BBクリーム・CCクリームおすすめランキング!違いと効果はある?|Bebele
ホーム >> 美容コラム >> スキンケア >> BBクリーム・CCクリームおすすめランキング!違いと効果はある?

美容コラム

更新日

BBクリーム・CCクリームおすすめランキング!違いと効果はある?

カテゴリ

BBクリームやCCクリームが一般化し、ファンデーションの市場は大きく拡大しました。

種類も膨大になり、どのBBクリームやCCクリームがいいのか悩んでしまう人も多いかと思います。

ココではおススメのBBクリームやCCクリームはもちろんですが、意外と知らないBBクリームとCCクリームの違いも一緒に解説していきたいと思います。

BBクリームとCCクリームの違いは?

画像名の画像

BBクリームとCCクリーム。

どっちがいいの?どう違うの?と考える人は非常におおいです。

BBクリームとCCクリームの違いを知ることでメイクの仕上がりは大きく変わってきます。

どちらが自分に合っているかの判断を覚えることで選ぶ際にも範囲が広がると考えていいでしょう。

BBクリームはベースメイクやファンデーションとしての役割を果たすことができます。

カバー力もしっかりとしておりクリームファンデーションに近いと考えても問題はありません。

美容成分などを多く配合しており、BBクリームを使用している間にスキンケアを兼用するものなどもあります。

ファンデーションとしても使えるのでBBクリームの上からフェイスパウダーを乗せるだけでもフェイスメイクのベースが完成します。

テクスチャーが重めなのでしっかりと伸ばすこともでき、気になる部分には重ねてつけることもできます。

リキッドファンデーションよりもしっかりとした仕上がりが可能なので、日焼け止め配合などの場合はオールインワンともいえる存在になります。

デメリットとして上げらえるのは皮脂などで崩れてしまうことがあるになります。

しっかりとした質感なので洗顔などはメイクオフと洗顔の組あわせがベストといえます。

BBクリームはもともと傷跡などをカバーしながら肌への負担を少なくするという考えで作られており、医療現場で愛用されてきたものです。

カバー力の高さはもちろんですが、BBクリームをつけている間もスキンケア効果が続くことなどから美容市場でも大きなブームを巻き起こしBBクリームというジャンルを定着させるまでに至りました。

医療現場では現在も進化し続けるBBクリームを使用しており、顔などにやけどを負った女性などでもしっかりとカバーできることや乾燥にきびや乾燥肌などにも対応できるように化粧品目メーカーと医療機関の共同開発なども多くなってきています。

BBクリームは今ではファンデーションの一つにカテゴライズされるようなっており、100円ショップなどでも取り扱うほどメジャーな存在になりました。

ピンポイントで重ねることもできるのでコンシーラーなどンも役割も兼用できるのでメイク用品の大幅なコストカットも可能といえます。

CCクリームはテクスチャーがさらさらとしており、カラーコントロールの役目が中心になります。

赤みが気になる人などはグリーンベースのものを選ぶことで赤みを消した自然な肌色を作ることができます。

カバー力は少ないですが、自然な仕上がりやナチュラルメイクを目指したい人、素肌感を重視したい、べたつきが苦手という人におススメになります。

CCクリームのデメリットはカバー力の薄さになります。

BBクリームの様なしっかりとした仕上がりにはどうしても物足りなさを感じる人も出てきます。

CCクリームでベースカラーを整えて、リキッドファンデーションなどを併用することでメイクの色味を整えることもできるので、併用などでカバーできるともいえます。

CCクリームはくすみやクマなどに悩む人にも便利な存在です。

色味を調整することで自然な肌色を作ることができ、そこからメイクを始めることで失敗などしにくくなります。

カバー力自体は控えめなことも多いですがCCクリームは日焼け止め効果、くすみの解消などの効果は非常に高いです。

BBクリームほどのカバー力はいらないけれども、スキンケアを日焼け止めはしっかりとしたい。

べたつかないクリームファンデーションや下地になるものがほしいという女性の声で開発され、CCクリームも独自の市場を築くまでに発展しました。

CCクリームも大手メーカーなどが生産を次々に始めている状態であり、市場は拡大の一途をたどっています。

BBクリームとCCクリームを混ぜる人などもいますが、成分などは各種メーカーで違っているので混色などをする場合は自己責任になります。

まぜることでどちらの効果も取り入れらえることもありますが逆にどちらの効果も半減してしまうこともあるので基本的には単品ずつで使っていく方がおススメになります。

化粧品などは開封した瞬間から劣化が始まるので直接肌につけることになるBBクリームやCCクリームは混ぜるよりもそのまま使って酸化を防いでいくほうが良いといえます。

また、開封して半年以上たつものなどは衛生面なども考えると使用しないほうが無難になります。

特殊なものなどの場合は1年など使用できる場合もありますが、メーカーのホームページなどで使用期限の確認は一度しておいたほうが良いかもしれません。

2つの使い分け方は?

