ】

  • 埋没法では取れやすい、取れてしまった

まぶたをこする、まぶたに脂肪が多いタイプの人は、埋没法では糸が緩んで取れやすくなリます。切開法は同時に余計な脂肪を取り除くので糸が緩んで二重がなくなる心配はありません。

  • 長く取れない二重を作りたい

埋没法の寿命は平均しても3〜5年、長く定着させることはできません。切開法は半永久的、寿命がないので安心です。

  • 高年齢でまぶたにたるみが多くある、脂肪が多くついている

たるみや脂肪が多い場合、埋没法では希望する変化が期待できなかったり、すぐに取れてしまう可能性があります。

  • 同時に目を大きくしたい

脂肪やたるみを取ることで二重を作るので、目も大きく開き、表情にも嬉しい変化が期待できます。

  • 脂肪をとってスッキリした顔立ちにしたい

まぶたの脂肪は顔全体を腫れぼったいイメージにしています。脂肪がなくなればスッキリした小顔美人に変身です。

 

【おすすめできないタイプ】

  • ダウンタイムのための時間が取れない

ダウンタイムの期間はおよそ1ヶ月。痛みや腫れも1〜2週間は覚悟しなければなりません。2〜3日は安静にして、外出も控えるようにしてください。

  • 傷がつくのが不安

切開した傷跡は半年〜1年で皮膚のしわのようになって、素顔でも判りにくいほどに落ち着いてゆきます。ただし目立たない傷跡が長く残るのは覚悟しなければなりません。

 

【切開法のメリットとデメリット】

 

*メリット

  • たるみを同時に取ることができる

脂肪が取れればスッキリした目元美人に変身です。たるみが取れればアンチエイジング効果が期待できます。見た目年齢が若返る相乗効果も期待できます。

  • まつげを上向きにできる

余計な脂肪がなくなって目が大きく見開くことでまつ毛も上向きに。ビューラーでのお手入れする必要もなくなります。

  • 目が大きくなる

パッチリと見開いた愛らしい目元に変身です。

 

*デメリット

  • 完了するまでに約3ヶ月程度かかる

痛みや腫れが落ち着くのに1ヶ月、手術跡が目立たなくなるまでに3ヶ月はメイクでフォローする必要があります。

  • 傷が残る

最終的には皮膚にできるしわのようになって、見た目にも判らないほどにはなりますが、傷跡は長く残ることは覚悟しなければなりません。

  • 失敗する可能性がある

期待したほどの変化がない、左右のバランスが悪いなど、満足できない結果になることが全くないわけではありません。

 

【切開法の注意点】

*副作用 切開法の場合、術後に副作用が出る可能性があります。

  • 糸が残っている

切開法で使用した糸は1週間後に抜糸しますが、稀に糸が残ってしまう場合があります。 患部にチクチクするような刺激を感じる場合は再度担当医の診察を受けるようにしましょう。

  • 傷口に炎症が出る

傷口が赤く腫れている、痛みがある、目頭・目尻に赤みや痛みがある場合、早い段階で再診を受けるようにしましょう。感染が原因している場合があります。

 二重整形のメリットとデメリット

電球の画像

簡単な手術で表情が一変する、憧れの魅力的な眼差しを手に入れられる二重整形。 その二重整形をすることの嬉しいメリットと同時にデメリットについても考えます。

 

 

 

まぶたが重たく腫れぼったい目元はひとに与える外見的な印象もハンデを背負ってしまいます。 異性に限らず、同性間でも決して好まれるタイプではありません。 恋愛に限らず、社会生活を送る上でも常にあるハンデキャップを克服する。 そのための二重整形は向上心の表れなのだといえます。 簡単で確実に綺麗な二重が実現する。その変化が影響する可能性は明るく大きいものと考えます。

 

たとえメイクのテクニックが上達しても、素顔に自信が持てなければ、恋愛でも踏み切る勇気が持てない、不安。そんな思いも克服できます。 自分に自信が持てることは表情や仕草、その人の美しさをより一層引き立ててゆきます。

 

