ホーム >> 美容コラム >> 二重 >> 奥二重からパッチリの二重にできるの?

美容コラム

更新日
奥二重からパッチリの二重にできるの?
カテゴリ

奥二重の女性は非常に多く、できればぱっちりとした二重になりたいと考える人がほとんどです。 奥二重をぱっちりとした二重にするには様々な方法がありますが、もっともメジャーで安価なものだとアイプチになります。

 

奥二重からパッチリとした二重にするにはアイプチのような癖付をしていくアイケア用品や、切らない手術になるプチ整形などもあります。 奥二重だからパッチリの二重にならない、と諦める必要は全くないといってもいいでしょう。初めにおおよその二重整形の費用を乗せておきましたのでご紹介します。

 

埋没法の各クリニック値段相場【Bebele調べ】
 クリニック名  費用(両目2点)
 城本クリニック  \60,000~
 品川美容外科  \18,140~
 湘南美容クリニック  \13,612~
 聖心美容クリニック  \115,000~

 

 

 

 奥二重からパッチリの二重にするにはどうしたらいいのか?

画像名の画像

 

 

奥二重とパッチリとした二重の違いはまぶたの脂肪量なども関連してきます。 まぶたに脂肪の多い人は本来は二重であっても脂肪の重みで奥二重になりやすいなどの弊害が出てきてしまうのも実情です。 この場合はアイプチなどよりもまぶたの脂肪吸引などが有効であり、本来の二重に戻しやすいといってもいいでしょう。

 

奥二重も基本的には二重まぶたになります。前述のように脂肪の重みでまぶた全体が重くなってしまっているなどが原因になることが多く、この場合はまぶたの脂肪吸引などのプチ整形などが最も効果を発揮します。

 

奥二重は他にも蒙古ひだなどが原因とされる場合もあり、この場合も切開などで蒙古ひだを取り除くことで二重になりやすくなります。 奥二重も元々は二重であり、脂肪の重みでの奥二重になっている場合が多いと考えてもいいかもしれません。

 

二重まぶたにも種類があり、大きな違いが出てきます。 二重まぶたには「末広型」と「平行型」がありこの二つは大きな違いがあります。

 

末広型

末広型は目じりに向かって二重の幅が広がっていくもので、自然な二重と考えても問題はありません。 日本人の二重の多くがこの末広型であり、プチ整形などでも人気が高い形になっています。 末広型はアイメイクなどの際にもシャープな印象や柔らかな印象まで幅広く対応できるものであり、目元を綺麗に見せるにも適した形の二重といってもいいでしょう。

 

平行型

平行型は欧米に多い二重幅であり、平行幅で目じりまで伸ばしていく二重になります。 ハーフタレントの多くがこの平行型であり、全体的にかわいらしい目元になるのも特徴の一つです。 世界人口で見ると多いのは平行型になりますが、日本人で多いのは末広型なので、平行型の二重幅は日本では少ないと考えてもいいでしょう。

 

実際にアイプチやプチ整形などで希望が多いのも末広型であり、近年では海外でも末広型の人気が高まっています。

 

日本での二重の人気の高さは末広型が多いですが、モデルなどの職業の場合は平行型を希望する場合も多く、カウンセリングなどで双方の考えを重ねていくことになります。 日本という限定にすれば末広型の二重が多いことから、プチ整形や二重整形で人気が高いのは末広型です。

 

末広型の二重を作る際にも二重幅の広がり方などを極端にしてしまうと、人工的な目元になりがちです。 また、目頭切開や蒙古ひだの除去などを考えている場合は末広型だけではなく平行型にすることでバランスの良い目元をつくることにも繋がります。

 

 

 なぜ二重になるのか?

画像名の画像

 

二重まぶたの日本人のパーセンテージは45~50%程度といわれています。 古くは縄文人と弥生人の混血で一重まぶたと二重まぶた、奥二重などが生まれるようになり、これに対して欧米では90%以上が二重まぶたというデータもあります。

 

また、一重の人が体調不良や疲れなどで二重になることがありますが、これは体が疲れなどを出しているサインなので喜べるものではありません。 また、一重や奥二重であってもアイケア用品などを使用し、まぶたに癖をつけることで二重の癖をつくることも可能といえます。

 

