ホーム >> 美容コラム >> 二重 >> 二重整形って片目でもできるの?

美容コラム

更新日
二重整形って片目でもできるの?
カテゴリ

美しくパッチリした目、目の高さも均一に整った顔は、とても輝いて見えます。 誰しも「美しい顔でありたい」という心の声を持っています。ただ、目の大きさのアンバランスで悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

 

アイプチなどを使用して、イメージを変えようとしますがかぶれなど目の病気を引き起こす原因になり、悩みは増える一方です。しかし現在は、メスを使わず、目への負担も少ない「二重まぶた施術」で理想の目を手に入れることができます。 今回は、片目整形のこと、施術方法、おすすめの病院、など皆さんの「知りたい」をお伝えしたいと思います。

 

二重整形の相場(両目)【Bebele調べ】
 クリニック名  費用(両目2点)
 城本クリニック  60,000円~(税抜)
 品川美容外科  18,140円~(税抜)
 湘南美容クリニック  \14,700~(税込)
 表参道スキンクリニック  \18,000~(税抜)
 聖心美容クリニック  \115,000~(税抜)

 

 

 

 二重整形、片目だけは可能?

画像名の画像

 

目のバランスを整えるために、アイプチやアイテープを使用している方は多いと思います。ただ、これらは面倒である上に、肌のトラブルを引き起こします。アイメイクは大きなストレスになっているものです。その辛さを解消してくれるのは「美容整形」が効果的な対処法です。クリニックでにいけば施術を受けることができ、美しくなれる上に日ごろのストレスからも解放されていきます。

 

片目は二重まぶた、もう一方は一重まぶたの方や 左右の目の大きさが違う方など、目のアンバランスに悩む方は多いです。 人は、鏡を見るときは無意識に自分の都合の良いようにみてしまう傾向があるのです。 ですから、顔のバランスが悪くでも、鏡では自分の顔が均等に見えているのです。

 

自分の顔をよく見ると、実は両目大きさの違いに気づくことがあり、自分の顔写真を見ると余計にバランスの悪さに気がつきます。 そこで、左右のバランスを整えるために整形手術をしたいという方がいますが、中には心配で踏み切れない方もいるようです。しかし、整形はしっかり二重を得ることができます。 また目の悩みからくるストレスも解消されていくのです。

 

多くの美容クリニックは片目だけの施術をしてくれます。必ずしも両目セットではないのです。 ですから、二重でない方のまぶたを整形によって二重にすることは可能です。このように手術すれば、美しい顔のバランスでいることが可能になります。

 

また、別のケースとして、最終的には両目の二重整形を受けるけれど、まずは片目ずつ施術を受けたいという方法もあります。これには、仕事や学校のスケジュール的な問題がある、予算が合わないなどの事情などがあります。

 

クリニックの整形技術は日々進化しています。レベルも高いです。片目だけ二重整形の施術を受けたいけれど、左右対称になるのか心配という方は多いのではないでしょうか。医師とどのような仕上がりにしてほしいのかをしっかりとカウンセリングをうけることで、理想の仕上がりに近づけてくれます。

 

一見すると人の顔は左右対称に見えます。しかし、左右を比べてじっくりみると、実はかなりの差異があります。眉の位置や目の大きさ、目の開き方、まぶたの幅、まつ毛の伸び方、さらにフェイスライン。顔の右側と左側では、細かいところまで違うのです。

 

目元のアンバランスは気になってしまうものです。目の大きさ、目の形は人それぞれです。生まれつき目を開ける力(開瞼力)が弱く左右目の大きさが違う方もいます。さらに目の多きさが違うと、左右黒目の面積にも違いが出て、さらにバランスが悪く見えてしまいます。 しかも目は顔の中でも目立つ部分です。

 

つまり、人から注目されやすい部分なのです。 クリニックで施術することでこれらの悩みは解消されます。 二重整形は、施術時間も長時間ではありません。目で悩んでいる期間はなんだったのだろうかと思えるほどに解消されます。 治療することでぱっちりとした目になり、美しいバランスを保つことが期待できるのです。

 

目の左右差は、体の歪みとも密接な関係があると言われています。 バッグをいつも同じ側の肩にかける、椅子に座る時は脚を組むなどの習慣がある人は体が歪んでいる可能性があります。身体が歪むと、頭蓋骨にも影響し、表情筋や皮膚のたるみを引き起こし顔のゆがみを招きます。それが目の左右差にも繋がるのです。ちょっとした習慣が何年も続くと身体は大きく変化していきます。日々の生活習慣も気をつけたいものです。

