ホーム >> 美容コラム >> 脂肪吸引 >> 脂肪吸引の失敗パターンや副作用から失敗しない方法を知ろう

美容コラム

更新日
脂肪吸引の失敗パターンや副作用から失敗しない方法を知ろう
カテゴリ

肪吸引が失敗に至る原因として挙げられるのは、医師選びと術後のケアが理由だといわれています。 綺麗になるために脂肪吸引の手術をすると決めたのに失敗をしてしまっては、綺麗どころかコンプレックスをさらに助長させてしまいます。 今回は、脂肪吸引の失敗パターンから、正しい医師選びから術後のケアを信頼ができる医師の見解から学びましょう。

 

 

 

 脂肪吸引とは?

デコルテの画像

 

 

美容整形の一種で、余分に蓄積された脂肪を吸引し、体内の脂肪細胞の数を減らすことを目的としています。ダイレクトに脂肪を除去するので、即座にスリムな体を手に入れる効果が期待されています。施術には様々な方法がありますが、吸引する部分に小さな穴をあけ、小さな筒を入れて吸引する方法が一般的です。

 

術後のダウンタイムが長いことでハイリスクハイリターンな手術と言われており、大がかりな手術ではありますが、近年は安全性も向上しています。 目に見えて大きな効果を実感しやすい魅力的な美容整形です。

 

 

 施術の流れ

画像名の画像

 

 

はじめに、脂肪吸引をしているクリニックや美容外科をインターネットなどから見つけてください。 脂肪吸引を行っているところは「美容外科」「美容皮膚科」といった医療機関となっており、エステとは違い医師が施術をしています。

 

一般的な「皮膚科」では治療が目的であり、美容整形や、肌を綺麗にするための美容点滴などは皮膚科では専門外ですので、脂肪吸引の際はきちんと確認をしておきましょう。 脂肪吸引をする際は、どこの部位をどのような形にしたいかを医師とのカウンセリングで説明し、医師から脂肪吸引の施術について説明を聞きます。

 

その内容に納得ができ、医師からも大丈夫だという確認ができれば施術に移ることができます。 脂肪吸引は美容整形の一つとして認知されており、現在は、二重瞼にする整形手術と同じような気軽に行える手術となっており、安全性も高いといわれています。

 

ホームページや実際に足を運び選んだクリニックを予約します。 先ほど紹介をした「美容外科」や「美容皮膚科」をクリニックと呼ぶこともあります。 このコラムでは、分かりやすいようにすべてクリニックと表記します。 脂肪吸引を行っているクリニックは多くあり、今は都市部だけではなく地方でも探しやすくなっているようです。

 

迷った場合は、下記におすすめのクリニック(美容外科)を紹介しておりますので、ぜひホームページをのぞいてみてください。

 

1、カウンセリング

まずは、自分の悩んでいる脂肪をどのような形にしたいのか具体的に伝えるところからカウンセリングは始まります。 そして、医師から施術の流れもしくは金額などの説明を受け、いつ脂肪吸引を行うか決定します。当日に受けるケースもあれば、先に見積もり額を払い、予定が空き次第施術を受けるケースもあります。

 

2、脂肪吸引ができる体作りをする。

現在は施術をする部位を超音波やマッサージをすることで、脂肪吸引をするための準備をするケースが多いです。 そうして脂肪が柔らかくほぐれていき、脂肪吸引がしやすくなっていくそうです。

 

3、麻酔

麻酔の方法はクリニックによって違います。 全身麻酔をするため、手術の前日から食事や水分を制限して安全に手術ができる準備をする必要があります。 食事はおおよそ6時間前まで、水分は2時間前まで摂取可能なようです。

 

4、脂肪を吸引する

細い管を、施術部位に挿入をしていくのですが、麻酔を打っているため痛みは感じないそうです。また、神経などを傷つけないようにしっかり丁寧に施術してくれますので、安心して治療を受けてください。 部位によって異なりますが、施術はおおよそ30分くらいで、麻酔のおかげで痛みは一切感じないといわれています。

 

5、挿入口を縫合する

極細の糸を使用して縫合します。痕はほとんど目立たず、分かる可能性はかなり低いようです。

 