画像名の画像

BBクリームとCCクリームは名前は似ているけれども全く別のものになります。

ドチラモ美容成分が高いものが多いので仕様しながらスキンケアなどができる部分は共通といえますが用途別に使い分けることでより効果を高めることにも繋がります。

スキンケア成分はもちろんですが日焼け止めの効果などもあるので、ファンデーションが上手に使えないという人はBBクリームやCCクリームを使うことで簡単にベースメイクを終らせることもできます。

ベースメイク前のスキンケアがカットできるのはもちろんですが、どちらもメイクオフするまでスキンケア効果を持続できる部分などが人気につながっており、ファンデーション業界に大きな流れを生み出したといえる存在です。

BBクリームはカバー力があるので写真撮影などのある式典などのメイクにおススメになります。

日焼け止め成分が配合されている場合などは野外などでも日焼けの心配をしなくて済むことはもちろんですが、日焼け止めをベースメイクに追加するなどもカットできるので肌への負担を減らすことにも繋がります。

また、結婚式などの写真撮影が多いパーティなどの場合はしっかりとカバーできるBBクリームのほうが写真などの写りも綺麗になりやすいです。

BBクリームは伸びがいいのでコストパフォーマンスが非常に優れています。

日常はもちろんですがメイクなおしが出に来にくい、長時間メイクを直せない場合なども崩れにくく肌への負担も少ないのがBBクリームです。

営業などで車に乗ることが多い人や外マリなどが多い人もBBクリームならばメイクなしの回数を減らすことができます。

CCクリームは仕上がりがナチュラルになるので、普段使いやメイクをしっかりしていると見せたくないときにおススメになります。

また、CCクリームをベースにしてメイクをすることで色味補正などが簡単にできるのでベースメイクをしっかりとしたい場合にもおススメになります。

下地に使うことでトータルメイクが崩れにくくなり、肌そのものをきれいに見せる効果なども出やすくなります。

CCクリームは日焼け止め効果の高いものが多く、夏場は下地をCCクリームにすることで日焼け止め特有のべたつきなどをなくしながら日やけ止め効果を高めることも可能になります。

冬なども観想しやすい人や、スキーやスノーボードなどのウインタースポーツを楽しむ場合には日焼け止めは大事になります。

CCクリームを通年使う人は夏はもちろんですが冬に効果が高いという人も多いのはこのためになります。

乾燥肌などからくる大人ニキビなどにもCCクリームは低刺激なので安心してメイクができると考えてもいいですし、生理前に肌荒れが起こりやすい人もCCクリームをデリケートな時期に使用することで肌への負担を少なくしながらスキンケアのできるメイクにつながっていきます。

メイク初心者の場合はBBクリームのほうが一つでマルチな動きができるのでお勧めといえます。

各種ブランドでBBクリームを多く販売しているのも初心者でもBBクリーム単品でベースメイクを完成させることもできます。

BBクリームとフェイスパウダーだけでもしっかりとしたベースメイクが作れるので、初心者から上級者まで幅広く使用できるのがBBクリームのうれしい部分といってもいいでしょう。

べたつきなどが苦手な場合はCCクリームのほうが初心者でもおすすめになります。

CCクリームはつけた瞬間片肌なじみがよく、BBクリームよりも自然なカバー力になります。

肌荒れやにきびなどが気になる人は最初にCCクリームを使てみることでもっとカバー力がほしいのかなどの判断もしやすくなります。

BBクリームはカバー力がしっかりとしているので、フェイスパウダーなどと組み合わせることでより崩れないメイクになります。

汗をかきやすい人やオイリー肌の人などがBBクリームを使う場合には追加としてフェイスパウダーなどを使うことでカバー力はしっかりとあるのに素肌感の強いメイクを行えることやアイシャドウやアイブロウのもちなども大きく変化してきます。

特に、営業や外回り、長時間メイクなおしのできない状況などの結婚式などではBBクリームは非常に心強い存在であり、自分の肌の色に合わせて選ぶことで化粧浮きなども起こりにくくなります。

CCクリームは赤ら顔はもちろんですがくすみなどのカバーもでき、顔全体の色味の調整ができるものになります。

ベースメイクとしてCCクリームを使用し、ミネラルファンデーションなどを重ねることで素肌感はあるのにカラーレススキンを作りやすくなり、艶感が出やすくなります。

CCクリームは縫った瞬間からなじむことがメリットでありべたつきなどが苦手な人でもベースメイクをしっかりと行えるのも嬉しい部分になります。

また、日焼け止め効果が高いものが多く夏などは日焼け止めの代わりにCCクリームを使う人もいるほどです。

BBクリームもCCクリームも単品で非常に優秀な存在になりますが、他のもを組み合わせることでより効果を引き上げてメイクの幅もぐっと広がることなども特徴といえます。

BBクリームとCCクリームの良いとこ取りをした商品がある!?

