ホーム >> 美容コラム >> スキンケア >> 赤ら顔の原因とは?こんな対策が実は可能です

美容コラム

更新日
赤ら顔の原因とは?こんな対策が実は可能です
カテゴリ

赤ら顔に悩む人は女性でだけではなく男性にも多く、原因も人によって違ってくるのでこれです、という対処法を決められないのも実情です。 赤ら顔は寒暖の差や空気の乾燥などで引きこされることも多く、体質なども大きく関係してきます。 季節に関係なく赤ら顔に悩む人は少なくなく、クリニックなどを訪れる人は年々増えている状態です。 ですが、赤ら顔の対処法を知ることで症状の緩和はもちろんですが赤ら顔自体を予防していくことにも繋がります。

 

 

 

 赤ら顔の種類を知ろう!

画像名の画像

 

赤ら顔には二つ種類があります。 赤ら顔は「皮膚の下の血管が透けて見える」ものと「皮膚自体が赤くなる」の二つに分類され、この二つ位の原因は全く違うものになるので対処法なども変えていく必要があります。

 

赤ら顔をからかわれた人なども少なくないと思いますが、赤ら顔は皮膚疾患などのサインである場合もあります。 また、内臓の不調などでも起こる場合もあるのであまりにも長期間続く場合は内科などで診断を受けたほうがいいとされています。 小さい子供さんなどの赤ら顔も皮膚疾患である場合も考えられるので、痛みなどを訴える場合は皮膚科の受信を一度おこなうことがおすすめになります。

 

緊張などで一時的に赤面する人や、緊張しやすい人等で赤面になりやすい人はいますがこれらは赤ら顔ではありません。慢性的なものではなく、一過性のものである場合は赤ら顔には分類されず、赤面症などになります。 この場合は赤面の投薬などを行っているクリニックなどを一度受信することで赤面症対策などを取ることもできます。

 

これは手に汗などをかきやすいひとが多汗症やワキガなどを疑うことに近いものであり、赤面症と赤ら顔が違うことを知るだけでもメンタル面の負担が大きく減ります。 赤面症はメンタル面の負担や緊張などが大きく、メンタルのケアも同時に行うことで効果的なケアや治療に繋がりやすくなります。

 

 

 赤ら顔の原因とは?

画像名の画像

 

赤ら顔の原因としては「血管が透けて見えること」と「皮膚疾患」があります。 前述の赤面症は赤ら顔とは異なるものなので分類に入りませんが、大きく分ければこの二つが赤ら顔の原因になります。 寒い季節や肌が冷気などを感じた際に出てくる赤ら顔などは血管が透けて見えるものになり、赤黒くくすんでいるなどは皮膚疾患や内臓疾患のシグナルサインという場合があります。

 

血管が透き通ることで赤ら顔になる人は皮膚が薄いことが多く、寒さで血管が拡張し血流が活発になることで顔全体にある毛細血管の影響で赤ら顔が起きます。 この場合は元々皮膚が薄い人が多く、色白の人なども赤ら顔になりやすい傾向があります。

 

普段は毛細血管などが拡張しないので赤ら顔にならないという人でも、季節や寒暖の差の大きな場所にいくことで赤ら顔になることも多く、この場合はなるべく体温と外気の差を作りにくくすることで赤ら顔の防止にも繋がります。

 

皮膚疾患の中で赤ら顔になりやすいのはアトピーになります。 アトピーや乾燥肌、乾燥ニキビや脂漏性湿疹などでも赤ら顔の原因になることが多いです。 これは皮膚自体に傷がつき、色素沈着などをおこしてしまいその結果赤黒くくすんでしまうことで顔全体が赤みを帯びている状態になってしまいます。

 

色素沈着などは皮膚科や美容皮膚科などでレーザー治療になりますが、これは重症の場合になります。 一般的に色素沈着が気になる場合には洗顔、保水、保湿の3ステップでのスキンケアの見直しと足りない成分などを美容液で補給していくことで肌自体の蘇生力を高めターンオーバーを促していくことになります。

 

特に皮膚疾患の中でおおいのが古い角質を除去できないなどのトラブルであり、ターンオーバーの正常化で角質の押し出しと再生を高めていきます。 スキンケアの見直しと肌サイクルの正常化は色素沈着などで起きる赤ら顔には非常に大事であり効果も高めであるといっていいでしょう。