6、手術後にどう過ごしたらよいのか医師から説明を受ける

美容整形手術は、すぐに症状が出る場合もありますが、アフターケアが必要な場合が多いと言われています。

 

脂肪吸引も例外ではありません。脂肪吸引の場合は、下着など体を圧迫するものを着用することが大切だと言われています。医師からケア方法をしっかり聞いてください。 外科手術なので、傷ができており、痛みなどの副作用があるようです。 その日に帰れる場合もあれば、部位が広い場合は一泊入院をしなくてはならない場合もあるようです。

 

 

 脂肪吸引の料金がクリニックによって異なる理由

画像名の画像

 

 

脂肪吸引の料金は、クリニックにより異なります。 理由は、脂肪吸引は国民健康保険の適用外の診察のため、クリニックが自由に料金を設定しているからです。

 

さらに、脂肪吸引では、施術の範囲によって部位の広さや手術に使用する麻酔や器具によっても料金は変わってきます。 範囲を広げるなどの希望によって追加料金がかかるケースもありますので、カウンセリングの段階で確認をしておく必要があります。

 

 

 脂肪吸引で準備しておくこと

男の悩みの画像

 

 

美容整形の手術なので、術前の体調管理はもちろんですが、術後のことも考えて準備をしておくべきことが大きく分けて2つあります。

 

手術が終わってからすぐには動き回れないため、アフターケアをしっかりするためにはゆっくり過ごせるようにするような環境が必要です。 絶対に安静に過ごしましょう。 仕事の休暇を取ることはもちろん旅行などの計画をしないようにしてください。

 

術後数日は、自宅でゆっくり過ごすために着脱しやすい服を用意しておくと楽です。 さらに、買い物に行く手間を省くために、食料を用意しておくことをお勧めします。

 

 

 脂肪吸引の部位

基礎知識の画像

 

 

ダイエットで部分痩せをするのは難しいですが、脂肪吸引は痩せたいと思っている部位を捕捉できることが魅力です。 脂肪はたくさんの部位についているため、どこができるのか気になるものです。

 

ちなみに、大事な神経がある部位脂肪が少ない部位は脂肪吸引が難しく、できないクリニックが多いようです。 主に、首や背骨周辺、手足の甲、すねなどが挙げられます。

 

もっとも人気があるのが、太ももの脂肪吸引といわれています。 太ももに脂肪がつきすぎてしまうと、股ずれが起きたり、パンツが太ももで止まってしまったりする事態が起きます。

 

内ももの間に隙間が欲しい、外側にはった太もものお肉をなくしたい、お尻との境界線が気になるなど、太ももの脂肪をなくしたい悩みはさまざまですので、施術時の部位の広さも異なります。

 

太ももの脂肪吸引では、太もも全体の部位を選んだり後側だけの部位を選んだりなどさまざまな施術が可能となっています。 そのため、部位の範囲によって料金が大きく異なるケースがあり、施術時間も範囲が広くなるのに比例して長くなる傾向にあります。

 

夏に気になる悩みは、半袖やタンクトップを着た時のプルプルと揺れる二の腕です。 二の腕の脂肪吸引では、気になる二の腕の下の部分から脂肪を吸引していくのがほとんどのようです。 ほっそりした二の腕になれば、自信を持って夏のおしゃれを楽しめるようになります。

 

お尻の脂肪吸引を希望する女性もかなり多いようです。 外国人のような、たるみのない小尻に憧れて、お尻のたるみをなくしたい、お尻を小さくしたい悩みを抱えている女性が、お尻の下部やお尻全体の脂肪の吸引をするのです。

 

部分痩せで一番落としにくいと言われている部位がお腹です。 いくら腹筋運動を頑張ってもなかなか落ちないお腹のお肉は、腹筋がついても横から見たボリュームが変わらない…というケースもあります。

 

また、幼児体型と呼ばれる、一見痩せているのに、ウエストにくびれがないという悩みを持っている女性もいます。 お腹の脂肪が減ると、水着を着る時も自信を持てますし、お腹周りが原因で履けなかったスカートなどのボトムが入るようになります。

 

顔の脂肪吸引ができる部位は、頬やあごとなります。 頬のお肉が盛り上がって、笑うと目が細くなってしまう女性や、二重あごが気になる女性は、脂肪吸引により、小顔でジャープな輪郭を手に入れることができるのです。