ですが、これらの癖付は一朝一夕で出来るものではなく、年単位での実行が大事です。ナイトケア用品などのアイケア用品もあり寝ている間にも癖をつけていくなどの製品も多く出てきました。 ですが、固定という面においてはどうしてもアイプチなどは不安定であり、確実性が少ないと言えるものになります。

 

 

アイプチもプチ整形も、手軽に目元の印象を変えることができ、二重を作りやすくするものになります。アイプチは繊維製のものであり、テープやのり上のもので癖をつけていくので繊維を剥がすと同時に二重も崩れてしまうということが一般的です。 朝、アイプチなどを行って夜洗顔した際に剥がれる場合など睡眠中は一重や奥二重に戻っている状態になります。

 

これに対してプチ整形は切開せずに糸でまぶたを固定していく方法になります。 簡単に言えば糸でまぶたの一部を縫い付けることで二重をつくる形です。 当然ですが固定されているので洗顔などで取れることはなく、糸自体が簡単に外れることもありません。

 

お試しの二重体験などに多い一か所を縫っていく「一点止め」を始め2~4か所を縫っていくことで固定の力を上げていくことも可能です。 メスや麻酔を使わないことからこの縫っていく「埋没法」は「プチ整形」として名前が広がっており埋没法よりもプチ整形のほうが一般化しているともいえます。

 

アイプチなどでつくっている二重を固定してみたいけども、切開は出来ないという人におススメなのがこのプチ整形であると考えてもいいでしょう。

 

プチ整形も立派な整形手術の一つです。 では、なぜプチ整形という柔らかな言葉になっているのか?になります。 これは一般的な美容整形はメスや麻酔を使用していくものであり、これに対してプチ整形はメスを使用せず、時間も短時間で終わるものになります。

 

二重手術はもちろんですが、ボトックスやヒアルロン酸の注射などもプチ整形のカテゴリーに入り、簡単に美容効果を体験できることなどからも人気が高いです。 二重まぶたのプチ整形の多くが、まぶたの一か所を特殊な糸で縫い留める「一点留め埋没法」です。

 

価格などもお試し価格なども多く二重体験を手軽にしてみたい人や、切開法の前に二重がどのように持つのか、洗顔時に取れない二重の状態はどんなものなのかなどの判断にも使われることがあります。 プチ整形とは言いますが、一点止めだけではなく2~4か所を止めていくこともあり、この場合は数年~半永久効果などもあるのでプチ整形といっても侮れるものではありません。

 

一点止めでもその後追加の手術をしなくてもいいくらいにしっかりと固定されている人なども多くいるので、アイプチの使用が苦痛になってきた場合に次のステップとしてプチ整形があると考えてもいいかもしれません。 また、プチ整形の手軽さはもちろんですが、ダウンタイムがほとんどないのもメリットの一つといえます。

 

特に目元は前面に見えるものなので、整形などをできるだけ知られたくないという人がほとんどです。 その際にも翌日にはもう腫れなどの多くがひいていることになるプチ整形は非常に便利であり、式典などの前に行う人も多いです。 ですが、100%ダウンタイムがないとは言えません。

 

体質や体調などでこの部分は大きく変わってくる部分になります。 安全を考えるならば二重になれることなども合わせて1週間程度は余裕をもって施術するのがいいといえます。

 

 

 おすすめクリニック

二重手術をうけるにしてもどのクリニックがいいのかわからない。 そういう人は非常に多いです。クリニック選びで大事になってくるのはカウンセリングをどこまでしっかりと行ってくれるか?になります。

 

メディアなどで見る整形経験者などの多くは整形依存症の様に取り上げられることが多く、二重なども何度も繰り返して整形している、整形していく必要があるなどのイメージを持ちやすいのも実情です。 実際のところは二重の整形はプチ整形などを体験して切開法に移動するなどを除けば、1回の施術で充分であることがほとんどです。

 

紹介させていただくクリニックは実績とカウンセリング力の高いクリニックであり、二重はもちろんですがトータルでの顔の形にあっているかどうかなども提案できる面、アフターケアなどの際にもユーザーのメンタル面での軽減などを考えているクリニックになっています。

 

品川美容外科

品川美容外科

【全国展開の品川美容外科】

*症状から選ぶ二重術
*アフターケア充実
*ネットから簡単予約

  公式サイトを見る→

 

 

品川美容外科は美容クリニックの老舗であり、何といっても低価格での二重整形ができる部分が大きなポイントになります。 特に一点止めの埋没法は美容クリビックの中でも破格の安さであり、プチ整形を試してみたい、学校の始業などで忙しい状態でのアイプチをできるだけしない日を作りたいなどの考えの学生さんでも安心してお試しで受けることのできる価格になっています。