 

メイクをするときに鏡をよく見てください。 両目が二重の方も、片方が一重の方も「二重の幅が違う」と感じます。 まぶたの左と右は 「皮膚の厚さ」 「脂肪の厚さ」 「まぶたのラインの形(切れ上がっている、水平、垂れ目など)」 様々な状態によって二重幅の違いが起こります。

 

たるみのない整った二重幅の目は人に「美しさ」の印象を与えてくれます。また 顔のバランスが良く見えるのです。 クリニックでは、 一人ひとりのまぶたやまぶたの幅をよく観察し、バランスよく同じ幅に近づくように最適な施術を提案してくれます。

 

 

両方の目を施術するというよりは、片目だけ施術してほしいと望む方も多いのではないでしょうか。 片方の目は二重だけれど、もう片方は一重で悩んでいる方や片方の目は形が不自然だからメイクに時間がかかるので整形で大きさを整えたいなどです。カウンセリングは多くの場合無料で行われるので気軽にクリニックに相談してみると良いでしょう。

 

二重まぶたの整形費用の相場は、おおよそ「5万~30万円」と言われています。大きな差異を感じます。 しかし、片目だけの場合、埋没法で5〜10万円、切開法では10〜15万円ほどで終了します。 毎日使う、アイプチやアイテープにかかる費用と手間を考えると、理想の目を手に入れることができるうえに安く施術してもらうことができるのです。

 

 

 知っておきたい施術のこと

画像名の画像

 

メイク、アイプチ、服装、髪型など外側の努力を重ねても、目の形が整っていないと、根本的な悩みは解消されません。美しい目のバランスを目指して整形を決めたものの、不安が拭えていない方もいらっしゃるでしょう。 そこで、施術知識を取集するのは絶対条件です。しかしもっと大切なことは、病院のカウンセリングをしっかり受けること、そして信頼できる、技術力の高い医師を見つけることです。そして医師と十分に相談するようにしましょう。

 

目の施術にも種類があります。 二重まぶたはスカートのプリーツのように、上まぶたの皮膚が「ヒダ」になった状態です。美容整形では、「埋没法」と「切開法」のいずれかを使って、このヒダを形成します。 これらの施術内容を詳しくみていきましょう。

 

埋没法

比較的簡単で気軽に施術を受けられることから「プチ整形」とも呼ばれている埋没法です。こちらの施術方法では、メスを使わずに医療用の糸をまぶたに埋め込むことで二重ラインを形成します。 上まぶたにヒダを作り、その状態でまぶたの3〜5ヵ所ほどを手術用の極細の糸で縛り、固定する方法です。手術はまぶたの内側から行うので、肌の表面に跡が残ることがないのがメリットです。

 

埋没法の値段相場(両目)【Bebele調べ】
 クリニック名  費用(両目2点)
 城本クリニック  60,000円~(税抜)
 品川美容外科  18,140円~(税抜)
 湘南美容クリニック  \14,700~(税込)
 表参道スキンクリニック  \18,000~(税抜)
 聖心美容クリニック  \115,000~(税抜)

 

切開法の中でも、まぶたの一部(1㎝程度)を切開する施術方法になります。 糸ではなくメスを使う施術になりますが、綺麗な二重まぶたにすることが可能です。主にまぶたの皮膚を切開して縫い縮め、ヒダを作る施術です。

 

切開法の中でも、まぶたを大きく(3㎝程度)切開する全切開法です。美しく、自然できれいな二重まぶたにすることが可能です。まぶたの脂肪が多い人でも綺麗な仕上がりを期待できます。埋没法や部分切開に比べ、二重ラインの永続性が格段に持続すると考えられています。

 

全切開法の値段相場(両目)【Bebele調べ】
 クリニック名  費用
 湘南美容クリニック  191,560円~
  城本クリニック  250,000円~
 表参道スキンクリニック  ¥270,000~(両目) 
 品川美容外科  90,740円~
 聖心美容クリニック  300,000円~

 

二重整形の施術には埋没法と切開法があるとご説明しました。では、それぞれの施術時間や術後の過ごし方はどのようになるでしょう。例にあげてご紹介します。

 

二重整形には大きく分けて埋没法と切開法の二種類があります。

埋没法は約10分

切開法は部分切開で30~40分程度

全切開法でも40~50分程度

どちらの施術も1時間以内で完了すると考えられます。 入院の必要はありませんので 学校や仕事の帰りにクリニックに立ち寄って施術を受けることも可能です。

 

 

参考までに術後のおおまかな流れをご紹介いたします。(埋没法の場合)