BBクリームとCCクリーム、どちらもベース仕様なので片方だけを使っているとい人がほとんどです。

どちらもいいところがあり、できれば両方を使ってみたいけども無駄になるかもしれない。

そんな発想から生まれたのがラウディから販売されているBB&CCクリームです。

BB&CCクリームは名前の通りに双方のいいところを集めたものになり、第3のクリームとして注目を集めています。

BB&CCクリームは乳液や美容液の役割はもちろんですが、コンシーラーやファンデーション、日焼け止めをはじめ7つの機能を一つにまとめました。

CCクリームの特徴である透明感などを出しながら、カバー力を発揮出るという一つでマルチの役割をかねているBB&CCクリームは忙しい女性の強い味方といえます。

日焼け止め効果もあるので外回りなどの仕事の多い人やスポーツ前などに使用することもおすすめです。

どっちを使ったらいいかわからない人などもBB&CCクリームならば使用した際にもっとどちらかの効果がほしいという判断や、この1本でいいという判断ができるのでうれしい存在といえます。

BBクリームおすすめランキング3選

BBクリームは種類が多すぎてどれを選んだらいいかわからない。

そんな人も多く試してみたいけれどもできるだけ失敗したくないという人がほとんどです。

特にBBクリームは安価なものから高額なものまで幅広く、自分の肌やライフスタイルに合ったものを見つけるのもちょっとした苦労になります。

そこで、メイク初心者や忙しい朝に強い味方になってくれるBBクリームのおすすめを紹介させていただきます。

VINTORTE (ヴァントルテ)はミネラルファンデーションで有名なメーカーが販売しており、厚塗り感がなくカバー力はしっかりとしているBBクリームになります。

肌への負担軽減はもちろんですが、30日間の返金保証も行っており、BBクリームをためしてみたい、肌が弱いけれども使ってみたいという人でも安心して試すことができます。

VINTORTEのコストパフォーマンスは非常に高く、少量でしっかりとしたカバーを可能としています。

また、洗顔の際にも簡単に落とせるのでメイクオフを急ぎたい人でも安心して使用することができます。

MCコレクションBBクリームFCはBBクリームの中でもしっかりとした日焼け止め効果期待できるSPF∔∔45になっています。

主成分の中にクエン酸やリンゴ果実培養細胞エキスなどを配合することで乾燥肌でもしっとりした状態で過ごすことができます。

MCコレクションBBクリームFCは乾燥肌向けのBBクリームとして非常におすすめです。

逆にオイリー肌の人はしっとりしすぎているとかんじることもあるかもしれませんがこの場合は使う量を少なくすることで簡単に対応できます。

特にインナードライや感想からくるニキビに悩んでいる人などでもしっかりとしたメイクができるので人気が高く、日焼け止めの数値の高さなどもBBクリームの中でも独自といえます。

アヤナス BBクリームは1色展開でありBBクリームの中では異色といえます。

ですが、オールフィットカラーであり補正がしっかりとできるので日本人の女性の多い黄くすみをカバーし、自然な肌色に一つで調整してくれます。

1年を通して使用することを前提として作られており日焼け止めの数値はSPF∔∔25になっています。

アヤナス BBクリームはなんといっても1本で約半年使用できるコストパフォーマンスが人気に繋がっています。

購入時は4500円と少し高めに見えますが半年使用できるとなると1か月あたりの金額は750円前後になり、非常に割安になります。

CCクリームおすすめランキング3選

CCクリームはBBクリームよりは数は少ないものの、聞きなれないというひとも多くBBクリームと混同してしまう人も少なくはありません。

CCクリームを買ったつもりがBBクリームであったなどもよく聞く話です。

CCクリームは自然な仕上がりとベースのカラーコントロールに優れており、べたつきなどがないのがおすすめポイントになります。

ここではその中でもおすすめのCCクリームをいくつか紹介させていただきます。

つむぎ美白CCクリームは美容液の中でもプラセンタエキスを配合しており、つけることでスキンケアが可能なCCクリームになっています。

日焼け止め成分も配合されており美白と保湿を徹底しながら1つでベースメイクを完了させることもできます。

また他の製品と組み合わせることでよりカバー力を引き上げながら肌への負担は徹底的に少なくすることが可能です。

つむぎ美白CCクリームは国内の素材で国内製造にこだわった製品になります。

11種類の植物由来の成分を中心に日本人の肌と気候に合わせたものになっており、SPF∔∔30の数値を持ちながら紫外線吸収剤は不使用なので肌に対する負担が少なく敏感肌でも安心して使うことができます。