 

品川美容クリニックは全国にあり、地方でも本院と同じ施術をうけることができます。 特にプチ整形として提案している一点留め埋没法はダウンタイムもほとんどなく、施術時間も両目で15~30ておくだけでいいという美容クリニックの中でも短時間での施術であり、お試しという枠ではおさまらないプチ整形の効果を体験することができます。

 

施術前はプチ整形であってもしっかりとしたカウンセリングと、アフターケアできること、深夜時間などでのメール連絡対応の方法などもレクチャーしてもらえるので美容クリビックにはじめて来院するユーザーでも安心できる存在といっていいでしょう。

 

品川美容外科の埋没法価格表【Bebele調べ】
 1点留め
 片目  6,940円
 両目  9,070円
 2点留め
 片目  13,880円
 両目  18,140円
 3点留め
 片目  18,520円
 両目  30,170円

※ 価格はすべて税抜表示です。

 

品川美容外科その他の施術価格表【Bebele調べ】
 二重術切開法 
 両目  90,740円 
 片目  60,180円
 スーパーナチュラル二重術切開法
 両目  275,920円
 片目  220,370円
 スーパーナチュラル二重術切開法ロング
 両目  461,110円
 片目  368,510円

※ 価格はすべて税抜表示です。

 

品川美容外科ではアフターケアはもちろんですがメールでの相談を24時間受けて付けているので営業時間内にクリニックに電話などができない場合でもメールでじっくりとしたやりとりが可能になっています。

 

メールでのやり取りは後で読み返すことができるので自分の考えや希望を伝えやすい事やカウンセリングの前に事前にどのような希望なのかのやりとりができることなどからドクターとユーザーの距離を縮めやすいクリニックともいえます。

 

品川美容外科の詳細はこちら

 

二重LP

城本クリニック

【経験豊富な城本クリニック】
「1年保証」と「永久保証」から選べる保証付き!
極細針で痛みを緩和した施術
他院での施術修正も可能!

公式サイトを見る→
 

 

城本クリニックはベテランドクターの施術はもちろんですが、口コミでの来院が非常に強いクリニックでもあります。 アメリカなどでもサーマクールや豊胸などの分野で認定クリニックを受けており、その技術力の方かは世界でも評価されていると言える存在です。

 

二重まぶたの分野においてもより自然でより骨格、顔立ちにあった二重まぶたの完成を提唱しており、口コミでの人気でもこの部分の評価が非常に高いです。 また、二重だけではなく二重にした際に次にどの部分を改良することで生活などが快適になるかなどの提案力も高く、一つの施術で多様な美容効果を出すことができると考えてもいいでしょう。

 

城本クリニック施術価格表【Bebele調べ】
 施術方法  価格
 埋没法  60,000~円
 切開法  250,000円
 マイクロ切開法  200,000円
 目頭切開法  250,000円
 眼瞼下垂  お問い合わせ下さい
 目尻切開法  250,000円
 涙袋形成術(0.1cc)  12,000円
 上まぶたタルミ取り  300,000~円
 下まぶたタルミ取り  350,000円

※ 価格はすべて税抜表示です。

 

城本クリニックでは切開法でも個人のまぶたの重さなどを計算しての施術になり、二重幅なども左右のバランス、切開が必要なのは両目なのか片目だけなのかなどを提案してくれるクリニックといってもいいでしょう。

 

また、珍しいものとして他院の埋没糸抜去(1点につき)¥20,000というものもあり、埋没法のリメイクなども行っています。 これらもユーザーの声から生まれたものであり、埋没法でも不要な留め方などへの警鐘にも繋がっています。 必要な数だけ止めていくことが城本クリニックの埋没法といってもいいでしょう。

 

 

城本クリニックの詳細はこちら

 

二重バナー01

聖心美容クリニック

【大手美容外科で唯一】
世界規格ISO9001:2015認証取得
医師によるカウンセリング
術後までサポート

公式サイトを見る→
 

 

聖心美容クリニックは全国に医院があり、20年以上の歴史を持つ美容クリニックです。 フリーコールは全国共通であり、夜間対応のできるコールセンターの準備などもあり、20年のノウハウから生まれたサポート体制になっています。

 