 

 

 痛み

赤ちゃんの画像

 

 

手術中は麻酔が効いているため痛みはないとの声が多いようです。 痛みがあるとしたら、麻酔の注射が理由ですが、脂肪吸引の際の痛みは、耐えきれないものであるケースは少ないようです。

 

注射にも段階があり、最初は、歯医者で治療をした経験がある人なら分かる、あの麻酔のチクリとした痛みを伴う注射をしてから、次に手術に対応できるような全身麻酔の注射をする形をとることが多いようです。

 

手術というだけに怪我の痛みを想像する人が多いのですが、術後は、打撲のような痛みがあるようです。強い筋肉痛のような痛みに変化していくケースがほとんどなので、動きに制限がでてきます。

 

麻酔がきれてから痛みが走るようになります。 帰宅をするのも大変な状態になるケースもあるので、クリニックで休憩を取ることができますので、無理はせず休憩をしましょう。

 

また、麻酔がきれる前に痛み止めの注射を打ってもらう、痛み止めの座薬を入れてもらうことで麻酔が切れたときの痛みを軽減することができます。 術後は痛み止めの薬は効果がないため、安静にしておきましょう。

 

3日目が痛みのピークと言われており、動かなければ痛みは軽減されますが、動くと痛みが走るようです。 その後は、筋肉痛の痛みがあるようですが、3日目のピークを越えているので、ゆっくり動けば痛みはあるものの3日目よりは動けるようになるようです。 1か月を超えれば、激しい運動でなければある程度動けるようになっていきます。

 

痛みが強い時は、無理をせずクリニックに相談をするか、クリニックで貰った痛み止めの薬を飲みましょう。

 

 

 痛み以外の副作用

画像名の画像

 

 

腫れてからむくみが起きる副作用があるそうです。 すごく腫れる人は、体質的にむくみやすい傾向にあったり、施術の範囲が複数だったり、広かったりする場合があるようです。 少し腫れる人もいますが、腫れを感じない場合は少ないです。

 

むくみはリンパの流れが悪化することによって発生し、一般的には1か月ほど続くようです。 冷え症の人ほど長引くケースにありますので、血液の流れをよくするために体を冷やさない、水分をたくさん飲むなどの対策が必要のようです。

 

脂肪吸引によって、神経が傷つきしびれや違和感が出るケースもありますが、脂肪細胞の神経は回復していくため大きな問題にはならないようです。

 

脂肪吸引の施術で使うのは「カニューレ」といった小さな管です。 神経や血管を傷つけないように施術をするものですが、血管が傷つくと内出血として青あざができてしまうようです。

 

完全に治るまでは1か月ほどの日数がかかると言われています。 圧迫をするように心がけをすることが対策方法となるようです。 痛みなどとは違い、表にでる副作用なので、気にする人が多いのですが、必ず治ると言われていますので、気にしない方が良いです。

 

 

 ダウンタイムの経過

成分の画像

 

 

施術後は、24時間患部を下着などで圧迫します。 麻酔が切れると痛みが走りますので、痛みを軽減できるように注射や座薬などの処置を受けて、できるかぎり安静に過ごしましょう。

 

3日後からシャワーが浴びられるようになりますが、3日後が痛みや腫れのピークでもありますので、痛みが強い場合は痛み止めを飲みましょう。

 

気になるのは表にでる内出血ですが、先ほども紹介したように施術部位を圧迫することが必要なので、顔には圧迫バンドというものを利用して圧迫をして、体には圧迫をする下着やガードルを使い対策してください。

 

内出血の青あざが少しずつ落ち着いてきます。 平均的にはこの頃に抜糸を行うと言われていますので、もう一度クリニックにいかなくてはなりません。 もし、痛みがなおらなくて辛いなどの相談があればこの時にしましょう。

 

腫れがなくなり、次はむくみが始まります。 施術時と同じか、より太って見えることもあるようです。その売位は、効果がないのではなくむくみである可能性が高いので、経過を観察するようにしてください。 この頃、内出血はほぼなくなります。

 

むくみはほぼなくなり、日常生活に負担がないくらいには動けるようになっていきます。 圧迫下着の着用は続けてください。

 