人によってはメイクに何時間もかける、そんな女性も少なくありません。そのための時間は他の何かを犠牲にしていることを考えればもったいない、そんな風にも思えてしまいます。

 

手術である限り、失敗する可能性はあります。期待していた変化がない以外にも、バランスが悪い、糸が残る、目が開きにくくなったなど、その失敗例とそのための対策はあるのかどうかの確認は必要です。

 

埋没式でもメイクで隠せるとはいうものの2〜3日切開法では1〜2週間のダインタイムは痛みや腫れが出るものと覚悟して予定を立てる必要があります。

 

特に埋没式の寿命は3〜5年切開法半永久的とはゆうものの、加齢などの影響で変化してゆくことはありえます。

 

埋没式で安くで扱うクリニックもありますが、切開式なら数十万の費用がかかる場合があります。高いから良いというわけではありませんが、失敗しないためにもドクターやクリニックの選択には細心の注意を払ってください。

 二重整形にもダウンタイムはあるの?

画像名の画像

他の部位に比べてダウンタイムは短い期間で完治するとはゆうものの、顔はやはり目立ってしまいます。仕事を休む期間なども考えなければなりません。

 

 

 

 

期間

埋没法で3日程度、切開法で1〜2週間は腫れや痛みが強く出る可能性があります。

 

症状

埋没法でも腫れが出る可能性はありますが、ほとんどの場合メイクで隠せる程度。 切開法の場合、腫れ、痛み、内出血が出る可能性があります。特に抜糸までの1週間は不自然な状態に耐える必要がありますが、ほとんどの場合2週間程度で落ち着きます。

 

注意点

【手術当日は安静に】

パソコンや携帯など目を使うような行為は避けるようにしてください。目を酷使すると腫れや内出血などの症状が長引く恐れがあります。

 

【目の周囲を冷やす】

冷やしすぎると逆に腫れてしまう場合があります。直接患部に触れないように腫れが出やすい周囲をガーゼやタオルで適度な温度に調節して、心地よい程度に冷やしてください。

 

【眠るときは枕を高くする】

心臓より目の位置が低いと眠るとむくみが出やすくなります。あおむけに枕を高くして眠るようにしてください。

 

【充分すぎる睡眠は逆にまぶたが腫れる】

睡眠を取りすぎると逆にむくみが出やすくなります。安静にする場合も、目を使わずに適度な睡眠を保つようにしてください。 【入浴やアルコール、運動は控える】 身体が温まると腫れがひどくなる場合があります。湯船に浸かる入浴や運動、飲酒も術後1週間は控えるようにしてください。

 腫れ  2〜3日
 期間  4週間程度

【当日〜2・3日】

外出は控えて目を酷使しないよう、安静にするようにしてください。できればメイクも控えるようにしましょう。

【〜1週間】

通常腫れは引いてきていますが、長時間目を使うようなことは控えてください。簡単なナチュラルメイクで傷跡も隠せるようになります。

【〜10日目】

ほとんどの場合まぶたが少し腫れているような、二重が広くまだ少し不自然さが残ります。

【〜1ヶ月】

この頃には晴れや内出血もほとんど残らず、ほとんどの場合理想の二重が完成します。

 

 腫れ・痛み・内出血  1〜2週間程度
 期間   3ヶ月

【当日】

痛みや腫れが出やすい状態です。ジンジンとした痛み、ほとんどの場合病院から処方される痛み止めで対処できるということです。

【〜1・2週間】

術後1週間で抜糸。 腫れが強く出る状態がしばらく続きます。この期間できれば2週間は外出を控え、目を使うことも避けて安静にするようにしましょう。 通常痛みは数日、内出血は通常2週間程度で治ります。

【〜1ヶ月】

ほとんどの場合腫れといった見た目の症状も治まってきます。この頃にはメイクで傷跡を隠すことも可能になります。

【〜3ヶ月】

この頃には腫れもほぼ引いて、不自然さは残りますが徐々に本来のラインが現れます。

【〜6ヶ月】

ほとんどの場合6ヶ月から1年ぐらいにかけて切開した傷跡も目立たなくなってゆきます。

 

 腫れ・痛み・内出血  1週間程度
 期間  4〜6週間

【〜1週間】

通常当日にはジンジンとした痛み、内出血が出る可能性がありますが、腫れも含め1週感程度で落ついてゆきます。ただしこの期間はメイクは控えた方が無難です。

【〜2・3週間】

ほとんどの場合腫れもほぼ治り、ラインの美しさが見えてきます。

【〜1・2ヶ月】

症状もほぼ治り完成です

 二重整形に失敗ってあるの?