聖心美容クリニックでは徹底したダウンタイムのカットを目指しており、腫れない施術を多く提案してきた実績があり、口コミランキングでもダウンタイムの短さを多く見ることができます。 また、ティーン時の悩みなどにも対応できるように保護者同伴で施術やカウンセリングをうけることも可能であり、目元などでいじめなどにつながることを防ぐなども可能です。

 

海外ボランティアなどにも積極的であり、国内はもちろんですがグローバルな展開をしているのが聖心美容クリニックといえます。

 

聖心美容クリニックの価格表【Bebele調べ】
 1点留め法
 片側  40,000円
 両側  58,000円
 2点留め法
 片側  69,000円
 両側  115,000円
 マイクロメソッド+α
 片側  95,000円
 両側  155,00円
 2点ダブルノット法
 片側  95,000円
 両側  155,000円
 3点留め
 片側  115,000円
 両側  175,000円
 4点留め
 片側  125,000円
 両側  185,000円

※ 価格はすべて税抜表示です。

 

また、聖心美容クリニックでも他のクリニックでの埋没法の糸の除去を行っています。

 

聖心美容クリニックでは埋没法の場合は2点留め以上を推奨しており、埋没法であっても長期的な効果を期待できる施術になっています。 聖心美容クリニックで独自のマイクロメソッドαを提供しており、顎のたるみや眼瞼下垂、肩こりなども解消したなどの報告もあり、一回の施術で多方面への効果が期待きるものもあると考えていいでしょう。

 

聖心美容クリニックの詳細はこちら

 

二重LP

湘南美容クリニック

【腫れづらいばれづらい二重術】
両目1点7,350円(税込)から
年間症例数31,052件の実績


公式サイトを見る→
 

 

二重まぶたの手術の経験数はアジアで最も多いとされているのが湘南美容クリニックになります。 湘南美容クリニックは全国71の医院を展開しており、地方都市などでも気軽に美容面の悩みなどを相談できる存在としてもっともメジャーな美容クリニックの一つと考えてもいい存在になります。

 

湘南クリニックではプチ整形はもちろんですが、切開法にも様々種類があり、二重をつくだけではなく部分ダイエット効果のある二重手術などの提案も行っています。 金額金額 湘南美容クリニックでは二重の切開だけではなく、同時に完成度の高い自然な目元、ダウンタイムの少なさなどを重視しています。

 

湘南美容クリニックの埋没表価格表【Bebele調べ】
 1点留め法
 片目  5,620円
 両目  7,350円
 2点留め法
 片目  11,250円 
 両目  14,700円
 3点留め法
 片目  14,170円 
 両目  23,080円
 4点留め法
 片目  27,130円 
 両目  38,470円

※ 価格はすべて税込表示です。

 

湘南美容クリニックその他の施術価格表【Bebele調べ】
 全切開法二重術 
 両目  191,560円
 タルミ取り併用全切開法
 両目  270,940円
 眼瞼下垂+二重 
 片目  254,680円 
 両目  427,770円

※ 価格はすべて税込表示です。

 

施術のアフターケアも無料で受けらえるなど不安要素を極力なくしたのが湘南美容クリニックの二重手術といってもいいでしょう。 湘南美容クリニックでは独自の割引制度などもあり、実際の支払価格が安価だったという口コミも多く、お手軽な二重体験ができるクリニックといえます。

 

また、美容外科の中でも遅い時間までの診察が可能なので仕事帰りにカウンセリングやボトックス、ヒアルロン酸注射などを受けるユーザーも多く、女性の悩み全般に対して心強い存在といえます。

 

湘南美容クリニックの詳細はこちら

 

 埋没法と切開法どちらが自然に二重になるの?

画像名の画像

 

二重手術は前述のプチ整形を含む埋没法と、メスを使ってしっかりとした二重幅を作っていく切開法の二つがあります。 埋没法は二重をお手軽につくれる部分がメリットですがプチ整形になる一点止めなどの場合は二重幅を理想の形にしにくい部分が出てきます。

 

これに対して切開法はダウンタイムなどはありますが、二重幅をカウンセリングの時点でしっかりと話し合うことで末広型などでも自然な二重をつくることができます。 手軽さをとるか、クオリティをとるかなどの表現もありますが、埋没法にも切開法にも双方のいい部分があります。

 