半年後(施術部位などによって多少変動はありますが)、描いていた体のラインや脂肪の減りを実感できるようになるはずです。

 

 

 ダウンタイムの過ごし方

画像名の画像

 

 

圧迫下着をつけ、できる限り安静に過ごしましょう。 激しい運動などは、痛みなどの副作用を悪化させる原因になります。

 

脂肪吸引は美容整形の手術ですので、基本的に水分を取ってはいけませんし、手術後も麻酔が抜けていないので水分はできる限りとらないようにしなくてはならないようです。

 

それが終わってからは、脂肪吸引の結果として水分不足になりやすくなるようです。 理由としては、脂肪吸引により、脂肪や出血から体内の水分が出ていくことがあげられます。 そのため、水分補給を意識してください。

 

太ってしまうからと食事制限をする人が多いようですが、脂肪吸引をすることで患部の脂肪細胞は減っていますので、食事でしっかりと栄養を摂りましょう。 栄養バランスをとれた食事をすることで、疲れている体を回復させましょう。

 

 

 脂肪吸引の失敗箇所を直すのは難しいこともある

悩む 女の画像

 

 

脂肪の取りすぎや、ボディバランスを考えていないものが主な失敗理由であり、修正にはかなりの施術テクニックが必要になるか体の負担があるため、できないと言われるケースもあるようです。

 

修正にも応じてくれるテクニックのある医師も存在しているので、そのような医師を選ぶことで、修正を場合によっては可能としているクリニックを最初に選んでおくと安心です。 修正ができない理由としては以下の4つが挙げられるようです。

 

一度も脂肪吸引をしていない箇所を吸引するわけではないので、1からのスタートができません。 修正し、きれいに整えるには、解剖学により精通した医師のデザイン力がなくては難しいとされています。

 

硬くなった脂肪を吸引するには、通常の脂肪であった初回より吸引管の使用が難しくなります。 脂肪は一度吸引されることで線維性の壁が破壊されて壁は強固になることで、固くなってしまうのです。

 

脂肪を取りすぎてでこぼこになっているケースが多く、その場合は皮膚と癒着しています。 修正をするには、脂肪の吸引のほかに皮膚の注入と引き締めができる医師を探さなくてはなりません。

 

医師のテクニックとともに大切なのは、最新の器具があるかどうかです。 特に、吸引のためのカニューレという管が多く用意されていると修正しやすい環境のクリニックと言われていますが、そのようなクリニックを探すのは大変なようです。

 

 

 代表的なむくみを直す方法は着圧をすること

〇と×の画像

 

 

ダウンタイムで大切なのは、ガードルなどの下着などで患部を圧迫し続けることです。 だんだん面倒くさくなり怠る人もいますが、最低でも1か月間は続けましょう。また、医師の意見をきちんと聞くことが大切です。 それにプラスして適度なマッサージやストレッチをすることで血行がよくなりむくみが回復しやすくなります。

 

 

 仕事はどれくらいの期間で、副作用に悩まされないくらいできるようになるのか

金髪の画像

 

 

痛みと同じで、術後の3日目の副作用もピークになります。 できるかぎり安静にしていたほうがよいですが、長期休暇はなかなか取りづらいものです。動かない仕事の場合は3日ほど経てば職場復帰できるよ思われますが、接客業など運動量の多い仕事の場合は、1週間以上は休暇をとったほうが安心です。 学生の場合は、夏休みなどを利用して施術を受けると良いでしょう。

 

 

 テクニックのある医師を選び、脂肪吸引で綺麗な体を手に入れよう!

電球の画像

 

 

自分の希望に合った仕上がりにするためには、医師ときちんとコミュニケーションをとらなくてはなりません。 安全面や施術のリスク、かかる金額などを話し合える医師でなくては信用ができず、手術が不安になってしまいトラブルの元にもなります。

 

また、脂肪吸引はすぐに結果が出るわけではなく、最低でも3か月、部位や脂肪の吸引量によっては半年から1年かかる場合もあります。 この間、ダウンタイム中の対処法や、経過を医師の指示を受けながら乗り越えていく必要があります。

 

この点でも、話しやすく長くお付き合いしていける医師を選ぶ必要があることが分かります。 整形手術は本人が納得しなくては成功とは言えませんので、納得できるような話し合いができる医師を選びましょう。

 