施術当日~3日後 施術当日から、約3日後までは強く腫れている可能性があります。学校や会社を休むことが可能であれば、家で安静にしましょう。

施術後4日目~1週間 施術直後と比べると、大きな腫れはなくなっているでしょう。外出する際には軽くメイクをすることができます。

施術1か月後 理想の二重ラインがほぼ完成するのはこの時期です。腫れや内出血はほとんどないと考えられます。

 

美容整形はあくまでも医療行為です。トラブルのリスクは、ゼロではありません。 大きな不安としては、術後の目の腫れが考えられます。しかし、施術後、生活に気をつければ腫れがより早く引くとされています。体を無理に動かさない、心臓より頭を高くする、体を温めすぎないといったことに気をつけることで目の腫れの不安が解消されていきます。

 

埋没法は糸を通すだけという手軽な施術である反面、人によっては効果が持続せず、目が元に戻ってしまう可能性があります。再び埋没法の施術を受けることで二重を形成することは可能ですが、何度も繰り返すのはまぶたに負担がかかる場合があります。

 

切開法はまぶたを切開して二重にしますので、効果が持続しやすいとされています。しかし、埋没法に比べると費用が高いというデメリットもあります。どの方法にするかはご自分の希望を伝え、医師からしっかり説明を受けてください。最善の方法を提案へ導いてくださいます。

 

実は、施術においては、思っているよりも痛みは少ないと言われています。それは目の周りは皮膚が薄く、柔らかいからです。人によって痛みのない方もいらっしゃいます。ただ、麻酔が切れてくる3、4時間後は痛みを感じることもあるようです。いずれにしても、何か変化を感じたらすぐにクリニックに相談するようにしましょう。

 

施術では腫れがでにくいように細心の注意を払って施術されます。しかし、目は皮膚も薄く、デリケートな場所なので、多少の腫れは出てしまいます。短期間で腫れを治めるためにも、医師から術後の過ごし方などアドバイスをもらいましょう。

 

また、術後の腫れや内出血を引かせる期間「ダウンタイム」が必要になります。 ダウンタイムの期間は、埋没法であれば2~3日程度、切開法であれば2週間程度必要だと考えられています。いずれにしても、クリニックから説明を受けるようにしましょう。

 

特に毎日メイクする方は、施術後、メイクはできるのかが気になるところですね。 術後のメイクに関しては、埋没法と切開法で多少の差があります。埋没法であれば施術2~3日後くらいからメイクを行っても良いとされています。 切開法であれば7日後からメイクを行っても良いとされています。 ただ、手術の種類や状態によってはこの限りではありませんので、クリニックの医師に相談してみてください。

 

短時間で簡単に終了する施術ですが、無意識に身体全体に負担がかかっています。術後は身体全体を休ませてあげることも必要です。 まぶたの腫れやむくみを起こしにくくするために、寝るときに枕を高くすることを心がけましょう。また、まぶたや目元を冷やすことも大切です。

 

施術箇所を冷やすことは、腫れや内出血の予防になるといいます。清潔なハンカチやガーゼなどを当て、そのうえから保冷剤で冷やすようにします。ただし、長時間の冷やしすぎは逆効果になるので気をつけましょう。 アフターケアーに関しても、クリニックから説明がありますのでしっかり聞いておきましょう。

 

信頼ある病院には、医療機器、安全性の高い薬剤など、厳選された製品のみを使用しています。さらに消毒の徹底、高い衛生管理を行い安心して施術が受けられるよう整えている病院が多いです。

 

しかし、表面的には良く見えても実際は違ったということもあります。施術を受ける側も、病院を実際にみる、医師に質問をするなどをして情報を正しく得て、後悔がないように取り組むことが必要です。

 

麻酔

目の施術は基本的に局所麻酔によって行われます。また、全身麻酔を利用することもできます。局所麻酔は注射をしますが、全身麻酔は、笑気麻酔という吸入するタイプのもので行うため、注射が苦手な方でも安心して麻酔を使うことができます。

 

ご自分の希望に合う麻酔方法でクリニックを選ぶのが良いでしょう。 ただし全身麻酔は局所麻酔よりも料金が高額になる可能性があるので、カウンセリングのときに費用を確認しておきましょう。

 

費用

二重まぶたの整形費用は、施術方法によっても異なります。 片目だけの場合、埋没法の費用相場は5~10万円程度といわれており、切開法の費用相場は、10~20万円程度といわれています。クリニックによって施術方法も違いますので、費用の差が出てきます。ご自身の希望や状態に合わせた施術を探してみてください。