どちらの方法が自分に合っているのか、二重幅の希望や二重のかたちの希望などをカウンセリングでしっかりと話し合うことでよりベストな方法が出てきます。 埋没法などもですが、まぶたの脂肪吸引などで二重になる人も少なくはなく、埋没法、切開法、のほかに、まぶたの脂肪吸引なども方法の一つとしてプチ整形にカテゴライズしてもいいかもしれません。

 

実際に奥二重の人の場合は切開法を希望してクリニックにカウンセリングにいき、 カウンセリングで蒙古ひだの切開と脂肪吸引などになったというのも珍しくはありません。 いずれにしても医療技術になるので、カウンセリングの際に二重の希望の形などはもちろんですが必ずしも切開などではないことなども頭に入れておいてもいいかもしれません。

 

埋没法と切開法の違いはメスを入れるか入れないかになってきます。 埋没法は基本的に特殊な糸で縫いとどめていくことになり、切開法はメスを使って不要なまぶたなどを切除して二重のかたちを作っていきます。

 

近年の切開法には様々な複合技があり、切開法に埋没法を組み合わせたものや、切開法にまぶたの脂肪吸引などを組み合わせたものなどもあり、より二重幅のしっかりとした固定はもちろんですが美容効果を高める形を作りやすくなります。 他の二重形成としてまぶたの脂肪吸引なども近年は多く導入されています。

 

まぶたの脂肪吸引などはプチ整形と切開法の間と考える人も多く、まぶたの重みなどで奥二重になっている場合などは非常に有効な方法の一つになります。 また、左右の二重の幅が違う、片方だけ二重になるなどの悩みも埋没法や切開法で解消することができます。

 

このような症例の為に各クリニックでは片目料金を提案しているといえます。 二重が両目になった際の顔のバランスなどは大きく変化するので片側だけ一重や、二重幅が違うなどの悩みの場合もクリニックに行くことで悩みの解消につながります。

 

一点止めなどのプチ整形である埋没法からしっかりと四か所を縫いとどめていくものまで幅広く、一点止めなどはダウンタイムもほとんどないのが特徴です。メスや麻酔を使用しないのでプチ整形といわれることも多いですが、2~4か所を止めていく場合には部分麻酔などを利用したほうが心身の緊張などを和らげることができます。

 

埋没法はまぶたの裏などを縫いとどめるものなどもあり、様々な技術革新が行われています。また、ダウンタイムも一点止めの場合はほとんどなく時間にして15分程度でおわることなどからもプチ整形として定着したと考えてもいいでしょう。

 

2~4か所を止める際にはダウンタイムを少し考えるべきといえますが、切開法などに比べればダウンタイムがほとんどないのも特徴の一つになります。 ではデメリットはどうなのか?となれば固定の力にばらつきがある部分といえます。

 

一点止めでも半永久的な効果を感じるユーザーもいれば、1年程度で糸が取れてしまったなどもあり、平均して1~2年が一点止めのリミットという考え方もあります。 これに対して2~4点を止めていく場合は数年以上の耐久性などは生まれますが、人によっては糸の結び目などに違和感を訴えるなどになります。

 

二重整形の失敗とされる体験などで多い糸がまぶたから飛び出してきたという症例はほとんどなく、整形という単語から生まれたイメージといってもいいかもしれません。 埋没法のデメリットは糸の結び目などが気になる人もいるというものであると考えておく程度でいいでしょう・

 

プチ整形は前述のような一点止めで短時間で終わる埋没法であり、しっかりとした整形は切開法を基本とし、脂肪吸引や埋没法などを同時に行っていくものと考えてもいいでしょう。 近年の切開法はただメスを入れるだけではなくまぶたの脂肪吸引、埋没法、蒙古ひだの切除、涙袋の作成などをとりいれた複合技にすることで、二重だけではなく目元の完成度を高めていくのがメインになっています。

 

プチ整形はあくまで二重が継続している状態に慣れるものや、アイプチなしで過ごした時の気軽さなどを体験するものであり、この状態を半永久的にしたいならば切開法に移行していくと考えていくのがおすすめになります。 プチ整形の効果をもっと高くしたい場合には切開法などを視野に入れていくという考えでもいいでしょう。

 

ダウンタイムの目安は一点留め埋没法、いわゆるプチ整形の場合はほぼないと考えても問題はありません。 当日のコンタクトレンズの不使用指示などのクリニックもあるので、カウンセリング時に眼鏡を持参するかどうかなどは確認しておいたほうがいいでしょう。

 

