ダイエットサプリは効果なし?適切な服用方法とおすすめサプリ|Bebele
ホーム >> 美容コラム >> ダイエット >> ダイエットサプリは効果なし?適切な服用方法とおすすめサプリ

美容コラム

更新日

ダイエットサプリは効果なし?適切な服用方法とおすすめサプリ

カテゴリ

ダイエットを1度も考えたことがない人というのは少ないと思います。

様々なダイエット方法があり、ダイエット食や飲み物等も多く販売されています。

中にはダイエットを目的としたサプリメントも多くあります。

今回はダイエットサプリメントに関して、サプリメントの効果・特徴、適切な服用について書いていきたいと思います。

ダイエットサプリメントとは

画像名の画像

最初にサプリメントやダイエットサプリメントとはそもそも一体何なのかについて書いていきます。

まずはサプリメントについてです。

よくサプリメントと薬を混同している人がいますが、サプリメントと薬は全く異なります。

法律上サプリメントは薬ではなく食品扱いとなります。

忙しい現代人は食事から充分な栄養素が摂取できなかったり、栄養バランスが偏ってることがあります。

サプリメントは補助として、生活と健康サポートのために作られています。

その種類は様々で、ビタミンやミネラルといった栄養素を補充するサプリメントをはじめ、美容・ダイエット・アンチエイジングなどの目的別サプリメントも存在します。

サプリメントの種類は大きく分けて3種類あります。

身体に必要なビタミン・ミネラル・アミノ酸・食物繊維・DHAなどを補います。

ビタミン単体で販売されるものや、ビタミンを全て含んでいるマルチビタミンという形で販売されることもあります。

不足している栄養素を補うためのものがベースメントサプリといいます。

健康維持や美容などのために摂取するサプリメントです。

含まれる成分は、イソフラボン・ローヤルゼリー・プロポリス・セサミン・カテキンなどがあります。

体調回復のために摂取するサプリメントです。

ウコン・ブルーベリー・グルコサミンなどがあります。

さらにその形状や摂取方法も様々で、薬のようなカプセルや錠剤型のものもあれば、ゼリーやお菓子、飴に含まれている場合があります。

薬は処方箋がないと手に入りませんが、サプリメントは薬局やコンビニでも購入ができます。

しかし好きなだけ購入できるからといって過剰摂取すると身体の不調を感じる場合もありますので、薬と同じく用法用量をまもって摂るようにしましょう。

ダイエットサプリメントとは様々な目的別サプリメントの中で、名前のとおり、ダイエット効果に目的を絞ったもののことを指します。

サプリメントによって様々な成分が含まれていますが、主に以下の成分が含まれていることが多いです。

唐辛子に含まれている辛み成分です。

交感神経を刺激して脳内のアドレナリン分泌を促し、代謝を高め脂肪燃焼や分解を促進させる効果があります。

コショウに含まれる成分です。

カプサイシン同様に代謝を高め、脂肪分解を促進する効果があります。

脂肪を効率よく燃焼させることができる成分です。

L-カルニチンは、年齢とともに減少するリパーゼを作り出すのに効果を発揮します。

リパーゼは、膵液や胃液に含まれる消化酵素の一つで、体脂肪を分解する働きがあります。

そのためL-カルニチンを摂取することで脂肪分解に繋がります。

コーヒーにも含まれるポリフェノールの一種です。

クロロゲン酸の効果として、脂肪肝と糖尿病の予防があります。

肝臓内で脂肪のグルコース合成を抑制し、糖分の代わりに脂肪をエネルギー源として利用する効果があります。

ダイエットにサプリメントは効果があるの?