 

 

埋没法ではメスを使わないので、1か月もすれば二重のラインが完成すると考えられます しかし、切開法メスを使うので最終的に6か月で完成すると考えられています。切開法では手術後1週間で抜糸をするので、まぶたにメスで切った赤い線が残ります。それらが徐々に消えていき、腫れも引いていき、徐々にバランスが整えられていきますのでこの期間が想定されています。

 

  目の施術は、一度の施術で変われるという大きなメリットがあります。鏡を見てため息をつくこともなくなり、日々のケアからも解放されることは、魅力的な選択肢です。 トラブルの不安を除くためにもクリニックの医師としっかりコミュニケーションをとることが必要です。

 

二重埋没法は残念ながら永久ではありません 個人差はありますが、二重がとれる可能性があります。 何年継続するかは人によって異なりますので断言するのは非常に難しいです。 また人によってまぶたの幅や大きさが異なりますし、施術を行った医師の技量によって効果は変わってきます。

 

スキルの高い医師の施術を受けることができれば効果が長く続く可能性が高くなりますので、信頼できるクリニックを見つけることが大切になります。

 

二重整形の施術を行う前には必ず医師によるカウンセリングがあります。 その中で疑問や不安を質問し、聞く必要があります。医師とのコミュニケーションを密にすることが成功のカギです。安心を得て施術に臨むことを期待しています。

 

医師と十分に話し合う際は、こうなりたいというご自分の希望やご自分の心の状態もお話しください。これらをおろそかにすると、トラブルのもとになりかねません。施術に関するメリット、デメリットを知ることもとても大切です。医師から情報を教えてもらい、ゆっくり判断をすることがおすすめです。

 

 

 各クリニック片目の値段

 

二重LP

城本クリニック

【経験豊富な城本クリニック】
「1年保証」と「永久保証」から選べる保証付き!
極細針で痛みを緩和した施術
他院での施術修正も可能!

公式サイトを見る→
 

30年以上の歴史と実績を誇り、全国27のクリニックを展開する城本クリニックです。 高度な技術と長年の経験を持った医師のみが施術を行っています。有名雑誌にも多数紹介されており、これまで10万件以上の症例実績を持っています。

 

また、城本クリニックは保証制度が充実しており、1年保証、永久保証を選ぶことができます。 手術はもちろんのこと、カウンセリングにも充分時間をかけ、丁寧に行われます。すべての患者様に満足していただけるよう、サポートしてくださいます。 美容に関するお悩み、ご相談、ご質問がございましたら、ぜひ、お気軽にご相談下さい。

 

“切らない”二重まぶた術 2ライン留め法+取れにくい糸結び法

50,000円(片目、税抜)

 

“切らない”二重まぶた術 2ライン留め法+取れにくい糸結び法

55,000円(片目、税抜)

 

“切らない”二重まぶた術 2ライン留め法+取れにくい糸結び法

60,000円(片目、税抜)

 

城本クリニックの詳細はこちら

 

二重LP

湘南美容クリニック

【腫れづらいばれづらい二重術】
両目1点7,350円(税込)から
年間症例数31,052件の実績


公式サイトを見る→
 

アジアで一番多くの二重手術を行っているメディカルグループとして大人気のクリニックです。一年間の来院者数125万人以上(2017年度)、全国71院を展開(2017年11月時点)、ドクター在籍数123名(2017年1月)、二重術を受けるお客様は、年間5万4千978人(2017年実績)を誇ります。

 

さらに施術満足度95%以上(2017年度当クリニック依頼で施術されたユーザー評価集計)を達成されています。 新たに3年間の安心保証が発表され、最善の医療をよりリーズナブルに、質の高い施術を受けることができるようになりました。ぜひ憧れの眼力を手に入れて新しい人生を手にして下さい どうぞ、お気軽にご相談ください。

 

わずか10分で終了し、アイテープ感覚で行える二重術です。極細の医療用糸をまぶたの中に2~3箇所埋め込む施術です。

1点5,620円~
2点11,250円
3点14,170円
4点27,130円
※片目、税込価格です。

 

腫れづらいばれづらい二重術は、心臓血管外科用に開発された極細の医療用糸をまぶたの中に数箇所埋め込み、二重を作る施術法です。メイク感覚で施術が受けられるスタンダードな二重術です。

 

二重のラインが取れやすいという現象を糸の留め方を工夫することによって 解決したフォーエバー二重術です。

115,020円(片目、税込)

 