風邪をひいて病院に行くと医師がのどを見てくれたり、他の病気では聴診器をあてられたりするケースもあるでしょう。 美容整形は、エステでの施術とは違い、医療行為のため手術ができるのか、もしくは希望されたようにできるのかを考えるために体を見て触って確かめる必要があります。

 

希望のイメージに沿ったものになるのかなどを考えてくれ、共有できる医師を選びましょう。 きちんと触診をしない医師が、患者の希望だけを聞いて施術を行うことはかなり難しいことですし、リスキーな行為です。

 

どんな名医であっても、安全性や結果だけではなく自分の思い通りの仕上がりになるボディラインを作るには触診をするしかありません。 よって、触診をしない医師は信頼できないと判断したほうがよいです。

 

たくさんの経験をすると成功する方法が分かり、イレギュラーなことにも対応できます。 脂肪吸引も同じです。 一般に「医学部卒業から最低10年の経験を積んで、はじめて医師として一人前となる」といわれているようです。 そのため、「医師としてのキャリアが長い」ことを判断するには、「その医師が10年以上の経験があること」がひとつの目安となります。

 

 

 お勧めクリニックを紹介します

画像名の画像

 

 

名医がいるクリニックや、機具の種類が豊富なクリニックは、やはり聞き馴染みのある大手のクリニックが当てはまります。 また、気になるのは、お値段だと思います。 以下に主な料金の目安を明記しますが、クリニックによってサービスや部位の広さは変わります。 クリニックにどのような特徴があるのか、費用はどれくらいかかるのかを含めて、4つのクリニックを紹介します。

 

 

美容整形

湘南美容クリニック

【理想のボディラインを手に入れよう!】

*なりたいボディに合わせた施術
*施術前の丁寧なカウンセリング
*担当医によるアフターフォローも充実!

公式サイトを見る→

 

湘南美容外科クリニックは2000年3月に設立されました。 有名タレントさんや女優さんの美容整形を手がけることによって有名となり、クリニック数も全国でどんどん増えています。 湘南美容外科クリニックでは過去の脂肪吸引の症例実績が約43,368件に及ぶなど数多くの豊富な実績を残しています。

 

特徴

1、施術の前にはカウンセリングが実施され、専門医が丁寧に一人ひとりの希望を聞いてからボディラインのデザインを行っている。

2、ホームページが充実しており、症例写真も16,000枚以上紹介されている。

3、セルライトの除去なども可能な、ZEROセルライトという脂肪吸引の施術が人気。

4、無料の事前のカウンセリングによって安心して相談ができる。

 

 

〈美ボディ脂肪吸引〉

1、ホホ 約123,250円

2、二の腕 約123,250円

3、ウエスト 約115,830円

4、臀部全体(お尻) 約154,300円

5、太もも全体 約462,910円

 

人気のある部位の値段を明記しました。 他にも複数の部分と組み合わせたセットや、違う器具を使った施術方法など多くのコースがあります。

 

公式サイトを見る→

 

 

二重LP

城本クリニック

【30年以上の歴史と実績を誇る美容外科】

*経験が豊富な医師が担当!
*医療免許を持つスタッフが対応!
*自然な仕上がり、傷跡が目立ちにくい施術

公式サイトを見る→
 

 

25年間、脂肪吸引を続けているという経験が安心感を呼ぶと言われているクリニックです。 経験豊富な技術を持っている医師が在籍する城本クリニックでは、今までに10万件以上の脂肪吸引の症例実績を持っています。

 

経験も実績も豊富な美容外科医師が更なる向上を目指して、仕上がりの美しさを追求するべく日々努力しているというのも、より安心して施術を任せられるクリニックであるといえます。

 

主にシルバーグ超音波というものを使用しており、これによって肌のハリを保ったままでいられます。 つまりでこぼこの肌という脂肪吸引ではありがちなトラブルを避けることができるのです。 とてもきれいな仕上がりでアフターケアも充実しています。

 

特徴

1、麻酔の種類が豊富のため、体質や体調に合わせて麻酔を変えることができる。

2、経験豊富なクリニックなので、施術に安心ができる

3、安全性を重視しており、徹底した診察や輸血管理などのきちんとした手術準備が行われている。

4、医療技術をクリニックの全員が持っている

 