メイクオフも簡単にできるので洗顔メインのスキンケアの人にも勧めです。

澄肌CCクリームはコーセープロビジョンから販売されており、コーセープロビジョンは母体がコーセーになります。

澄肌CCクリームをはじめコーセープロビジョンでは自然商品を多く取り扱っており、徹底した肌への負担軽減と女性にとってうれしい効果にこだわっており日焼け止め効果なども高いものになっており、国内でもトップクラスの水準になります。

澄肌CCクリームは肌に塗った際になじむなどの声が多く、高い口コミ力をもっています。

また、公式サイトでは嬉しい譲歩委が多くお得や情報やスターターキットなども豊富でありトータルスキンケアも可能になっています。

初めてCCクリームを使うという人でも満足できるものといえます。

ミネラルCCクリームはミネラルファンデーションメーカーであるLANOAから販売されています。

肌への負担軽減を徹底しており、ノンケミカル処方と4種類のミネラルを配合し自然な仕上がりと艶感を出すことに成功しました。

美容液の配合により使うだけでも毛穴ケアが可能になっており独自配合の成分が肌ケアに繋がるようになっています。

ミネラルCCクリームは独自のライトセラピーなど徹底した肌のケアにこだわっていることや、美白を前面に出しているのでSPF∔∔50という高い日焼け止め効果が期待できる数値になっています。

ベースとして使うことでメイクの崩れなどを防ぎやすくなり、普段は下地に、オフの日はこれ一本で薄付きメイクなどのマルチな使い方もできるCCクリームの中でも特殊な存在といえます。

おすすめ品だけを比べてみてもどちらにもいい部分が多く、肌への負担などを少なくすることがメインになっています。

どちらも一つでベースメイクにすることもできますがファンデーションやフェイスパウダーと組み合わせることでよりしっかりとしたメイクや日焼け止め対策にもつながるので組み合わせなどを考えていくのも楽しいという意見も多いです。

まとめ

画像名の画像

BBクリームもCCクリームもどちらも目的に応じて使い分けることのできるマルチアイテムといえます。

リキッドファンデーションが苦手な人でもBBクリームやCCクリームならば簡単にカバーもできむらも作りにくいことなどから、最近では初めてのメイクなどでもBBクリームやCCクリームことが多く幅広い年代に支持されるようになりました。

BBクリームはもともと傷跡などを隠しながらスキンケアもできるようにという医療現場で作られたものが美容に取り入れられたことがきっかけで爆発的ヒットを飛ばしました。

そこから分岐するようにCCクリームなども誕生し、今ではファンデーションなども

パウダーファンデーション

クリームファンデーション

リキッドファンデーション

ミネラルファンデーション

BBクリーム&CCクリーム

という分類にもなってきました。

特にミネラルファンデーションなどは肌への負担を少なくしながら自然なカバー力がほしいという考えの女性に支持されており、ミネラル成分の配合されたBBクリームやCCクリームは美容に注目する女性の間で大きなブームを起こしました。

特にBBクリームは一般層への浸透も高く、ドラッグストアなどでも気軽に買えるようになり大手化粧品メーカーもたくさんの種類を販売しています。

CCクリームはまだそこまでの浸透はしていないものの、BBクリームほどのカバー力はいらないけれどもスキンケアはしっかりしたいと考える女性中心にヒットをとばしています。

どちらもメリットデメリット、おすすめポイントなどは違っているのでどれが自分に合っているのか、どの効果を期待するのかなどをチェックすると自分にフィットするものが蜜やすくなります。

城本クリニック

【30年以上の歴史と実績を誇る美容外科】
*経験が豊富な医師が担当!
*医療免許を持つスタッフが対応!
*自然な仕上がり、傷跡が目立ちにくい施術

_

 

品川美容外科

【治療実績なら品川美容外科】
*症状から選ぶ施術法
*アフターケア充実
*ネットから簡単予約

_