表に全く傷が付かず、結び目が気にならず、当日からお化粧が可能です。 また腫れも最小限、持ちもいい という特徴を持つ、画期的な埋没法です

115,020円(片目、税込)

 

ダブルは使用する糸の本数を、片目2本ずつにした施術となり、シングルよりも二重の持続力が長いことが特徴です。

179,730円(片目、税込)

 

皮膚を切開し、切開したラインに強固な二重を作る施術です。

254,680円(片目、税込)

 

まぶたの余分な脂肪をわずか数ミリの切開で取り除く施術です。まぶたの腫れぼったさを改善し、二重のラインがくっきりします。

 

湘南美容クリニックの詳細はこちら

 

二重バナー01

聖心美容クリニック

【大手美容外科で唯一】
世界規格ISO9001:2015認証取得
医師によるカウンセリング
術後までサポート

公式サイトを見る→
 

「高品質」を保つために、管理は常に厳しくあるべきと考え、美容外科初の国際管理基準「ISO」を取得。2017年現在、大手美容外科で取得しているのは聖心美容クリニックだけです。 さらに、こちらのクリニックでしか受けることができない独自の二重埋没法「マイクロメソッド+α」を採用。

 

こちらはもっと腫れにくい埋没法として、術後の腫れを極限まで抑えた施術法です。忙しくて時間が取れない方、腫れも、痛いのも避けたい人に安心して受けていただける方法です。納得いくまでカウンセリングをしてくださり、アフターケアーなどのサポート万全、 プライバシーも配慮されるので安心して来院できます。 ぜひ、一度気軽にお問い合わせください。

 

まぶたに通す糸、1本の施術

43,200円(片目、税込)

 

まぶたに通す糸 2本の施術

74,520円(片目、税込)

 

髪の毛よりもさらに細い医療用極細糸、マイクロサイズの針、腫れにくい麻酔針を使用しています。

102,600円(片目、税込)

 

まぶたに通す糸2本の施術、さらに取れにくい施術です。

102,600円(片目、税込)

 

まぶたに通す糸 3本の施術です。

124,200円(片目、税込)

 

まぶたに通す糸4本の施術です。

135,000円(片目、税込)

 

二重切開法は、目の上の余分な皮膚を取り除く施術です。 はっきり二重ライン、戻りにくい二重ラインをご希望の方におすすめです。

194,400円(片目、税込)

 

聖心美容クリニックの詳細はこちら

 

 片目アンバランスだと美しくない?

一般的に人は相手を見るとき、最初の場所は「目」だと言われています。 左右対称の目、整った顔立ちの印象は、「美しい」「かっこいい」と感じます。 しかし、目の形は、左右対称であることはむしろ珍しく、誰しも左右の違いがあります。

 

目元のバランスを整えることは限りなく「美人顔」に近づくのです。 クリニックでの施術は、この「限りなく」を考慮し、しかも自然な目元に近づくように施してくれます。

 

  目の大きさの差異原因はさまざまです。 例えば、頭蓋骨の形、顔骨格のずれ、皮膚のたるみ、眼球の大きさが違う、などです。 これらは、生まれもったものと言えます。 ただ、日々の生活習慣よって目のアンバランスが引き起こされることもあります。 その原因を探っていきたいと思います。

 

実は目は、手と同じように利き目というのがあります。利き目である片目だけを使いがちになるので、自然ともう片方の目の筋肉が衰えアンバランスが起こります。 スマホやPC、テレビなどの画面を長時間見ることで目の大きさが変化し、顔のアンバランスが起こります。

 

またスマホを見るときは、うつむき加減になる上、目に大きな負担がかかります。まぶたがたるむなどの現象もおこります。 画面を見る以外にも、考え事をするときにあごに肘をつけてしまう癖、座るとき同じ足ばかりを組んでしまう癖、同じ側の肩に鞄を下げてしまう癖などで顔のゆがみがうまれ、目の大きさのバランスが変わってくる原因が考えられます。

 

人は、様々なまぶたの特徴があります。目を開けると、一重まぶたの方、二重まぶたの方、片目が二重、もう片方が一重の方などです。 そもそも一重、二重まぶたは何が違うのでしょうか? 目の上まぶたの内部には「瞼板(けんばん)」があります。これには細くて、硬い軟骨が入っています。

 

この瞼板にはまぶたの上あたりから筋肉が伸びており、目を開けるときにこの筋肉が瞼板を引きあげて開く。この状態が一重まぶたです。 一方、二重まぶたは皮膚の「ヒダ」になります。まず、瞼板についている筋肉の一部が枝分かれしています。

 