 

 

 

 対策

画像名の画像

 

赤ら顔の対策は様々ありますが、原因が何なのかによって変わってきます。

 

血管の急な拡張により赤ら顔になる場合などは出かける前に暖かいのもみのなどを飲むことでも体温調整などができるので赤ら顔の予防に繋がります。 血管の拡張での赤ら顔になる人には冷え性の人も多く、冷え性の緩和対策などを取ることでも赤ら顔もですが体質改善などにも繋がっていきます。

 

冷え性の人は入浴前にバケツなどに少し熱めのお湯を張って足を軽く温める足浴を行ってからの入浴なども体質改善はもちろんですが、肌質の改善などにも繋がりやすくなります。 普段はシャワーが多い人等もシャワー前に足浴を行うことで効率よく体をあたためることにも繋がります。 また、シャワーの使用中にもバスタブに栓をすることで足元にお湯が溜まるので足元を冷えにくくしてくれます。

 

一人暮らしなどの場合は中々ゆっくりと入浴する時間が取れない人も多いかと思います。 入浴前に前述のような足浴もですが、入浴剤にゲルマニウム系やカプサイシン系、死海の塩配合のものなどを使用することで汗などを多くかくことにも繋がり、体質改善が期待できます。 冷え症を改善させていくことで寒暖差などでの赤ら顔の防止にも繋がっていくので日常に取り込めるケアとして入浴剤や足浴などは非常におススメになります。

 

入浴効率をさらに上げる場合には簡易式ミストサウナがおすすめになります。 サウナは体質改善などに非常に効果的ですが、毎週サウナへ通うなどは時間などが取れない人がほとんどです。 自宅で出来るサウナの代用品になるのが簡易式ミストサウナになります。

 

浴室を密封した状態で、熱めのお湯をシャワーでためていくだけで浴室内に蒸気が充満し、ミストサウナに近い状態を作ることができます。 毛穴を開きやすい状態になり、汗なども出やすくなるので入浴効率を挙げたい場合などにもおススメになります。 皮膚なども柔らかくしてくれるので古い角質なども自然にはがれやすくなるメリットもあるので、足浴などと一緒に取り入れていくことで無理のない体質改善につながっていきます。

 

色素沈着などでの赤ら顔の場合はまずスキンケアの見直しになります。 スキンケアのベースは洗顔、保水、保湿ですがこの中でも見落としがちになるのが洗顔です。 洗顔は石鹸などもですが洗顔フォームなども泡立てネットなどを使用して泡を立てることで細かなよごれなどもおとしやすく角質などもはがれやすくなります。 色素沈着が起きているかといってピーリングなどを行うと、必要な角質まで落としてしまうこともあるので注意が必要です。

 

見落としがちなもう一つはシャンプーになります。 髪の毛などはしっかりと洗う、しっかりとすすぐ、しっかりと乾かすが基本になります。 シャンプー剤や過度のトリートメント剤の残留した髪の毛は肌に対してダメージを与えやすくなってしまいます。 また、髪の毛は乾いているときが最も丈夫な状態であり雑菌などが繁殖しにくい状態になります。

 

頭皮などをしっかりとかわかし、頬などにあたる部分をできるだけ清潔にすることもスキンケアの中に含まれるといってもいいでしょう。 ショートヘア等の人におおいのがドライヤーは必要ないという考えですが、頭皮をしっかりと乾かすことで湿気を無くしざっきんの繁殖や毛穴の炎症を防ぐことにも繋がります。

 

とくに、生え際などはショートでもしっかりとすすぎ、しっかりと乾かすことでニキビなどの対策にも繋がっていく部分になります。 髪の長さには関係なく、ドライヤーで頭皮を乾かすことで肌全体の炎症を押さえることにも繋がっていきます。 スキンケア用品の見直しなども大事ですが、髪の毛の状態などを変えていくことでもニキビや色素沈着の原因をカットしていくことにつながります。

 

スキンケア用品などは開封してから2ヶ月ほどが基本的な使用期限になります。 スキンケア用品は直接肌に付けるものなので酸化しているものはもちろんですが、長期間使用せずに内容の変質したものなどもひじょうに危険です。 匂いなどに異変を感じたさいには使用を控えたほうがいいでしょう。