画像名の画像

世の中には多くのダイエット関連商品が存在しています。

ダイエットサプリもその一種です。

「飲むだけで痩せられる」「○日間で○㎏」などと煽るような著しい効果があるように書かれていることもあります。

しかし結論から申し上げると、実際はダイエットサプリを飲むだけではこのような効果は出ません。

「だけでは」という部分が重要です。

ダイエットサプリ頼りにならなければ、効果を発揮しダイエットの助けとなります。

ダイエットサプリはあくまでサプリメントです。

サプリメントとは、前項でも書いたとおり、特定の成分を凝縮したもので、補助的食品となります。

日本ではサプリメントは食品として分類されており、薬ではありません。

病気や症状を治癒するための薬を手に入れるには医師による処方箋が必要ですが、サプリメントは薬局やコンビニで処方箋がなくとも自由に購入することができ、自分の体の状態に合わせて足りない成分を補うために使用するというイメージになります。

仮に「飲むだけで痩せられる」とされるサプリメントがあったとしても、下剤のような効果があるなど一時的な効果が出るだけであり、かつ身体への負担も非常に大きいです。

様々な不快な症状に悩まされる可能性があります。

また詐欺の場合もあります。

ダイエットには苦労がつきものです、甘い言葉に乗せられて、体への負担が大きく悪影響のあるサプリメントは飲まないようにしましょう。

効果が得られない可能性があるってほんと?