それが、上まぶたの皮膚にも引っ付いているのです。この状態で目を開けると、 瞼板と筋肉が引っ付いている皮膚も一緒に引っ張りあげられてヒダができます。これが二重まぶたです。

 

日本人の7割は一重まぶたといわれています。まぶたが一重か二重かはまぶたの厚みによって決まり、薄ければ二重に、厚ければ一重になる傾向が強いと言われています。 まぶたの厚みの差異は「遺伝的要素」が大きいとも言われています。

 

しかし、ほかにも原因があり、左右まぶたに違いが表れることがあります。 ※疲労などによる血行不良やむくみ 長時間目を酷使すると、目が疲れます。そうすると目の周囲の血行が悪くなり、まぶたがむくむことがあります。すると、普段二重まぶたの人の目が一重になってしまう、ということが起こります。

 

また、お酒を飲む、塩分の多すぎる食事を取ると一時的に体がむくみます。そのむくみは目のむくみを引き起こす原因にもなります。 ※寝るときの癖など、物理的な理由 みなさんは、眠る姿勢の癖はないでしょうか。まくらの高さ、硬さなどで顔のゆがみが起こり、目のアンバランスを起こすこともあります。

 

また、眠っているあいだに枕や布団に顔を押し付けたり、こすったりしてしまうことで、まぶたにたるみができ、左右のアンバランスにつながることがあります。

 

 

 両目のアンバランスでストレスにつながる?

画像名の画像

 

 

さて、左右対称顔のイメージは 「健康であること」、「知性が高いこと」「たくましいこと」 などを感じさせると言われています。人は、本能的に、左右対称の顔立ちの方をみると、「美しい」と認識することが多いと言われています。

 

ですから、自分の目のアンバランス、それが引き起こす顔の見え方のアンバランスに気がついてしまうと、些細なことでもストレスに感じてしまうことがあります。

 

写真は、人の顔をそのまま映します。ゆがみもバランスもすべてです。 ですから、目の大きさや、両目まぶたの違いはひと目でわかります。 今は、写真編集の技術も進んでいますから、気軽に顔の修正をかけることができますが、 本来の顔と全く違うものができてしまうと「苦笑い」をするしかありませんね。

 

メスを使わずに短時間で完了するクリニックで、目の施術を行うことで、美しい目の印象へと変われます。写真も怖くなりなり、堂々と綺麗な瞳の印象で写真におさまる自信へとつながっていきます。

 

人の印象は「目から」と言っても過言ではないかと思います。だからこそ、目のアンバランスで悩む方は、人の目線が気になってしまうこともあります。 人と向き合って話すときは、頻度は別として相手の目を見ます。

 

目の大きさや、まぶたの違いに心をとめている人は、人の目線が自分の目のアンバランスばかりを見ているのではないかと過剰に思ってしまいストレスに感じることもあります。 左右対称にメイクで目を作っても、次はメイクを指摘されるのではないかと感じたりすることもあります。

 

クリニックでは、目立たず、察知されることもないように考慮しながら施術を進めてくれます。 大きなストレスから解放される効果もあるのです。

 

就職活動での面接、得意先との取引、アルバイト先のお客さんなど、社会における場面で私たちは人と接していかなければなりません。そして第一印象は、私たちの印象を左右します。 第一印象は他人に影響を与えるものだと思います。

 

日々の仕事において、「見た目の印象」が良いことは、「多くの場面で得を得る」と考えると やはり顔の印象は大切です。 目の大きさのバランスなどにおいて悩みが多いと、仕事へのモチベーションもあがりません。

 

しかし、クリニックでは小さな悩みでさえも聞いてくださり、丁寧な施術を行ってくださいます。 その結果仕事上でもご自分の見合う結果を得られることもあるのではないでしょうか。

 

さて、加齢によって目のバランスは変化していきます。まぶたのたるみ、しわが出始めます。これらの変化が起こると、目元にはりがなくなるので、老けてみえてしまうのです。 さらに、加齢とともにたるんだまぶたが下へ下がってきます。

 

今まで二重まぶただった方でも、まぶた幅が狭くなり、一重まぶたに変わってしまうことになります。 目のバランスが悪くなる上に老けた印象になってしまうと人前に出るのもおっくうになります。 クリニックでは年齢に合わせた目の施術もしてくださいます。 年を重ねても変わらない目元の美しさを手に入れることができるのです。

 

目の印象を変えるために、「アイテープ」、「アイプチ」をされている方は多いのではないでしょうか。これらは、まぶたにのりをつける、まぶたにテープを貼って二重をつくるセルフ整形と言われています。ドラッグストアに行くと、たくさんのアイメイクグッズが売られていますので、いろいろと試された方もいらっしゃると思います。