 

赤ら顔に効果の高いものはクリニックのフォトフェイシャルなどのレーザーを使用したものになっていきます。 フォトフェイシャルはダウンタイムもほとんどなく、高い効果を期待できることもあり赤顔で悩む場合には一度カウンセリングやお試しだけでも受けてみるのがおすすめになります。

 

 

 赤ら顔を治すならクリニックがおすすめ

赤ら顔をできるだけ短期間に治したい。原因をはっきりとさせたい。 そんな時におススメになるのが美容皮膚科のクリニックになります。 皮膚科でも赤ら顔の対策や治療はおこなってくれますが、美容皮膚科はより踏み込んで個人に合わせたケアを行ってくれることが多く、肌質はもちろんですが原因に合わせた対策が取りやすいメリットがあります。

 

美容皮膚科はどうしてもイメージが整形などの人も多いかもしれませんが、皮膚の専門家であることが第一にあります。 シミの原因なども人によって違うので、色素沈着のどの部分をケアしていくなどをしっかりと話し合うことができるのも美容皮膚科のメリットになります。

 

二重LP

城本クリニック

【30年以上の歴史と実績を誇る美容外科】

★経験が豊富な医師が担当!
★医療免許を持つスタッフが対応!
★自然な仕上がり、傷跡を残さない施術

公式サイトを見る→
 

 

城本クリニックは美容皮膚科の中でも老舗であり、赤ら顔の専門ケアができるクリニックになります。 個人に合わせたケアはもちろんですが、肌質を考慮したスキンケア、痛みの少ない治療などを主体にしており赤ら顔の原因に合わせてケアをうけることができます。 特にホルモンバランスやフォトフェイシャルに特化した治療を受けることができるので赤ら顔に悩んでいる場合は年代を問わずに完治を希望することもできるクリニックのひとつになります。

 

レーザーを使ったフォトフェイシャルは赤い色素にのみ反応するレーザーを使って色素自体を破壊していきます。繰り返すことで赤ら顔は徐々におさまってくるのが特徴です。 ホルモンケアは食事療法やメンタルケア、投薬などでレーザーケアの効果をさらに引き上げる効果が期待できます。

 

美容皮膚科にはダウンタイムがつきものと考える人もいるかと思います。赤ら顔のダウンタイムは基本的にはありません。ケアの際にメスなどを使用することがないことがこれにあたります。 ピーリングやダーマローラーなどで一時的に顔がはれる感じを受ける人もいますが、短時間のうちにおさまりやすくダウンタイムというものには当てはまらないと考えてもいいでしょう。

 

施術は個人によって大きく異なってくるので、自宅でのスキンケアや当日の入浴や洗顔などは担当医の指導と注意を守っていくことになります。 短期間でも効果の出るケアが多く、複合組み合わせもですが城本クリニックではお試しコースなどもあるので赤ら顔が気になる場合にはまずこのお試しで肌の状態や施術後の効果を確かめてから本格的な治療に移ってもいいでしょう。

 

料金
城本クリニック価格表【Bebele調べ】
 施術内容  料金(税抜)
 しみ・そばかす
 フォトフェイシャルSR(両頬トライ)  9,800円
 フォトフェイシャルSR(顔全体(初回))  19,800円
 赤ら顔
 フォトフェイシャルSR(両頬トライ)  9,800円
 フォトフェイシャルSR(顔全体(初回)  19,800円
 にきび
 ケミカルピーリング(顔全体、初回)  7,000円
 クリアタッチ(顔全体、初回)  19,800円
 マクロピール(顔全体、初回)  15,000円
 サリチル酸ピーリング(初回)  9,800円
 ビタミンCイオン導入  5,000円
 ビタミンC・プラセンタイオン導入  7,000円
 にきび跡・毛穴の開き
 ダーマローラー(初回)  39,800円

 

城本は30年以上の歴史を持つ品質重視のクリニックですのでフォトフェイシャルなど受けてみたい方や話を聞きたい、メリット、デメリットについて詳しく知りたいというかたはカウンセリングに行ってみるといいかもしれません。

 

城本クリニックの詳細はこちら

 