画像名の画像

期待が大きすぎる場合や医師とのコミュニケーションが取れていなかった場合など、結果に満足できないようなことも起こる場合があります。 そのほか、確率は低いとはいうものの失敗することもあるのは認識しなければなりません。 そこで、これまで起こりうる失敗例と失敗した場合の対処法を考えます。

 

 

まず、共通して起こる可能性のある失敗例です。

 

目の周囲の筋肉の働きが弱いと、幅の広い二重を作った場合、まぶたの開きが悪くなりことがあります。

 

左右のバランスの良い人もいれば、最初から左右に違いがある人もいます。これをバランスよく均一にすること自体が難しい作業でもあります。医師の経験や技術力、センスに大きく左右されます。

 

埋没式の二重整形の寿命は3〜5年。いずれは緩んで取れてしまいます。けれど、まぶたに脂肪がついている場合やまぶたを擦るなどで糸が取れやすい体質の方もいます。思い当たる場合は他の手術法を選ぶのが無難です。

 

埋没式の腫れは通常1週間程度でほとんど目立たない程度にひいてゆきます。もし、1ヶ月も腫れがひかない、思う二重が出てこない場合、ラインの位置が違っていたり、糸が目の開きを悪くしている場合が考えられます。

 

皮膚の上に糸が出てしまう場合があります。この場合抜糸する必要があります。

 

まぶたの裏側から糸が出てしまう場合もチクチクとした痛みがでます。

 

糸にバイ菌がついてしまった場合、炎症して赤く腫れることがあります。

 

術後1ヶ月程度で二重が取れてしまう場合は技術的なミスの可能性があります。

 

頻繁に擦ったり、触ったりすることで傷跡が長く消えにくくなってしまうこともありますが、手術の技術的なことが影響している場合も考えられます。

 

脂肪やたるみを切除する場合、切除する量や位置の微妙な加減で二重ができる位置にも違いができてしまいます。ほとんどの予測は可能ですが、技術的なミスで位置が明らかに違う場合もありえます。

 

皮膚のたるみを取り過ぎたり同時におこなった眼瞼下垂手術の影響で目を閉じても薄目を開けているような状態になってしまう場合があります。

 

脂肪を取り過ぎてしまった場合に起こります。予想以上の奥二重になったり、三重やそれ以上になるなどの状態になってしまうこともあります。 上記いずれの場合も疑わしいと感じたら早い段階で再受診してもらう必要があります。 それが技術的なミスであってもほとんどの場合修正は可能です。

 

埋没式

*修正時期

糸が緩む、見える、チクチクするなどの場合は直ぐに受診するようにしてください。 それ以外、腫れや左右のバランスが気になる場合などは1ヶ月ほど変化を確認して受診するようにしてください。

*修正法

左右のバランスが違う、二重になる位置が違うなどの見た目の修正は再度糸を掛け直す、糸を増やすなどの手術で修正します。 それ以外の場合は先に抜糸して再手術することになる場合が多いようです。

 

切開法

*修正時期

目が開きにくいなどの異常は1週間以内に再手術する必要がある場合もありますが、 症状が軽い場合やそれ以外は腫れがひいた段階で再手術になります。 ただ、不自然さを感じたなら早い段階で医師に相談するようにしましょう。

*修正法

脂肪を取り過ぎてしまった場合は再注入、それ以外では再手術になりますが、ほとんどの場合調節は可能です。

手術するにあたって、幾つかの注意点があります。

 