 

これらは手軽さがメリットですが、目のバランスを対称にするために、神経を使ってメイクをするのでアイメイクだけで疲れてしまいます。さらに、毎日使うグッズですので、費用もかなりかさんでしまいます。この悪循環をなんとか解消したいというのが本音ではないでしょうか。

 

クリニックの『二重まぶた施術』では、メスを入れずに「ぱっちり目」を施してくれますので、 日ごろの煩わしさから解放されていきます。

 

きれいなアイメイクを作るには、時間がかかります。 目元メイクは細かい作業が多いので余計に時間がかかります。 アイラインを引くにしても、少し線がずれるだけで目の印象が変わってしまうので、その都度修正しなければなりません。

 

またマスカラを塗ったときに失敗してまぶたにべったりマスカラがついてしまうこともあります。修正用のリキッドや綿棒を備えておかなければならず、メイク時のイライラとストレスが増大します。

 

まぶたの皮膚は薄く、とてもデリケートな部分です。そこに、毎日長時間、のりやテープをつけて過ごしています。これはまぶただけではなく、目にも負担をかけています。ほとんどの二重のりには、「ラテックス」という成分が含まれています。

 

このラテックスは刺激が強いので、使用する頻度や使用時間が長いと肌にダメージを及ぼします。これによって皮膚がかぶれる、または腫れてしまうことがあります。

 

ばっちり二重メイクをしたのに、まぶたのテープやのりがとれて一重に戻ったり、まぶたからアイテープが浮いてたりなど恥ずかしい経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。アイメイクで使用するメイクグッズは、まぶたを引っ付ける「のり」です。

 

時間の経過とともにのりの粘着力が弱まります。さらに湿度や汗なのでも粘着力が弱まってきます。ですから、二重にした目が一重に戻ることが起こります。また、片目だけにアイプチをしていれば目にダメージを及ぼし、目の左右差が大きくなる恐れがあります。そうなる前に二重整形をおすすめします。

 

目のまわりのしわは加齢とともに増えていく傾向がありますが、普段使っているアイプチやアイテープなどの使用でしわが増えていくことがあります。これらは、のりやアイテープの粘着成分が引き起こします。まぶたの皮膚には、皮脂腺がありません。

 

つまり、皮膚保湿のための油分が分泌されにくいので、まぶたは乾燥しやすいのです。しわの原因は「乾燥」です。粘着成分がまぶたに負担をかけるだけでなく、アイメイクを落とすときに過剰にまぶたを洗ったりすることで皮膚が伸びたり、乾燥してしわが増えていくのです。これらが目のバランスをさらに悪化させる要因となるのです。

 

地球上で過ごす私たちは、常に重力に対抗しています。 実は、まぶたにも同じ状況が起こっています。私たちがものを見ることができているのは、上まぶたが、重力に対抗して開き、眼球を露出させているからです。

 

さて、アイプチを使用することは、まぶたの皮膚を無理やり引っ張っていることです。アイプチを長く使い続けていると、開いている目の下皮膚は重力とともに下がり、それとともに不自然に引っ張られているまぶたの皮膚も伸びて、たるみを起こすのです。

 

実に、アイプチなどのセルフ整形は、目に大きなストレスを加えているのです。クリニックでの施術であれば、目のストレスを感じることなく過ごせるうえ、アフターケアーもしっかりしているので、たるみの悩みも解決してくれます。

 

 

 片目ずつ施術することで隠すことが出来る

画像名の画像

 

手術した側の目はどうしても腫れがあるものです。治まるまで眼帯でカバーすることで隠すことができます。 眼帯以外にも様々な方法で、術後の目の腫れや目のバランスを整えて見せることができます。 また、ちょっとした目の錯覚を使って目をバランスよくみせるテクニックも ご紹介します。

 

おでこを全開にすると、両目の大きさの違いが、はっきりわかってしまいます。 前髪をつくることで目の印象や見え方が変わってきますので、試してみてはいかがでしょうか。 やり方はとても簡単です。 まず、髪の分け目を作り、小さいと感じる目の辺りに前髪がかかるようにします。

 

大きい目の方はおでこを広く見せるようにします。すると前髪に人目がいくので、目の大きさが整って見えてきます。 また、片目術後、目に赤みであるときでも前髪カバー方法が使えるので 気になる目線の心配から解消されます。

 