サプリメントは最初に書いたように、効果が得られない場合があります。

しかしサプリメント自体が悪いものであるということではなく、その理由は摂取する側にあると考えられます。

  • サプリメント以外に何もしない
  • 目的に沿わないサプリを服用している
  • 体型、年齢に沿わないサプリを服用している
  • 服用の仕方が間違っている

などです。

先ほども書いたように、サプリメントは薬ではないのでそれ単体で何か劇的な効果が表れたり、体調がいきなり改善するようなものではありません。

不足した栄養素を補ったり、何かしらの効果を高めるために摂取します。

そのためサプリメントだけに頼りきりになり、不摂生を続けていると全く意味がありません。

サプリメントは決して安いものばかりではありません。

その効果を最大限発揮するためには適切な摂取方法を守る必要があります。

サプリメントの正しい利用法

サプリメントを適切に摂取するためのポイントは次のとおりです。

サプリメントのパッケージには薬と違って摂取量しか記載されていないことがあります。

飲むタイミングに迷うかもしれませんが、特に決まっていません。

しかし、できれば食後に飲んだ方が胃への負担は少なくてすみます。

サプリメントは医薬品ではないため、「食前」「食後」など明記されているわけではありませんが、食事で消化器官の働きが活発になっている食後30分以内がおすすめです。

継続した飲み続けることがサプリメントの場合大切ですので、毎日決まったタイミングで飲むようにすると忘れずに済むでしょう。

多くのサプリメントは摂取するにあたって水分が必要となります。

錠剤やカプセル状のものであれば、医薬品と同様に「コップ1杯分の常温の水」で飲むようにしましょう。

カフェインやカテキンは栄養素の吸収を妨害することがあるため、避けるようにしましょう。

サプリメントを飲んでみたけれど、あまり効果を感じなかった・・・ということがあるかもしれません。

人によって効果が出にくいサプリメントがあるのは確かですが、効果が出るはずなのに飲用期間が短すぎたことで効果が薄れている場合もあります。

サプリメントはすぐに効果が出るものではありません。

少なくとも1か月以上、推奨期間は3か月以上継続して服用することではじめて適切な効果が出ます。

飲んだ翌日からすぐに効果が出ない、と諦めるのではなく、数か月間は継続飲用しましょう。

ただ飲み続けても良い実感がわかない場合は、思いきって、他のサプリメントに変えてみるのもいいかもしれません。

サプリメントは処方箋が必要ないため、自分に合わないものを飲んでいるということもあります。

効果が感じられないなら、色々試して自分に一番合うものを探すようにするといいでしょう。

サプリメントの有効活用法は、飲用しながら生活習慣・食生活を見直すことです。

効果を高めるためにも、間食をやめたりするなど、余計なカロリーを摂取しない、エレベーターではなく階段を使うなどといったカロリーコントロールが必要になります。

消費カロリーが摂取カロリーを上回るようにする、また筋肉をつけて基礎代謝をあげるなどの基本的なことが大切になります。

間違っても「ダイエットサプリメントを飲んでいるから、食べまくり飲みまくりでオッケー」とは考えないでください。

以上の飲み方は目安となります。

各サプリメントの用法用量を守った上で飲むようにしましょう。

おすすめサプリメント

サプリメントは様々な効用・効果があります。

しっかりと目的に沿ったものを摂取するようにしましょう。

以下におすすめサプリメントとその特徴を書いていきますので、参考にしてください。

目的

シボヘールの目的
  • お腹周りの脂肪が気になる方の肥満改善
  • 内臓脂肪・皮下脂肪の減少

名前のとおり、脂肪を減らすためのサプリメントになります。

お腹周りの脂肪が気になる場合に服用しましょう。

葛の花の抽出物を加工した機能性表示食品であり、肥満気味の方向けのサプリメントになります。

機能性表示食品とは、科学的根拠に基づき、機能や安全性を消費者庁に届けている製品のことをいいます。

機能性表示食品に関する内容は消費者庁のサイトでも確認することができます 。

効果

中性脂肪になるのを防ぐ

体脂肪とは、体内で燃焼しきれなかったエネルギーが肝臓で合成され中性脂肪となり、体に蓄積されたものです。

シボヘールでは葛の花から抽出されたイソフラボン(テクトリゲニン類)が中性脂肪の合成を抑制する働きがあります。

体脂肪は、皮下脂肪と内臓脂肪の2つに分けられますが、シボヘールはこの2種類の体脂肪に効果を発揮します。

脂肪の分解促進

体内に蓄積してしまった体脂肪を燃焼させるためには、まずは脂肪酸に分解する必要があります。

イソフラボンはその脂肪分解をサポートする働きがあります。

脂肪の燃焼促進

体脂肪は分解されると脂肪酸になります。

イソフラボンはこの動きをサポートし、燃焼を促進させます。

特徴

シボヘールには葛の花由来のイソフラボンが含まれています。

ソフラボン(テクトリゲニン類)には、肝臓の機能を高めることで、脂肪を溜め込まないようにする働きがあります。

特にお腹の脂肪に効果を発揮しますので、年齢とともにお腹のふくらみが気になる場合におすすめです。

年齢とともに落ちなくなった皮下脂肪の減少をサポートします。

また原材料の葛の花は、一つ手作業で収穫し、化学的な成分を使わず高温の熱水でじっくり時間をかけて抽出しています。

そのため機能性関与成分である「葛の花由来イソフラボン」が多く含まれています。

1日にいつ飲んでも効果は変わりません。

その代わり、シボヘールは必ず量を守って飲んでください。

1日の摂取量は4粒になります。

この4粒を必ず守って飲み続けることで、脂肪燃焼促進効果が期待できるとされています。

摂取しすぎは、シボヘールに含まれるイソフラボンがホルモンバランスを崩してしまう可能性があるのでやめましょう。

体に害を及ぼす可能性があります。

目的

こんな人におすすめ!
  • 血糖値が高い方向けに糖の吸収を抑える
  • 糖尿病の予防
  • 腸内環境の改善

糖の吸収を抑え、腸内環境を整える働きがあります。

血糖値の上昇を防ぐため、食事をとりすぎてしまう人におすすめです。

効果

サラシアが糖の吸収を抑える働きをします。

サラシアとは血糖サポート・抗メタボリックに効果を発揮する天然素材で近年注目されています。

某大手牛丼チェーン店でもサラシア成分を使用した牛丼を発売するなど、ダイエット成分として認知度が上がってきています。

サラシア由来サラシノールは糖の分解・吸収を抑制する働きがあり、食後の血糖値の上昇を抑えます。

この吸収されなかった糖はおなかの中のビフィズス菌を増やすエサとなりますので、腸内環境を整えます。

特徴

含まれている成分は、サラシノール・難消化性デキストリン・カテキン・赤ワインポリフェノールといったものです。

腸内環境を整え、肥満・糖尿病・生活習慣病を予防することが可能です。

糖質の過剰摂取により太るのはもちろんですが、それ以外にも糖尿病・生活習慣病といった症状を引き起こします。

糖質を過剰に摂取すると、血糖値を下げるために膵臓からインスリンが大量に分泌されます。

結果膵臓が疲弊し、インスリンの効果が薄れたり分泌量が少なることを糖尿病といいます。

さらに血糖値の上昇は血管にもダメージを与えます。

これを予防する効果があります。

またカテキンには抗菌・抗酸化作用があるため、風邪等の予防にも効果を発揮します。

メタバリアSにはこういった様々な病気やリスクを予防できる成分が含まれています。

1日の摂取目安量は1日8粒です。

食事内容や量に合わせて1回あたり2~4粒を1日3回に分けて摂取しましょう。

食事の前の水で飲んでください。

目的

こんな人におすすめ!
  • お腹周りの脂肪が気になる方(肥満症)
  • 高血圧で肥満によりむくみなどがある方
  • 内臓機能をアップする
  • 代謝が悪く、便秘がちの方
  • 暑がりの方