品川美容外科品川美容外科

【美容整形・美容外科なら品川美容外科】

*症状から選ぶ施術法
*アフターケア充実
*ネットから簡単予約


  公式サイトを見る→

 

 

品川美容外科は全国展開しているクリニックになります。 美容外科のなかでも多くのクリニック数を持っており独自のサービスや料金形態を展開しており、低価格で高いクオリティの施術を受けらえることなどから、口コミサイトでも常にランキング上位に入っています。 美容外科のデメリットである次回の予約がとりにくいなどもクリニック数でカバーできるようになっています。

 

カウンセリングのみでも受けられることも大きなメリットであり、試してみたいコースなどをまずお試しで受けられるのも品川美容外科だからこそのサービスになっています。 また、スキンケア用品なども準備してもらえるので赤ら顔に何をつかったらいいか解らないなどの場合や男性の赤ら顔でも安心してケアをうけることができます。

 

品川美容外科でもレーザー治療は赤い色素を分解していくものになります。 毛細血管などに刺激を与えるので一時的に顔がはれたように見えますが翌朝にはほぼ収まってきます。 レーザー治療の合間にピーリング取り入れることでより早い期間でのケアが可能なのも品川美容外科の人気の一つです。

 

赤ら顔のケアにダウンタイムはほとんどありません。スキンケアで同時に他の施術などを受ける場合には一時的に顔全体に刺激を受けることなどで張っているような状態を感じる人もいますがほとんどの場合は翌朝や翌日には沈静化していきます。 品川美容外科はほとんどのスキンケアコースを1000円以下で受けることのできるお試しがあります。

 

自分にとってどのコースがいいのか、どの組み合わせがいいのかなどを納得してから受けることができます。 赤ら顔のほかに美容面全般の悩みを改善させることができるのも強みであり、品川美容外科で赤ら顔だけではなくトータルケアを受ける人も多いのも納得できます。 ダウンタイムは基本的にありませんが、洗顔や当日の入浴などの諸注意は担当医の指導を守ることになります。

 

料金

 

品川美容外科の価格表【Bebele調べ】
 施術内容  値段(税抜)
 美白・肝斑(顔全体、初回)  1,980円
 ニキビ・ニキビ跡・赤み改善(顔全体、1回)  7,400円
 乾燥肌・小じわ(顔全体、1回)  7,400円
 毛穴(1回)  7,400円
 追加(顔全体、1種類)  3,700円

 

品川美容外科のケミカルピーリング価格表【Bebele調べ】
 施術内容  初回価格(税抜)
 グリコール酸
 顔またはデコルテ  3,610円
 顔+首または背中上部  5,740円
 サリチル酸マクロゴール
 顔またはデコルテ  5,830円
 顔+首または背中上部  7,870円

 

品川美容外科内服薬の価格表【Bebele調べ】
 内服薬  価格(制抜)
 トラネキサム酸内服薬(しみ・肝斑)60錠  1,920円
 ナノHQクリームEX 5g  2,000円
 ヘリオケア(飲む日焼け止め)30錠  5,250円

 

品川美容外科は赤ら顔だけではなく、シミ、シワなどについての治療も行っていますので合わせてご利用されたい方などはカウンセリングしてみるといいかもしれません。

 

品川美容外科の詳細はこちら

 

フェミークリニックは美容皮膚科の中でも特にカウンセリングを重視することで大きな支持を得ているクリニックになります。 赤ら顔は原因の個人差はもちろんですが、副作用としてひきこされる色素沈着がしみや肝斑などとの区別も必要になってきます。 フェミークリニックでは肝斑やシミの根本治療、肌自体の再生能力の活性化などのケアもあり、赤ら顔の再発防止などにも注力しています。

 

とくに、ホルモンバランスの乱れからの色素沈着などにはフォトフェイシャル療法なども同時にとりいれる指導なども行っており、赤ら顔と一緒に体質改善なども効果を感じたという口コミもあります。 また、赤ら顔などを始めとしたスキンケアは長期になる人などもいることから独自の料金形態を展開しており、サポート用のホームケア込みでの3ヶ月、6か月の料金なども展開しています。

 