1、ホホ(あご含む) 約200,000~350,000円

2、二の腕(全周) 約200,000~350,000円

3、お腹(上腹部・下腹部・脇腹を含む) 約200,000~550,000円

4、お尻(太もも後面も含む) 約200,000~350,000円

5、太もも(太もも前面・内側・外側・膝周辺を含む) 約200,000~350,000円

 

※店舗によって料金が異なるため、新宿店の料金を目安にしております。

 

公式サイトを見る→

 

THE CLINICは、「脂肪」を扱うボディデザインやアンチエイジングにサービスを特化しているクリニックです。 さらに、日本で最初に脂肪吸引技術の最高峰に位置するといわれている施術、ベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)を導入したクリニックです。 ベイザー脂肪吸引だけでも7200件以上の症例実績を持ち、脂肪吸引、高いボディデザイン力、確かな技術を持っていることが実証されています。

 

特徴

1、大学や企業との連携、国際交流を通じ、最先端医療技術も積極的に取り入れ開発しているため最新情報とより良い技術を治療に反映できる。

2、安全で、痩身効果が高い、痩身施術ベイザー脂肪吸引が人気。

3、細くするだけではなくボディバランスを整えてくれるデザイン力がある。

4、脂肪吸引・注入のセミナーを行えるほどの高い技術力がある

 

〈ベイザー脂肪吸引〉

1、頬(両側) 約280,000円

2、二の腕(両腕) 約280,000円

3、側腹部(前から取れるウエスト) 約290,000円

4、お尻 約300,000円

5、太もも 後面(両脚) 約280,000円

 

THE CLINICが一番メインとしている脂肪吸引方法の金額です。 オプションとして筋肉の陰影や、メリハリをつけるボディラインの施術もあるようです。

 

 品川美容外科

品川美容外科品川美容外科

【全国展開の品川美容外科】

*症状から選ぶ脂肪吸引
*アフターケア充実
*ネットから簡単予約

  公式サイトを見る→

 

 

全国で42院あり開院してから29年が経っているのもあり、かなり有名なクリニックです。

 

美容外科はもちろんのこと、近年は美容皮膚科にも力を入れ、多種多彩な術式での施術が可能です。 品川美容外科は脂肪吸引の症例実績14万件以上の大手美容外科クリニックで、痩せたい部位だけをピンポイントでサイズダウンすることも可能です。

 

特徴

1、たくさんの脂肪吸引の施術を行っていて、低料金のものもある。

2、THE CLINICと共同開発した脂肪吸引術「1Day-Slim-Lipo」が人気。

3、最新のボディジェット脂肪吸引で、術後の腫れも内出血もほとんどないダウンタイムの少ない術後が期待できる

4、安心の1年保証がある

 

〈ベイザー脂肪吸引〉

1、ホホ 約377,770円

2、腕 約377,770円

3、太もも 約377,770円

4、腰(ウエスト) 約396,290円

5、お尻 約268,510円

 

お得な一日体験コースから、たくさんのコースがあるようです。 特に顔については複数のコースがありますので、相談をして合うコースを選ぶことをお勧めします。

 

公式サイトを見る→

 

 まとめ

目の画像

 

 

美容整形手術を行うのは、失敗をするのでは…と不安になるものですが、クリニック選びをきちんとし、医師が信頼できると分かれば失敗は未然に防げるようになります。

 

良いクリニックや医師を選べば、アフターケアについても教えてもらえるのでダウンタイムも乗り越えられますし、副作用もでにくくなります。 成功すれば、約半年後にはスリムなボディラインが見られるようになるでしょう。 まずは気になるクリニックをホームページでチェックし、カウンセリングを受けてみてください!

 

【↓脂肪吸引するならココ↓】

二重LP

城本クリニック

【30年以上の歴史と実績を誇る美容外科】

★回復も早く、ムラのない均一な皮膚へ
最新式脂肪吸引で理想のボディーを実現
★経験が豊富な医師が担当!

公式サイトを見る→

 

 

美容整形

湘南美容外科クリニック

【理想のボディラインを手に入れよう!】

デザイン型脂肪吸引で理想のボディライン
リバウンドしにくい
★脂肪吸引の施術だけでも15種類以上メニュー

公式サイトを見る→