脂肪を分解・燃焼し、排出まで促し、脂肪減少に関してトータルサポートを行います。

防風通聖散自体は病院でも処方されることもある漢方薬になるため、効果は期待できるでしょう。

効果

お腹の脂肪を分解・燃焼する

人間には代謝をさげ脂肪を貯める白色脂肪細胞と、代謝をあげ脂肪を燃焼させる褐色脂肪細胞があります。

防風通聖散には白色脂肪細胞の働きを抑制。

反対に褐色脂肪細胞を活性化させる成分が含まれており、脂肪を燃焼しやすくなっています。

便秘に効き、不要物の排出を促進する

腸の動きを活性化させ、便を柔らかくする成分が含まれています。

便通がいいとダイエット効果も高まり、太りやすい体質を改善することができます。

発汗・むくみ解消

暴飲暴食により食生活が乱れると、胃は熱を持った状態となります。

熱をもっていると消化機能に異常が出て、満福中枢がスムーズに働かないことがあります。

満福中枢が働かないといくら食べてもお腹がいっぱいにならない状態となり、食べ過ぎてしまいます。

この胃の熱を発汗させることで消化機能を正常に戻す働きがあります。

特徴

18種類の製薬が配合されており、お腹周りの脂肪や肥満症に効果を発揮します。

代謝を高めるため、体温をあげむくみや便秘を改善します。

結果として老廃物の排出が促進され、脂肪分解されます。

また不足した血液を補う効果があるトウキとシャクヤクが含まれていることもあり、女性におすすめとなっています。

漢方薬の場合、食前もしくは食間に服用するという特徴があります。

生漢煎(防風通聖散)も同じで、服用量は朝昼晩の3回に分けて、1回1包を常温の水もしくはぬるま湯で飲みましょう。

効果を高めるためには成分を吸収する胃腸の働きを良くすることが大切なので、できるだけ負担を軽減するように飲みましょう。

注意点としては、15歳未満は服用禁止という点です。

吐き気・食欲不振・胃部不快感・腹部膨満・腹痛・発疹などといった副作用がでる場合はあります。

量を減らして飲んだとしても副作用がでる場合があります。

必ず16歳以上であることを確認して飲んでください。

誤って15歳未満で服用してしまった場合は、すぐに服用を中止し、医師の指示に従うようにしてください。

また便秘に高い効果を発揮するため、下剤とともに服用するのは控えた方が良いでしょう。

目的

こんな人におすすめ!
  • 身体全体の脂肪を落としたい方
  • 運動効果を高めたい方
  • デスクワークで運動する機会の少ない方

スリムバーンは日常における燃焼力を強化する効果があるため、普段忙しくて運動をする機会の少ない人へのダイエットサポートにおすすめです。

効果

燃焼しやすい身体にすることや、リパーゼを促進させ、美しいボディラインにすること、などが効果に挙げられます。

特徴

ブラックジンジャー(黒しょうが)