ホームケア用品はセットはもちろんですが単品やセレクトチョイスなどもできるので必要な物だけを購入することはもちろんですが、しっかりと内部までのサポートもできるので、スキンケア用品をそろえることが難しい人や苦手な人でも安心できます。 また、赤ら顔の治療が終わってもスキンケア用品だけを購入するユーザーも多く、フェミークリニックが支持される部分として質の高いサポートとケアがはっきりとわかるといえます。

 

フェミークリニックはレーザー治療でシミや肝斑と一緒に赤ら顔の元である赤色色素を分解していきます。 分解された色素が排出されやすいようにホームケアなども充実しており、次回の来院までに効果を感じやすくするのがふぃみークリニックの赤ら顔のケアになります。

 

レーザー治療などの際には一時的に顔などに軽い痛みや腫れを感じる人もいますが、フェミークリニックではモームケア込みのコース展開を行っています。 ダウンタイムなども基本的にはなく、当日のスキンケアや入浴などは担当医の指導を仰ぐことになります。 ダウンタイムが懸念されるとすればレーザー治療とオーダーメイド治療になりますが、フェミークリニックでは痛みの無い治療を提案しており、ユーザーの体の負担を少なくすることに注力しているので痛みに弱い人でも安心してケアをうけることができます。

 

 

 

 まとめ

画像名の画像

 

赤ら顔は子供さんなどにも多いですが、大人になってからのものは原因が実に多種多様になっています。 皮膚疾患や皮膚疾患の好意量などでの赤ら顔に悩む人は非常におおく、トータルケアやスキンケアを含んでの治療が求められる時代になりました。

 

紹介させていただいたクリニックはこれらのトータルケアはもちろんですが、赤ら顔によって起こされた他の傷跡のケアなども可能でありユーザー主体の治療やケアをうけることができるクリニックばかりです。 赤ら顔はただの皮膚疾患ではないことが多く、根本治療も同時に行っていく必要がある場合が増えてきました。

 

赤ら顔だからといって必ずクリニックのケアが必要なわけではありません。 自宅で斬る体質改善や栄養バランスの調整などはクリニックに通うにしても指導される部分になります。 特に末端の血管などの血流の滞りや腸内環境の悪化などは、細胞の入れ替わりの阻害や老廃物の排出の阻害に繋がってしまいます。

 

入浴やシャワー前の足浴などはデイリーケアの中でも簡単に取り入れることができるのと、経済的な負担が少ないのでメンタル面などの負担にも繋がりにくいものです。 体温などをしっかりとキープすることで睡眠導入などにも繋がり、肌の再生化や正常化にも繋がりやすくなります。

 

赤ら顔というとただ顔が赤くなることの悩みと考える人もいますが実に様々な要因が組み合わされることで発症していることも多く男女ともに悩む人は年々増えています。 体質改善や質の良い睡眠など、まずはお金をかじぇずにできる部分から取り入れていきクリニックのサポートなどを受けていくかたちが最も多く、赤ら顔のケアを短期間絵終らせることにも繋がっていきます。

 

赤ら顔は治らない症状ではありません。 原因の如何はあってもきちんとしてケアや治療で改善ができるものであり、完治までの個人差はあっても効果を感じることのできるケアがほとんどです。 クリニックなどでは治療を行っていない場合などもありますが、紹介させてもらったクリニックはトータルケアまで可能なクリニックになっています。

 

また、皮膚科などに相談する場合にもスキンケアまでの方法やケアを希望することでより効果的な治療につながることが多く、カウンセリングの時に何を聞くかでケアなども変わってきます。 赤ら顔のケアで多い悩みはどのように医師に伝えたらいいか解らないも多いのも事実です。 赤ら顔は悩む人が多い疾患です。

 

原因をきちんと把握することで難しくなく治療ができ、悩みを解消することができます。 赤ら顔に悩んでいる人は一度クリニックのカウンセリングだけでも受けてみることで自宅でのデイリーケアの見直しなどにも繋がっていくといえます。

 

二重LP

城本クリニック

【30年以上の歴史と実績を誇る美容外科】

*経験が豊富な医師が担当!
*医療免許を持つスタッフが対応!
*自然な仕上がり、傷跡が目立ちにくい施術

公式サイトを見る→

 

 

品川美容外科

 

品川美容外科

【治療実績なら品川美容外科】

*症状から選ぶ施術法
*アフターケア充実
*ネットから簡単予約

公式サイトを見る→