ホーム >> 美容コラム >> ダイエット >> 有酸素運動で皮下脂肪をスッキリ落とす

美容コラム

更新日
有酸素運動で皮下脂肪をスッキリ落とす
カテゴリ

皮下脂肪は備蓄用のエネルギーとして生命の危機が訪れた際に命を守るために使われるので、簡単に落としづらくなっています。そのため、ダイエットをしていてもなかなか見た目が変わらず、途中でダイエットを諦めてしまう人が多くいます。

 

そのため皮下脂肪に直接的に働きかけ、効果的に脂肪を落とすことができる運動方法を取り入れることで、皮下脂肪を落とすことができます。最も効果的な運動方法は、無酸素運動と有酸素運動の特徴をそれぞれ取り入れ、皮下脂肪へアプローチする方法です。これらの運動によって、効果的に皮下脂肪を落としましょう。

 

 

 

 

 皮下脂肪を落とす運動方法

浜辺 日焼けの画像

 

運動をする際に、一番初めにエネルギーとして使われるのは「ブドウ糖」です。ブドウ糖は炭水化物などの含まれる糖質が体内に入り、一時的に貯められ、運動時に一番に使われます。運動をし始めると、体の中からブドウ糖が減って行き、減ることで備蓄された脂肪がエネルギーとして使われるのです。

 

 

無酸素運動は筋トレや短距離走があり、体内の糖をエネルギーとして使用します。筋肉そのものを強化したいときは無酸素運動が効果的です。

 

 

脂肪には「皮下脂肪」と「内臓脂肪」があり、内臓脂肪の方が先に燃焼されるため、運動を初めても最初の方は皮下脂肪が減らず、見た目に効果があまり現れないかもしれません。しかし、内臓脂肪が減ってくると次第に皮下脂肪が減り始めるので、あきらめずに続けることが必要です。

 

 

 皮下脂肪を落とす食事

皮下脂肪を落とすための食事内容については、できるだけ低脂肪のものを摂取することが大切です。脂肪分や糖分は体内に入って分解されなければ、脂肪として体内に蓄積されていきます。そのため、より効果を実感したい方は低脂肪メニューの食事をとることをおすすめします。

 

 

皮下脂肪に効果的にアプローチするためにまず行うべきなのは、食事内容の改善です。食べたい物を食べたい時に、食べたいだけ食べるという習慣がある人は、まず、その習慣を見直すことが大切です。急な食事制限をすると空腹になり、かえって食欲が増してしまう場合があるため、食物繊維の多い物を食べたり、よく噛んで食べたりすることで満腹感を得られ、改善することができます。

 

参考:脂肪燃焼スープ

 

 お腹の内臓脂肪を落とすには?

内臓脂肪は皮下脂肪と比べると、比較的脂肪が落ちやすいという特徴があります。内臓脂肪はとても簡単で毎日の食事制限や、運動をすることで減っていきます。落ちやすい反面、付きやすいという特徴があるので、偏った食事や不規則な生活習慣のせいで、すぐに脂肪がついてしまいます。

 

内臓脂肪は、女性よりも男性に付きやすいという特徴があるので、必要以上のカロリーを摂取するとすぐに脂肪が付いてしまうため、食べ過ぎや飲み過ぎには注意が必要です。内臓脂肪は糖尿病や、高血圧を引き起こす原因になるためなるべく早めに落とすことが大切です。筋肉トレーニングよりは、有酸素運動などのウォーキングやジョギングが効果的ですので、無理はせずに長く続けることが大切です。

 

 

 まとめ

本と花の画像

 

脂肪の中には「内臓脂肪」と「皮下脂肪」があり、一般的に男性に付きやすいのは「内臓脂肪」、女性に付きやすいのは「皮下脂肪」と言われています。皮下脂肪はお腹周りやお尻、背中に付きやすく、見た目に目立つにも関わらず、ダイエットをしても燃焼しづらいため、ダイエットの実感が得づらくダイエットも途中で諦めてしまう人が多いのです。

 

皮下脂肪は食事改善に加え有酸素運動と、無酸素運動をうまく利用して効果的に落とすことが大切です。より効果的に体重を落とすなら糖質を抑えた食事をおすすめします。糖分を必要以上に摂取すると脂肪として体に蓄えられてしまいます。

 

ダイエット中はなるべく糖質の摂取を控え、摂取する糖質ではなく、蓄積された脂肪を燃焼させるよう、食事内容について気をつけることが大切です。

 

【↓脂肪吸引するならココ↓】

二重LP

城本クリニック

【30年以上の歴史と実績を誇る美容外科】

★回復も早く、ムラのない均一な皮膚へ
最新式脂肪吸引で理想のボディーを実現
★経験が豊富な医師が担当!

公式サイトを見る→

 

 

美容整形

湘南美容外科クリニック

【理想のボディラインを手に入れよう!】

デザイン型脂肪吸引で理想のボディライン
リバウンドしにくい
★脂肪吸引の施術だけでも15種類以上メニュー

公式サイトを見る→