燃焼力や代謝を促進し、ポリメトロキシフラボンという成分が含まれており、血流をサラサラに改善する効果があります。

またダイエット中に不足しがちなミネラルやアミノ酸も含まれています。

カプサイシン

唐辛子にも含まれる成分です。

身体をあたため、燃焼力を高めます。

基礎代謝量をアップさせる効果もあるため、普段の生活からダイエット効果が上がります。

フォルスコリン

筋力をキープしたまま脂肪を効果的に落とすことができる成分です。

不必要な脂肪だけを落とすことができるため、ダイエット効果だけでなく、リバウンドしにくい身体作りのサポートにもなります。

プロリン

ダイエットをしていると、どうしても栄養が不足しがちになり、肌荒れを起こしやすくなります。

プロリンはコラーゲンの元になる成分であり、美肌効果があります。

脂肪を消化する酵素であるリパーゼの分泌を促す効果もあります。

1日の摂取量は3粒までです。

飲むタイミングは特に指定はありません。

飲むタイミングが自由なサプリメントは、継続して摂取できるように自分で飲む時間を決めると忘れにくくなります。

目的

こんな人におすすめ!
  • 摂取した脂肪の蓄積を抑える
  • お通じを良くし、不要物を排出しやすくする

効果

腸内環境の改善

腸内フローラを整える効果があります。

腸の中には約3万種、100兆個以上もの細菌が棲みついていています。

まるで花畑のように見えることから、「フローラ」と呼ばれています。

身体の健康にはこの腸内フローラが重要な役割を果たします。

腸は消化器官という役割を果たしているだけでなく、免疫機能をコントロールするなど、人が生活していくための重要な役割を担っています。

LAKUBIにはこの腸内環境を整える働きがあり、ダイエットだけでなく身体の健康全体を担っています。

善玉菌を増やす

善玉菌を増やすことは腸内環境の改善につながります。

脂肪の吸収抑制

脂肪の吸収を抑制することにつながります。

食欲抑制

LAKUBIは食欲の抑制にも役立ちます。

特徴

酪酸菌を1粒に1700万個配合

短鎖脂肪酸を作る酪酸菌が多く含まれています。

短鎖脂肪酸は痩せやすい身体を作るのに非常に大切です。

ラクビには短鎖脂肪酸を作る酪酸菌を1粒に1700万個配合も配合しています。

オリゴ糖

オリゴ糖は善玉菌のエサになります。

オリゴ糖は糖質ではありますが、腸内環境を整える働きがあるため、ダイエットしている方も摂取してよいとされています。

このオリゴ糖がLAKUBIに含まれる酪酸菌やビフィズス菌のエサとなり、腸内の善玉菌を増やします。

腸内の善玉菌が増えると腸の動きが活発に正常に働き、余分な脂肪や他の糖質が吸収されることを防ぐ効果があるとされています。

さらにLAKUBIに含まれているオリゴ糖は発酵食品や蜂蜜にも含まれる天然由来のものとなっています。

サラシアエキスと植物性キトサン

サラシアには糖を分解する「α-グルコシダーゼ」を阻害する作用があり、血糖値の上昇を抑えます。

糖質は摂取しすぎると体脂肪に変わりますが、これを阻害するため体脂肪を蓄えにくい身体にします。

植物性キトサンは食物繊維のような働きをするため糖質を体に溜め込んだり体脂肪になるのを防ぐ効果があります。

キトサンを含んだ食品には特定保健用食品(トクホ)で認められたものもあるため、その効果は確かなものです。

決まった摂取タイミングはありません。

しかしLAKUBIには腸内環境を整えるための乳酸菌が入っています。

乳酸菌は食後の摂取が、一番効果があります。

なぜ食後なのかというと、乳酸菌は酸に弱く、胃酸が強い空腹時に飲むと生きたまま腸に届けることが難しいからです。

そのため、食事後に飲むことで高い効果が得られます。

朝昼晩についても特に指定はありませんが、1日1カプセルと同じ時間帯に飲むようにしましょう。

同じ時間に飲むことで、身体のリズムを整える効果もあります。

注意点が、摂取しすぎないということです。

量を多く摂取すると、腸が活発になりすぎてしまい、お腹がゆるくなることがあります。

まとめ

画像名の画像

いかがでしたでしょうか。

サプリメントとはあくまでその効果を補助するものであり、症状や状態を治癒するものではありません。

ダイエットサプリメントであっても、そのサプリメントを摂取するだけで痩せるというものではありません。

極端な話、サプリメントを飲みながら暴飲暴食をしても全く効果はなく、太る一方です。

ダイエットサプリメントはあくまでダイエットの補助として摂取し、脂肪分解や糖の吸収抑制などのサポートの役割を果たします。

ダイエットサプリメントの効果を最大限引き出すには、

①適切な飲み方 ②運動・食事 ③生活習慣の見直し

が重要になります。

「サプリメントでダイエットをする」という感覚ではなく、「ダイエットをしているのでサプリメントを摂取して、身体のサポートを行う」という感覚でいるようにしましょう。