切開法の場合は各クリニックによってもダウンタイムは変わってきますが3日~1週間程度が目安になります。 はっきりとした腫れなどは施術当日に出ることになりますが、その後は目のまわりのツッパリなどが2~3日続くのが複数止めの埋没法になります。

 

切開法などははっきりとした腫れは当日~翌日、なんとなく腫れてるなどは一週間~二週間程度とみておくといいかもしれません。 ダウンタイムの長さはそれぞれのクリニックで違っており、また、体質やまぶたの状態などでもダウンタイムは変わってきます。

 

ダウンタイムを短くしたい場合などは施術内容によって対応法も変わってくるのでクリニックで術後のカウンセリングなどでしっかりと対応してもらうことがおすすめになります。 自宅などでは施術後2週間程度はアルコールや喫煙は控えるようにした方がダウンタイムを短くしやすいといってもいいでしょう。

 

多くのクリニックで導入しているのが一時的に二重を人工的につくりだし、カウンセリング時に二重のかたちをユーザーのまぶたを使って提示する方法になります。 これは自分の顔で二重を見ることでより現実的なカウンセリングが可能になるので非常に大事な部分にもなります。

 

このモデリングをもとに二重の幅をしっかりと決めていくことでより自然で顔にあった二重をつくることにも繋がっていきます。

 

 

 まとめ

画像名の画像

 

二重手術は非常に身近なものになり、プチ整形という単語が生まれるまでになりました。 アイプチなどは小学生などが愛読する雑誌などでも普通に掲載され、どの様にアイプチを使っていくかで目のかたちが変わっていくかなどが毎月のように掲載されています。

 

低年齢であっても二重まぶたに対するあこがれがあり、プチ整形などのトラブルも低年齢化が進んでいます。 このような状態だからこそ、しっかりとしたカウンセリング、アフターケアのできるクリニックを選んでいくことが非常に大事になってきます。

 

二重手術は基本的に一回での完成になります。埋没法から切開法への移行や、まぶたの脂肪吸引、蒙古ひだの切除などの併合はあっても切開法を二回ということはほとんどありません。 メディアなどで取り上げらえる整形依存などは実際のパーセンテージは非常に少なく、整形に対するマイナスイメージを高めてしまう原因になっています。

 

美容整形は外見の変化に伴ってメンタル面などにも大きな効果を出すことがほとんどであり、多くのユーザーが「やってよかった」という声を上げています。 容姿の変化は性格なども大きく変えることがあり、今までと全く違う人生になったなども多く挙げられています。

 

美容整形という言葉だけが独り歩きし、マイナスイメージになってしまっていることが多く二重手術などにも否定的な意見があるのはこのためともいえます。 アイプチの誕生を始め、プチ整形などの言葉で整形というものは今までよりもぐっと身近になりました。

 

プチ整形などの場合は「アイプチで癖がついたみたい」などのごまかしも使えることなどから、長期の休みなどまではプチ整形で二重を作り、長期休暇の際には切開法をうけるなども多くなっています。 整形によって改善されるものは非常に多く、メリットやプラス効果が非常に高いです。

 

メスを入れない手術としてプチ整形や埋没法、まぶたの脂肪吸引などが台頭し、二重まぶたになりたいという願望は叶いやすくなりました。 悩んでいる場合はまず、希望のクリニックを何個か決めてカウンセリングを受けてみることでより自分にあったクリニックに出会うことにも繋がります。

 

ドクターとユーザーの距離や共通認識は非常に大事です。 カウンセリングを複数のクリニックで受けることで二重はもちろんですが、美容面における悩みの解消により近付くことにも繋がります。 二重手術は決して特殊なことではなく、美容整形の中でももっともメジャーなものです。

 

切開なしでの二重形成も可能です。 アイプチを毎日使うのが大変だったり、片方だけの一重をどうにかしたいと感じる場合には、まずカウンセリングを受けてみて手術が必要なのかどうかを考えてみるのがいいかもしれません。

【治療実績なら品川美容外科】

品川美容外科

品川美容外科


*症状から選ぶ施術法
*アフターケア充実
*ネットから簡単予約

 

公式サイトを見る→

 

 

↓どこでも安心の全国展開!↓

二重LP

湘南美容外科クリニック

【年間来院数100万人突破!】
★全国72院展開で通いやすい
両目1点7,350円(税込) ~
★カウンセリング充実


公式サイトを見る→