自分がなりたい二重がどういうものなのかをしっかり伝えてください。しっかりとカウンセリングに時間を取ってもらえるのが良い医師です。

 

手術に伴うリスク、どの程度までの手術が可能か、どう変化するかなど、大まかな結果がイメージできるほどの説明をもらえる、手術法やなぜその方法を選ぶのか、ダウンタイムについてまでの説明をしてもらえるか、経験は豊富か、などが選択の基準になります。 ただ漠然と親しみやすい雰囲気だけで選ぶのは要注意です。

 

シュミレーションで位置や顔立ちの変化は想像できます。受診する前メイク前、メイク後などいろいろ鏡の前で試してみるのも良いかもしれません。 平均的な二重の位置は黒目の縦の長さの2〜3割程度の幅が理想的であると言われています。

 二重整形、おすすめクリニック

婚活の画像

微妙で繊細な二重整形を失敗せず満足のゆくものにするために、いかに優れたドクターに巡り合うかは最も重要な課題です。

 

 

 

 

設備

最新設備を整えているか、清潔感はあるかを基準にしてください。

 

電話対応や受付の対応がそっけない、スタッフの意思統一ができてないのはやはり減点。 手術内容以上にお得キャンペーンや金額の説明の方が優先している、こんなクリニックに任せるのは不安です。

 

HPやメニュー表などで自分自身でも比較できるような表示がされているかも嬉しい配慮です。

 

高いから良いとは限りません。要は明確な見積もり金額の提示があるかです。 キャンペーン価格ばかりが目立って、オプション追加で結局高い手術費用になってしまった、来院すると結局高い手術を進められた、なんてこともあるかもしれません。

 

クリニックによってはアフターフォローや保証制度を明記しているところもあります。 大手クリニックはその点においての安心感がありますが、念のためにHPなどで確認しておくにこしたことはありません。保証期間や保証内容、再手術の対応は確かかなどを基準に確認してください。

担当医を判断する基準を考えます。

 

経験

これまでおこなった手術の回数、手術内容、経歴、専門知識など。担当する医師の情報はHPに記載されています。もし記載がなければそれは避けるべきと判断してください。

 

カウンセリングを受ける際、以下の項目に注意してください。

  • 手術についての詳しい説明があるか

どの部位をどの程度どう手術すれば、どうゆう結果が期待できるかの説明の有無を確認する。

  • なぜこの手術が適しているか

自分の顔立ちに合った手術法であるかどうかをチェックする。

  • リスクの説明があるか

この手術にあるリスクとその度合い、もしもの場合の対策、修正が可能かどうかなどについての説明があるか確認する。

  • ダウンタイムの説明があるか

ダウンタイムについてもリスク同様に事前に確認しておく必要があります。 もし、カウンセリングを受けた後でも以上の内容の説明が無い、良く解らないようであれば避けたほうが無難です。

 

人柄

話しやすいか、こちらが不安に思うこと、疑問に思うことにしっかり答えてもらえるか。 自分の経歴や医師がすすめる手術にだけに話が終始してしまうような担当医の執刀は避けるようにしましょう。

二重LP

湘南美容クリニック

【腫れづらいばれづらい二重術】
両目1点7,350円(税込)から
年間症例数31,052件の実績


公式サイトを見る→
 

年間の来院数100万7千人に及び、全国に71院を展開する湘南美容外科クリニックは、丁寧なカウンセリング、無理な勧誘を一切行わない、各施術ごとの安心保証制度、担当ドクターがアフターフォローも行う、以上の安心制度で対応します。

 

二重整形手術においても、年間で3万人以上の症例件数を持つ実績、最新技術の導入、高品質医療を低価格で提供、以上の特徴を誇ります。 手術法も目的別、タイプ別、お悩み別、施術別で選択、理想の二重が実現します。

 

【埋没法】

極細の糸をまぶたに埋め込む方法

 