目は顔パーツの中でもかなり目立つ場所です。だから目のアンバランスが気になる人は多いです。アイメイクを工夫してそのアンバランスをカモフラージュすることができます。 メイクでは美しいバランスで見せるように意識してトライしてみましょう。

 

アイシャドウは、小さい目のまぶたに広めにぼかすことを基本としましょう。 特に、アイホールに広めに塗ることで目元を強調して大きく見せる効果があります。左右目のバランスを見ながら、小さい目のアイホールにブラウン系やブラック系のアイシャドウを、幅広く入れましょう。すると、小さい目の方が広く見えるので両目の大きさが整って見え、自然な目のバランスに仕上がります。

 

アイライナーは二通りの使い方ができます。 まずは、片方が一重まぶたの場合、アイライナーでまぶた、またはその少し上に二重のラインを描き、仕上げにシャドウでぼかすと、「フェイク二重」ができます。

 

もう一つの使い方は、二重の幅が違う、または小さい目の方に太目に濃くアイラインを引きます。 アイラインは太く、濃く引くと目が大きく見える効果が期待できます。さらに、目頭に少しアイライナーをのせると、フェイク切開メイクになります。こちらも目の大きさをバランスよく見せる方法です。  

 

目の小さい方にマスカラを塗りますが、大きい方の目よりも二度、三度塗りをします。さらに長さを強調した繊維入りマスカラと、ボリュームを重視したマスカラの2つ使い分けをすると、より片目の大きさ強調されるので、目のバランスが整ってみえます。下まつ毛のマスカラも忘れずに塗ると、さらに効果が期待できます。

 

片目術後は目の安静のためにもメイクができないことがあります。そのようなときは、メイク用具以外のアイテムを使ってみましょう。また、普段からアイメイクに余念がない方でも、メイク時間がない、メイクをする気がおきないときもあります。そんな状況でも使うことができる技です。ぜひ参考になさってください。

 

定番と言っても過言ではありませんが、サングラスは目全体を隠してくれるので、人目を気にすることなく過ごせます。特にグラスの色が濃いとさらに効果があります。 また眼鏡も目のバランス補正効果を期待できます。ふちの太いものや、カラフルなふちの眼鏡を選んでみてください。眼鏡のほうに目がいくので、人目を気にすることなく過ごすことができます。

 

マスク

マスクは口もとを隠すもの。目を隠すものではないのでバランス補正に役立つかしら?と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、マスクをすることで、逆に目や眉毛、あと鼻筋が強調され、「バランスのいい美人」に見える効果があるのです。

 

さらに顔を半分隠すことで、人間は見えない部分を良いように捉えてしまうそうです。最近では「美人に見えるマスク」も売られていますので、活用してみるのも良いでしょう。

 

帽子

帽子をかぶることで、人の目は帽子にいきます。目の錯覚を用いて自分の顔、目のバランスを整えて見せる効果があるのです。また、帽子のかぶり方で見え方の印象も変わります。例えば 帽子を水平にのせる、やや後ろにずらしてかぶる、さらに、左右どちらかに倒してかぶるなどです。

 

鏡の前でかぶりかたを研究するのも良いですね。また、つばの大きい帽子は目元が隠れるので顔全体のバランスを整ってみせる効果が期待できるでしょう。

 

二重整形の相場(両目)【Bebele調べ】
 クリニック名  費用(両目2点)
 城本クリニック  60,000円~(税抜)
 品川美容外科  18,140円~(税抜)
 湘南美容クリニック  \14,700~(税込)
 表参道スキンクリニック  \18,000~(税抜)
 聖心美容クリニック  \115,000~(税抜)

 

 まとめ

画像名の画像

 

きれいにぱっちりと開いた目は美しくポジティブな印象を与えてくれます。 反対にアンバランスな目や、塞ぎがちな目は、「暗そうな人」とネガティブなイメージを与えかねません。 コンプレックスや顔の悩みで後ろ向きになるより、きれいでいたいという美意識の高い方はとても前向きで輝いてみえます。

 

整形で長年の悩みやわずらわしさからすべて解放されることを考えると大きなメリットと前進する力を感じざるをえません。まずは一人で悩まずに気軽にクリニックに相談することからはじめましょう。

【治療実績なら品川美容外科】

品川美容外科

品川美容外科


*症状から選ぶ施術法
*アフターケア充実
*ネットから簡単予約

 

 


  公式サイトを見る→

 

 

↓どこでも安心の全国展開!↓

二重LP

湘南美容外科クリニック

【年間来院数100万人突破!】
★全国72院展開で通いやすい
両目1点7,350円(税込) ~
★カウンセリング充実


公式サイトを見る→