*ナチュラルベーシック法 

施術時間10分、

極細の糸をまぶたの2〜3箇所に埋め込みます

*腫れずらいバレずらい二重術 

施術時間は15分、

メイク感覚で施術するスタンダードな二重術

*フォーエバー二重術 

極限まで取れにくい埋没法、ほとんどの人が一重に戻らない施術法で2日目からメイクも可能です。

*クイックコスメティーク法 

まぶたに針を通さない施術法。表面に傷もつかず、施術直後からのメイクも可能、究極に腫れを抑える高品質の二重術です。

 

【切開法】

まぶたを切開し二重を作ります。

*全切開法二重術 

皮下にある眼輪筋や瞼板を処理することで切開したラインに強固な二重を作ります。

*たるみ取り併用全切開法二重術 

皮膚を切開したるみの原因になる余分な脂肪や皮膚を除去することで切開したラインに強固な二重を作る施術法です。

二重バナー01

聖心美容クリニック

【大手美容外科で唯一】
世界規格ISO9001:2015認証取得
医師による無料カウンセリング
術後まで安心のサポート

公式サイトを見る→
 

「高品質美容医療」をかかげ、技術とサービスの向上を図り、20年の実績を誇ります。 医療技術においては、美容外科にとどまらず「美容皮膚科」「美容内科」「美容再生医療」の実績も重ねています。 美容医療においての

  • 安心

ゆったり話せる。リラックスしてすごせる。

  • 信頼

10年後、20年後もご来院いただくために。術後チェツクも医師がきちんと行います。

  • 納得

施術メニューを豊富に揃え、ベストな選択、一番の提案を心がけます。

  • 安全

安全なのは当たり前、あたりまえのことをあたりまえに行います。

  • 満足

カウンセリング重視&シュミレーション全院導入で、患者様が気付いていない「こだわり」に気づきます。 以上のご提供を「だいじ」と考えます。 二重整形手術では目の大きさ・形やまぶたの状態・くせなどあらゆる面を考慮して希望の目元へ導きます。

 

*埋没式

『聖心美容クリニック式 マイクロメゾット+α埋没法』を導入。 独自開発の先の丸くなったマイクロサイズ(0.33mm)の針を採用し、「とにかく腫れない」を実眼しました。

 

*切開法

全切開法・部分切開法を導入。 バランスを考えたデザインで仕上がりの美しさにこだわります。 そのほか、目尻切開、目頭切開、たれ目形成などの手術も可能です。

二重LP

城本クリニック

【安心安全なら城本クリニック】
「1年保証」と「永久保証」から選べる保証付き!
極細針で痛みを緩和した施術
他院での施術修正も可能!

公式サイトを見る→
 

30年以上の歴史と実績を誇り、全国に27院の美容外科・皮膚科院を展開する美容専門のクリニックです。 丁寧なカウンセリング、10万件以上の症例実績を持つ技術力、「仕上がりの美しさ」を求める美容専門外科医による細やかな手術とデザイン、アフターケアの充実、明朗会計、5つのポリシーを持って手術にあたります。

 

*埋没法 

10分で自然な二重まぶたが実現 。

*切開法 

腫れぼったさも解消し、くっきりとした二重が実現する 。

*マイクロ切開法 

埋没法、切開法両方の長所を生かした手術法。 選べる1年保証・永久保証も嬉しい配慮です。

 まとめ

婚活の画像

目元の美しさは顔立ち以上にその人を引き立たせる存在感を演出します。ほんの少しメイク感覚で手を加えるだけで人生を左右するほどのチャンスが巡ってくる、なんてこともありえるかもしれません。そんな夢にかけてみたい、想いは誰でも心のどこかに秘めています。実行するかどうかは個人の想いの深さによるのかもしれませんが。 ただ、だからこそ失敗しないための細心の注意は必要ですね。

【治療実績なら品川美容外科】

品川美容外科

品川美容外科


500万件を超える多くの症例実績
低料金と安心のアフターケア
★無料カウンセリング実施中

 


  公式サイトを見る→

 

 

↓どこでも安心の全国展開!↓

二重LP

湘南美容外科クリニック

【年間来院数100万人突破!】
★全国72院展開で通いやすい
両目1点7,350円(税込) ~
無料カウンセリングも実施中!


公式サイトを見る→